電脳日本の歴史研究会blog

日々、徒然なく語ろうかと…

特別何があるというわけじゃありません、単に自分が思ったり、感じたりした事だけを語ろうかと…。

 今や凋落激しい藤岡信勝とその仲間達。
 この連中達に関わると、皆ロクな事にならず、その上、他人の研究を平然と盗用し、それがバレると途端に人の責任に転嫁する藤岡信勝とその一派達。

 古くは東中野修道、茂木弘道、水間政憲、福永愼次郎こと溝口郁夫、小林進、高橋史朗等々…。
 これら一派による研究盗用、適当どころか研究を衰退させるインチキ説を垂れ流す連中だからだ。

 98年に藤岡信勝がプロパガンダ写真研究会を設立した。
 この会は私も驚くほど優秀な人材が集まり結果として当時南京事件に関して最高峰のレベルであった、しかしながらもう二度とこのレベルの人材が集まる事は無いだろう。

 これだけハイレベルな人材が集まっていたプロパガンダ写真研究会の人材や組織を意図的に貶めていたのは、何を隠そう藤岡信勝、東中野修道、呼ばれもしないのに勝手に毎回来ていた茂木弘道等等である、ちなみに水間政憲は写真については1枚たりとも判別が出来ないので、1、2回参加し、言いたい放題喋った後に担当写真すら分析できずに2度と登場しなくなった。

 藤岡の始末の悪い点は、例え優秀な人材が存在していても、能力を十分に扱うのでは無く、藤岡にとって利用するためだけに終始し、むしろ彼らの才能や能力を潰す事を無意識に行う事という本質的始末の悪さである。
 少なくともプロパガンダ写真研究会の優秀な人材らの足を引っ張っていたのは確実に、藤岡と東中野、茂木を含むこのボンクラ能無し三人衆で有った事は確実である。(谷原茂という勘違いバカも居たが...)

 更に3バカの悪質な事は最初から研究や毎回提示される史料を我が物とするためだけであり、特に自称顧問の2名は研究成果を自分の成果とし盗用する事が目的なので、優秀な研究者を決して表に出させず、しかも、さも自分たちが全てを行ったように振る舞うのが常。
 
 だからこそ東中野修道(亜細亜大)は1枚でも研究した本人が、他紙などに提供しただけで1時間もの抗議を行い、全ての成果を我が物にしようとしてきた。
 私を評価した佐藤振寿さんに大声で罵倒し、怒鳴りつける等人として問題アリの行動を幾度も起こしている。

 東中野の懇意の仲であった藤岡は、盗用後に仮に間違いが指摘された途端に責任を全て当初研究した人物へ全てを押し付ける、つまり都合の悪いことは全て他人へ転嫁するのがこの藤岡の本質的性質であった。
 ちなみに会の設立半年後には、これら3バカを排除して新たな写真研究会を設立するべきとの意見が出ていたが、藤岡はそれでは自分のものとならない事を危惧し結局、新会はとん挫した。

 こうした藤岡の能力の無さはごく最近、南京SM店のデモをチベットでの虐殺であると主張、最終的に自分で判断しておきながら間違いを指摘されると同時に、責任名を登場させ責任転嫁を行っている。
 こういった行為を幾度も何十年も繰り返してきたのが藤岡信勝という男である、だからこそ藤岡を見限る連中が大量に存在していた。

 2つ目は、人道に劣る行為を平然と繰り返す事が目の前で起きていても、理があればそれを無かったことにする人間としての下劣さである。
 これは東中野修道が98年来、実は何ら研究の基礎が出来なかったが、私の発言や研究を我が物にしようとエゲツナイ行為を繰り返す様子や、つくる会では水間政憲が裏で藤岡信勝に対して、必要も無い濤川氏との対立を煽っていた事は多くの自由史観の人達が目撃している。

