横浜光ジム所属選手の試合は、基本マッチメーカーに任せている。
もちろん、それに対してやるやらないと最終判断は俺がする。
ただ、今回の勅使河原弘晶に関しては俺がマッチメーカーに指示した。
彼と交渉してくれ。

じつは、
俺は彼の試合を見たことがなかった。
ただ、以前PRAYの記事を読んだことはあって、
彼の名前と壮絶な過去は知っていたし、素晴らしい選手ということも耳にしていた。
俺が彼のことを指名したことに対し、マッチメーカーは少し戸惑っていたけどね。
勅使河原を指名するのは危険すぎるし、
赤穂にメリットが何もないということなんだろうね。
関係者はみんな言うよ。
なんのメリットもないって。

でもね、
ワクワクするじゃん。
それがあんまりないじゃん。
ここのところの後楽園ホール。





14647471_1781620102118977_159936446_o


さすが、
勅使河原選手。
この大一番に、化けてきた。
敵ながらあっぱれ。
彼はエンターテイナーでもあり、
後楽園ホールを、勅使河原劇場に変えた。
誰もが、下剋上というフィナーレが刻一刻と現実に近づいてきていると感じた。
だが、
歴戦の雄・赤穂は勅使河原の表情を見ていた。
そして、虎視眈々と待っていた。
勅使河原が徐々に削られていくのを。
これこそが、
ここまで酸いも甘いも経験した赤穂の培ってきたキャリアであり、
彼の生まれ持った嗅覚。
7R以降、
赤穂の圧力が完全に勅使河原を飲み込んでいった。

14689276_1781620075452313_240330166_o のコピー


赤穂vs勅使河原
タイトル戦でないにもかかわらず10回戦にした。
普通は8回戦よ。
なんのベルトもかかっていないしね。
だけど、
ただのオープン戦にしては濃すぎる1戦。
主催者として、その想いを込めた10回戦だった。