元漫画少女の雑記帳 のもとさんチより、モーさまバトン を強奪してきました。
萩尾望都さんっていえば、そりゃもー。私なんぞのモノゴコロついたときには、すでに大家。
それでも依然としてこういうバトンが企画されてしまうってあたり、素晴らしいですよね!
、、、しかし、書いてみて気付いたんですが、古いめの作品ばっかしですな。

■初めて読んだ萩尾望都 

そ、そ、そんな昔のコトなんざ、覚えちゃいねー、、、(^ ^;)
だが、なけなしのお小遣いで最初に買ったコミックスは、確か「ポーの一族」だったか、と。
(だもんで、Topにリンク貼ってみた★)

■頭の中のモーさまの容量 

う〜ん。ジャンル特定ですよね?
小学生の頃は、容量の 90%以上、モーさまだった時期もある。「ポーの一族」にハマって、小遣いの続く限りモーさま作品を読んでいた。
そのうち「オル窓」の連載が始まって池田理代子さん率が高まり、年齢とともに小遣い額も UPして、その他成分が増えていった、、、てな感じでしょうかね。

■一番好きな作品 

なんて殺生なご質問。、、、だって、名作が多すぎでしょう!

で私的には、冒頭にリンクを貼った『ポーの一族』が、いちばん最初に衝撃を受けた萩尾作品だったわけなんですが、
SF読みっていうコトで、ここでは『スター・レッド』 を挙げておきます。
オリジナルの SF作品としては、もちろん『マージナル』や『バルバラ異界』も名作なんですが、何ていうのかなー、、、萩尾 SF作品の最初の完成品っていう気がする。

■一番好きなキャラ 

これまた殺生なご質問(^ ^;)
ええいこうなったら、あくまでも萩尾 SF作品にこだわって、『11人いる!』 より、フロルベリチェリ・フロル を挙げておきましょう。
萩尾ヒロインの中でも、元気系の代表かなー、と。
ほんとは男性キャラを挙げたかったんだけど、、、私好みの黒髪が、案外おもいうかばないんだよねぇ。
、、、どなたか、思い出したら教えてください!

■自慢できるモーさまコレクション 

う〜ん。赤い表紙の萩尾望都全集って、いちおう自慢になるのかなー?
単に、ファン歴が古いだけっていう気もしますが。

■萩尾作品の好きな台詞 

全編が名セリフの嵐ですが、『アメリカン・パイ』より。
リューのことを「忘れない」と言ったグラン・パの言葉に対して、素直に甘えてみせる彼女のセリフ。

− わたしが目の前で死んでも 信じないでいてくれる?
− どこかにいってまた会えるかもしれないってことに していてくれる?


■萩尾作品の好きなコマ 

ウは宇宙船のウ』 は、説明するまでもないだろうが、レイ・ブラッドベリの短編集『ウは宇宙船のウ』 から、いくつかの作品をマンガ化したもの。
なかでも「霧笛」という短編は、確実に原作を越えているか、と。
あ、、、好きなコマね。もう、、、全部のコマが好きっす(笑)

■つい笑っちゃうコマ 

これも難しいですねぇ。
萩尾作品の笑えるシーンって、登場人物たちがシリアスなのにコメディっていう辺り、、、なんですな。
初期のラブコメ作品は、そういうコメディ・シーンが満載で、好き。
っていうわけで、『この娘(こ)うります!』 を。
某日追記: あっそれで、いちばん好きなシーンは、ドミのパパに恋しちゃったプランタンが、色ボケして「あ、ショー」とつぶやく1コマ。まぢ、こけそうになった。

■似合う花 

『ポーの一族』からイメージする花は、なんたって真紅の薔薇なんですけど。
やっぱしひねくれて、『ゴールデン・ライラック』を挙げてみたり。

■似合う色 

セピア・カラー。
ん〜〜〜。なんとなく。

■似合う音楽  

初期のラブコメは、断然 BEATLES のイメージですね。作品中にも沢山登場したっていうことで。
近年の作品には、やはりクラシック音楽のイメージが合う感じでしょうか。作品によって、似合う BGMはさまざまだと思うけど。

■着たい服 

え。着たいって、、、私が着たいっていうコト? 、、、ワカンヌ。

■食べたいもの 

う〜ん、、、。
『マーマレードちゃん』 にでてくるマーマレードって、すっごい美味そうだなぁ、って思ったです。

■作品中誰かになれるとして、何をするか? 

う〜ん。
萩尾作品の登場キャラクターには、、、、、じつは、あんまりなりたくない (^▽^;)

■次にまわすモーさマニア 

いやま、例によって打ち止めで。
もし、お引取りくださる方がいらっさるのでしたら、心を込めて進呈いたしますです。はい。