六度目の脱出と、諸々



○メモ

メモ用紙に、空からカップラーメン」と書かれていました。
昨晩の自分が書いたようなのですが、記憶がありません。

無限の物語を感じますね。



○脱出

例によって例のごとく、先日もリアル脱出ゲームに参加してきました。

2018-11-01-11-49-48

ある魔法図書館の奇妙な図鑑


メンバーはいつもどおり、村崎友さん福田栄一さん北山猛邦さんです。
(いい加減、紹介文を考えるのが面倒になりました)


プロジェクションマッピング企画、第二弾です。

前作「不思議な晩餐会へようこそ」は5人参加が必須に近く、
欠席したA崎Y吾さんのせいで惨敗でした。


今回は最大6人参加のところ、4人でチャレンジ。


結果は・・・


脱出成功しました。

2018-11-01-13-28-35
(↑こちらが証拠画像となります)

当日会場にいたのは、9~10チームほど。
成功したのは4チームでした。


比較的難易度はやさしめですが(とはいえ成功率は5割を切ってます)、
一点だけ、とんでもない荒業を求められるシーンがありました(笑)

たぶん6人より4人くらいのほうが状況把握しやすいと思います。


これで私個人は通算2勝4敗。
経験を積んでいる有能なお三方のおかげで、勝率3割という好成績です。
わーい。



○チューバー

実は、そんなお三方といっしょに
Youtuberデビューしようかという話を、冗談半分にしております。


出版不況の中、少しでも自分たちや小説というジャンルに興味を持ってもらうための、
営業努力のつもりです。

ほら、私と本田翼さんの違いって、性別くらいじゃないですか。


しかし、

「市井さんはイチキンって名乗ってください」
「ユタキンでもいいですよ」
「トヨキンでいきましょう」



あの三人はゴミみたいなアイディアしか出してくれません。


もし企画が実現するとしたら、
ゲームプレイ動画を投稿することになると思います。
ビデオゲームになるか、ボードゲームになるかは未定です。


まだ全然話を煮詰めておらず、
企画が立ち消えになる可能性もあるのですが・・・。

まあ、話半分に受け取っていただけますと幸いです。



○もう少し

ろくなことを書いていない当ブログですが、
私は何も遊んでばかりいるわけではありません。
以前も述べたとおり、水面下では新刊の準備が進んでおります。

いい作品になっていると自惚れておりますので、
もう少しだけお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。


授賞式と、川崎ハロウィン



 先日、鮎川哲也賞およびミステリーズ!新人賞の授賞式がありました。

鮎川賞は
川澄浩平さんの『探偵は教室にいない』

ミステリーズ!新人賞は
齋藤飛鳥さんの「屍実盛」

おふたりとも、誠におめでとうございます。

2018-10-26-20-33-25


昨年の今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』がそうだったように、
川澄さんの作品は授賞式の段階で重版が決定されていました。


あのう、ここに一度も重版を経験していない底辺作家がいるんですが、
最近の新人さんには気遣いってものがないんでしょうかねえ・・・!

とってもおめでたいですね!



閑話休題


授賞式の会場では、相変わらず某作家さんに川崎市をディスられ、
腸が煮えくり返っていたのですが、
そんな川崎の一大イベント、
川崎ハロウィンパレード2018が行われたので見物してきました。


パレード1

パレード2

パレード4


パレード3



とても明るく健全で、老若男女が楽しめるイベントでした。
こんなすてきな光景を見たら、川崎をディスる人なんていなくなりますよね。
渋谷とは違うのですよ、渋谷とは。


そういえば先日、テレビ番組「激レアさんを連れてきた。」では
川崎ハロウィンパレードの仕掛け人の方が特集されておられました。
ドキさん、毎年お疲れさまです。


今年はさらに、
映画「カメラを止めるな!」の監督とキャストが参加して
パレードを盛り上げてくださりました。

監督

キャスト

ダンス


事前に告知されていたため映画ファンも集まっており、
上田慎一郎監督が見えると、「上田氏!上田氏キタ!」と
はしゃぐ方々もいらっしゃいました。


キャストのみなさんは、「カメ止め」出演時の髪型にしたり、
小道具を身につけるなどのサービスをしてくれていました。

主演の濱津隆之さんは欠席かな、と思ったのですが・・・

いた!

コスプレしてる方がいたのでセーフですね(笑)


パレードの参加者以外にも、町中で仮装して歩いてる方が多く、
大変賑やかな一日でした。
来年もまた、ぜひ川崎でハロウィンを楽しみましょう。


脱出と、諸々



○新調

デスクスタンドを新調したのですが、
ボタンがフラットで押しにくかったため、
でっぱりのあるシールで包囲網を敷きました。

KIMG0303


お久しぶりです、かわいいアピールで媚び売りを忘れない市井です。

更新頻度が低くて申し訳ありません。



○ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出

 に参加してきました。
メンバーはいつもどおり、

脱出会場前でテレビ番組の街頭インタビューをされ、ほかの3人がしれっと逃げる中、ひとりで善人ぶって快く応じた、村崎友さん。

えっちなゲームGジェネや信長の野望に造詣が深い、福田栄一さん。

定期的に川崎をディスるのはやめてください、北山猛邦さん。

好きですかわさき愛の街、わたくし市井豊の4人です。


最強


今回のゲームは、

・10人1チームで、初対面の人たちと連携を取る必要がある。
・やることが多すぎる。
・答えがわかっても、その指し示すものがわかりにくい。
・難しいというより意地悪。
・面白い謎に到達する前に時間切れになる。

ということで、脱出失敗してしまいました。

我々は悪くない、運営が悪いんだ・・・!(八つ当たり)

シン・ゴジラからの脱出は成功したのになあ。

シン・ゴジラからの脱出は成功したのになあ!(過去の栄光にすがる)



○鵜林さーん!

アンソロジー『放課後探偵団』で競演した鵜林伸也さんが、
いよいよ単行本で本格デビューされるそうです。


ネクスト・ギグ


いやあ、うれしいですね。
当時は私も本を出していない状態だったので、勝手に仲間意識を持っていました。

同時に、鵜林さんの「ボールがない」は拙作「横槍ワイン」と読み味が似てしまっていたので、
個人的に収録作の中で一番嫌な作品でもありました(笑)

あれ、でも『スレイプニル』は?
刊行予告されていた『スレイプニルは漆黒を駆ける』はどうなったんですか、鵜林さーん!


○FL

先月、ファンレターをいただきました。
こんなのはじめて!

F市のAさんに、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございます。
長くやってると、いいことあるんだなあ。

送ってくださったのは(たぶん)年上の女性であり、
それは自分にとって大きな意味のあることです。

うれしさと同じくらい、身の引き締まる思いでした。
今後ともみなさんのご期待に沿えるよう、精進いたします。



○新作について

今月もミステリーズ!が刊行されましたが、拙作は掲載されておりません。
どうもすみません。

しかし、水面下では新刊の作業が着々と進行しております。

なるべく早く刊行日などをお知らせできればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


悲しい願いと書いて悲願



どんなにつらくても

どんなに売れてなくても

誇りだけは失ってはいけません

自らの力で未来を切り拓くのです


神や仏にすがるのは

最後の手段なのです





いつにも増して字が汚い


(^q^)<家畜に神はいない!

「シン・ゴジラからの脱出」における巨大不明生物特設災害対策本部の市井によるレポート



重版しないと連載続けられないから買ってください、
と呼びかける漫画家さんの話題を耳にしました。

拙著<聴き屋シリーズ>はちっとも重版がかかっておりませんが、
編集部からは続けてくださいと言ってもらっています。

幸せ!! うわあああ幸せ!!


就職や原稿応募の際は、ぜひ東京創元社さんをよろしくお願いいたします。
鮎川賞で、ボクと握手!



さて、しっかり媚びを売ったところで、本題です。


デデデン デデデン

デデデデデデデデン



 


ラ 襲 来




KIMG0260



SCRAPさんによるリアル脱出ゲームシン・ゴジラからの脱出に参加してきました。
#ゴジラ脱出

いっしょに巨災対に入ったのは、当ブログではすっかりお馴染み、

召集をかけておいてメンバーを「光のポンコツ四戦士」呼ばわりする村崎友さん

心だけでなく嗅覚も死んでしまっている北山猛邦さん

ファミレスで外国人グループが突然ハッピーバースデーを熱唱したため周囲のお客さんたちから拍手が湧いたものの一際ハイテンションで祝ったことにより店員さんにガッツリ注意されてしまった福田栄一さん

そして私、紳士の中の紳士、市井豊の四人です。


私は未勝利の三連敗中なので、かなり気合を入れて行きました。
北山さんにいたっては独自の対策メモを用意してきたくらいです。


そして本番。


司会者「今回はかなり難しいです」
市井 (うっそでしょ・・・)


~60分後~

参加チームは11組。
脱出成功は2組。

我々の結果は・・・





脱出成功しました。


ありがとうございます。
ゴジラ、ボコボコにしてやりました。おとなしくマグロ食っとけ。
みなさんが今日も平和な日常を送れているのは、我々のおかげです。

(よそさまのレポートによると30組中2組の成功とありました。
 やはり難易度はかなり高かったようですね)


今回は全員、キレッキレでした。
ネタバレ防止のため詳細を語れないのが残念です。
いつぞやの「不思議な晩餐会へようこそ」では全員どうかしてしまっていたレベルの惨敗だったのに。
人は成長できるのです。


前回のドラえもんの反省を活かし、視野を広く持ち、詰めを怠らなかったのが勝因でしょうか。
北山さんの対策もバッチリはまりました。

とても楽しかったので、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

今回ですっかりコツをつかんだ感があるので、今後の脱出ゲームも余裕でしょうね。
ははは。





閑話休題。


ついでといってはなんですが、
脱出会場の近くにあるVR ZONEにも立ち寄ってきました。

ドラクエのイベントが開催されていたらしく、
芸人のケンドーコバヤシさんがいらっしゃっていました。

しかし、私たちの目的はこれです↓

オメガ


調子に乗った我々は、脱出ゲームのハシゴを試みたのです。


これはボックスの中でVRとヘッドホンマイクを装着し、
時に仲間と通話協力しながら、生存をかけて脱出する体感ゲームです。


私たちの直前に参加していた男性チームは、すさまじい悲鳴を上げていました。
Youtuberかな? と思うほどのプロ絶叫です。

「俺、殺されてる!」は名言だと思います。

彼らは脱出失敗してしまいました。


私はビデオゲームには慣れていますし、
ホラー(フィクションに限る)にもわりと耐性があるつもりなので、余裕の構えでいました。
弱気な村崎さんを鼻で笑うクズっぷりでした


いざ本番。


(ヘッドホンから聞こえる福田さんの悲鳴)

市井「ははは。いい大人がなんて声を――あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!


びっくりポイントで100%汚い悲鳴を上げた臆病者は私です。
村崎さんはむしろハートが強いくらいでした。
心が死んでいる北山さんはリアクションが薄かったです。

なんやかんやで無事脱出し、脱出ゲーム2連勝を果たしました。

こちらも大変おすすめですので、興味のある方はぜひ体験してみてください。
VRすごい。

  • ライブドアブログ