IMAG1260

大事にしていたものが紛失して、数日喉に何かが引っ掛かって落ちて行かないような気持になって、何をするにも気持ちが固まらず、ぼんやり過ごしてしまった。
見つかれば見つかったで、ほっと安心して、予定したことが多少遅れたって大勢に大きな影響はありませんよ、てな気持ちになって、これまたのんびりしてしまう。
どっちにしてもやらねばならぬことがさっぱり進まない。
もう、救いようが無い。
ああ、このままじゃだめだと気を引き締めて、ずいぶん前から頼まれていた仕事をやることにした。
まな板の再生。

長い間使って黒ずんでしまった木(多分杉材)のまな板に鉋を掛けてきれいにする。
まな板は昨年の秋にK子から預かった。
ずいぶんほっぽらかしにしたものだ。
きれいになった。
身体を動かしたお蔭で、暑くなった。

ついでに花器の台座にも鉋を掛けた。
こちらは固い木の根っこを輪切りにしてニスを塗ったものだ。
ち絵さんが友人の手作り品を頂いたもの。
ニスが浮いて白くなり見栄えが悪い。
一旦鉋を掛けてニスを落としてから塗り直す。
今日は鉋掛でやめといた。

ニスを塗るのは良く晴れた日にしよう。
これから明日にかけて雪が降るって言うし。
大雪だって。
ほんとかな。