August 12, 2012

モーリシャスまで

このたびの出張はモーリシャス。

つい最近までその存在を全く知らなかったし、
一般に日本でもそれほど有名ではないと思いますが、
ヨーロッパ人にはリゾート地として有名らしい。

入国して数日で、ホテルのネット環境がだいぶ改善されたので、
いろいろ記録しておきたいと思います。

まずは到着まで。

成田からドバイを経由してモーリシャスへ。
フライト時間は計18時間ほどで、乗継時間を含めるとちょうど24時間くらい。
エミレーツ航空は結構サービスがいいと聞いてたし、
実際もそれほど悪くはなかったです。
座席については、初めてのビジネス(ドバイからは座席数の関係でファーストに)だったので、
かなり程度快適に過ごせました。

▼機内の写真(成田〜ドバイ)
IMG_0043

IMG_0045


▼ドバイ空港〜機内
IMG_0047

IMG_0056


▼モーリシャス(機内から)
IMG_0061

IMG_0064



April 16, 2012

キラキラ・フライト

バリ(インドネシア)はKirakiraの国だといわれます。
KiraKiraとはいい意味で「おおらか」、
悪い意味では「おおざっぱ」ということです。

バリ島から成田までは本来8時間弱程度のフライトです。
しかし、今回の帰国の際は12時間ほど遅れ、
計20時間かかりました。

離陸から3時間程度は順調。
しかしいきなり機体の不具合のため、
緊急着陸するとのアナウンス。
インドネシアの北部のMakasarという空港まで戻って着陸。
その後機材を修理するとのアナウンス。
機内で6時間ほど待機。
それでも直らないため、機体を変更するので、
空港内の待合室へ移動してくださいとアナウンス。
移動中に飛行機の先端がパックリ開いています。
何を修理しているのか?
結構重要な箇所ではないのか、これは?
DSCN2143


そして待合室でさらに6時間ほど待機。
その間一向に新しい機体のくる気配なし。
結局機体の修理がうまくいったのか、
元の機体で出発することに。
まあちゃんと飛んでくれれば文句を言うつもりはないが、
遅れを少しでも回避するため、また乗客の不安の解消のため、
機体変更があるべきサービス対応ではないか。
そう考えるのですが、キラキラの国だからな〜。
しゃあないか〜。

以下はお土産(買ってきたものと貰ったもの両方)です。

Kopi Luwakは世界で最も希少とされているコーヒーらしい。
買ったものの中で最も単価が高かったのは写真左上。
3000円/50gです。先ほど飲んでみましたが、
酸味が強く独特の香りです。
ジャコウネコのウンチから採取したコーヒ豆なので、
腸内で発酵され酸味が強くなっているのでしょう。
私にとってはコーヒーは苦味のほうが重要なので、
それほど感動する味ではないかも。
DSCN2150


その他もろもろ。
現地の人に貰ったお土産は大事に飾っておきたいと思います。
DSCN2151


April 14, 2012

バリ出張終了!

本日帰国の途につきます。
飛行機揺れなきゃいいけど・・・

最後に写真で総括。

合計1か月ほど滞在したサヤン・サヌール。
日本人のオーナーが個性的で面白かった。
DSCN2095


昨日連れていってもらった、Kutaのスカイガーデン。
クラブです。完全に西洋化してます。
おもえばこんな都会じみたところは全然行ってなかったな〜
あとカラオケも行きました。日本と大差ないです。
宇多田ヒカルとかも入ってたし。
DSCN2135


仕事協力してもらった、事務所の紅二点のチョイスさんとヒタさん。
純粋で、とてもかわいらしいです。
Foto1308E001


ちゃんと仕事もしています。
海岸を利用している観光客100人超へのアンケート調査。
オーストラリア、オランダ、ノルウェー人が多かった。
ドイツとロシア人の英語はわかりづらくて苦労しました。
単純に自分の英語力の問題か?
Foto1249E001


最後に、日没間近のスミニャック海岸。
観光客にとって魅力のある海岸を保全する必要性を再認識したのでした。
DSCN2098






Amedで釣り

先週の日曜にバリで初海釣りに行ってきました。

前々から挑戦してみたかったのですが、
今回運よく現地に釣り好きの日本人がいたので、
同行させてもらうことに。

ジュクンという地元船にのって、
ローカルスタッフ6名、日本人2名の計8名で水深200m付近でひたすらジギングです。

釣果は全体でローカルが釣り上げた1匹のみ。
ただし1mを超える大物だから、すごい!
尾長鯛(Longtailed red snapper)。高級深海魚です。

その場で〆て、から揚げ、味噌汁、煮つけでおいしく頂きました。

こんな大物が岸から1kmも離れていないところで釣れるとは。
感動しました。次回は自分でぜひとも釣り上げたい。

DSCN2117

DSCN2118

つり

Mancing, 8 April 2012 (6)




April 04, 2012

ゴア ガジャ遺跡

ウブドの観光名所の一つのGOA GAJAH遺跡です。

"顔"が入口の洞窟の内部はT字になっており祭壇がありました。
奥行きはほとんどないです。

で、ここでもやっぱり木がすごい。
根っこの形状が面白い。

DSCN2062

DSCN2068

DSCN2070

DSCN2060

DSCN2065


March 31, 2012

バリ植物園(Botanic Garden)

バリ植物園はバリ島唯一の植物園で、
植物研究所としての役割も担っているそうです。

広大な敷地のため、車で見学することが一般的。
熱帯モンスーン気候帯に位置するバリ島ならではの植物を鑑賞することができます。

衝撃を受けたのは写真の大木。
いったいどうい過程を経てこういう形状になったのか、考えるだけでも楽しめます。

DSCN2054

DSCN2056

DSCN2055


March 30, 2012

バリ植物園まで

バリ植物園まで行く途中にて。

まず、Saranam eco-resortで昼食。
ビュッフェ形式でした。なぜか北部の景勝地付近のレストランはこのスタイルが多い。
正確にはホテルのレストランになるのでしょう。
農村の田舎Villa風です。いつか泊まってみたいな〜。
DSCN2026


次にブヤン湖とタンブリンガン湖。
雨期のため霧が濃く、結構幻想的にも感じられる雰囲気になっています。
DSCN2029

DSCN2031



Profile
Shingo
OSUにてM.Oc.Eの学位を取得。
2006年より札幌のコンサルで働くペーペーのエンジニアです。
Archives