20091114 wakuwaku


2009 秋の収穫祭 壱番館ワクワクセミナー「家庭でできる歯周病対策」


日本では30歳以上の国民の8割が歯周病といわれています。歯周病は進行すると歯が抜けるだけでなく、噛み合わせの乱れや全身の不定愁訴にもつながる可能性のある、実は怖い病気です。
歯周病対策の基本はブラッシングです。壱番館で治療を受けられた方でしたら、その重要性はよくご存じのことと思います。しかし、ブラッシングだけでは根本対策とはなりません。生活習慣病でもある歯周病は、その生活習慣を見直すことがとても大切だからです。
これまで当院では、患者様にこうしたお話はさせていただいておりましたが、ご家族や地域の皆様方に対してもきちんと情報発信することも必要だと考えました。歯周病は細菌による感染症のため、ご家族皆さまで対応したほうが効果があがるからです。そこで企画したのが今回のセミナー。
歯周病のメカニズムとその対応策、皆さまが感じている身近がご質問など、楽しくお話できる場にしたいと考えております。ご家族ご友人をお誘いの上、お気軽にご参加下さい。



内容
□ 歯周病のなりたちと対応策
□ 歯周病に勝つ! 免疫力アップの秘訣
□ 家族みんなで見直そう! 家庭で毎日できること
□ 歯みがきで予防できる病気について   ・・・など



会 場 :壱番館デンタルオフィス 特設会場
日 時 :2009年11月14日(土) 10:00~12:00 ※開場 9:30
定 員 :30名(先着順) 費用:無料
連絡先:042-572-8449




<セミナーのご報告>
semina2クリックすると画像が大きくなります

 本セミナーでは、歯周病の三大原因である①炎症(細菌)②力 ③免疫 に着目ました。まず歯科医師の武内美文より、なぜ力によって歯周病が起こるのか、また、免疫力をあげるために日々のライフスタイルで出来ることについて講演致しました。次に歯科衛生士の田村が炎症にスポットをあて、歯磨きを始めとした、すぐに始められる歯周病対策全身とお口の健康の繋がりについて講演致しました。最後に、院長の武内久幸より、壱番館での症例を通して、歯周病治療の重要性と食の大切さについて講演致しました。

歯科衛生士の力は凄い!

 皆さんは歯科衛生士の仕事のことをどのくらいご存知でしょうか? 歯科衛生士は歯科医師の診療の補助だけでなく、ブラッシング技術向上のアドバイスや虫歯や歯周病の予防の処置まで幅広く活躍しています。

 世界保健機構(WHO)ではポケットが4㎜~5㎜の場合は中度の歯周病とされ、手術をして治していくことが通常で、ポケットが6㎜以上となると抜かなければならないと言われています。しかし、壱番館では出来るだけ一本の歯を大切にするため、深いポケットの歯周病も歯科衛生士による特殊なクリーニングで対応しております。
しかし、『歯周病』も『虫歯』も予防が大切です。 
 歯科衛生士に正しいブラッシングのアドバイスをうけ、セルフケアをしていく事がとても重要なのです。また、定期的な検診や歯のクリーニングもお口の健康維持のためには大切なことです。これからも、お口の健康を保ち口福人生を送りましょう!




 お集まり頂いた方には参加特典として院長の実家(九州)で院長が自ら田植えをした新米をプレゼントさせて頂きました。食事の面からも歯の健康、身体の健康を感じていただきたいという思いです。皆様から『美味しかった』というお声をたくさん頂き、院長はじめスタッフ一同大変嬉しく思っております。
  

 今後もこのような場を設け、皆様の健康増進のお役に立ちたいと思っております。皆様が気になる歯科のことを是非お聞かせください!




*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

~本気で歯の治療に取り組みたい方へ~

国立インプラント&矯正センター
壱番館デンタルオフィス

〒186-0002 東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F
TEL:042-572-8449
HP:
http://www.ichibankan-do.com/

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *