IMAG1064

新聞もテレビも連日新型コロナウイルスによる肺炎の報道で溢れている。

クルーズ船ダイアモンド・プリンセスが日本に寄港した際の日本の対応について、様々な批判が寄せられている。
「クルーズ船からの下船を許可せず、乗客を検疫のために一定期間留め置いたことでウイルスへの感染が広がった。クルーズ船が感染者の拡散源になったのだ」とする説。
一方「感染が日本国中に拡散するのを防ぐために、適切な処置だった」とする説。

当初わたしが懸念したのは、この新型コロナウイルスによる肺炎は接触感染だけではなく空気感染もあるのではないかということだった。
中国での感染者と死者数の急激な増加が、公式発表とは違うのではないかと思い始めてから、そんな気がしていた。
最近「エアロゾル(密な超微細粒子)感染も可能性としてある」との報道に接した時、やはりそうなのかと思った。

新型肺炎の患者が発生してから、一定期間船内に留め置いたことに対しても、様々な意見がある。
「行動の自由を奪ったのは基本的人権の侵害だ」とか。
チャーター便を差し向けて乗客を帰国させ、更に一定期間留め置く措置をしている国は、検査で陰性だった乗客に下船し帰宅を許した日本政府を批判している。
救いなのは、日本政府の対応は正しかったとする報道もあること。

どうすれば良かったのだろう。
疑問に思うことはたくさんあるが、はっきりしていることは、この新型コロナウイルスの特質を捉え切れていないことだと思う。
判らないことはたくさんある。

潜伏期間が2週間というのは正しい?
接触感染の他に空気感染(エアロゾル感染)はしない?
ウイルスが変異して耐性の強いものになることは無いの?
発症したら治療薬はないから安静にしていることで、本当に良いの?
高齢者が感染した場合の致死率は高いが、若い人や子供は大丈夫なの?
ワクチンはいつになったらできるの?
過度に恐れる必要は無いとは言うものの、今になって人が集まる各種イベントなどが中止になっているけど、電車などの交通機関を利用するときはどうしたらいいの?
などなど。

そんな判らないことだらけのなかで、どうすれば良かったのかと考えると、わたしは「誰もがその時の状況を判断して正しい措置を取った」と理解したい。
もし今後どこかの国や地域で感染者が増加する事態になったとしても、結果だけを見て良し悪しを判断するのはまずいのじゃないかと思う。

新聞に報道されたが、中国の武漢から帰国した自国民を受け入れようとせず、暴行を働く国もあった。
検査で陰性の判定が出て自宅に戻った人を、白い目で見ることはしたくない。