2007年04月24日

漢字検定の問題ってどんなん?


最近、「漢字検定」という資格試験があると聞いた。



なんでも各学年で習う漢字が出題されるとのこと・・・。



早速、わが子にも受験させるべくいろいろ調べてみた!




日本漢字能力検定(にほんかんじのうりょくけんてい)は、財団法人日本漢字能力検定協会が実施する漢字の技能検定。一般に、漢字検定または漢検と呼ばれる。1975年(昭和50年)開始。1992年(平成4年)から文部省(現・文部科学省)の認定の資格となったこと、漢字検定を単位認定や入学優遇に使用する高校・短大・大学が増えてきたことにより、最近では広く知られるようになってきた。また、漢字検定を重要視している企業もある。最近は日本に渡ってきた外国人が、日本語や漢字を学ぶために児童漢検から受けるケースも増えている。



受検級

1級 − 大学生・社会人レベル(JIS第1・第2水準を目安とする約6000字)

準1級 − 大学生・社会人レベル(JIS第1水準を目安とする約3000字)

2級 − 高校卒業レベル(常用漢字、人名用漢字2229字)

準2級 − 高校在学レベル(常用漢字1945字)

3級 − 中学卒業レベル(常用漢字1608字)

4級 − 中学在学レベル(常用漢字1322字)

5級 − 小学6年生レベル(常用漢字1006字)

6級 − 小学5年生レベル(学習漢字825字)

7級 − 小学4年生レベル(学習漢字640字)

8級 − 小学3年生レベル(学習漢字440字)

9級 − 小学2年生レベル(学習漢字240字)

10級 − 小学1年生レベル(学習漢字80字、ひらがな・カタカナを含む)

(以上wikiより引用)




 



この漢字検定に合わせて、問題集もたくさん出版されていて

問題集のなかには、実際の試験問題のように

マークシートで受験会場・受験番号・生年月日を記入するところもあるじゃない。

さながら、本番に備えてかしら?



早速、子どもにさせてみると・・・

こういったオフィシャルなテストって受けたことないし、マークシートの印のつけ方から教えなくっちゃ~。



一通り問題をやってみると・・・読み方、書き順、対義語、はねとめ、いろんな分野から出題されてて、びっくり~。

級が上がれば、対義語・類義語、送り仮名、四字熟語も出題されるとか。



聞けば、家族で受検し、全員合格した場合、個人とは別に家族表彰を行うらしい・・・。

さあ~来年からは家族で受験するぞ~!!



って一体何級受ければいいんだろう??5級くらいかな~。

子どもに追いつかれちゃうじゃない???



このごろは、携帯やパソコンでメールすることが多くなってきて、

字を書くこと自体少なくなってきたし。



私も脳を活性化しなくちゃ~~!



ichiha_ra at 08:21│clip!