2016年04月

2016年04月30日

DNA

市船吹奏楽部は、卒業されたたOBOG、卒業されたOBOG保護者の皆様に支えられているとつくづく感じ入った1日でした。
改めまして、心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。









本日は船橋ライオンズクラブ55周年記念式典にて演奏させていただきました。皆様方、真剣に聴いてくださり、その温かい眼差しに感動いたしました。誠にありがとうございました。

今後も船橋市の方々に愛される市船吹奏楽部であり続けられるよう日々精進致します。


真映たちの瞳は澄んでいます。とても美しい瞳です。ピュアな気持ちがストレートに瞳に映し出されています。決して器用な子たちではありませんが、今までの先輩方と同様、心ある子たちです。









今年のYOSAKOI テーマ。

‘ichifuna DNA ここに有り’



先輩方、保護者先輩方のDNAは脈々と現役の子たちに流れています。


ichifunawoct at 00:22|Permalink

2016年04月29日

ゴールデンウィーク


明日からゴールデンウィーク。

市船は、どこの部も遠征。様々な運動部が日本の各地へ遠征に出掛けます。

まさに猛練習のゴールデンウィークです。


吹奏楽部も新青ジャを迎え入れ、5月8日に行われるバンドフェスタへ向け猛練習の毎日です。


花純たちの吹劇「花は咲く ~帰るべきところ~」を作り直し、自分たちのものにしなければなりません。残された時間は一週間。


果たして、この一週間で自分たちのものにできるのか、真映たちは。






ichifunawoct at 09:46|Permalink

2016年04月28日

寛容


誰にでも間違いはある。




それでも受け止めてくれる人がいるから生きていける。




皆同じ。



許し、許され。




甘えではなく、寛容へと。


ichifunawoct at 00:28|Permalink

2016年04月27日

団結


誰かを敵にして、団結することを糞という。失礼。汚い言葉で。でも、糞です。


3年を敵にして、2年がまとまる。糞です。


1年を敵にして、2年がまとまる。糞です。


2年を敵にして、3年がまとまる。糞です。


顧問を敵にして、部員がまとまる。糞です。


一人の子を外して数人がまとまる。糞です。



団結とは、そんな簡単な糞みたいなものではありません。



常にベクトルを自分自身に向ける。あの人に対し、あのように言ったが、では?自分はどうなんだ?と問い掛ける人たちの集まりが、やがては団結へと育っていく。そこには自分を振り返らなければならない強い痛みがあります。自分への痛みなしに団結などあり得ません。



誰かを敵にすることに痛みなどありませんから。団結とは程遠い世界です。



団結の前に自問自答できる個が必要。自問自答できる個なくして団結などあり得ない。


勘違いしてはなりません、中学生、高校生の皆さん。今その団結は糞ですか?それとも本当の団結ですか?自分への痛みはありますか?あの先輩の文句を言ったけれど、あなたは、それ以上のことが出来ますか?あの先輩の立場。自分だったらどうするか、どう出来るかまで考えましたか?







さて、そういう私はどうなんだ?糞か?


ichifunawoct at 00:09|Permalink

2016年04月25日

多忙


コンクールの練習に。

相変わらず市船名物YOSAKOI練習。1年生、初めてのYOSAKOI。いい顔して踊っている。笑顔が素敵だ。

5月8日に行われる市柏、習志野、幕総とのコンサートでは、昨年の定期演奏会で披露させていただいた吹劇「花は咲く ~帰るべきところ~」を新2、3年生でリメイク。これが大変。40人もの三年の穴埋めは演奏面でも、表現面でも並大抵のことではない。今の状態ではクオリティが低過ぎる。市船オリジナル吹劇の魅力を伝えられないまま終わってしまう。


また、ワールドオブブラスのマーチングも作らなければならない。



頑張らなければいけないことだらけ。



なんと幸せなのだろう。

なんと恵まれているのだろう。

ありがたいことである。






ichifunawoct at 10:34|Permalink

2016年04月23日

慣れ


緊張感を持って臨んだ新学期。

慣れて来たようです。

慣れは、とても良いことです。リラックスを生み出してくれます。余裕を与えてくれます。


しかし、慣れがルーズとなり、緊張感を忘れてしまったのでは全く意味がありません。


慣れた時にルーズになるのではなく、緊張感と解放感をうまく使い分けられるオンとオフのスイッチを持った人だけが成功するのだと思います。それは時間の使い方に通じていきます。

人生この違いだけだと思います。しかし、この違いはあまりにも大きな違い。このわずかな違いが日々積み重なっていけば・・・。



相変わらず自戒の念を込めて。


ichifunawoct at 10:32|Permalink