市ヶ谷のアナグマ

市ヶ谷で30年
千代田区靖国通り市ヶ谷法曹ビル
九段北歯科院長とスタッフの日記です!
患者さまの立場に立ち誠意を持った治療をモットーとしています。どうぞお気軽にご相談ください

勉強の記録

院内勉強会を行いました



02勉強会



10月に入り、肌寒い日が続いていますね。
さて、本日九段北歯科ではお昼休みを利用して
新しい薬剤等を使用した歯周病ケアについての勉強会をしました。

インストラクターは皆様もおなじみ、
(株)ライオンの研究員の先生です。

日々進化している分野の情報は刺激を与えてくれますし、知識の再確認にも役立ちます。

効果的な薬剤の用い方、あらゆるデータの紹介などを教えていただきましたが、患者さまの為の患者さまに合った方法で導入していきたいと思います。


歯を大切に市ヶ谷靖国通り 九段北歯科  



日本成人矯正歯科学会報告その3(上戸彩さん)

大会最後に当学会主催の2006年度E-ライン・ビューティフル大賞授賞式が行われました。

毎年恒例となっているこのイベントですが、

今年の受賞者は、上戸彩さん。

もうマスコミでも発表されていますね。



E?ライン、をご存知ですか?



Eラインとは、歯科医ロバート・リケッツが1954年に提唱した美の基準のひとつで、

横顔を向いたときの鼻の頭と顎の先を結んだラインのことです。

一般に唇がこのライン上か、やや内側にある横顔が理想的といわれています。



 歴代受賞者はこんな人

 1995年 池上季実子

 1996年 藤谷美紀

 1997年 清水美沙

 1998年 佐藤藍子

 1999年 天海祐希

 2000年 宮沢りえ

 2001年 黒木瞳

 2002年 米倉涼子

 2003年 水野真紀

 2005年 白石美帆



皆さんはEラインに自信がありますか?




成人矯正学会会場 E-ライン・ビューティフル大賞

<授賞式会場と今年の受賞者の上戸彩さん>

?完?

日本成人矯正歯科学会報告その2(ティミー西村氏講演)

学会ではこのような講演もあります



特別講演 プロのメイクアップアーティストのティミー西村氏の



    「笑顔とメークアップ」




実は西村氏のことは全く存知上げていなかったのですが、

スタッフから女性の間ではカリスマ的存在との話を聞き、

何か参考になる事はないかと思い(メイクをする趣味はないけれど…)

参加しました。(この講演はどちらかというと女性ドクターやスタッフ向けのものです。)



さすがに一線で活躍なさっているだけあって洗練されたトークと実演には感心致しました。

西村氏のお客様の満足を第一に考えその人の魅力を引き出すためのポリシー、

お客様に似合う色やスタイルを選ぶこだわりなど、化粧の世界も奥が深いものなんですね。

それは私の仕事とも大いに共通している点があります。

特に審美の分野では

顔つきや型、肌や唇の色、それに加えて健康状態をトータルに判断しながら仕事をします。

そこがまたやりがいのある楽しい面でもあるのです。




特別講演ティミー大西氏 ティミーさん

<講演の様子とティーミー西村氏。気持ちよく撮影に応じて下さいました。>



?つづく?

日本成人矯正歯科学会報告その1

6月25日(日)、東京アメリカンクラブで開催されました

日本成人矯正歯科学会に行って参りました。

今年のメインテーマは



「歯科医療に於ける成人矯正の意義」



様々な学術発表、講演に触れ新たな情報を得る事が出来ました。



そこで考えさせられた良い発表がありましたので

少しご紹介をしましょう。



最近注目を浴びている口呼吸に関連することでもありますが、

この患者さんは原因不明の突発性の筋肉異常により

口唇の力が抜けてしまい、咀嚼に障害が発生したケース。

(かなり症状の悪い状態です)



口唇



この状態を筋機能訓練(フェイスストレッチを含む)によりこのように回復します。



口唇訓練2



筋肉の緊張がとれ、笑顔も素晴らしく改善されたケースです。

とてもわかりやすいよい症例です。



私が治療している噛み合わせ、顎関節症にも共通する分野ですので、

大いに参考になったし、今後の自信にもつながりました。



最近では口唇力不足により舌をよく動かせない子供が増えているそうです。

これは食生活やストレスなどに影響されており、

成人になってもその影響で口呼吸の習慣がついたり、

顎の発達が悪く歯並びが悪くなり、その結果健康状態を悪くしているケースもあり、

その時その時で必要なあらゆる治療を施す必要性が出てきているようです。



続きはまたアップします。




模型・展示資料

<矯正の症例資料・模型等の展示>

日本咬合学会学術大会に行って来ました

咬合学会看板 咬合学会会場 咬合学会ポスターセッション



21・22日の2日間、平河町にて開かれました日本咬合学会学術大会に行ってきました。

初日は東京にも初雪が降り、我家の子供達も興奮状態でしたが(もうそんな歳でもないんですが…)、滑る足元に気をとられながらセンター試験の大学受験生さながらの気合で臨みました。



今回のテーマは、『咬合と健康長寿』

これまでにも少しづつではありますが述べてきました咀嚼と長寿の関連性を改めて確認することになりました。

また、北大教授の澤口先生の講演では脳の前頭連合野の能力について、

東邦大医学部教授の有田先生の講演では、今話題のセロトニン神経と脳について等々医科の分野とも関連する内容を学ぶことができ、

今後の私の治療にも役立てることができればと良い収穫になりました。
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード