2018年01月01日

第9999夜 店主敬白

ここは、かつてネトゲ(のぶおん)をやってた人の落書き帳です。


引退後は、怠惰な毎日を送っていましたが

勤め人生活に嫌気が差してセミリタイアを志しました。


人事異動によりセミリタイアの期日を数年後と設定。

北海道に移住して北海道大学に入学を目指します。


その他、麻雀・ボカロ(コスプレ・カラオケ等)・北海道旅行

・パン作りなどの趣味の話題あり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ

にほんブログ村

ibukisuika at 18:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2017年12月14日

第1643夜 社廃人のひとりごと(439)

TRPG

国「スキル『4回行動』発動」

・たばこ税上げます

・出国税作ります

・リーマン増税します(850万以上)

・2024年から住民税上げます。

国「ダメージ何点?」

私「たばこ吸わないし海外行かないしそんなに収入ないし

2024年には仕事辞めて住民税非課税だからゼロ点。

収入ゼロだから国保と国民年金の減免よろしく。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 23:09|PermalinkComments(0)

2017年12月03日

第1642夜 社廃人のひとりごと(438)

土日の休みが暇なので、つい考えてたこと

来週の仕事のこと

あれ?私って休みの日に仕事のこと考えるほど

勤勉だったっけ?と思ってたけど

よく考えたら、仕事の進め方を想定して

いつ残業して

いつ有給とって

いつ出張行って直帰して帰りに私用でどこ寄るか

ということだった。

よかった。まだ私は仮面社畜の仮面を失ってなかった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 19:22|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

第1641夜 私が組合を辞めた理由

組合費がもったいないとか

某政党への投票を押し付けてくるとか

不満は色々あるんですが

長く働いていた会社でいきなり組合辞める

ってのはそれなりのきっかけが必要なわけです。

(以下数字に若干フェイクあり)

うちの会社はいままでボーナスが2か月出てた

夏1か月冬1か月

会社の利益がバブル崩壊以降過去最高額になった

そこでボーナス増の組合交渉がが始まったわけで

春に0.2か月分の臨時ボーナスが出ることになった

それはいい

そのかわり次の夏のボーナスが0.8か月というのが条件

これを組合が鬼の首を取ったように報告してきた。

*なに?*

朝三暮四かよwww

来年に経営が苦しくなって、ボーナス減の話が出るならわかる。

なんで来年の夏のボーナス減を今年中に飲まないといけないのか。


/人◕‿‿◕人\ 

わけがわからないよ




呆れて組合を辞めました。

色々言われましたが元々そういうのは気にしないタイプ。

組合幹部A「0.2か月分が早く出るからいいじゃないか」

組合幹部B「来年は来年で交渉して取り戻す」

こんなこと言ってました。

いや一度約束したことを後でゴネてふっかけるとか

そういうの大っ嫌いなんですが。




次の年はまた経営が順調で、利益が前年をさらに上回りました。

普通ならボーナス2.4か月くらい要求してもいいと思うんだが

組合は必死にゴネてたけど前年の約束を盾に取られて

結局1.8か月しか出なかった。

そりゃそうだ。去年約束してるもん

そんなクソみたいな交渉してもらうために

組合費払ってるわけじゃない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 22:13|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

第1640夜 社廃人のひとりごと(437)

ツイッターで、新人が1時間30分遅刻してきて

理由が「ママの体調が悪くて起こしてくれなかった」

出勤後給湯室でカップ焼きそばの湯切りしてて、注意すると

「朝食も食べさせないなんてパワハラですよね」

とのたまった話を見た。


あきれたもんだがそういうのを教育するのも上司の役目。

だから私は上司にはなりたくない。

人間の管理とか勘弁。仕事の管理がいい。


あきれた後輩だからって殴ると上司の方が悪いことになる。

暴力が横行してるブラック企業ならともかく、

ある程度まともな企業なら上司が懲戒処分を受ける。

建前だけでもコンプライアンス遵守とかいってる会社だと

口頭注意→文書注意→減給→解雇

みたいに手順を踏んでいかないといけない。


力士の暴力事件が起こったけど、事件の全体像がよくわからん。

話がコロコロかわってる。

そのうち組織に都合の良い事実が大本営発表されるんだろうが。


マスコミが「殴ったのはいかんが殴られた方にも責任がある」

みたいに思える言い方で報道してる。

(さすがにはっきりとそうは言ってないが、

怒られてるのにスマホ触るのは失礼みたいな言い方してて

だからといって殴っちゃいけないでしょの一言がない)

