雑感2



○甥が物心つく前にブログ閉鎖しなきゃ(使命感)

大きくなれよ



○床に直接置いてるとうるさいので、スリッパを履かせてみました。
 こういうキャラみたいで、かわいいですね。

これは流行る



○既出ネタだったらすみません。
「ぬりたく~る・・・」

天地魔闘の構え



○このコスでコミケに参加します(嘘)

『鬼滅の刃』6巻と7巻で泣きました


まだまだ暑い日が続きますが、みなさん体調にはお気をつけください。
























がんばって夏を












乗り切りましょう










s

断☆裂



どちらかというと、体育会系です。

身体を動かすのが好きで、筋トレは毎日しているのですが、
最近の錦織選手の活躍に感化されたこともあり、
昨日は久しぶりに走りにいってみました。



 全盛期


過去の栄光



今の惨状


全治1週間~10日


ご覧の有様です。


無理したつもりは一切ないというのが、哀しみに拍車をかけます。
攣ったことは何度もありますが、肉離れははじめてでびっくりです。

痛みを覚えるたびに、なぜだか笑えてきます。
わろとけわろとけ、の精神ですね。

みなさんも、運動する際はくれぐれもご注意ください。

降る、降る、上がる



長いこと新作を発表できていないので、
私が何者か忘れている方もおられるかもしれません。

決してゴミを作って遊ぶ変なおじさんではないのです。

THE GOMI
とても説得力のない画像


さて。
このたび、「ミステリーズ!vol.81」にて
新作短編「降る、降る、上がる」を発表させていただきました。

Falling Rain


今回は初のノンシリーズ作品であり、
<聴き屋>シリーズとは少しテイストの異なる、
しっとりめの話になっております。

<聴き屋>は青春ミステリと呼ばれることもあるようですが、
作者にその意図はなく、むしろ青春ものに対して苦手意識がありました。
(カテゴライズは読者に委ねられるべきだと考えているので、
 どうジャンル分けしていただいても構いません。
 どんな形であれ、楽しんでいただけるのが一番ですので)

ですが、今回はあえて青春ものと向き合ってみました。
そこに、雨の話を書きたい、という動機を重ねてあります。

扉絵は柴田純与さん。 
とてもチャーミングな少女を中心に、
原稿用紙の罫線を用いた演出もシャレオツに決まっています。
わーい。

いつもお世話になっているスカイエマさんもそうですが、
こうしたすばらしいイラストレーターさんとお仕事させていただくと、
こちらのモチベーションも大きく上がりますね。
今年もがんばります。
 

不思議な晩餐会



リアル脱出ゲーム「不思議な晩餐会へようこそ」に参加してきました。

メンバーは例によって、

MRSK
FKD
Big_K

村崎友さん、福田栄一さん、北山猛邦さんです。

理想は5人での参加だったのですが、
A崎Y吾さんが諸事情により来られなかったため、
光の4戦士で挑みました。


晩餐会


今回はプロジェクションマッピングを用いた仕掛けで、
さまざまな凝った演出を見せてくれました。


ピース
 

で、脱出失敗しました。


序盤から派手につまずき、
見かねた運営のお姉さんが無言でヒントをくれたりしました(笑)
ミステリ作家が4人も集まっていたのに、この有様・・・
とても屈辱的で興奮しました。
いやー深読みしすぎちゃったなー。
実力を発揮できてれば、ちょちょいのちょいだったのになー。


ただ個人的には、みんなでテーブルを囲みながらワイワイやれたので、
前回の映画館のときより楽しむことができました。


失敗の言い訳をすると、やはり5人いなかったのが痛かったかなと。
同じ部屋に4つのチームが参加していたのですが、
5人編成の2チームは成功し、4人編成の2チームは失敗していました。

ゲーム後、ファミレスで4時間ほど駄弁って出した結論は、
「青S有Gが悪い」
というものでした。

今度会ったら無言で腹パンしておきます。
 

あけまして


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


去年は何度も、ブログ面白いですね、と言われました。
今年は、新刊面白かったです、と言ってもらえるようにがんばります。


いまの私には強い味方がついてるから、きっと大丈夫!

secret window

secret window2

secret window3

  • ライブドアブログ