IMAG7827

わたしは成人式をすっぽかした。
当時学生で郷里を離れていたから、帰省して成人式に出席するつもりはなかったし、おふくろもそれで良しとしていた。

昨日成人式のTVニュースを見て思ったことがある。
女性の振り袖姿は画一的で「やっぱりこうなっちゃうのかな」という気持ちだったが、特に異を唱えるつもりは無い。
わたしとて娘をひとり成人させた経験があるし、振り袖を着せてあげることもできた。
振り袖の費用はすっかり母親に任せたから、どのぐらいだったのかは全く知らない。
だから「成人させた」なんていう言い方はおこがましいのだが。

振り袖を着るのは一生に一度のことだし、それはそれでいいのではないかと思う。
TVでは成人となるのを記念して「ヘアドネイション」をしようとしている女性が増えていると報道していた。
長く伸ばした髪をカットして、その髪を「かつら」用に寄付しようということ。
病気治療などで髪を失った人たちにかつらを提供しようとすることは素晴らしいことだと思う。

成人式でそのような「何かしらやり遂げよう」としている人たちの報道は嬉しい。
もっともっとそんな人たちを発掘して報道して欲しいと思う。