qegeg

世界で一番ポプテピピックに詳しくて
世界で一番無駄な時間を過ごせるサイト

お手軽リンク
ポプテピピック元ネタ解説まとめ 最新更新分
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・ファーストシーズン
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・セカンドシーズン 前編
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・セカンドシーズン 後編
リスボックリを応援しつつ元ネタを紹介する記事
【公式様】
竹書房様ポプテピピック シーズン3公式サイト
ポプテピピックアニメ 公式サイト
アニメポプテピピック 公式Twitter

アニメ解説も長くなり、重くなってきたので数話毎にページをまとめました。
ポプテピピック・アニメ元ネタ解説まとめ1~4話
ポプテピピック・アニメ元ネタ解説まとめ5~9話

Q:このサイトの目的は?
A:円盤を多くの人に買ってもらって覇権を取り、作品が長きに渡って続く事。

Q:更新予定を教えて!
A:本編終了直後に簡易更新、日曜日中にネタの取り漏らしがないかSNSとかで調べて随時更新。
社畜なので日曜仕事の場合は更新が遅れたりもするかも。
    コメントをブログに書き込んでいただければそれについても(調査させていただき、裏を取れたものについては)追記させていただきます。

Q:円盤の魅力を教えて!
A:原作が4話毎モザイクなしで収録されてるよ!
   オーディオコメンタリーでは原作者の大川ぶくぶ先生とゲームライターのマフィア梶田氏が
   けものフレンズ某作品を見ている姿が収録されているぞ!


第12話「THE AGE OF POP TEAM EPIC
・オープニング
1996年に発売されたセガサターン用シューティングゲーム「デスクリムゾン」のオープニングが元ネタ。
どこを切り取っても出来が悪い10年に1本あるかないかレベルのクソゲーであり、
あのファミ通のレビューでさえ「こりゃあ、キツイ!」「ゲームに点数をつけるという行為に限界を感じた1本」と書かれる程であった。
発売後、制作会社のエコールソフトウェアはファンとの交流会を設けるなど真摯な態度で接したことが功を奏し、本作を単なるクソゲーから伝説のクソゲーに押し上げ、今日まで知名度のある作品となっている。
特に有名なのがオープニングムービーの出来の悪さで、会社のロゴマークからして出来が悪く
コンバット越前のグラフィックが表示されるが左右の足の長さが明らかに違う、複数のキャラクターを全部一人で演じている
「上からくるぞ!気をつけろぉ!」「せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ!」等の迷ゼリフなどツッコミどころしかない事は今でも語り草となっている。
今回のポプテピピックではなんとエコールソフトウェア完全協力(クレジットにも名前がある)。
ゲームの内容は以下のリンクから。

・ゼーレっぽいなにか
一話から引き続きアニメ「エヴァンゲリオン」の「人類補完委員会」のパロディ。
やたらと難しい言葉を使うのもおなじみ。
「暗闇は無く、無知があるのみ」はウィリアム・シェイクスピアの言葉であり、
ポプテピピック漫画版第一シーズンのあらすじ欄に記載されていた。

・ハムレットの死神
key
衣装は銀河英雄伝説の銀河帝国の軍服から。

<今週のポプ子&ピピ美>
小山茉美
声優界の大ベテランの一人。
声域の幅が広く、アラレちゃんの則巻アラレやガンダムのキシリア・ザビ役などで有名。
三石琴乃
代表作にエヴァンゲリオンの葛城ミサト、セーラームーンの月野うさぎ役など。
二人の共通点としては「ガンダムSEEDDESTINY」のマリュー・ラミアスとタリア・グラディスなどガあげられるが、
本来であれば緒方恵美氏を呼び「エヴァンゲリオンパロディで碇シンジと葛城ミサト役の二人を呼ぶ」
事が目的だったと思われる。
「ごめんなさい叩かないで」
ハムスターを演じているのはとっとこハム太郎のハム太郎役で有名な間宮くるみさん。
Aパートでも演じているが、Bパートでは「ヘケッ」「~なのだ」と明らかにアレを意識した演技に変わっている。

