IMAG9807

「世界の絵本・原画展」が開催されていることを知ると、良く観に行った。
新宿の紀伊国屋書店だったかな。
中学生のK子を連れて行ったこともあるし、家族で行ったこともある。
海外の絵本作家が描いた繊細で幻想的な絵は、心を奪われるものばかりだった。
「自分もこんな絵を描きたい」
その思いは常に私の胸の中に小さな炎となって燃え続けた。

サラリーマンになってから、画家になろうとしたこともあったが、どだい無理な話。
その後何年かして、イラストレーターになろうとしたこともあった。
それもやはりできなかった。
しかし絵を描きたい気持ちは今、小さなスケッチブックをたくさん増やすまでになった。
一方木版画の制作は中学生頃から続いていて、それが銅版画に移行し、時折作品を発表する機会を作っている。

どんなモチーフを選ぼうとも、絵を描くときに思うのは「精神性」ということだろうか。
分かり易く言えば「メッセージが明確に伝わってくる絵」だ。
だからどちらかと言えば具象になると思うが、その辺は意識してそうしているわけではない。
デフォルメすることもある。
むしろそうした方が描きやすいかも。