 その頃は無駄な争いを避けるべきだと多くの仲間から指摘を受けていたが、藤岡信勝は詐欺師が大好きである、とにかく口が上手い連中が大好きであり、真摯に指摘や守ろうとする人物は常に信頼しない。
 詐欺師大好き藤岡は、大神源太事件、増田俊夫事件など多くの問題を起こしている。
 
 増田俊夫に関しては、私自身も幾度も注意していたが、やはり詐欺師好きの藤岡はまんまと乗せられている。
 この詐欺師や口の上手い連中が好きな藤岡信勝は今に至るまでその本質を変える事は未来永劫に絶対に無い。

 南京事件、従軍慰安婦に関して藤岡信勝は確実に、事実有った事にするために日々画策し行動している。
 こういった事を書くと不思議がる人は多いはずだが、藤岡信勝は確実に従軍慰安婦と南京事件を有った事にしようと精進している部類である。

 かつて藤岡信勝が99年に来日したマイク・ホンダに会おうとすらしなかったことは以前Webで書いた。
 これは千載一遇のチャンスであったし、ホンダ氏に会った私は南京事件に関して米国で一切取り出させないといった結果を出した。

 ところが情報を提示した藤岡信勝は一体何をしたか?何も対策すら行わず2007年に米下院で従軍慰安婦の決議を行った。
 さらに2015年10月に藤岡一派の高橋史朗は外務省の顧問と共に南京事件を世界遺産登録をむざむざと行わせた、これは単なる反論の史料すら持ちえず、理解もしていない結果であった。

 藤岡信勝を中心とする藤岡信勝一派の共通点は一切研究をしないことにある。
 基礎史料すらロクに持たない、集めない、読まない…こんな奴らが世界記憶遺産等を阻止できるわけが無い。

 藤岡信勝には戦略思考が一切無い、というより考えられない。
 南京事件や慰安婦問題は、戦略的思考が重要となるが、藤岡信勝は良くて数日程度しか思考が無い。

 だからこそ98年に栄華を誇ったつくる会、自由主義史観研究会が衰退した。
 これは藤岡の詐欺師大好き体質や、判断能力の圧倒的な欠如と劣ってる点が最大の原因である。

 98年に、詐欺師や詐欺師もどきが山ほど近づき幾度となく警鐘を鳴らしても、藤岡はそれをロクに考える力が無かった。
 中村粲教授との対立を生んだ講演会でも私は幾度も反対をし、参加してはダメだとの指摘を行った。

 それを平然と破ったのが藤岡信勝である。
 藤岡信勝には戦略的思考どころか、モノを考える力が無い、虫並みの思考力とだけ言っておく。
 
 藤岡一派が行ってきた成果と弊害を比べると良い、南京事件、慰安婦問題…藤岡一派が一気に悪化させたケースが多いことに容易に気づくだろう。
 以上、書きなぐったが藤岡信勝の始末が悪すぎる本質を以下にまとめておく。

 ① 主張は全て盗用と引用だらけ無論ソースは出さず、批判を受けると途端に人へと責任転嫁と無視を決め込む
 ② 優秀な人材を徹底的にスポイルし、詐欺師が大好き、口が上手い連中が本質的に大好きである
 ③ 研究が出来ない、分からない、伝聞が全て、致命的なミスをしても自己正当化と責任転嫁に終始
 ④ 戦略的思考が一切無い、その場限りの無責任体質、元サヨクなのでデマ、ウソを流すのは大得意

 悪いことは言わない、藤岡信勝とその一派に関わる事は絶対にやめておくべきである。
 これは散々痛い目に遭った私だからこそ断言できるし、これは間違いない、藤岡の仲間等は今でも私のデマを垂れ流し続けている事は多くの人が知るところである。

 過去に幾度も受けた質問内容に「エセ研究者の見分け方」が数多く有り、それについて今回は言及してみたい。
 結論から言えば…エセ(南京事件)研究者の特徴は…。

 ① 既知(すでに広く知られている)の史料すら語れず、しかも中途半端な知識を元に我田引水、歪曲解釈する事が特徴
 ② 新史料等を発見しようとする努力を一切行わない、もしくは史料価値の分別すら出来ない。
 ③ 専門家ですら難しい南京事件の研究を、従軍慰安婦や他の歴史問題等と兼任する。

