昔、戦後間もない頃の日本は世界から『負け犬』と呼ばれていました。




数多くの死者を出したにもかかわらず、敗戦したことにより人々の未来は闇に閉ざされていました。




戦争が良いことなのか、悪いことなのかは俺にはわかりません。




しかし、当時の人々は今後の日本の未来が見えないそんな想いだったと思います。




この戦後から10年たち、日本が世界と肩を並べる事が出来るかもしれない事案が生まれました。




南極大陸観測基地設営


image



まだ開拓されていなかった南極大陸に日本の旗を立てることで日本の未来に光が差し込むのです。




人々はこの事案に賛同しました。




日本が1つになったのです。




その後、南極観測隊の活躍により日本は世界に肩を並べるところまで成長することが出来ました。






未開拓の地に踏み出す勇気が人々の道しるべとなるのです…。




タタミマセン



ドラゴンクエストX ブログランキングへ






この記事を書いている時はまだアプデ前。



誰も新大陸に足を踏み入れてはいない。






RPGというゲームは主人公が各地にある町や大陸に行って物語を進めていくというもの。





そこには先住民がいて、冒険に必要な物資が揃っているんです。




しかし、そんな決められた台本通りに進んでも面白いはずがありません。




ではRPGゲームで俺流の冒険とはなんなのか。




それは自分で考えて下さい。それこそが俺流です。

image










今回の嵐の領域は、どんなところなのか。


image




こんなところなのか?



この情報を果たして信じていいのか?



もしかしたら、ジャ〇ーズの5人組がいるかもしれない。



いやそれはないだろう。














そして最大の壁が俺には待っていた。




嵐の領域とかなんとか言ってるが、





image




俺はまだ水の領域に足を踏み入れていないという大きな壁。






なので、ここから先の記事を今ここで書く事が出来ないのである。






つまりは、この記事を書いてて途中から方向を見失ってしまった。





遭難した。




俺は一体何を書きたいのか。




何を伝えたいのか。



その答えは…。




































































わからない。




タイトル通り、この記事自体に道しるべがほしい。




とりあえず、夜か明日にでも続きを書きます。




続く。





ブログランキングに参加しちゃってます。お暇ならポチッとヨロ(`・ω・´)スク!