宮崎チャリダーのblog

宮崎出身、(×北海道在住→○転勤で愛知に)の貧脚チャリダーのブログです。 いろいろ弄った備忘録、トレーニング履歴を綴っていきます。

2016年07月

土曜日は夕方時間ができたので、手稲山。

距離
37.80km

平均速度
21.3km/h

時間
1:46:32

標高差
744m

手稲山
31分38秒
16.2km/h
平均出力、245w

250w目安で登ったら、ベスト更新。
漸く30分台も見えてきました。

朝練にて手稲山。

距離
55.09km

平均速度
20.1km/h

時間
2:44:08

標高差
1296m

手稲山1回目
32分13秒
15.9km/h
平均出力、236w

手稲山2回目
40分21秒
12.7km/h

ツールド北海道を想定して250w前後で登るも終盤にたれ、
平均出力は236w。
ただ、今シーズンベストを1分以上更新。自己ベストも更新。

1本目で出し切った為、2本目はまったり…(*_*)

image

今年もニセコクラシックに参加してきました。
今年からUCIグランフォンドワールドシリーズになり、参加費が
9,000→12,000円と高額になった為、参加するか否かを散々迷ったが、
今年はサロベツに参加する事が出来ない事もあり、
家内に無理を言って直前に参加する事とした。


今年も昨年に引き続きS-4クラスとなる為、70kmでエントリー。
6月のエンガルで、クラス7位に入っていた事もあり、
ニセコでもクラス10位以内を目標とした。


今年も前日に受付、ライダーズミーティングがあるという事で、
前日にニセコに宿泊し、レース当日を迎えた。


以下、レースレポート。

5:00
起床。ホテルで、朝食バイキング。
お米、パスタ等、炭水化物を中心にがっつり食す。

6:00
ホテルで軽量化を済ませた後、ウォーミングアップも兼ねて20km程先の
スタート地点まで自走で移動。

ホテルを出る際には、昨晩から降り続いた雨も止み、
路面も乾いてきている状況。
このまま持ちこたえて欲しいところ…(>_<)

そして、移動中に足の調子の良さを感じる。
いつもレース前一週間の調整に頭を悩ませているが、
今回は上手くいった模様。

7:00
スタート地点到着。
出走サイン後、自転車を並べる。検車はなかった。
既にかなりの人が並んでいる…しまった(*_*)

その後、開会式。
image

生の栗村さんに興奮。笑

スタート前にゼリー、固形物(1本満足)を補給。
ちなみに、携帯する補給食はゼリー、固形物(1本満足)それぞれ1個ずつ。
2時間半程度のレースであれば、基本的に補給食は不要と判断し、
あくまで保険。

8:20
レーススタート。
約3㎞地点くらいまでパレード走行。
今年は昨年より参加者(約300人)が増えたせいか、対向車線にはみ出すは、
ブレーキは頻繁にかかるはでカオスな感じ。


とは言え、パレード走行中の登り区間で遅れてしまっては、
リアルスタートからレースが終わってしまうので、
少しずつ前にあがる。


パワーを見ると300w近く…
いきなりきつい…がなんとか耐える…
が、きつすぎて先頭集団と若干差がつく…
(この区間の平均出力は263w)


そして、リアルスタート。
この時点で、第二集団まで位置を下げてしまった為、レース終了…




と思ったものの、まだ始まったばかりだ、と折れかけた心を
奮い立たせ前を追い始める。
この辺りから、雨はどしゃ降りに…(T_T)

先頭集団からぽろぽろ降ってくる選手を飛び移りながら、
少しずつ前にあがる。

10km地点
かなり足を使ったが、なんとか先頭集団に追いつく。
参加者が多く集団が長く伸びていた事が幸いした模様。
去年はこの辺りで、集団から千切れてしまった事を思うと
かなりの進歩。
やはり、想定される強度でトレーニング出来るパワーメーターは
偉大だと思った。
特に自分の様に基本的にぼっち走行で、強い人と走る機会がない場合は。