 これがエセ(南京事件)研究者の特徴である…と断言出来よう。
 特に③は南京事件研究は絶対に出来ない連中の特徴、エセは現在、所謂、南京事件の肯定者・否定者共に間違い無く存在する。

 特にこのエセ研究者部類が大繁殖中であるのは、自称・否定者達だと断言が可能。
 連中は既存情報を勝手に歪曲解釈、もしくはねつ造し、本質的な意図すら捻じ曲げ、まずは結論ありきのレッテル貼り主張に終始する。

 所謂、南京事件否定者の言動としては、「南京事件はプロパガンダ」という結論を最初に持ってくるがその明確な根拠は示さない、示せないというのが今のトレンドとなっている様だ。
 これは私がこういった連中にパーフェクトに該当するのが藤岡信勝一派の特徴だと断言出来る。

 私は2004年に著書『プロパガンダ戦「南京事件」』(光人社)に於いて、「南京事件はプロパガンダである可能性が高い」と、状況証拠を提示し可能性を示した。
 しかしながら、「プロパガンダである」との断言はしていない、なぜなら断言するには、計画、実行、結果の3つの条件の連続性、関係性を明白に証明できる事実は2004年当時には、存在しなかったからだ。

 ところが…一体誰が言い始めたのか…なぜか計画を行っているだけで、それがプロパガンダであるとの全ての条件を満たしたという意味不明な主張が開始された
 これは所謂、エセ研究の代表格である藤岡一派に所属していたの亜細亜大の東中野修道が根拠すら示さず、私の書籍をいつもの如く理解も出来ず元根拠も示さずに主張を開始。(笑)

 更に当時は、藤岡信勝・東中野修道の2組は自分達ではロクに研究が出来ないことが多くの人達に知られたくないために、私の存在を否定し、隠し続けた、結果、この藤岡を代表とするエセ研究者達に寄るレッテル貼り主張が横行し、広く蔓延する事になった。

 何よりも優秀な人材が集まったプロパガンダ写真研究会の2匹目のドジョウを狙った、東中野修道主催「南京学会」で、基礎能力等すら持ちえない連中達(そもそも東中野修道自体、研究を行う為の基礎能力が欠落している)を大量生産したために、思考停止の有象無象の自称・南京研究者を大量生産がなされ、結果的に南京事件の研究は出来ないが、藤岡一派の主張をステレオタイプとして垂れ流すだけの連中が生まれた。

 亜細亜大教授、東中野修道にとっては、自由主義史観研究会のプロパガンダ写真研究会の様に優秀な人材を集めるといった目論見であったのだろうが、なにぶん、藤岡信勝と共にプロ写研で足を引っ張るだけの、形だけの顧問であったがためにその目論見は容易に崩壊。

 こうした連中達が過去20年間悪弊をばら撒き、結果的に南京事件肯定者を180度逆にしただけの、本質同じの自称・研究者が大量生産されるようになり、挙句の果てには、既知の情報を歪曲解釈する亜種・水間政憲一派が藤岡信勝により台頭するようになった。

 ここ最近では藤岡信勝一派の亜種・水間政憲が行い続ける代表的な既知情報歪曲としては、「①東京裁判において南京事件は通州事件を隠蔽するために出された…」「②南京事件における犠牲者は1793人」と言った過去にちょっとした史料を読めば誰でも呆れる様な主張だ。

 ①は論ずるに値もしない。
 ②については、ミニー・ヴォートリン日記を読んでいれば死体埋葬を改ざんした紅卍字会が情報元だとバカでも理解できる。

 更に②は、死体埋葬を指揮した丸山進、南京特務機関員大西一両氏の証言は、水間政憲が第一級史料だと公言する(二等もしくは二級史料が正しい)阿羅健一著『「南京事件」日本人48人の証言』に掲載されている証言を理解していれば、埋葬期間の違い、埋葬体数の水増しによって史料価値がゼロである事が容易に理解出来、これが既知の情報の改ざんに当たる事は誰の目にも明白である。

 こういった主張は以前から南京事件肯定者側には有った。
 ところが2000年代前半までは、しっかりとした南京事件否定研究者が存在しており、これが崩壊を開始したのが所謂、藤岡信勝一派の様な既知情報を改ざん、歪曲解釈し、盗用を行う悪弊集団が台頭した事にある。

 こうした連中達は既知の史料(情報)すら脳に理解も記憶もせずに、普段から仲間達と自画自賛を繰り返し、脳死状態連中のお決まりレッテル貼り結論「南京事件はプロパガンダ」として結論先行で自画自賛映像が大量に存在する。

 この様な連中は必ず、痛い目に合うことは確実であり、2015年11月のBSフジの番組を見れば藤岡信勝がロクに否定者に対して明確な主張どころか、何一つ反論にもならない主張を結論ありきで語り、最後には、見るも無残な情けない姿を見ることが出来る。()(

 しかもこの放送直後、自称・南京事件否定者の藤岡(実質、南京事件肯定者と化している)はユーチューブにおいて今更ながら語るまでも無い65連隊の戦闘状況について理解も出来ておらず、その場限りのレッテル貼り、その後の説明が出来ない事を誤魔化すだけの言い訳をダラダラと述べているが、98年に65連隊について当方と友人は、小野賢ニ著書『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』を購入し、重要ポイントのコピー、ゼンボウなどに書かれた日記の問題点を全て網羅した史料と解説を藤岡へ渡している。

 要するに重要なポイントを選別し渡し、さらに問題点を網羅した雑誌の史料を時間を掛け、お金を掛けて渡したもののボンクラ藤岡信勝はロクに読みもせず、史料も保存していないと分かる。
 何より、こうした問題点を洗い出していないレベルで良く登場出来るものだと感心する。

 こうした幼稚な肯定者達の主張は90年代では問題視もされず、容易に反論が可能であるし、過去に行われてきたが、藤岡信勝一派、その亜種・水間政憲らが如何に適当で研究者としては無能であるか判明する。

 この連中達が中心となり現在、南京事件肯定者達も元史料を提示するよりも、日記を一級史料としてレッテル貼りを行い、都合の悪い史料はすべて否定し、我田引水を行う様子は藤岡・水間一派と何らその主張に変わりは無い。

 エセ研究者の見分け方は、結論ありきで、既知の情報を歪曲解釈する様な連中であるかどうか?についてが特徴である。
 更に彼らは絶対に新史料等を発見する努力はしないと、その特徴を加える事が出来るであろう。

 藤岡一派とその亜種・水間政憲南京事件肯定者達は研究に対する姿勢や根本的な主張スタイルが南京事件が有ったと主張する連中と何ら変わらず、本質は同じである事をここに断言しておく。
 もっと言えば、これらの連中を平然と信ずる連中達は心底アホ・バカだ。

 可能な限り南京事件問題に心から関わって欲しくないモノだ、まぁ、その結果が世界記憶遺産登録という事に結びついているのだろうが…。(溜息)
 
 高橋史朗氏は一生懸命やったと自賛するが、確かにロクに史料すら理解も出来ない藤岡信勝の様な人物と関わっていればそうなる事は当然だろうが、外務省の顧問として一緒に同席するレベルに無い事は論ずるまでも無い、これが私が良く言う藤岡信勝の弊害である、藤岡が関わり、従軍慰安婦、南京事件は確実に悪化させられてきた、いい加減、藤岡信勝が歴史問題に関わると悪弊しか残さない事を理解すべきだろう。

