image
日本人男性の5人に1人、20%が結婚経験なしという記事について。
ところで今、林真理子さんの「本朝金瓶梅」を読んでいるんですが、これがけっこう面白くてですね、、、

で、結婚してない=孤独、ではないと思うのです。
結婚しなくても1人が気楽に過ごせて良いと思っている人がたくさんいそうですしね。
私自身、夫ちゃんに言ってもらわなかったら確実に今も結婚してないだろうなぁと思うの、、、
実際に結婚してみて感じることは、自分はあまり向いてないし、そもそも興味がなかったから。
小学生がいつか就職するのかな、、、よりも弱い?低い?関心事でした。
(夫ちゃんはこんなはずでは…となってるかもw)
あ、でも今は割と快適に過ごしてます。
自分が無駄だと思うものは出来るだけ排除するからですね。
または、納得するから…ですね。
それと結婚してなかったらたぶん、今の人格の娘ちゃんはいなかったと思うので、良かったということなのでしょう。
これも家族のおかげですね。。。

でも、結婚してない私もまた、楽しく過ごしているかなと思います。
寂しくはないと思います。


本題に戻ります。
江戸時代は割と男性×男性や、女性×女性の関係性がオープンなのですね。

少し昔(戦前戦後)は周りによって無理矢理に近い形で出会いや結婚が成立していたかもしれませんが、その圧力がなくなりつつある現代、案外この数値は妥当なところじゃないかと思ってます。

あと、結婚と出生児の数を同時に語らない方が良いですね。
そうなると余計に結婚数は減るし、もちろん未婚者増加するんですが、今の時代とそもそも合わないのですよ。。。