宮崎チャリダーのblog

宮崎出身、(×北海道在住→○転勤で愛知に)の貧脚チャリダーのブログです。 いろいろ弄った備忘録、トレーニング履歴を綴っていきます。

2016年08月

滝野周回コースで一時間TT。

距離
72.89km

平均速度
24.0km/h

時間
3:02:24

標高差
918m

滝野周回1回目(大回り)
38.47s

滝野周回2回目(大回り)
42.57s

1回目で、転回車に足止めを食いながらベスト更新。
一時間TTの出力も215Wと上々。


そして、翌日は手稲山。
膝裏の筋肉は調子が良かったが、前側の筋肉が死んでてほぼシッティング。
32分25秒
15.8km/h
平均出力、245w

タイムはぼちぼちでした。

登り強化の為、今日も手稲山。
2本以上登るつもりだったが、ツール試走のダメージが1日休んでも
回復しておらず、だるおもだったので、1本のみ。

距離
37.40km

平均速度
20.4km/h

時間
1:50:03

標高差
785m

手稲山
34分56秒
14.7km/h
平均出力、226w

後半少し調子が出てきたが、タイムは全くのびず。。。
無念。 



ツールド北海道2016、Bコースを試走してきました。
コースプロフィールを見ると、獲得標高が2000m以上あり、
自分が経験したレースで一番ハードなコース。


比羅夫市街(かな?)から、スタート。
スタートから暫くは下り基調。結構スピードが上がるので、本番では落車に
注意したい感じ。

6km地点、登り始める。
斜度5〜6%で意外ときつい。
先も長いので、200w程で淡々と登る。

そのまま18km地点辺りまで、アップダウンを繰り返しながらトータルで
250m程登る。
そして、暫くは下り基調。21km地点の左カーブは角度もきつく、
スピードも出てそうな地点なので、注意したい感じ。

下り基調といっても、地味にアップダウンがありきつい。

30km地点、下りきって新見峠の登りに入る。
約13km、獲得標高610m程の登り。
40km地点迄は道も広く、斜度もそんなにきつくなく、200w程で回して
登れる印象。
道道258に入った辺りから若干斜度がきつい。(平均6%程)

43.5km地点、新見峠頂上。
ここからは、約15kmの長い下り。
下り始めの区間は、道も狭く、ブラインドコーナーも多い為、単独の方が
安全に下れそう。
ただ、2車線になる辺りからスピードが出そうな区間が多い為、
集団で下りたいところ。

58km地点、蘭越市街まで下りきる。ここで一旦コンビニ補給。
ここからは、ニセコクラシック70kmで走ったコースとほぼ同じ。

約10.5km、獲得標高430m程の登りと、約3km、獲得標高240m程の登りが
続く。
この時点で足にかなり来ていて、200w以上あがらない。。。きつい。

85km地点、最後の短い登り。この時点で足が終わり、ハンガーノック気味に。

そして、最後にゴール前の激坂(平均10%程)。。。きつい。
止まりそうになりながらも、なんとかゴール。

距離
96.40km

時間
3:59:58

平均速度
24.1km/h

獲得標高
2217m(!)

標準化パワー
188w

走ってみると、コースプロフィール以上にきつ過ぎて、当日走るのがおっくうに
なってしまった。。。(´Д⊂)
ニセコクラシックのコースがかわいく思えるレベル。。。足切りが怖い(; ̄Д ̄)

この日は、400kcal程補給したが、全く足りなかったので、レース当日は
ハンガーノックにならない様、しっかり補給を準備したい。

そして願わくば、蘭越市街までは先頭集団に残りたいと思う。。。
自信はありませんが(´;ω;`)


↑このページのトップヘ