市ヶ谷のアナグマ

市ヶ谷で27年
千代田区靖国通り市ヶ谷法曹ビル
九段北歯科院長とスタッフの日記です!
患者さまの立場に立ち誠意を持った治療をモットーとしています。どうぞお気軽にご相談ください

診療室から

All-on-4 (オールオンフォー)

 
先日久しぶりに学生時代の友人医師から連絡があり

 「オールオンフォーって知ってる?」

 と唐突に質問されてびっくりしました。

 「あ~インプラントで4本で全部を支えるやつね」

 と最初はお粗末な返事をしてしまいましたが


ちょっとわかりやすく画像で説明しますと↓↓↓

IMG_1227

(この4本を柱にして上部にアーチ型の歯を装着させる感じです。)


正直自分はインプラント専門医でもありませんので直ぐにピンときませんでした。

 聞けば知り合いの患者さんが青山付近の歯科医院で勧められたらしく、

 治療費用は上あごだけで250万とのこと。

 

 高額なことに驚きましたが

 

よく考えると大学病院でもインプラント1本40~50万ほどですから、

 4本で150~200万プラス上部構造なんやらで250~350万くらいかな~

 

そんなものかとも思いましたが

それにしても…。


ということで友人には後日連絡することにして少し詳しく調べてみました。

 

 千代田区周辺や母校の歯科大学病院、4校に確認を急いでみたところ、

 All-on-4 を行っているのは2校、

 しかもそのうち1校はあまり積極的に行ってない様子でした。

 

ここ10年位歯科専門雑誌や歯科広告チラシなどでは画期的な体で紹介されている治療法ではあるのですが

大学病院における実体としては少々意外でした。

歯が無い人に8~10本インプラントを打つことを考えれば確かに費用は約半分くらいで済むのでしょうが

やはりそれなりに様々なリスクを伴うとのことでした。

 「ふ~っ」とため息が出る思いでした。

  

友人にも話をしましたが、そこは医師でもありますのでスムーズに話も進み、

メリットもあればリスクもありとの見解で一致。

 

確かによく噛めるようになるケースもあるのですが、

例えば一度建ててしまった高級な建物をベストな状態で維持するのが難しいように、経年的なケアやメンテもとても重要になってきます。

 

インプラント治療は夢の治療ではないということを改めて実感することになりました。

 尚、当院のインプラントに対する考えはホームページ

「No!!インプラントの方へ」

に記載していますので、ご参照ください

千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  


 

 

 

 

ロナウドのような体幹(インナーマッスルとゴムワイヤー)

12月も残り少なくなってきました。

先日のクラブワールドカップ、鹿島アントラーズはレアルマドリードを相手にかなりいいところまで迫りましたが

ジャッジの不運?などもあり

残念ながら勝利にはとどきませんでしたね。

最後は体力も尽きたのか

ロナウドに決められ試合終了。

気合いも入れながらの久々に楽しい観戦でしたが、少しガックリ

そんな時解説者が

「ロナウドの様なああいうシュートはよほど体幹が鍛えられていないと打てない」

と言っていました。

要するに、モーションの少ないステップで振り幅も小さいシュートでしょうか。

「ふーん」と思い聞いていましたが、

確かにロナウドは一日腹筋3000回とか?している話が有名な怪物クンですからねー。

だから姿勢もピンと張っているのでしょう。

そんなところはまるで矯正用のワイヤーのようなんですよね。

だからという訳ではないのですが、実は当院でもただ力の強いだけではないインナーマッスルの効いたワイヤーを使用しています。


その名は「ゴムワイヤー」

しなやかな戻りと柔らかさの成分を持ちつつ、ワイヤー(アウターマッスル)の強さも持ち合わせています。

これが部分矯正に効果的な力を発揮しています。

ゴムワイヤー








千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  
九段北歯科  

口腔衛生が健康の基本です その2

前回に続きその2です。

日本では歯科治療も保険がききますし、医科に比べても治療費が安いため

痛くなったり虫歯になったりすれば歯医者に行って治せばいいとの考えの方がほとんどなのではないでしょうか。

この図は直近の1年間で歯科検診に行かなかった人の割合です。
(出典 ライオン㈱・日本、アメリカ、スウェーデン3か国のオーラルケア意識調査Vol.1)


g


日本の歯科検診率の低さが際立っていますね。

約6割の人が1年に1度も検診をしていないという結果です。

ただ、個人的には日本で大体1500円~3000円(3割負担の場合)の虫歯治療に対して約10万近くかかるアメリカ、スウェーデンなのに、3割近くの人が検診にも行かないという事実もどうかと思うんですが(もう諦めてる可能性もありますね)


