2013年11月03日

七五三詣

今年も七五三詣の参詣者で境内が華やぐ季節となりました。



残念ながら週末が天候に恵まれて来なかったにも関わらず、



多くの皆さんにお参り頂いております。



私事ながら、自分の子供が七五三詣をする歳になって、



こういった通過儀礼に込められた意味や、親の心というのがようやく分かってきました。



時間の余裕も無く、子供達の我儘に振り回され、着付けを嫌がる子供をなだめごかして



もうコリゴリだと思いつつも、子供の笑顔を見ると、



それまでの思い出も相まって、なんとも云えない幸福感に包まれますね。



同時に、この子達をしっかりとした大人に育てなくてはという使命感を新たにする事も出来ます。



それから両家の家族が顔を合わせるのにも良い機会となりますね。



我が家の場合、歳の離れ方の兼ね合いで毎年家族揃った写真が撮れていたりします。



皆さんもこういう機会をただなんとなくこなすのではなく、



何か自分達なりの意味を探してみると面白いのではないでしょうか。




【伊文神社の七五三詣】

受付 : 毎日午前9時頃〜午後4時30分頃
      ※11月中の土日は特に予約は必要ございません。
       平日に関しては0563−57−2838(伊文神社社務所)までお問い合わせください。

初穂料 : お1人 5,000円

ibun at 14:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
紹介
杜蔵
愛知県・三河三都と謳われた西尾の地に鎮座する伊文神社の杜からおお届けするブログです。
最新コメント
最新トラックバック