2013年08月

2013年08月31日

振り子

人生は振り子。



プラスの方向へ大きく振れれば、必ずマイナスへも大きく振れる。

プラスの方向へ小さく振れれば、マイナスへの方向も小さい。


常にプラスマイナス0。



振り子が止まっていれば、プラスもマイナスもない。常に0。




マイナスを恐れるあまり、停止状態にいたいと思う時もあるが、人生が振り子である以上、それは不可能。停止は生の終わりを意味していると私は考えている。





どういう幅の人生になるか?それは、自分の意志とは無関係のような気がするのは私だけだろうか。


ichifunawoct at 10:13|Permalink

2013年08月30日

青春

高橋、コンクール前!追い込まれています。




恐らく日本中の支部大会を前にされている顧問の先生方、追い込まれていると思います。




しかし、考えてみれば、こんなにも追い込まれるということは幸せなことですね。私たち顧問は、青春の時間はとっくに過ぎ去ったというのに、今でも青春真っ盛り。





何かに挑戦し続ける限り、青春ですね。その青春を続けられること幸せに思います。これも生徒のお陰です。感謝しかありません。


ichifunawoct at 06:13|Permalink

2013年08月29日

時間

アットホームな三年生。私は、そんな優奈たちが好きです。抜けていること数知れず、怒られること数知れず、それでも諦めずに前へ進む優奈たち。




そんな優奈たちに教えられること数知れず。




そんな優奈たち、引退というゴールがはっきりと見えて来ました。




一ヶ月後には新しい代の誕生です。






市船吹奏楽部史上最も人数が多い緑ジャ。誰一人辞めていない53人。どんな代になるのか、私自身にとっても挑戦です。




相変わらず、私たち人間の感情とは別に時間はどんどん過ぎていきます。


ichifunawoct at 07:16|Permalink

2013年08月27日

マーチング吹奏楽連盟本番

厳しい本番であった。出来は最悪。音にしても、動きにしても良い所、全く無し。やはり、コンクール東関東の練習とM協の全員マーチング、そして今日の吹奏楽連盟のマーチングコンテストの三本をも同時に行うのは無理か。生徒の能力以上のことを求めているのか、私は。






考えてしまった。







来年からは、コンクールメンバーとマーチングメンバーとに分け、それぞれクオリティを上げることに専念するか・・・。迷う。それでは市船の良さが消えてしまうではないか。どうする?









迷う。




全日本吹奏楽連盟が、マーチング人数制限をしなければ、こんなにも悩まずに・・・と言っても仕方ない。
全日本の決めた理由もよくわかるのだから。








今日の出来では、三本同時進行は厳しい。と優奈たちに突き付けられた気がする。全員マーチングを諦めるか、市船?どうする、市船?













それにしても今日の市柏の演奏・演技。あまりにも凄くて開いた口が塞がらなかった。音も動きも今の段階で、あれでは、どこまで進化するのか。まさにあれが、コンクールメンバーとマーチングメンバーを分け、徹底した結果だ。感動した。実に実に素晴らしかった。









さて、市船の来年以降進むべき道は?


ichifunawoct at 19:24|Permalink

明日は本番

明日(27日)は吹奏楽連盟マーチング本番。


本選終了後から、皆、頑張って来た。コンクールの練習、M協の練習もありながら、合宿を乗り越え、よく頑張った。


緊張感と集中力ある演奏演技を楽しみにしています。2、3年生全員で取り組む吹奏楽連盟マーチング。冬から共に過ごして来た2、3年生。その絆は半端なものではない。



頑張れ!!優奈たち!!


ichifunawoct at 14:25|Permalink

2013年08月26日

1日中ホール缶詰

今日は、八千代のホールで午前中はコンクール曲の練習。昨日、習志野へ行き、学んで来たことを活かす練習を心掛けた。たまにドキッとするほど良いSoundになるのだが、持続しない。習志野の生徒たちの素晴らしさをまざまざと感じた。真似をするのではない。アンサンブル力を養おうと努力また努力。




午後からは、マーチング曲の合奏。2、3年生全員と1年生一人合わせて81人。コンクールとの両立の難しさを痛感する。しかも、このマーチングだけではない。これに全員マーチングのM協が加わる。目が点になる。




そして、5時過ぎから、シャルスペのホール練習&身内をお呼びしてのミニミニ納涼納涼コンサート。現在メンバーは50人ちょい。これが楽しい。決して上手ではないが、旨い!!!何とも言えず素晴らしいのは現役時代には味わえない楽しさ、気楽さが、とてつもなくgood!!音楽の本当の楽しさがある。同じ釜の飯を食べ、同じDNAを持つゆえの楽しさ。確かに身内で盛り上がっているのだが、それもよかろう。十分、お客様を惹き付ける力があるのだから。しかも1年足らずの活動。いいではないか。人生いろいろ。






来年のシャルスペ特別コンサートでは100名で臨む。つもり。(笑)






まぁ、上手ではないが旨い!!これが大事。私も現役相手のコンクールとは違い、伸び伸び指揮ができるから楽しくて仕方ない。しかも上手ではないが、旨いから。音楽をしていてニタニタしてしまう。








みんな、ありがとうございます。


ichifunawoct at 01:34|Permalink