・心の大樹
謎の歌。卒業ソングにしては歌詞が汚すぎる。
曲調は1992年の映画「天使にラブソングを」のHail Holy Queenのオマージュと思われる。


・「うち出資もしてませんし!」
基本的にこの手の漫画のアニメ化では出版社がスポンサーや製作委員会に入り、
宣伝を兼ねることで原作本の売り上げを伸ばすことが目的であるが、
ポプテピピックはキングレコードの一社提供・一社制作という珍しいスタイルを取っている。
通常のアニメはクソアニメになった際のリスクを複数社で分割し、被害を最小限に抑えることを目的としているが、
本作では権利的な意味で何か問題が起きた時に備える意味もあり、一社出資となっている。
(ちなみに背景には鉄血のオルフェンズのオルガ・イツカの死体が転がっている)
・アイキャッチ
1995年放送の機動武闘伝Gガンダムのアイキャッチのパロディ。
・扉の錠前
smile

カプコンより発売されている法定アドベンチャーゲーム「逆転裁判」よりサイコロックが元ネタ。
探偵パートにおける謎解き要素の一つであり「心に掛けられた錠前」をモチーフにしている。

・「んちゃ!」
小山茉美氏の代表作、ドクタースランプアラレちゃんの名ゼリフより。
・「サービスサービス!」「目標をセンターにいれてスイッチ」
三石琴乃の代表作新世紀エヴァンゲリオンの名ゼリフより。
・合身!

スーパーロボット大戦BXのバーサル騎士ガンダムの技「騎士スペリオルドラゴン」の演出が元ネタ。

・「おーい!どうしたんだーい!」
・「よーし任せて!」「僕は時を自由に行き来することができるんだ!」
・「さあ!捕まって!」「蒼井翔太です!」
声優の蒼井翔太が突如として実写で登場。
なお、人選についてはキングレコード所属であり、ぶくぶ先生大好きキンプリ声優故のチョイス。
放送終了後にはポプテピピック サブキャラクソTシャツ 蒼井翔太(CV:蒼井翔太) Tシャツが発売され、
なぜか大川ぶくぶ🄫とコピーライト表記が入る珍商品まで発売された。
63704219
<今週のポプ子&ピピ美>
速水奨
声優界の大ベテランの一人。
元々劇団四季の俳優だったことからも歌唱力があることで知られる。
独特の低音ボイスが特徴で、ナルシスト的な役が多い。
代表作に超時空要塞マクロスのマックス、BLEACHの藍染惣右介など。
中田譲治
ダンディな声で知られる声優。元々俳優として活動していた。
コメディ演技が好きなことで知られる。

第11話「呪館」
・エイサイハラマスコイ踊りのEDM
<今週のポプ子&ピピ美>
水樹奈々
一般層にも知名度が高く、歌手としても有名な声優。
キャパ数万人が埋まる程の今日のアニメライブブームの先駆者ともいわれている。
代表作にリリカルなのはのフェイト・テスタロッサ、ハートキャッチプリキュア!の花咲つぼみ等他多数。
能登麻美子
特徴的な「癒し声」を持つことで有名な声優。
その声を生かしたのほほんとしたキャラも多いが、
ギャップを生かした銀魂のパンデモニウム等の変わったキャラを演じることも近年では増えている。
代表作に地獄少女の閻魔あい、君に届けの黒沼爽子など。

<ホラー映画>
1980年の映画「シャイニング」のパロディ。
呪館のタイトルはホラー映画「呪怨」のパロディ。
稲川淳二の物まねのBBゴローが語るように
(そもそもBBゴローはパラノーマルアクティビティの映像特典の稲川淳二パロディなのだが)
雪山の洋館にいる人物が二人の少女の幻影を見て次第に狂気に包まれる」等のストーリー構成、
狂気に包まれた人物が斧を片手に周囲の人物を襲う様や、カット割り等も意欲的に似せている他、
エンディングで写真に向かってズームしていく所までパロディされている。

なお最後の部分は逆再生であった模様
<なんでそんなに大きくなったのー>

アリサンマークの引越社のCM。

<今週のポプ子&ピピ美>
郷田ほづみ
クールな役などで有名な声優。
近年では音響監督としての仕事も多い。
代表作に装甲騎兵ボトムズのキリコ・キュービィ、HUNTER×HUNTER(1999年版)のレオリオ=パラディナイトなど。
銀河万丈
独特の渋い声を持つ声優界の超大御所。
その声を生かしたカリスマ性のある役は数知れず。
ナレーション等の仕事も多く、アニメに興味ない人でも声を聴いたことがある人は多いのでは。
代表作に開運なんでも鑑定団や装甲騎兵ボトムズのナレーションおよびロッチナ、
機動戦士ガンダムのギレン・ザビ、北斗の拳のサウザーなど。

