市ヶ谷のアナグマ

市ヶ谷で30年
千代田区靖国通り市ヶ谷法曹ビル
九段北歯科院長とスタッフの日記です!
患者さまの立場に立ち誠意を持った治療をモットーとしています。どうぞお気軽にご相談ください

診療室から

歯周病がインフルエンザを助長する


tooth_pikapika



皆さまこんにちは。
九段北歯科院長です。
それにしても寒い毎日が続いています。
先日の雪もまだ溶け切れてなく氷となって残っていますが、
今週も大雪になるという予報も出されていますので心配ですね。

それと同時にインフルエンザが流行っており、最高罹患者を記録したとか。

当院のスタッフも1名がダウン。(もう回復いたしましたが
皆で予防に細心に注意を払って頑張っております。

さて、そのインフルエンザに歯磨きが大きく関連することを御存じでしょうか?
なかなか一般には知られておりませんが、
お口の中に存在する歯周病菌が、その人のインフルエンザウィルスを増殖させ感染を助長するという発表がされています。

インフルエンザと聞くと手洗いとうがいのイメージが非常に強いと思いますが、
お口の中のケアは、むし歯や歯周病のみならずあらゆる病気への感染を防ぐ重要な方法の一つであると言えますね。

詳しく話そうとすればもっともっと多くの疾患に歯周病は影響を与える事実があるのですが、
今回はまずはインフルエンザ!!

みなさま、歯磨きをしっかりしてお口の中の状態を清潔に保つように心がけましょう。

自分ではよく磨けない

磨けているのかわからない

とお悩みの方はぜひプロのクリーニングでお口の中をケアしましょう。


 千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  

最近のマウスピース事情(スポーツ歯学)


 先日マウスピースの講習会(スポーツ歯学) に出席してきました。

「スポーツ歯学」とは?

あまり聞きなれない言葉、分野かもしれませんが、20年以上前から存在している学問・分野です。

IMG_1335

IMG_1336

このような本も購入して、当時は興味深く読んだりしていました。

下の画像のようなマウスピースもいくつか作成しましたが、

IMG_1337

あまり普及していない現状です。

その原因としては、いくつかの理由があります。

まず、市販品に見られる簡易型の物や低品質の物が様々な健康グッズに紛れるようにして販売されていること。

逆に高品質の物は値段設定がかなり高額であったりすること。



つまりは、マウスピースは

「健康保険制度に入ってない」

保険外診療であるがために特別品であるイメージでしか捉えられていないのです。

確かにマウスピースは「治療」ではなく、外傷から予防するための物です。

3年後の2000年には東京オリンピックがやってきます。機能的なこと、特に運動的な機能、口腔筋機能には治療として関わることができるのではないかと思っています。

もちろん、従来の型のマウスピースの大幅な改善、改良が必要となります。


千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  

All-on-4 (オールオンフォー)

 
先日久しぶりに学生時代の友人医師から連絡があり

 「オールオンフォーって知ってる?」

 と唐突に質問されてびっくりしました。

 「あ~インプラントで4本で全部を支えるやつね」

 と最初はお粗末な返事をしてしまいましたが


ちょっとわかりやすく画像で説明しますと↓↓↓

IMG_1227

(この4本を柱にして上部にアーチ型の歯を装着させる感じです。)


正直自分はインプラント専門医でもありませんので直ぐにピンときませんでした。

 聞けば知り合いの患者さんが青山付近の歯科医院で勧められたらしく、

 治療費用は上あごだけで250万とのこと。

 

 高額なことに驚きましたが

 

よく考えると大学病院でもインプラント1本40~50万ほどですから、

 4本で150~200万プラス上部構造なんやらで250~350万くらいかな~

 

そんなものかとも思いましたが

それにしても…。


ということで友人には後日連絡することにして少し詳しく調べてみました。

 

 千代田区周辺や母校の歯科大学病院、4校に確認を急いでみたところ、

 All-on-4 を行っているのは2校、

 しかもそのうち1校はあまり積極的に行ってない様子でした。

 

