電脳日本の歴史研究会blog

日々、徒然なく語ろうかと…

特別何があるというわけじゃありません、単に自分が思ったり、感じたりした事だけを語ろうかと…。

 自称保守が足りない頭を使って、ウクライナ紛争を抽象的な言葉で必死に語ろうとしている。(笑)
 やれ「情報戦だ…」等と抽象的でいい加減な言葉を使って必死に頑張ってる。

 ところが中身はスッカスカ。
 なぜならそもそも現代戦(?)に必須な第二次大戦から使用されている電子戦すら分からない。

 電子戦は有名な所で1975年に終結したベトナム戦争では特に使用された事は言うまでもない、現代戦では常識的で不可避な装備であるからだ。
 だが自称・保守こと偽・保守(詐欺師ども)は頭が悪いので電子戦が理解出来無い。(笑)

 サイバー戦等もっての他だ。
 何しろパソコンすら扱えない…UNIXは何者だ?サーバー…何じゃそれ?クラウド…???と驚く程無知。

 自由主義史観研究会には藤岡信勝大絶賛の大〇哲人なる、EPS〇Nの営業がいる。  
 藤岡信勝、御用達のスーパーエンジニアだそうで、TCP/IPすら分からない、それどころかZIPすら分からないレベルで藤岡のボンクラに言わせれば私よりハイクラスと思い込んでいたとっても口達者のインチキ人物であったが、私はそいつを役立たずの噓つきとして認識しかなかったが藤岡は詐欺師大好きの性癖を発露し、容易に騙されていた。(笑)

 そんな藤岡信勝の周辺には素晴らしい程呆れる自称・技術者や専門家がいるらしい。
 もちろんその1人が某北海道小樽出身の自称・慶応大学中退のハゲ詐欺師ことM間政憲もいる。
 
 当たり前だが、藤岡&水間コンビ周りには、電子戦どころかAI、サイバー戦、ドローンは一切理解出来無い、分からない。(笑)
 情報戦とホザクがその情報戦がどのように使われているかすら分からない、というより具体性の無い話を日中戦争と絡めるというお笑いレベル。

 もちろん攻撃用ドローン、バイラクタルTB2がどのように運用されているかすら想像出来無いだろう、知識も知能も低いからである事は当然だ。
 例えば、米軍のMQ-1プレデターが地球の反対側から遠隔操作が可能なのは衛星を使っているからだ、こんな事はガキでも分かる。

 だが、ウクライナ軍がトルコ製バイラクタルTB2を300km範囲で使用している場合、少しでも知識があれば簡単にその通信方式やある程度の予測もつく。
 これは私なら遠隔操作ユニットを見ただけで通信方式からどう作戦で運用されているかも即座に理解出来るが、ボンクラ2匹とその仲間達は全く分からない、というか想像もつかないだろう。(笑)

 知識、経験が有ると無いとはこういう時こそモノ言う、伊達に25歳という若さで日本政府、商社から最年少で技術的な仕事に参加はしていないということだ。
 ちなみにTB2の改良型は衛星通信が可能だそうだ。

 もちろんこれらはAIが使用されているが、何度も繰り返すが2020年のナゴルノカラバク紛争でその一端は多くの人達が知っていたし、当たり前に理解も出来た。
 ロシアが支援するアルメニア軍は、トルコが支援するアゼルバイジャンが約30年ぶりに係争地を奪還した事はロシア軍の兵器を圧倒した事を意味する、つまり2020年にすでに今のウクライナ戦争の一端が見えていたことを意味する。

 更に2014年のクリミア半島併合以降、ウクライナは西側の情報戦の支援を受けてきた事が容易に想像できる、これは具体的に言えば通信の傍受や衛星情報等を主に指導されて来た事が想像できる。
 これらの通信のみに限らず、西側は高度な半導体技術を使い、情報戦にも生かしている。

 最新ハイテク兵器には半導体が不可欠である。
 世界シェアの95%は、日本を含む周辺諸国+欧州が握っている、これはロシアであろうが中国であろうがハイテク兵器・武器には絶対的に必要となる。
 
 ウクライナ軍が対戦車ミサイルの米ジャベリン、英NLAW等に使用されロシア軍の戦車(T90、T72B2M等)を撃破している点を見ても充分理解出来るはずであり、市販ドローンを使って迫撃砲、砲弾攻撃の弾着を観測しており、3つの情報、市民の協力を得て防衛省であれば一昔の桧町の中央管制センターの様な役割を担っている。

 ロシアが圧倒的に不利なのは情報戦を担う通信を一般通信回線の帯域で行い、さらには携帯電話で通信しているとすれば、これはもう筒抜けである。
 比べてウクライナはスペースX社のスターリンク専用回線端末を5000基以上提供されているとの事。

 かりに傍受されたとしても恐らく通信にはデジタル暗号を使っているだろうから、ロシア軍は手も足も出ない、対してウクライナ軍は専用回線を手に入れた訳だ。
 通信=情報戦の一端ではあるが、これを敵国に傍受されないという事のメリットはやりたい放題という事だ、この点からしてロシアは負けている、士気も低い、恐らく夏以降はウクライナ軍が大攻勢に出る可能性も高いとの話も出ている。

 簡単に話してみたが、実際、もっと詳しく技術についても話せるが今回はこの程度で終らせておく。
 情報戦を日中戦争と同じレベルで話すバカもいるが、100年前の具体性の一かけらも無い詐欺師の話を聞いても何も見えてこない。

 詐欺師は妄想に近い言葉で全て主張する…「~すべきだ」「~する」アホじゃなかろか。
 こんな奴ほど、慶應大学中退とホザイて未だに証明書すら提示できないにもかかわらずそれを信ずるボンクラ宗教団体を騙すだけだろう。もっともあの反社宗教団体はもうこの先無いだろう、もう少しで終わるだろう。詐欺師と共に消えると断言出来る。(笑)

2月24に始まったウクライナへのロシア軍による侵攻は今更、現代戦にロシアの戦術が全く対応できていない事に基づくが、以下の内容について詳細はあえて語らないが、ドローン等を利用したウクライナの上手い対応がよく出来ているという点だ。

  簡単に以下にまとめると…

  ・ウクライナ軍は情報戦を上手く活用している。
  ・ドローン等の活用
  ・西側諸国からの武器援助

 …等と言ったことが言えるが、この「情報戦」についてだけは余りにも広く意味があり、ロシア軍が民間通信、つまりは携帯電波回線を使ってることも、通常の一般電波周波数帯域も使ってる事も判明している。
    
 通信を傍受されることは決定的に不利であることは、拙著『プロパガンダ戦「南京事件」』(光人社)でも書いたが、海軍甲乙事件における海軍の暗号通信についての解読や、当時の旧日本海軍の全無線通信の7割が傍受されさらに7割が完全解読され、海軍は全通信の49%も完全解読されていたと書いた。
 現代戦において携帯通信の傍受は当然であり、西側諸国が携帯電話等の解読装置が存在する事は広く知られているはずで、米国から亡命した人物によってどのように解読されているか暴露されている。(もちろん映画にもなった)

 そのような対策を全く考えていないロシア軍は完全に前近代的であり致命的で、さらに携帯回線を使うということはナゴルノカラバフ紛争におけるAIドローンによりロシアが支援するアルメニアが部隊によっては全滅した事を分析してなかったのだろうか?
 
 その際に使われたドローンがウクライナ軍へ1セット供与され、これは第一世代攻撃型AIドローンが自由勝手に戦場を蹂躙できる事を意味するし、実際、ロシア軍の対空ミサイルのBが上空を(第一世代型AI)ドローンが飛行していても全く気付かないといった体たらくにより破壊されている。

 現代戦におけるもう1つの決定的な革新は簡易携行型ミサイルの発達であり、歩兵が航空機、戦車に対して充分な対抗が出来るようになった。
 これは技術革新にも寄るがそれだけでは無くAIなどの自立型兵器が可能となった点にある。

 さらに実際に戦端が開かれる以前に、相手国のインフラを攻撃するサイバー攻撃によるグレーゾーン戦争こそが新たな現代における戦争であり、第二次大戦以降に行われている電子戦などはさらに高度な知識と能力を必要とすることとなった、つまりは電子戦を理解出来ないものは現代戦において何ら理解していないと断言出来る。

 実際に、自衛隊等において教育を受けた私と(とは言っても最新では無く、基礎を得、最新の知識は退職後に得た…)こうした知識が無い連中はどうするか?
 理由は簡単、具体的な会話はせず、…というより知識も経験も無いので具体性の無い会話、もしくは他人を頼って語るしかない事となる。

 バカげた80年以上前の日中戦争を引き合いに出して情報戦を語る愚かな学歴詐称者もいるが、こうした連中達はそもそも周りには優秀な人材もおらず、ドローンすら理解出来ない。
 ドローンを飛ばせばドローンを理解出来る訳もなくAIドローンたる所以は、実際に扱ってみなければ理解出来ない。

 ・サイバー戦
 ・ドローン
 ・情報戦…と言っても電子戦に近いが…

 これらを70歳を超えた様な「自称・保守」なる人物で理解できるものはゼロと断言してもいい。
 ましてや北海道出身の藤岡信勝、水間政憲の様な詐欺師コンビはドローンは食べ物では無い程度にしか理解できない。(笑)

 私が30歳前に藤岡信勝に関わった際に周りには、実力も無い詐欺師まがいの自称・保守しかおらず、ましてやユーチューブで必死に稼ごうと適当な事ばかりホザク、経歴詐称などはウクライナ戦についてもロクに語れる程の知識も無く、そういった奴の周りにも軍事知識ゼロの連中ばかりがおり、まぁ、詳細についても全く語れないだろう。(笑)

 どうだろうか?奴に「サイバー戦」「電子戦」「AIドローン」の違いを聞いてみては?奴はネットから適当に情報をつまみ食いするが、具体的な論述も質問にも答えられないだろう。
 要するにそれが、インチキ保守というものであり、詐欺師の本質である。

 ※実はあえて1つ1つの事柄を抽象的に表現してみた。実際にはウクライナにおける紛争に関して技術的にもかなり詳しく書くことが出来るが、ボンクラ2匹の為にあえて幼稚なレベルとしてみた。(笑)やつらに具体的に「電子戦とは何か?」とか「なぜ情報戦に負けていると言えるのか?具体的な事例を揚げて教えて欲しい」等と質問してみてはどうだろうか?

 連中は簡単にボロを出すのは間違いないから。

  

 3/1、11時に3回目ワクチン接種を行いました。(武田/モデルナ)
 前は、ファイザー×2回を受けています。

 …という事で、報道では7割の接種者が発熱するなどと言ってたので、友人からの薦めもありスポーツドリンク2ℓ×2本、ウーロン茶2ℓ×1本、野菜ドリンク1リットル×1本、処方してもらった解熱剤を準備して経過観察してみた。

 2022年3月1日、11時数分前に接種会場でモデルナワクチンを接種。
 自宅へ戻り経過観察。

 ① +5時間半後、接種した腕の腫れ(筋肉硬直で固く)、体が微妙に熱っぽく感じる。(体温: 36.0度)
 ② +7時間後、うっすらと風邪を引いてる様な感覚…膝の関節に違和感…。(体温: 36.0度)
 ③ +8時間後、特に変化無し、関節の違和感が無くなった。(体温:35.9度)
 ④ +9時間後、寒いトイレへ行ったら、多少寒気を感じた。
 ⑤ +9時間半後、全く普通の体調状態。多少、膝の関節に違和感(?)。(体温:35.6度)
 ⑥ +12時間後、体調普通。膝の関節の違和感無し。(体温:35.9度)
 ⑦ +13時間後、接種した腕の筋肉が硬直し違和感を感じる程度。(体温:35.9度)
 ⑧ +14時間後、風呂に入る。体温を測らずに就寝。
 ⑨ +16時間後、トイレに行くために起きる。(体温:36.6度)
 ⑩ +21時間後、起床、体調問題無し。(体温:37.1度)
 ⑪ +21時間半、食事後に軽い解熱剤を飲み、体調普通へ…。
 ⑫ +38時間半、腕の痛みも無くなり、普通の体調・健康状態へ。

 ワクチン接種者、7割の人が発熱と聞いていたものの、実際は接種日の夜にボンヤリとしただけで、発熱らしい発熱も無く、現在問題無しの状態です。
 自分で経過観察したものの、ほとんど発熱が無かったので、弊害も分かりません。

 とりあえず、接種して良かったと思っています。
 これで抗体が31倍に増えるなら感謝…ってとこでしょうか?

img025

↑このページのトップヘ