2007年03月27日

お花がいっぱい〜ローズマリーも満開

ラナンキュラス黄水仙ジャンボピュアベリーの花

 

 

 


さちのかの花ターサイの花花ニラとムスカリ

 

 




ローズマリーのピンク花ローズマリー満開冬知らず・花ニラ・ムスカリの山


 

 

 

今年の苺は、ピンクなかわいい花です。ジャンボピュアベリーという品種です。二季成りですので、楽しみな事です。昨日は、桜もきれいでしたが庭や畑もきれいでした。青梗菜、小蕪他の菜花もきれいでしたが片付け耕しておきました。ローズマリーはいつの間にか満開で、遠くから見ると小さな花がいっぱい過ぎて何の花?と思うほどです。花がこれからのピンクのほうもつぼみがたくさん付いています。南斜面を冬知らず、北側を花ニラとムスカリでいっぱいにしたい小さな山ですが来年に持ち越しのようです。自然繁殖でもかなり増えました。
ルバーブずっと覆いをしていたルバーブの覆いをとり草を抜きました。10株のうち、一つだけ新芽が出ていませんでした。ポットに予備の苗がありましたのでそれを定植しておきました。初年度は株の充実のため収穫は控えめにですので、前年の失敗を繰り返さないようにしたいと思います。枯れた原因が、夏の暑さだったか収穫しすぎか定かではありませんので両方を考慮して今年は育てたいと思います。そして種から育てる事も難しい事ではありませんでした。


ディルディルの覆いもとりました。ここまでなれば大丈夫でしょう。今年は、どっしりとしたディルに育ちそうです。去年約束をしながらピクルスの時期申し訳ないことをした友人にも、たくさん差し上げられそうです。

 



ローズマリー濃青花このローズマリーは10数年前両親が温泉旅行をしたとき、父が旅館にあった数枝頂戴して持って帰り、挿し木で育てたものです。実家で毎年濃い青の大きな花を咲かせる大株になっています。去年の10月に挿し木をしたのが、完全に根付いています。そろそろポットに植え替え要です。

 

ミニカリフラワーカリブロやサラダミックスなども片付けました。カリフラワーも抜いて片付けようと思いましたら・・・・・今年もわき目が出ています。食べられるほどに育つかどうかはわかりませんが、置いておく事にしました。これは完全にお遊び感覚です。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ichioy/50794318
この記事へのトラックバック
クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理
3月・種を取る場合・取らない場合【クリスマスローズ すべて 育て方 ダブル 種類 販売】at 2007年03月30日 00:02
この記事へのコメント
ディルはカバーの下でこんなに立派に育っていたんですね。一足早いスタートで頼もしいです。ルバーブが10株とはたくさんですね!しっかりと育ってきているようで、ママさんがどうお料理されるのかまた楽しみです♪

頂き物の種やよそからやって来た挿し木が育つと、植物を見る度に思い出や贈り主の事を想うんですよね。
Posted by KT at 2007年03月27日 20:47
☆KTさま
 ディルは毎年こぼれダネで何株か発芽しますのでそれに頼っていました。
 どうも頼りないので種を蒔きました。
 寒さに耐えて、しっかりした苗になっています。
 ルバーブは、種でしたのでこんなに出来てしまいました。
 
 
Posted by 十一郎のママ at 2007年03月27日 22:32