ぼなせーら🌟

畠山です。


桜も咲き始め、徐々に暖かい日々が増えて参りました🌸

春を感じられると、なんとなく嬉しいですね❗✨


さて、昨日、おとといと、CANTORIは稽古三昧でした❗


もちろん、換気、衛生管理、水分補給など、に配慮しております。


おとといは、こちら

IMG_4093




4月19日(日)の「蝶々夫人」の稽古。




今回は朗読と歌という組み合わせで、ハイライト形式ではありますが、プッチーニの名作を上演させて戴きます。




日本でも上演回数の多い演目。




舞台は1895年頃の長崎です。




そう、日本が舞台のオペラです❗


しかも、明治時代!

(1895年だと、日清戦争の終わり頃かな?)


曲中にも、みなさんがよく知っている「あんな曲」や「こんな曲」が隠れています!



「パクりじゃん!」って思ってしまうかもしれませんが、それらを取り入れながらオペラにまとめてしまう、プッチーニの凄さを思い知らされております(笑)


IMG_4094


line_31183792401280


自分もピンカートンを歌わせて戴きます❗









そして昨日は、6月28日(日)の「カヴァレリア・ルスティカーナ」の合唱稽古でした。


実は、合唱稽古としては、昨日が「最後の音楽稽古」だったという…(笑)


つまり、次回から「立ち稽古」です❗Σ(;゚∀゚)ノ


朝早く9:00開始でしたが、大人も子供もたくさん来てくださり、熱気の充満する稽古となりました✌️

line_31220962933245
line_31233887173865


カヴァレリアと言えば、間奏曲が非常に有名ですね。

実際のお話は、「昼ドラ」が好きな人にはお勧めだと思います(笑)


蝶々夫人もカヴァレリアも、どちらも一丸となって取り組んで参ります❗