Salut! まちゃこです。

I CANTORI設立5周年記念 第10回本公演『魔笛』、大入りのお客様に見守られて無事幕となりました。

お越しくださったお客様、小金井市の方々をはじめとして応援してくださった皆様、そして、ゲストとして今回共演くださった素晴らしい歌い手の皆様、特別出演のこきんちゃん、ありがとうございました。

5年、駆け抜けてきた中での大ホール。
あんなにたくさんのお客様の前で公演ができて、夢のようです。

後ろの席でも、合唱の声を含めてよく聞こえたという感想もいただき、ひと安心です。

今回、谷川佳幸さん、宍戸美法さん、宮川典子さん、松尾恵梨子さん、神野朋子さん、内田吉則さん、佐藤健太さん、そして境信博先生、ピアニスト小森美穂さんという豪華なゲストにご出演いただき、Cantoriも全総力をあげて臨みました。

その中で、私が個人的に申し上げたいのは、このそうそうたるメンバーに混じって、非音大出のらびっとが、童子2というソリストとして出演を果たしたことです。

第1回本公演『フィガロの結婚』ハイライトで、らびっとはスザンナ役、まちゃこはケルビーノ役を仰せつかり、アマチュア組として一緒に頑張った友です。その頃からずっと、らびっとは団体の要の1人として頑張りすぎるくらい頑張ってきました。

今回はそのらびっとが、上期よりハードルの高い下期公演のソリストとして出演したことは、とても喜ばしく嬉しいことでした。

きっと、これを読んで「らびっと、確かに快挙だった」と気づくメンバーが多いくらい、らびっとはしっかり童子として歌っていましたし、Cantoriには音大を出たか出ていないかの垣根がありません。みんなで舞台を作ってお客様に楽しんでいただく、ということを目標にやっておりますので、もしそれが実現できてきたとしたら、その果実の一つが、らびっとの活躍だと思っています。

合唱代表なのに合唱ではない、ということを当日のパンフレットに綴っていたらびっと。合唱メンバーのことを思いながら、ソリストとして歌うというらびっとの気持ちも、彼女らしいなと思いました。

今回は個人的な思いから、らびっとのことを中心に書きましたが、メンバーひとりひとりに、この5年間のCantoriでの物語があります。ですので、これからも、我々の活動を見守り、応援してくださると嬉しいです。

と、いうことで、早速宣伝です(笑)

2/9(日)は、Cantoriのプリモテノール、Cantoこと畠山翔のソロリサイタルがございます。ピアノは海津俊介さんです。

2/22(土)は、本公演で好評をいただいた『メリー・ウィドウ』のハイライトを、ソプラノ長浜奈津子さん、テノール佐藤圭さん、ピアノに小森美穂さんをお迎えしてお届けします。らびっと、まちゃこも出ますよ!

ぜひ今後とも、走り続けるオペラ集団I CANTORIをよろしくお願いいたします。

まちゃこでした!

(写真は今回も家田記行様撮影です!)

IMG_4052
IMG_4053
IMG_4038
IMG_3542
IMG_3543
IMG_2108
IMG_1925