1584

ある日のできごと。

保育所に行き、ち絵さんがReiji を迎えに行く。
わたしとYui が駐車場に停めた車の中で、二人の帰りを待つ。
Yui は車の中でじっとしていない。
車の外に出て、
「見ててね」
と言ってから、首を振り手を伸ばしたり縮めたり、歩き回ったり、車の周囲を走り始めたり・・・
何かの真似をしているから、当てて見なさいと言う。
つまりゼスチュアクイズなのだ。

わたしはちょっと考えて
「カチカチ山のタヌキがうさぎをいじめて火傷させたとこ」とか
「食べても食べてもお腹がいっぱいにならなくて、自分の足まで食べちゃったタコ」とか
いろいろ答えるのだが、正解は
「算数の勉強をしているところ」だとか
「体育の時間に運動しているところ」だとか
至ってつまらない。

「次はね」
とゼスチュアは延々と続く。
──もうそれくらいでいいよ

それにしても子どもは良くからだを動かすね。
感心してしまう。
これじゃお腹もすくだろう。