-経緯-
平成7年12月21日、品川区五反田にある風俗店(SMクラブ)従業員の陸田(むつだ)真志(当時24歳)と双子の兄弟で兄の陸田誠(仮名)は、同店の経営者Aさん(当時32歳)をハンマーや斧、ナイフで惨殺した。さらに真志は知り合いの元暴力団員と共謀し同店の店長Bさん(当時33歳)を同様の手口で惨殺した。

その後、真志らは2人の遺体を木枠梱包の中に入れてコンクリート詰めにした。そして別の暴力団員4人が茨城県鹿島港まで運び海中に遺棄した。
真志らはAさんらを殺害した直後に銀行預金から現金4000万円余りを騙し取った。さらに、経営者に成りすまして同店を経営。逮捕されるまで約1億円の荒稼ぎをしていた。

経営者のAさんや店長のBさんが行方不明になったと同時に従業員の真志らが店を采配していることに不審を抱いた関係者が警察に通報。警察の内偵で、Aさんの預金から多額の現金が引き落とされていることが判明し真志を厳しく追求。その結果、殺人及び遺体遺棄容疑で真志、誠、暴力団員らが逮捕された。

-死刑判決-
平成10年6月5日、東京地裁は真志に死刑、兄の誠に無期懲役(その後、最高裁で確定)、店長殺害の共犯である元暴力団員に懲役15年(確定)を言い渡した。これに対して、真志は量刑不当として控訴した。平成13年9月11日、東京高裁は控訴棄却。平成17年10月17日、最高裁は「人の命を犠牲にして自己利益を図ろうとした動機は悪質極まりなく、殺害方法も凄惨かつ残虐というほかない」として上告を棄却。真志の死刑が確定した。

真志は、東京拘置所に収監中、哲学者で作家の池田昌子氏と文通を始めた。その後、池田氏が往復書簡を纏めて「新潮45」に掲載。さらに「死と生きる~獄中哲学対話」という題名の本を上梓した。この中で、真志は「私の罪とは、厳密に言えば被害者の命を奪った事より、彼らが彼ら自身の真実に気づき得た可能性を奪った事にあります」と述べている。

平成20年6月17日、東京拘置所で死刑執行。享年37歳。