2011年03月21日

昨日、Twitter にてツイートしましたが、仲間が被災地に駆けつけてくれています。
未来を担う子どもたちを支援していこうと立ち上げた「NPO法人 あったか子育てカヌシャガマ(愛しい人)の会」 理事長に就任いただいた高杉助産院の院長:高杉千代子先生から昨日早朝にお電話をいただきました。

開口一番「どこにいると思います?」のお言葉。
ピンっときた私は、感極まった声で「ありがとうございます。感謝です。」と答えました。
お互いが、お互いの立場と性格を理解しあえているので、分かります。
先生から、涙ながらに被災地(福島県)の現状報告と非難所のみなさんの様子、今後の課題の説明を頂きました。
妊婦健診をはじめ、命を次世代に繋げるための活動をしてくださっています。
メンバーには、ひきこもりや児童福祉施設で育った人、阪神大震災で被災した人達も一緒に参加してくれている。との事でした。
逆境を経験し、人の愛情によって救われた人達が、なにか恩返しがしたいと参加してくれたそうです。仲間の活動に心から感謝です。

また、奈良県医師会の塩見会長が自ら被災地(宮城県)に一昨日から行かれています。宮城県医師会と相談をなされ、奈良県医師会から随時(医師・看護師・OB)派遣される様です。


市本貴志ichi2429 at 23:32│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字