誘客・ブランディング−マーケティング

2012年08月23日

セグウェイから "ものづくり" のビジネスを考える。

先日の8/14、関わっている大学のチームが、富士スピードウエイで毎年行われている、K4GPという 真夏の1,000kmの耐久レースに出場するということで、応援に行きました。そこで電気自動車の研究題材として研究室にあるいセグウェイをピット内での移動用に持ち込みました。 35_2



ちょうど、ライバルチームで来られていたIBSのメンバーの鈴木さんにもお会いし、一緒に乗り合いました。

02


ものの5分もすれば、安全に動かせる!と思えます。
自信をもって操れる。
このユーザーフレンドリーなところ、ヒットの意味がわかりました。
621200_333544803406490_89808699_o


鈴木さんも、10分で、超小回りなどもやってのけます。
58


こうして世界的ヒットのものづくりを考えてみると iPhone 、セグウェイに共通しているのは、
センサービジネスだなあ、と思うところです。

iPhoneの傾斜による今までにない表現力、あれを見た、触った方々は、なんて楽しいのだろう。
そう感じたと思います、そして直感的な人間の動きに合って動くところ。

セグウェイも、こうすれば止まる、まがる。とうところだけ押さえておけば、慣れるのは早いです。

両者に共通なのは既存にあるセンサーを徹底的にブラッシュアップした上での、 企画、マーケティング。

企画は 「その操作が何度やっても楽しい。」 というところ、これを押さえております。


日本においても、特殊なセンサーなどの要素技術は、小さな会社が持っていたりします。
それを、的確な企画・マーケティングで、世界中で使われる時代をつくるお手伝いを私はしたいです。

OYC吉野



ibs_llp at 18:30|この記事のURLTrackBack(0)

2011年08月23日

富士山ゴールデンルート・シーサイドライン!の提案

”富士山ゴールデンルート”

海外で言われる場合の、この言葉の意味をご存知でしょうか?

それは、エアで海外からやってきて、
‖膾紊發靴は名古屋から、中央高速を通って<富士山5合目>また中央高速で東京(成田・羽田)へ
東京(成田・羽田)から、中央高速を通って<富士山5合目> また中央高速で名古屋もしくは大阪へ

を海外の方は認識しているそうです。

げ!って思いませんか? どおりでTVなどでは新5合目ではなく、5合目ばかり。

この認識には理由があります。

現状、この上記ルートで海外の旅行代理店が富士山ツアーを組んで大々的に展開をしているというお話しを多方面の情報から見聞きしました。 これには、山梨県の方が海外と一緒にかなり尽力されていると聞きます。(そうだったのか〜!)


もう10年も前から、わたくしも地元観光戦略を話してきました。
こんな内容です。

静岡県東部、海からのポテンシャルはすごい。
富士山の南で、海外の観光船の方々は見惚れると聞きます。

そこで、富士山ゴールデンルートにシーサイドラインを加えたいですね。

案はこれです。
東京(成田・羽田)からバスで沼津港へ、観光船千鳥号などで、駿河湾、海から田子の浦港(富士)入り、 (その間バスは田子の浦港へ空のまま向かう) 
田子の浦港からまたバスで富士山新五合目へ、
箱根越しの太平洋を満喫。周辺観光 その後、名古屋もしくは大阪へ

逆ルートは、大阪もしくは名古屋から清水港へ、清水港から田子の浦港へ入る小さな船を企画。
その後富士山周辺・東京へ。

既存のインフラでも工夫すればポテンシャルを倍増できませんか?

