問御所町の清水小路はトイーゴパーキングの裏通りで、近年は小路の面影が薄れているようです。このあたりは江戸時代の初めまで裾花川が流れていた低地ですから、かつては名前の起こりになった清水があったそうです。

CIMG0052

 この小路の入口(地図)は現在は昭和通り側だけですが、昭和32年今のみずほ銀行長野支店の位置に丸善百貨店ができるまで、入口は中央通り(北国街道・善光寺表参道)側にもありました。(地図)

 この小路は千歳町通りで終わっています。(地図) ところが千歳町通りがまだなかった明治11年の「開明長野町新図」を見ると、この道は南八幡川を渡り、しまんりょ小路から来る南八幡川の分流(社堰・やしろせぎ)に出て、(地図)七瀬方面に向かっています。

 清水小路は中央通り(北国街道・善光寺表参道)と七瀬を結ぶ道だったのです。大正5年に長野県警察部が発行した『彰功録』の中の、明治21年9月に太多利三郎巡査が惨殺された記事の一節に、「七瀬に通ずる里道に添った八幡川の分流の中に巡査が殺されて居ると云ふ報せが本署へ届いた」とあるのは、そのことを裏付けています。

 明治21年に長野駅が開業し、三線路と呼ばれた千歳町通りが開通すると、清水小路はいったん千歳町通りに右折し、すぐ南の南八幡川に沿って左折し、橋を渡って清水小路の続きに出るようになったのです。明治24年に発行された「信陽善光寺境内及長野市町明細之図」にはそれが表されています。

 この図によれば、社堰に沿った道に踏切があります。この踏切が七瀬ガードの元になった踏切です。

 現在も南八幡川から先に清水小路は続いています。

CIMG0051
 (地図)

 社堰は暗渠になったまま長野大通りを東に渡ります。(地図) やがて線路の下をくぐって、サーパス七瀬王神と七瀬従前居住者用住宅との間に姿を現します。

CIMG0076
 (写真)

 このあたりは自然の川が復元されています。

 その先の社堰は現在は栗田新道に沿って流れ、南俣大堰に流れ込んでいます。(地図) このあたりも区画整理で大きく変わりつつあります。