そこから37km地点の登り区間までは先頭集団の中で過ごす。
基本的に180wくらいで踏めばついていけるのだが、
ちょっとした登り、コーナーの度に400wくらいのインターバルが
かかり地味にきつい…

40名程の集団だったが、度々対向車線にはみ出し、
結構危なっかしい感じ。
おとなしく左側を走る。


37km地点
長い登りが始まる。
集団は300Wくらい?で登っていくので、着いていく事を諦め、
240Wくらいで登っていく。

先頭集団から落ちてくる選手をパスしながら、もくもくと登る。
が、この辺で足がつりそうになる。
これはいかんと、ここから水分補給をペースアップ。
なんとか足がつり切らない様に220Wくらいの出力を維持する。

かなりきつかったが、下り区間で単独はきついので、
頂上付近でなんとか前方の4~5名の集団に追いつく。
(登り区間の平均出力は232w)

そして、そのまま下り区間に。
序盤の道が広くカーブも緩い区間はなんとか着いていくも、
道が狭くカーブがきつい区間で少し遅れる…

この雨の中、みんなクレィジーだな、と思うけども、
下りの遅さが致命的…改善せねば。


55km地点
補給地点。
今年はニセコクラシックボトルが配られる、との事だったので、
(1回目ははたき落としてしまったが)しっかりとボトルをGET。

そして、2回目の登り区間に。
ここで若干遅れ、下り区間に入る頃には単独に。
(平均出力237w)

200Wくらいで、踏んでいく。
が、下りでは遅い為、しばらくすると後ろから追い付かれる。

ここからは、追い付かれた2~3名とゴールを目指す。
とは言え、ほとんどひくことは出来ず…
(ワカサの方々すみません…)

そして、ゴンドラ坂。
4名くらいで腰をあげ、スプリント。
(ほとんどスピードは出てませんでしたが。笑)


そして、ゴールラインまで2~3メートル地点で、先行した1名を
抜くためにシフトアップ!






…したところで、両足が激しくつり、落車…( ̄□ ̄;)!!


起き上がって、再度バイクにまたがり、スタートするも、
チェーン落ち…

結局、歩いてゴールとなりましたが、わたわたわしてる間に2~3名に
抜かれてしまった(*_*)


結果は、
S-4クラス順位: 11位/40人
総合順位: 41/155人
タイム: 2時間22分14秒
平均速度: 29.52km/h

タイム差を見る限り、落車しなければ10位以内だった模様…
ひじょーに悔しい結果…(T_T)

とは言え、登り区間までは先頭集団についていけたし、
(落車しなければ)目標達成してたし、やはりレースは楽しかったしで、
大満足のレースでした。

ただ、エンガルでも感じたが、同じS-4クラスの選手と比較しても
登坂力が足りない様なので、ツールド北海道までにしっかり登坂力の
強化を図りたい。
少なくとも10kmくらいの登りを250w以上くらいで登れる様にならねば(>_<)
下りに関しては、明日を思うと無理も出来ないので、そこそこ頑張ろうと思う…

水曜日の朝練にて、札幌のアングリル、こと幌見峠でトレーニング。

距離
43.60km

平均速度
20.3km/h

時間
2:09:09

標高差
887m

幌見峠1回目
9分59秒
10.8km/h

幌見峠2回目
10分14秒
10.5km/h

幌見峠に春先来たときは、道が泥々で走れたもんじゃなかったけど、
すっかり綺麗になってました( ´∀`)

週末は仕事があり、ニセコに向けて追い込めないので、
平日の朝に手稲山。
image


距離
37.79km

平均速度
20.6km/h

時間
1:49:50

標高差
774m

手稲山
33分42秒
15.2km/h
227w

今シーズンのベスト更新。
も、またずれが悪化…(T_T)

↑このページのトップヘ