これを行政を含めて戦略的に進めたい。
まずは、外国語堪能なスタッフの増強だと思います。
海外へ飛び、旅行代理店さんと直接のプランづくりです。

その後、実際に観光に来る方々からの手ごたえ、フィードバックをもって、サービス向上へ

このステップがまさにマーケティングだと思います。

まずもった結果で、やっと大きな投資へ

案外新5合目までの最後の登山道が大変ですので、スカイライン臼塚あたりから新5合目までをロープウエイで結ぶなど、富士山アクセスへの直接的な企画。 世界遺産からみでかなりの考慮が必要ですが、スイスの山間のロープウエイの様になったらいいな。と仲間とも話しています。

富士地区、今までと毛色の変わったことをやっていかないと、他の地域と差がついてしまうという危機感があります。

大事なことは、戦略的にいくこと、工夫的頭脳感覚だと思います。

マーケティングって専門用語の様ですが、簡単にはマーケットをつくっていくこと。
売るための前提などの、前段階から、今までやっていることを更に細かく気を配って、個別内容がつながるように積み重ねていくことで、達成できます。

海外の友人は日本が好きが多いです。
たまたま知り合ったのが日本好きなのか? とも考えますが、
間違いなく日本は注目されています。

地元に世界中から人が集まってワイワイできている時代にしたいですね。

office_yoshino at 10:57|この記事のURLTrackBack(0)

2011年02月18日

ラリー・モンテ 本日2/18 朝日新聞 朝刊に掲載されました。

連投になります。

前述の学生チームによる、
「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック・出場プロジェクト」ですが、本日2/18の朝日新聞朝刊31面に、特集記事が掲載されました。

首都圏+アルファのエリアで、静岡版にも掲載される模様です。

かかわった方々のコメントも多く、現場の様子が伺えます、是非ご覧になってください。

ibs_llp at 13:52|この記事のURLTrackBack(0)

2011年02月17日

ラリー・モンテカルロ・His出場してきました。

P1170405_3 600

















12月22日に発信しました、「東京大学ラリー・モンテカルロ・ヒストリック出場プロジェクト」ですが、わたくしもサポートカーと共に参加をしてきました。1/27競技スタート2/2ゴールでした。 このラリーは今年で100回目を迎えるラリーモンテカルロのヒストリック部門です。ヒストリック部門は14回目ですが、30年以上前の過去モンテ出場車両と同じ形式の車両しか出場できないという、文化ヒストリーを重んじている、世界のラリーの中でも、最も格式の高いラリーとして知られています。主催者は、あのF1モナコグランプリと同じ、モナコのACMさんです。
我々はまさに珍道中〜
1/27にスコットランド・グラスゴーを出発、競技車(1973年式TE27スプリンタートレノ)1台、学生サポートカー3台により一晩で約800kmロンドンへ、競技車はフェリーでドーバー海峡を渡りましたが、サポート隊は資金不足を補うべく、交換タイヤホイールなどを手荷物にて列車でフランスへ、パリ北駅到着後、近くのマクドナルド最終隊と合流、4名でベルサイユのフランストヨタさんに列車でやっとたどりつき、4台のサポートカーをお借りし、初の左ハンドル右車線という者もいる中、ぐるぐる廻る出れないランナバウトロータリーを何度も廻り、パリを再度目指しました。
到着後、携帯を購入し即モナコへ出発。ベルサイユから26時間強の走行が始まりました。 
途中TE27は鹿と激突という、まさかの事態に陥りました、その直後サポートは、わたくしの乗ったサポートカーが担当でした。
学生の適正なメンテにより、無事モナコへ。
ラリーは「各地から再び集まる。」などという語源があり、ラリー・モンテカルロ・ヒストリックではそれにあわせて、今年はバルセロナ(スペイン)、ワルシャワ(ポーランド)、 グラスゴー(スコットランド)マラケシュ(モロッコ)、ランス(フランス)と、ラリーの歴史に関係する五都市から集合するという形がとられました。
そしてモナコに集合。実はこれからが本格的な競技の開催となり、モナコ周辺の山々にて約3日半の戦いをしました。
総勢15名のサポート部隊は、参加チーム322のうちの最大でした。分散の先回りをし、効率的に給油やチェック等のサポート、他の競技者からは「あの黄色いジャンパーのJapaneaseは何処にもいて、手をふってるな?」と最後には名物の人気者になり、逆撮りされるほどになりました。 わたくしも、右目右手で一眼スチール写真撮影 、左目左手で一眼カメラにマイクをつけてフルハイビジョンVTR撮影をしていたため、「お前は何をしている?お前の日本のシステムは何だ?」という不思議そうな顔で声をかけられました。

