「海の日」って、何だ?
よく分からない、こじつけな感じの休日か?

肛門様にとってはお盆の最終日。
送り火の日。
何代にも渡って同じ地域に住んでいる家なので、今どきの東京では珍しく迎え火、送り火をやってます。
通りがかりの人が変な目で見ていきますが。

お盆の行事は毎年やっている事なのに、あまり詳しく説明できないのが恥ずかしい。

昔、寺の住職に説明してもらったが忘れてしまった。

とにかく、今日の夜はご先祖の魂を送り出さなくてはいけない。そうでないと、ご先祖の魂がずっと家にいるらしい。
何でずっといたらいけないのかは知らない。
先祖に囲まれて生活する方が安心感があるんだけどな~。

まあ、仕事柄「海の日」とかいう休日も関係ないし、今日は早く帰ってご先祖様達と一杯やって送り出さなきゃ。

肛門様にとっての7月15日は毎年こんな感じです☆