口腔内は常に水分と体温が保たれた中、食べ物やあらゆる雑菌などにさらされています。

しかも咀嚼というハードワークを行っている場所です。

知らないうちに病巣が悪化するスピードも速いといえます。

高齢化によって高齢者の医療費もまた削減される予定ですが、備えあれば患いなしで、早い時期に対処すればするほど治療にかかる費用も安くすみます(自費のケースはケースバイケースですが)。

このデータはその国の医療システムにもよりますが、口腔ケアを怠ると高額な治療費がかかるということを国民が理解している証拠でもあるのです。

毎日のケア、そして定期的なクリニックでのケアは面倒なことではありますが、将来的なことを考えても大切なことであることは間違いありません。










口腔衛生が健康の基本です その1 大村崑さん 

11月8日がいい歯の日だったせいもあり、週刊誌やネットのニュースで歯科の記事が多く取り上げられています。
当たり前のことではありますが、歯が丈夫でよく食事ができる方は健康で長生きであることが多いです。

今までも何度もブログで書いてきましたが、脳への血流が増進されることにより認知症の度合が少ないという明らかなデータが出ています。

わかりやすく言うと

歯の状態が悪い年配の方は認知症をはじめとする様々な健康リスクが早く訪れる可能性が高いのです。

私の患者様の中にも90歳代にしてまだまだ現役で弁護士業や社長業をこなしていらっしゃる方、毎年の海外旅行を励みにダンスの練習を継続しているご婦人など、見習いたいと思うような方がたくさんいます。
共通しているのは、しっかりと歯の検診と治療をしていることです。

私は自分で自分の治療ができませんので(笑)、意外と不養生なものですから

果たして自分の将来はこんな感じで健康でいられるのだろうか?

と常々思うほどです。

先日見ていたテレビ番組にオロナミンCのCMで有名な大村崑さんが出演していましたが、85歳にして会話のテンポも若いころとお変わりなく、新たな芝居にも挑戦しておりご本人は台詞を覚えるのが大変との話をしていました。

年齢を感じさせない若さに驚きましたが、健康の秘訣は2か月に一度の歯のクリーニングだとも。

若い頃からの意識の継続が功を奏した結果だと思います。

継続的に歯医者に通うのは面倒です。

そのうち歯ではなく身体の方での通院も始まります。

その2に続きます




NO!インプラント パンフレットできました

12






みなさま、こんにちは。

今年も半分が過ぎてしまいましたね。

ここ数週間、虫歯予防デーなどもあったせいか、

歯医者が過剰だとか

ワーキングプア問題(これは深刻だと思うけれども)

インプラント事故が多いとか

通院回数を増やしてぼったくっているのではないかとか

私がいままでこのブログでも散々語ってきているニュースがネットや新聞などでぶり返されています。

もうそのような話題は承知の上で食傷気味です。

気分も暗くなりますしね。

少なくとも当院では私も含めスタッフ一同、

こだわりを持った精一杯の治療と

患者さまの立場に立った誠意を持った仕事をしているつもりです。

その辺は自負しております。


前置きが長くなってしまいましたが、


そんな悩める患者さまのために

ご要望が多かった新しいパンフレットを作りました!

写真のスタッフが持っているものがそれです。

中はこちらのような感じです

    

11







どうぞ、お近くの方、当院入口に設置しておりますのでご覧になってください。

リンコス九段店手前、法曹ビル入口に看板を設置しております。

余談ですが、この前、夜間に看板を倒されました
備品も盗まれて困りました(両件とも警察には届出済み)

倒さないでね

看板













 千代田区市ヶ谷の歯科医院
 市ヶ谷法曹ビル  九段北歯科  なんでもご相談ください 
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード