2018年01月01日

第9999夜 店主敬白

ここは、かつてネトゲ(のぶおん)をやってた人の落書き帳です。


引退後は、怠惰な毎日を送っていましたが

勤め人生活に嫌気が差してセミリタイアを志しました。


人事異動によりセミリタイアの期日を数年後と設定。

北海道に移住して北海道大学に入学を目指します。


その他、麻雀・ボカロ(コスプレ・カラオケ等)・北海道旅行

・パン作りなどの趣味の話題あり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ

にほんブログ村

ibukisuika at 18:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2017年05月16日

第1623夜 FM夏のアルフォート祭り

アルフォート定価106円くらい。

ミクさんがいなくなった緑のコンビニで。

安売りで98円。Tポイントカードで88円。

裏のコンビニが200円以上買うと50円引きの

券配ってたの思い出した。

台所に画鋲で貼ってあったのが下に落ちてたけど確保。

アルフォート3個で214円(税込)

メンタンピン三色一盃口 のような幸福を感じる。

社会人が100円で幸福を感じるんだから安いものだ。

ちなみに50円引きの券はあと2枚ある。

許さじローン!(忍者◯ットリくんより)

ibukisuika at 16:53|PermalinkComments(0)

第1622夜 社廃人のひとりごと(428)

今の仕事を辞めたくないという動機を考えてると

今の仕事に見出しているメリットに思い至った。

やりがい(笑)ではない

給料でもない。

今の仕事についていることで、

1 出費を減らせるということと(福利厚生とか)

2 納税しているがゆえに節税の余地も出てくるということ。

節税というと、難しそうだけど、払った社会保険料が所得控除

されるという当然のこともある。

実はこれは当然じゃない。

例えば仕事を12/31に辞めて翌年度の所得が0になると

払った社会保険料を所得控除できない。

もちろん仕事辞めた直後の国保料はクソ高い。

親の医療費とかを医療費控除できるのも所得あってこそ。

結論:必要なのは仕事ではなく所得
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 12:51|PermalinkComments(0)

2017年04月11日

第1621夜 残業三昧

先週残業で体壊す寸前までいって、やっと稼いだ残業代から

割増の社会保険料とられて(4〜6月は社会保険料算定月)

所得税と住民税と雇用保険料取られて。

なんかアホらしくなってきた。

所得を減らすために仕事辞めるってのもありかもしれない。



 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 20:53|PermalinkComments(0)

2017年03月26日

第1620夜 ふるさと納税

ひさしぶりの法事で従兄弟と会った。

お互いふるさと納税をやってるらしい。

だけど寄附金額を安易に言うもんじゃない。

おおよその年収がばれてしまう。

・・・4倍だと?

私だって一応平均よりは上のつもりなんだが。

マウンティングしてるつもりなんだろうか。

それだけの年収がありながら早期リタイアできずに

定年まで働かないといけないというのは気の毒

ってのが私の価値観。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 23:25|PermalinkComments(0)

2017年03月25日

第1619夜 桜ノ雨

人事異動の季節。

この時期の桜が目に痛い。

自分は異動がなかったけど、ひどい人事も見てきた。

もし自分がひどいという人事に遭ったらどうするんだろう。

同僚に「異動を拒否して退職したらすぐ後釜が来るんだろうか」

と雑談してみたけどあまりピンとこない様子。

私みたいに辞めどきを探している人間にとっては

ひどい人事は退職の背中を押してくれる機会だったり。

よく「ボーナスもらって辞めろ」というけど、

後釜が補充されなくて迷惑をかけそうな気がする。

(だから迷惑をかける時期に辞めないとは言っていない)

どうせなら夏のボーナスもらってから辞めれば、

4月にもらえた有給も全部消化できてお得な気がする。

退職後にバカ高くなった国民健康保険料を支払っても

所得から控除できるし。

(年度末に辞めると、その年の十分な所得がないので

社会保険料などを控除できなかったりする)

