2017年02月21日

いい子

いい子ってなーんだ?

いい子とは!

親に都合のいい子。
教師に都合のいい子。
つまり、大人にとって都合のいい子。

これをいい子と呼ぶ。

だから、いい子は疲れる。なぜなら、素の自分ではなく演じていなければならない。こりゃー、疲れるわ。



良妻賢母。
うーん、一見すると素晴らしい奥様。
しかし、これとて男性にとって都合のいい妻にしか過ぎない。良妻賢母など存在する訳がない。これとて演じなければ成り立つものではない。ゆえに、やはり疲れる。



こうあるべきだ、とか
こうしなければならない、などと言うのは所詮は誰かにとって都合のいいこと。


大変危険である。



いい子なんてのは、褒め言葉ではない。大人にとっての都合のいい言葉。


このいい子という言葉により、どれ程多くの子ども達が苦しんで来たか。大人になると人間は考えることさえしなくなる。


これを愚かという。
大人は愚かである。都合が良過ぎる。親も教師も。

演じ続けることが、どれだけ面倒で、疲れることか、知っているのは大人なのだから。



子どもに演じさせてはならない。
自戒を込めて。






市船吹奏楽部の生徒たちよ、決していい子になる必要などない。
ただし、ベクトルは自分に。人の批判より、自分への批判。これだけは忘れてはならない。後は素でいいのだ。演じる必要などない。沢山沢山失敗すればいい。
ただし、ベクトルは自分に。人の批判より、自分への批判。


ichifunawoct at 23:39|Permalink

2017年02月20日

6339188c.jpg
私の母は生きています。

12月末、命の危険がありましたが、生きています。大義のこともあり、ここに記そうと思いながら躊躇していました。

大義が他界された後、私の母は退院しました。流動食ではありますが、自力で自分の口からものを食べられるようになったからです。ドクターも母の生命力に驚いていらっしゃいました。もちろん、高齢なのでいつ何があるかわかりません。ですが、退院をし、以前からお世話になっていました特別老人ホームコクーンに戻ることが出来ました。感謝しかありません。


私は、今、福島におります。退院してから初めて母に会いに来ました。千人の音楽祭、入試が終わるまでは忙しく訪れる機会を逸していましたが、今このタイミングしかないと思い、顔を見に来ました。


母は元気です。顔色もいい。食欲もある。流動食ですが、美味しい、美味しいと食べています。一生懸命私に語りかけてくれます。

生きています。


ありがとうございます。
感謝しかありません。

忙しい日常ですが、出来得る限り、帰省したいと思います。


話はかわりますが、
私は、大義は神様になったと思っております。神様になり私たちを見守ってくれていると信じています。



守られています。
生かされています。


ichifunawoct at 15:59|Permalink

2017年02月18日

価値観

入試の採点も終わり、判定会議も終わり、ようやく練習に専念できる日常になりました。とは言え、すぐに後期入試、卒業式、定期考査が待っていますが。慌ただしい日が続きそうです。



入試結果は悲喜交々。特に今年の入試は厳しい入試でした。月曜日が合格発表。受験生の皆さんは、居ても立っても居られない心理状態だと思います。


古い昔の高校入試を思い出します。福島県の入試は、千葉県とは違い、中学卒業後に行われました。ですから、卒業式の時点では誰も進路が決まっていない状態。(T_T)


しかも不合格だった場合!なんと中学浪人が当たり前。私は幸いにも合格しましたが、高校入学式当日びっくり!クラスの3分の1近くが浪人生。つまり先輩。人間関係、最初は大変でした。(~_~;)


当時の合格発表は見に行くか、ラジオで受験番号が呼ばれるというものでした。

今思えば不思議なことばかりです。

現在の福島県がどうなのかは全くわかりません。


中学卒業後、再び集まり、先生に結果を報告しに行ったことを思い出します。


完全なる輪切り入試でしたので、よくテストを返却される度に「お前は◯◯高校だな。」と誰もが言われていました。今では考えられません。個人情報などあったものではありませんでした。

先生は、浪人生を出さない為に他の中学と打ち合わせをしながら進めているみたいなことを言われていました。実際のところはわかりませんが。





そう考えると、市船のような特色強い個性溢れる高校など当時の福島県にはありませんでした。綺麗に偏差値のみで輪切り。公平と言えば公平ですが、教育の意味を問い詰めて行った時に私は疑問を感じます。

偏差値とは違うものが存在するべきだと考えています。価値観は、それだけではありません。



市船には様々な価値観が存在しています。様々な形での自己実現が存在しています。


私は、一番大切なことだと思います。


ichifunawoct at 00:51|Permalink

2017年02月16日

入試

今回の入試。

かなり厳しいものとなりました。過去最も倍率の高い入試となりました。吹奏楽部希望者も大勢いました。みんなに合格してほしいと願うばかりです。




商業科は、今回の入試で100%決まってしまいます。

が、普通科はまだ後期入試があります。諦めずに頑張ってほしいと願っています。



皆さんと市船吹奏楽部で活動できることを心待ちにしています。

必ずや新しい自分を発見できます。


ichifunawoct at 10:08|Permalink

2017年02月15日

方程式

ある方のお通夜があり、つくづく人生はプラスマイナスゼロであると痛いほど感じました。

人生は振り子。
プラスの振り幅が大きければ、マイナスの振り幅も大きくなる。マイナスの振り幅が小さければプラスの振り幅も小さい。

人生プラスマイナスゼロ。
人生の方程式。







もうひとつ感じたこと。

人は偉くなればなるほど、権力を手に入れれば入れるほど、本当に大切なものが見えなくなってしまう。

どうやら、これも人生の方程式のようです。権力を手に入れれば権力者の周りには自分の都合ばかり考える輩が集まって来ます。その輩は権力者に真実を伝えることなく自分にとって都合のいい情報ばかりを提供します。


そして、次第に権力者は裸の王様へと。


権力者が、自分にとって痛い情報を選択することの重要性を考えさせられます。その権力者は、後々歴史に残るでしょう。


痛い情報を排除していた権力者は、いずれ人々が、離れていきます。

方程式です。


ichifunawoct at 23:02|Permalink