「一部のドローン操作に三級陸上特殊無線技士の取得を義務付けよう」

国でこんな検討あったようですが、このまま流れそうな雰囲気です。
規制されるようなスペックではない「ファントム」が普通に業務用として使えているようなので。
国が考えるような「規制の必要があるほどの高性能機種」は、需要がないので開発されないと思います。

出てこない機種に対する規制検討より、むしろ技適マークのない安物の輸入品への対策が大事です。
世間は墜落や盗撮の云々は気にしますが、電波法の問題はイマイチ取り上げられていません。
そもそもこの事を一部の愛好家や我々無線従事者、または電気通信を学んだ人しか知らないのが問題ですが、コンプライアンスという観点で、まずは輸入する人や税関が知識を付けるべきです。
違法品が流通しなければ、一般ユーザーが電波法に疎くてもとりあえず大丈夫だと思います。
(運用上の迷惑や悪用については、個々人のモラル・常識の問題なので別の話ですが)