この二人の組み合わせは装甲騎兵ボトムズの主人公とナレーションの関係。
なお、ジングルの際には
最も危険な罠、それは不発弾。巧まずして仕掛けられた地中の闇に眠る殺し屋。それは、突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。ウドは巨大な罠の街。そこかしこで信管をくわえた不発弾が目を覚ます。
次回、『罠』。キリコも巨大な不発弾。「自爆、誘爆、御用心。」
と同作5話の予告を読み上げたり、
同クメン編のキリコのモノローグ「緑に塗り込められてはいるが、ここは地獄に違いない。」 をもじった「ここは天国に違いない」のアドリブも。

第10話「銀座ホステス探偵」

全体的に2時間サスペンスものが元ネタ。
2005年まで放送されていた「火曜サスペンス劇場」のオープニングと「聖母たちのララバイ」風のエンディングを採用している。

<出ておじゃれポプテピピック>
「出ておじゃれポプテピピック!姿は隠してもクソマンガは臭いでわかりまするぞ!」
1978年に公開された映画「柳生一族の陰謀」より烏丸少将文麿のセリフ
「出ておじゃれ!隠れていても獣は臭いでわかりまするぞ!」より
 
↑5:10頃より
<今週のぶくぶ先生>
マンガ大好き
<今週のポプ子&ピピ美>
三森すずこ
『探偵オペラミルキィホームズ』のシャーロック・シェリンフォード役でヒットに。
アニメ本編以外にも顔出し出演の声優バラエティ番組も多い作品だったため、一気に知名度を上げる。
声優デビュー前は女優、ディズニーランドのキャストなどの仕事をしていたため、演技や歌と踊りに定評あり。
代表作にラブライブの園田海未、ウルトラマンジードのレムなど。

徳井青空
『探偵オペラミルキィホームズ』の譲崎ネロ役でデビュー。
同じく顔出し出演の声優バラエティ番組で知名度を上げる。
漫画が描ける声優としても活動しており、作品はアニメ化されたことも。
代表作にラブライブの矢澤にこなど。

<オーラキャノンだ!>
「ファイナルファンタジー6」の必殺技「オーラキャノン」がモチーフ。
 
また、ゲーム/アニメのイナズマイレブンシリーズでは同様に手からサッカーボールを発射する技
「ガニメデプロトン」が登場している
0001d

<茶風林>

名探偵コナンの目暮警部ではなく日暮警部(一本足りない)
<マスクの男>
<ギィィ>
名探偵コナンよりアイキャッチの扉から。

<死亡リスト>
金田一少年の事件簿からアイキャッチの映像が元ネタ。
死亡した人物は灰色や×などで表示されている。
v1398545355
<聞き耳と割烹着>
2014年に号泣会見で話題になった野々村竜太郎議員と
STAP細胞論文で疑惑が持ち上がった小保方晴子氏の割烹着姿から。
2014年にワイドショーをにぎわせた彼らは黒子のバスケになぞらえて「キセキの世代」と言われることも多かった。
4666_1
obo4

<崖>
<今週のポプ子&ピピ美>
小山力也

パワフルな中年役を中心に活動している声優。
海外ドラマ「24」のジャック・バウアー役で一般層への知名度を上げ、
現在でもドゥエイン・ジョンソンやジョージ・クルーニーなどの吹き替えの持ち役も多い。
名探偵コナンの毛利小五郎役を(以前ポプテピピックに出演した)神谷明から引き継いだ。

高木渉
アニメ・吹き替えともに幅広く活動している声優。
演技の幅が非常に広く、特にチンピラ役をやらせたら声優界随一とも言われる。
アドリブが多いことで有名で、コナンの高木刑事は当初名無しの刑事であったが
「はい!高木です!」とアドリブで言った所、公式で名前が高木になってしまったというのは有名なエピソード。
代表作に名探偵コナンの小島元太、ビーストウォーズのチータス、ドラえもんの先生(第二期)など。

<サテライトキャノン!!>
1996年に放送された「機動新世紀ガンダムX」のガンダムXに搭載された戦略兵器「サテライトキャノン」のこと。
本作は高木氏が主人公のガロード・ランを演じており、高木氏にとっては思い入れの強い作品の一つ。


アニメ解説も長くなり、重くなってきたので数話毎にページをまとめました。
ポプテピピック・アニメ元ネタ解説まとめ1~4話
ポプテピピック・アニメ元ネタ解説まとめ5~9話

お手軽リンク

ポプテピピック元ネタ解説まとめ 最新更新分
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・ファーストシーズン
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・セカンドシーズン 前編
ポプテピピック元ネタ解説まとめ・セカンドシーズン 後編
リスボックリを応援しつつ元ネタを紹介する記事