結果は、参加322台、出走304台中、総合42位(完走249台)、というもので、日本人参加3チームのトップでした。おそらく今まで参加した日本人チームの中では最高位との話です。

今回、日本で新しいものづくりの感覚をもつ人材を生み出す。という授業の一環で出場をしました。国際交流も大きな目的で、ドライバーの草加教授も驚かれていた点ですが、色々な工夫をした結果、最後には沢山の参加者から学生やサポートの方々に直接の声がけ相次ぎ、アドレス等の交換をしておりました。モナコのパーティーでは貴族らしき方々からも好評でした。メンバーやわたくしにも今もメールがいっぱいです。また各国のマスコミにも数え切れない登場をしております。

WEBのもの一部記載をします。

■スコットランドのTV
http://news.stv.tv/scotland/west-central/223707-monte-carlo-rally-makes-its-return-to-glasgow/

■イングランドの新聞
http://www.dailyecho.co.uk/business/southampton/8808291.Dealership_comes_to_aid_of_historic_rally_student_team/

■BBCではイベントの紹介
http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-glasgow-west-12297089

■イングランドサウサンプトンディーラーさん
http://www.snowsgroup.co.uk/2011/01/snows-toyota-help-rally-team-prepare-for-historic-rally-race/

■サウサンプトン地元紙
http://www.andoveradvertiser.co.uk/business/8808291.Dealership_comes_to_aid_of_historic_rally_student_team/

■イギリストヨタさん本部ブログ
http://blog.toyota.co.uk/rare-toyota-sprinter-trueno-te27-travels-from-tokyo-to-tackle-2011-monte-carlo-historic-rally

■鹿と激突、直後のサポートメンテ終了後の写真
http://plixi.com/p/73747152

■ゴール写真
http://plixi.com/p/74599289

Youtubeでは走行シーンや黄色いサポート部隊も出てきます。

わたくしは、マーケティングと事務方現場間のマネジメント+IT機材WEBシステム+撮影のお手伝いをしてきましたが、結果は望外のものでした。 完走出来ない! と正直感じておりました。思わぬ結果に、イベントそのものにフィーチャーしがちですが、
それよりも「将来日本のものづくりに携わる学生も必死に今成長しようとやっている。」それを大人の方々に知っていただきたい、わたくしは、製造業に未来に光をあてて行きたいです。

東京大学創造的ものづくり・創造性工学プロジェクト
高度成長期を支えてくださった先人の方々、若者がいま育とうとしています。
是非、こんな時代ですが、粘って経営をしていただきたいです。

こう仰っていただける、経営者の方もいらっしゃいます。
世界屈指の表面処理技術をもつ 日本プロトン株式会社 湯川晃宏氏
http://www.protonics.co.jp/topic/?p=277
http://www.protonics.co.jp/

2/26(土),27(日)とパシフィコ横浜で行われる、「ノスタルジック2デイズ」が初の報告会となります。両日15:30〜16:30がメインステージでの現地参加メンバーによるトークショーです。
http://nos2days.com/pc/

わたくし、今回動画写真を400GB以上撮影をしました。最終的には昨年6月の授業からのドキュメンタリーにします。
まずは、横浜でのイベント用の編集を現在やっております。

資料が整理出来次第、情報を追加しますので、今後ともよろしくお願い致します。

OFFice YoSHiNo Co.

ibs_llp at 00:22|この記事のURLTrackBack(0)

2010年04月22日

立ち位置

今回は、組織として情報を発信する際においての発信者の立ち位置
の大切さをお話しします。


最近見た雑誌の広告で、その例がありました。


老舗日用品製造販売のブランド。 自分も好きでいくつも持っています。

都心の一等地にもアンテナショップをかまえる、下町の会社さん。
巨大アウトレットにも出店されています。


よくある、PR広告というものを、雑誌で展開されていました。


見開き、片面Aが雑誌の記事っぽい? 片面Bが写真広告。

これを見て既に違和感を感じました。


たくさんの文字が入っている面Aの下には、 "連絡先住所電話"

これがまず目に入るため、 この面Aの文章は、PR記事広告ではなく、
単に会社の方が書いた紹介の文だと、先入観を抱きます。


その先入観で、文章を読みますと、

文中で引用する社長さんは ”○○氏” と記載されている。ん??

ここで、この文は何処かのその業界ライターさんが書いているのか? 
と判断! 社内の方なら、 ”(弊社)○○” と呼び捨てで記載するはず。

文章的には、歴史や、志、こだわり、が書かれていて悪くない。

では、ライターの方のお名前があるだろうな? と思い最後まで読むと
全く出てこない。


そして、下に、連絡先住所電話。



あ〜惜しいなあ。 手前味噌、自画自賛マーケティングの失敗例かな?


ここで見え隠れするのが、

■ 広報担当の方の、自分の社長さまへの、遠慮。
■ 自社商品への理解の少なさ、自信のなさ。
■ ライターなどはいない。

結局、立場が明確になっておらず、その立ち位置がブレていると
いうことだと思います。

広報の方は、会社全体として、対一般の方々と接する。というスタンス
にあり、 それは、社長さまも含めての一枚岩としての立場。 
それが出来ていないのだなあ。 と感じました。

ちょっとの修正で、このPR広告は、良くなると思いました。

★1案

●面Aは、ライターさんに客観的に書いてもらった記事のみに。
(立ち位置は社外の方)
面Aでは、ライターの名前を記載。
面Aに 「PR広告」 と入れる。

●面B 商品写真ブランド名の下に、 連絡先住所、電話。

これだけで、文章の内容は修正しなくても、ばっちりだと思うのです。


もしくは、

★2案

●完全に、”弊社は”という立ち位置で、社内の人間が書いている
様に見せ、会社の歴史、志、こだわり、日々の作業等を紹介。


PR広告等、さまざまな手法が出ている今日、広告をする場合、
一番大事なのは、まず立ち位置です。
どの立場の方が見ても読んでも、ブレていない組織体を見せられ
ないと失敗。

今回は、自画自賛でもかまわないと思うのです、それを思いっきり
自信をもって、広告すればいいのです。
そのときに、それを書いている最終けつ持ちは誰なんだ。そんなと
ころが自然と見えるのが大切。

立場があやふやで、最終責任が誰なのか?がわからないと、その
商品自体の責任の所在もあやふやに見えてしまい、本当にもったい
ない。と感じました。

媒体は、今やメディアミックスで多様にあります、 どの媒体に出すに
せよ、 けつ持ちが何処で、どういう立場で発信をするか? そこをブレ
ないようにする。 というコンセプトが大事です。 

ということは、まず社内の全員が同じスタンスで、一枚岩になる。
ということかと思います。

結局経営レベルのお話しになってしまいますが、
我々中小、こんな時代ですが、粘ってくぐりぬけたいですね。

IBSのメンバーと、弊社で一緒に携わらせていただいております
製造業のお客さまがありますが、過去最高益が出ました。

今回も、お仕事に対する、日々の確認が大切だと感じました。

office_yoshino at 14:31|この記事のURLTrackBack(0)
IBS-WEB TOPPAGE
IBS 国内2番目のLLP(有限責任事業組合) IBS-LLP専門サムライ士業チームの発信!!
ようこそIBS-WEBへ
IBS-WEBにおこしいただきありがとうございます。

一番上△タイトルの 「国内2番目のLLP(有限責任事業組合) IBS-LLP専門サムライ士業チームの発信!!」 をクリックいただきますと、すべての記事を最新のものから順にご覧いただけます。

内容別には左下のカテゴリーをご利用ください。

リンク・トラックバックさせていただいた方にこの場で御礼申し上げます。