いやこれって一般社会人の事例に直すと

会社の飲み会で上司が説教中に部下がスマホ触って

暴言はいて、激怒した上司が殴ったってことでしょ。



そもそも飲み会で説教ということ事態が嫌すぎるけど

まともな会社ならこういう社内暴力を肯定しないはずなのに。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 18:49|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

第1639夜 節税

節税中ワイ

ヒイ・・・ヒイ・・・(11万)

(内訳)

ふるさと納税40000円

生命保険料控除15000円

年金保険料控除15000円

確定拠出年金39600円


親を扶養にいれた仮想ワイ

ほいっとな(100万ドーン)

(内訳)

扶養控除 約30万

扶養手当 約40万(手取28万)

医療費控除 約15万

扶養親の社会保険料 いっぱい


まぁ70になっても働いてくれている親はありがたい。

ありがたいんだが。

親が仕事辞めてからもしばらく働かないと

なんかもったいない気になってきて

仕事辞めるきっかけがつかめない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 21:34|PermalinkComments(0)

2017年10月10日

第1638夜 人生は一度きり




猫の話と思わずに、

宵越しの金を保たずに破天荒に生きる野生児と、

敷かれたレールの上を生きる社畜の話だと思うと胸が痛い。

でも、野良猫の寿命は短いらしい。

死に瀕した老人の多くが思うことが

「もっと自由に生きればよかった」らしいけど、

自由に生きてたらその年まで行きていられたか疑問。

敷かれたレールの上を生きて資金を貯めて

早期リタイア最強・・・なのかな。

ブランド社章の価値があなたには分かるかしら?

生き方はそう簡単には変えられないけど

社畜を辞めてこの町を飛び出して

冬の北海道に数ヶ月滞在して流氷を見に行く計画中。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

ibukisuika at 20:20|PermalinkComments(0)

2017年10月08日

第1637夜 社廃人のひとりごと(436)



子供の頃の夢は、早く大人になりたかった。

特に経済的自由にあこがれた。

自分で働き、自分で給料をもらい、

自分で好きなことに使える。

誰かを養うことは想定してなかった。

せいぜい育ててくれた親くらいか。

色々計画的に努力したおかげで

今子供の頃になりたかったとおりの大人になっている。

そのうえで、早期リタイアを夢見ている。

あれ?おかしいな・・・



早期リタイアするにしても、

時期をもう少し遅らせて良いのかもしれない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

ibukisuika at 09:14|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

第1636夜 社廃人のひとりごと(435)

A 労働によって得られる10万円

B 不労所得によって得られる10万円

AとBどちらに価値を見出すかは人それぞれだけど

結果的に私はB


数年後の退職を考えてて

給料とボーナスがもらえなくなるのは問題ないけど、

退職したら

1 老親の扶養手当

2 老親の扶養控除

3 老親の社保扶養認定

4 老親(と自分)の医療費控除

5 ふるさと納税

6 確定拠出年金

これら締めて年ウン十万が利用できなくなるのはもったいない。


というかまだ親仕事辞めてなくてワロタwww

子としてはもうすぐ後期高齢者の親が元気に働いてるのは

喜ぶべきことなんだけど。

下手したら私のほうが先に仕事辞める。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 20:50|PermalinkComments(0)

2017年09月05日

第1635夜 ビアンカフローラ論争

学生時代:ビアンカ派(幼馴染)

社会人:フローラ派(青髪、お嬢様、お金持ち)

今:ビアンカ派(理由は後述)

ビアンカは幼馴染だから

短所もたくさん知った上で結婚相手の候補になってるけど、

フローラはほとんど交際してないので

短所がわかっていない状態で結婚相手の候補になってる。

でも短所のない人間なんていないわけで

これからどんどん短所がわかってくる。


だからビアンカ。

株で言うところの悪材料出尽くし感。

どうも社会人になってしばらくしてから人間嫌いを発症したので

まず短所を見てしまうようになった。

結論:人は年をとるとめんどくさくなる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 17:58|PermalinkComments(0)