だいたい辞めるのは3年後に決まった。

あとは辞める月の問題。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 12:34|PermalinkComments(0)

2017年03月07日

第1618夜 社廃人のひとりごと(427)

コレステロール管理で病院へ行ってきた。

薬で安定してるけど、ずっと通院する必要あるんだろうか。

けっこう医療費が馬鹿にならない。

昔は健保1割負担だったんだけどなぁ。

あっというまに2割になって3割になってしまった。

でも、税金の医療費控除で実質3割帰ってくる。

収入があって税金払ってるからこそ

節税の楽しみがあるんだよなぁと思う。

サラリーマンなのでせいぜい

生命保険料控除

年金保険料控除

ふるさと納税

医療費控除

確定拠出年金(今度始める)

くらいしかやってない。

ふるさと納税は、返礼品の旨味のためというより、

節税の楽しみのために寄附してる気がする。

同じ納税するなら自分の住んでるところより

移住を考えてる北海道の市町村に払いたい。


・・・仕事辞めるのいつにしようかな。

仕事辞めても社会保険料は払う必要があるわけで

収入がないと控除できないってのはなんかくやしい。


とそんなことを思いながら家に。

夕刊に、田舎に移住してるのは70年台はじめ生まれの

「氷河期」が圧倒的に多いらしいことが書いてあった。


うちの会社の従業員分布も、

私の世代から5年くらい下くらいまでが 極端に少ない。


自分の食い扶持だけ貯めてしまえば

今度は自分が会社や社会を見捨ててもいいのかな、と思う。

会社と社会って漢字が逆だってのが新発見できて面白い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 18:26|PermalinkComments(0)

2017年02月26日

第1617夜 社廃人のひとりごと(426)

終わった人、という本を図書館で借りてきた。

仕事を生きがいにしてた男が

定年後に時間を持て余して・・・という話。

身につまされるなぁ。

時間があれば色々やることあると思うけど

仕事しててこそ休日家でダラダラってのは楽しいと思う。

ただし、仕事してると1月ほど北海道旅行できないのよ。

学生時代に行けばよかった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 20:40|PermalinkComments(0)

2017年02月25日

第1616夜 社廃人のひとりごと(425)

プレミアム金曜日を人件費節約目的に使った

うちの会社の末路。


会社「プレミアム金曜日だけど休みはやらん。

帰りたいなら有給とれ。でも残業禁止」

課長「残業命令出さない。もしやったら自主的に

やったものとみなす」

うちの会社で自主的はタダ働きの代名詞。

俺「この繁忙期に水曜日ノー残業デー

木曜日QC活動(無給)金曜日残業禁止とか頭おかしい。

しょうがない麻雀でもするか。仕事は月曜日に追い込む」


終業15分前に問題勃発。


隣の課の課長「お願い助けて!」

私「さよーならー」

けっこう「自主的に」残る人がいたのにびっくり。

どれだけ社畜なんだよ。

私は他の人と約束あるからさっさととんずらしたので

週明け出社しづらい。

誰得だよこの制度。

ちなみに麻雀前に吉野家行ったら半ドンとかいって

牛と豚半々のアタマ大盛り450円だった。

それぞれ480円と430円なので5円しか安くならない。

牛肉と豚肉が喧嘩しませんかね・・・

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ibukisuika at 21:01|PermalinkComments(0)

2017年02月12日

第1615夜 裸の王様

マスコミ「アメリカではいまこれが流行りだ!」

日本人A「そうか、これが流行りなのか。ならとびつこう」

日本人B「(まぁ面白くないこともないか)これ面白いね」

日本人C「(面白くないけど黙ってよう)う、うん」

言葉遊びってのはその人の母国語によって

評価がえらく違ってくると思う。

ただ、Ievan Pollkaの例もあるけど。





ibukisuika at 22:19|PermalinkComments(0)