2004年06月05日

アートディレクター紹介-永井裕明「佐川急便」

佐川急便-トラック佐川急便の40周年記念事業が始まり

このトラック、今では至る所で見るようになりました。これ、1997年の佐川急便40周年記念事業からスタートしたものなんです。佐川さんに配達をする方はご存じだとおもうのですが、このトラックの模様のデザイン、包装からボックス、ゴルフパックに至る迄全てのデザインに採用されているんです。もう新しいロゴも含めて佐川急便のアイデンティティを体現しているものとなっています。

始めは記念事業というだけだったのがどうしてここまで大きくふくらんで来たんでしょうか。すごく興味をひきますよね。
佐川急便のカラーはブルーとシルバー

あなたは佐川急便といってどんなイメージが浮かびますか? 自分がもしこの質問を受けていたら、飛脚とセールスドライバーのブルーかなって答えている所だと思います。

永井裕明さんの佐川のイメージは「ブルーとシルバー」。
聞いてみればなるほどですよね。
ただ面白いエピソードで、「ブルーとシルバー」を提案したら佐川さんの方はすごく新鮮に感じたらしいです。
いつも作業服着たり、商品を扱っているのにって思うと不思議ですよね。

さてイメージの話に戻りますが、とはいうものの配達で有名なヤ○トのクロネコと比べると
どうしてもイメージしにくいところがありますよね。
今回の佐川急便にとってのこの事業はいつの間にか企業のイメージを決める
ブランディングの一種に昇華されていったといっていいでしょう。

このカラーは佐川急便!っていうぐらいのアイデンティティ獲得に動いているといっていいじゃないかな!


始めはただの記念事業!??

さて始めのタイトルにも書いたけど、この大きな事業は1997年のお祭りみたいなものが始まり。
当初はロゴ、イベント用のヘリコプターと車両のデザインだったらしい。
永井裕明さんはシルバーとブルー、そして早いというイメージを持たれるようにコンセプトを「ギャラクシーデザイン」として取り組んだそうです。
早いというのは安易な発想でいうと切れのある線、直線で表現する事が多い中で
こういった別の形で具現化してしまうところはすごいですよね。

そのギャラクシーデザイン、すごく好評で2002年にリニューアルされた梱包資材などの全てのデザインに活かされています。
これこそ今の時代を生き抜くブランディング戦略というものではないでしょうか。

その他、トラック製造の裏話等まだまだたくさん載っていますが、 それは買った人だけのお楽しみ!
デザイナーやディレクターの人はぜひぜひ購読をお勧めします。

仕事ぶりが似ているということで佐藤可士和さんの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」のエピソードも楽しんで下さい!

>>佐藤可士和 「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」





■アートディレクターの事が知りたい方はこちらがお薦めです!


TOKYO ART DIRECTORS CLUB WHO’S WHO―アートディレクター・人と仕事


■もっとデザインのことを知りたい方はこちらをクリック!デザイン・アート関連のブログが揃っています。
デザイン/アート


>>TOPに戻る

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ichigo_ichie/815368
この記事へのコメント
佐川といえば、やっぱり飛脚のイメージが強いですよね。
でも、このデザインは、
スマートで今風な印象を加えることができるような感じですね。

なにごとも中身が大切、
だけど、イメージも重要。ですね。
Posted by mis at 2004年06月07日 00:41
確かに中身が大切。
だけどマーケティングの事を考えるとブランドという考えは非常に重要だと思う。

これは自分の先輩の話だけど、あるHPを作成するという中で
実力は一緒だけど、有名WEBデザイン事務所とその人の事務所の制作料が5倍も違うんだって。
同じぐらいの仕事して5倍の収入ってすごい事だと思う。

でもこういったブランド力というのは長年信用を勝ち取って初めてなせる。
そういう意味で佐川急便が始めたブランディングというものにすごく注目しています。

多少高くても信用ある佐川さんに!ってなったらもう勝ちだよね!!!(笑
Posted by ichigo_ichie at 2004年06月07日 01:20
青のクールさ、清清しさを上手に企業イメージに使った例だよね。
イメージかなり変わるからデザイン力は大事ね。

でも飛脚も捨て切れない、佐川君。
Posted by ジェイ太郎 at 2004年06月07日 10:45
こうしたデザインがマーケットに及ぼす影響がすごく大きくなってきたなぁって思います。
佐川もヤマトに負けない強烈なイメージを残せるのか楽しみです。

イメージだと黒猫ヤマトって強烈ですが、そろそろ作業着や全般のデザインは
かえていった方がいいんじゃないの?って思うのは自分だけでしょうか?^^;
Posted by ichigo_ichie at 2004年06月07日 23:52
ちょっとデザインとは話がそれますが、
佐川は、男の人しか見たことがないですが、
ヤマトは、若い女の人も働いてますよね。
女の人のヤマト制服姿はけっこう好きです。
(そういう趣味とかじゃなくて ^^;)
ヤマトのデザインがもしリニューアルとなっても、
黒猫親子は残ってほしいな・・・
Posted by mis at 2004年06月08日 23:09
確かに佐川の方が屈強な男性が配達しているイメージが自分の中では強い…^^;
女性の制服ってあまり印象がないんで、なんともいえないなぁ
ちょっと街角歩いていたら見かけそうなので、気をつけてみてみたいと思います。

そういえば、黒猫も昔に比べるといろんなタイプが増えているような増えてないような……

Posted by ichigo_ichie at 2004年06月09日 00:18