 なお、藤岡信勝は南京市にオープンしたSM店のデモンストレーションを「チベットの虐殺である」と断言した程、とっても素晴らしい眼力をお持ちである。(笑)
 ちなみに藤岡とその仲間を「保守」と主張する連中がいるが、「保守」ってアホ・バカの意味なのか?SMを見たらチベットと思う人物は相当バカだと思うが…というより人としてどうかと?しかも教育者等と言うなら日本の教育は地に落ちたと断言できるだろう。

 今、南京事件問題は海外へ飛び火しているがこの2名が何かの役に立っているのか?冷静に見る事だ。
 99年のマイク・ホンダにも会わず、2015年10月の世界記憶遺産に登録された際に一体どいつの仲間が役に立たなかったのか?

 口先だけで「虐殺否定者」等は、南京事件肯定者でも主張出来る。情けない連中とそれに安易に騙される脳死状態の連中…心底、藤岡信勝のDNAが蔓延したために98年よりも現在の方が遥かに悪化しているのは論ずるまでも無い。「完結」「かたをつける…」ならさっさとやってくれよ!出来もしないだろうが…毎度のことながら…。(怒)

 こいつらデマと噂話しか流すことしか才能が無いくせに…ホント、いらないこいつら、心底侮蔑感しか感じ得ない。
 エセ研究者にとって南京事件とは、要するに金になるネタなのだ、だからこそ自画自賛と賞賛だけを欲し、あからさまな間違いを平然と主張し、それを指摘されても、自己正当化に終始するその姿に真摯な研究姿勢は皆無であり、更にこの連中を称賛する連中はそれ以上に悪質だという事だ。

 彼らは物理的事実(史料)については全く知識が無い上に、「大抵の人間は南京事件には興味が無い!」等と平然と言い放つのが常である、チャンネル桜で同席した某自称・経済専門家がL.S.C.スマイスについて大高未貴さんと話している最中に、突然、激高した某氏の様に。

 こういうことをブログで書くと「批判している」と連中は必ず主張するが、余りにも酷い内容を彼らが主張するからであるが、彼らは必ず自分たちが過去に行ってきた適当な主張については言及せずに、人格攻撃や史料批判については論じない、なぜなら彼らにとっては南京事件に関する史料や研究は二の次であり、幼稚な主張や南京事件の真実を云々する事よりも己のメンツが一番だからである。

 その証拠に、私を論ずる際には「(藤岡一派を)批判する」というレッテル貼りから始めるのが正に彼らにとって南京の真実は関係無いのだとする判断を裏付けている事を、容易に見て取れるだろう。

 私は今後可能な限り、藤岡一派や亜流の連中達もそうだが、東京では可能な限り自称・南京関係者とは関りを持つ気は一切無い。
 東京は詐欺師連中達の主張を諾々と受け入れていけば良いと考えている、連中に関わると使えそうな連中を見つけると、ケツの毛までむしり取り、その上、協力しないと判明すると途端に批判的になる…しかも、自分達が散々過去にエゲツナイことを行っていようが有りもしないデマを流す。

 カナダでその影響を受けた1名から「上手く立ち回れ」等と失礼な事を宣告されたが、そもそも事情も知らない、藤岡一派の汚い人間達の言葉を真に受けたのだろうが、こうした連中が山ほど存在する東京にはもう可能な限り関わる気は一切無い。

 藤岡信勝一派の悪弊は、こうした裏で汚過ぎる事を繰り返し続けている事や、それを商売として利用するも、実力も能力が低いために、世界記憶遺産に登録推進を行うといった主張と行動が180度異なる連中は東京で洗脳をし続けていれば良い。
 私はこの連中達に1年関わったが、東中野修道といい、藤岡信勝一派といい心底吐き気すら感じる程嫌悪している、それだけこの連中達が徹底的に私利私欲だけに染まっている事は確実、そしてそれを支援する連中は脳死している、こいつらと可能な限り関わらない事が肝心だ。

 

↑このページのトップヘ