DSCN6258

ドライブと言うほどの距離でもないのだが、ちょっと遠めのパン屋さんにゆく。
店の名が「○○パン屋さん」
天然酵母を使った手作りの店。
むかしコンビニだったような店の造りで駐車場は広い。

わたしは車の中にいて、ち絵さんが店の中に入った。
しばらくして、大きく膨らんだ袋を抱えて戻った。
子どもが好きそうな調理パンがたくさんあったとのこと。
概してちょっと値段が高い。
でも美味しいからだろう、良く売れるようだ。
見ていると途切れることなくお客が来る。

さて、わが家の今日のお昼はパンかな。
朝もパンだった。
パン好きは一向に構わないけど、米のめしでないと食べた気がしないという人には物足りないだろうな。

ところでわたしのパン作り。
長い間ご無沙汰している。
最近また作ってみたいと思っている。
ただ今度自分が作りたいのはカチカチに固いパン。
熱いコーヒーやカフェオレに浸して食べたい。

多分そういうパンは家族でわたし以外の者は敬遠するだろう。
そういう状況を分かっていながら作るのは気が引けるから、やっぱりやめようか。
でも自分が作るんだから、他人のことを気にしなくてもいいんじゃないか。
と、つまらぬことで頭を悩ませている。

次にごく普通の柔らかいパンを作ればいいだけの話じゃないか。