ここ10年位歯科専門雑誌や歯科広告チラシなどでは画期的な体で紹介されている治療法ではあるのですが

大学病院における実体としては少々意外でした。

歯が無い人に8~10本インプラントを打つことを考えれば確かに費用は約半分くらいで済むのでしょうが

やはりそれなりに様々なリスクを伴うとのことでした。

 「ふ~っ」とため息が出る思いでした。

  

友人にも話をしましたが、そこは医師でもありますのでスムーズに話も進み、

メリットもあればリスクもありとの見解で一致。

 

確かによく噛めるようになるケースもあるのですが、

例えば一度建ててしまった高級な建物をベストな状態で維持するのが難しいように、経年的なケアやメンテもとても重要になってきます。

 

インプラント治療は夢の治療ではないということを改めて実感することになりました。

 尚、当院のインプラントに対する考えはホームページ

「No!!インプラントの方へ」

に記載していますので、ご参照ください

千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  


 

 

 

 

ロナウドのような体幹(インナーマッスルとゴムワイヤー)

12月も残り少なくなってきました。

先日のクラブワールドカップ、鹿島アントラーズはレアルマドリードを相手にかなりいいところまで迫りましたが

ジャッジの不運?などもあり

残念ながら勝利にはとどきませんでしたね。

最後は体力も尽きたのか

ロナウドに決められ試合終了。

気合いも入れながらの久々に楽しい観戦でしたが、少しガックリ

そんな時解説者が

「ロナウドの様なああいうシュートはよほど体幹が鍛えられていないと打てない」

と言っていました。

要するに、モーションの少ないステップで振り幅も小さいシュートでしょうか。

「ふーん」と思い聞いていましたが、

確かにロナウドは一日腹筋3000回とか?している話が有名な怪物クンですからねー。

だから姿勢もピンと張っているのでしょう。

そんなところはまるで矯正用のワイヤーのようなんですよね。

だからという訳ではないのですが、実は当院でもただ力の強いだけではないインナーマッスルの効いたワイヤーを使用しています。


その名は「ゴムワイヤー」

しなやかな戻りと柔らかさの成分を持ちつつ、ワイヤー(アウターマッスル)の強さも持ち合わせています。

これが部分矯正に効果的な力を発揮しています。

ゴムワイヤー








千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  

口腔衛生が健康の基本です その2

前回に続きその2です。

日本では歯科治療も保険がききますし、医科に比べても治療費が安いため

痛くなったり虫歯になったりすれば歯医者に行って治せばいいとの考えの方がほとんどなのではないでしょうか。

この図は直近の1年間で歯科検診に行かなかった人の割合です。
(出典 ライオン㈱・日本、アメリカ、スウェーデン3か国のオーラルケア意識調査Vol.1)


g


日本の歯科検診率の低さが際立っていますね。

約6割の人が1年に1度も検診をしていないという結果です。

ただ、個人的には日本で大体1500円~3000円(3割負担の場合)の虫歯治療に対して約10万近くかかるアメリカ、スウェーデンなのに、3割近くの人が検診にも行かないという事実もどうかと思うんですが(もう諦めてる可能性もありますね)


口腔内は常に水分と体温が保たれた中、食べ物やあらゆる雑菌などにさらされています。

しかも咀嚼というハードワークを行っている場所です。

知らないうちに病巣が悪化するスピードも速いといえます。

高齢化によって高齢者の医療費もまた削減される予定ですが、備えあれば患いなしで、早い時期に対処すればするほど治療にかかる費用も安くすみます(自費のケースはケースバイケースですが)。

このデータはその国の医療システムにもよりますが、口腔ケアを怠ると高額な治療費がかかるということを国民が理解している証拠でもあるのです。

毎日のケア、そして定期的なクリニックでのケアは面倒なことではありますが、将来的なことを考えても大切なことであることは間違いありません。










プロフィール

anaguma

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード