2016年08月22日

ITリテラシーが底辺の母がタブレットを買ったときの話

PCデポ関係で思い出したので書いてみる。 買った店はPCデポではない。


2016年7月。帰省時。

母「台所でインターネットしたい。スマホじゃ小さすぎる。」
亀吉「タブレット端末買え。」
母「どんなのがいい?」
亀吉「台所でしか使わないなら余計な通信契約は不要。機械だけ買う。あと大きさは大切。」
母「最初以外はお金かからない?それでインターネットできる?」
亀吉「できる。台所ならギリギリ電波が届く。届かなかったら3000円ほどの中継器買えばいい。」
母「私でも設定できる?」
亀吉「無理。父か亀弟にやってもらえ。すぐ買うなら僕がやる。」
母「私でも使える?」
亀吉「キックスタートを僕か亀弟か亀父か亀叔父かそのあたりにやらせれば問題なし。」
母「買いに行く。ついてこい。」

店にて。

母「どれがいい?」
亀吉「まず大きさが手頃なやつ。壊れにくさなどで無難なのはiPadと日本製。中国と台湾と韓国は当り外れが大きい。」
母「どのくらい使うかわかんない。」
亀吉「なら展示品限りの好みの大きさの中で一番安いこれ(ASUSのやつ)。便利だと思ったら後でいいの買え。」
母「それにする。」
亀吉「店員さん、これ買おうと思うんだけど、放電してるみたいだから電源つないで動作チェックさせて。」
亀吉「5分ぐらいあれば十分かな?」
店員「そうですね。」
亀吉「起動しませんね。」
店員「申し訳ございません。」
母「いらない。」
店員「すぐに新品を展示品と同じ価格で手配いたします。」
亀吉「んじゃ、一度家に帰るね。後でここに電話ちょうだい。あと、明日の午前中までしか僕いないから。」
店員「かしこまりました。」

数時間後。

母(電話で店に)「電話まってるけどかかってこないんですけど。」

盆。


母「NECのいいやつ買った。値段はこの前動かなかったのと同じ。

ichonan at 05:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

PCデポの一時的なメモ

さっきPCデポのページみてみたんだが、例えばこのあたり(トップメッセージ)、 http://www.pcdepot.co.jp/csr/massage.html を見ると、ページ上部のリンクのところで「情報格差の解消」「Echo&Health」「社会貢献活動」「コーポレートガバナンス」へのリンクはあるのに、「コンプライアンス」へのリンクは無いのね。

びつくりしました。

ソース<と>を[と]で置き換えたのはこんな感じ。
[ul id="gnav"]
[li>[a href="/csr/massage.html" class="massage"]トップメッセージ[/a][/li]
[li>[a href="/csr/information.html" class="imformation"]情報格差の解消[/a][/li>
[li>[a href="/csr/eco.html" class="eco"]Eco&Health[/a][/li]
[li>[a href="/csr/contribution.html" class="contribution"]社会貢献活動[/a][/li]
[li>[a href="/co_ir/ceo/governance.html" class="governance"]コーポレートガバナンス[/a][/li]
[li>[a href="javascript:void(0);" class="compliance"]コンプライアンス[/a][/li]
[/ul>[!--/#gnav--]


ichonan at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事・ニュース 

2016年08月03日

アベノミクス雑感(2016/08/03)

復習を兼ねて基本に戻って。

「価格」と「価値」を区別して考えよう。 2%じゃイメージしにくいから、ここでは年率100%としよう。 その程度のインフレになると、みんながみんな思い込んだとしよう。

現金の価値や当座預金の価値は一年で半分になる。 日本の現在の金融政策が採用されているなら預貯金や国債の価値も一年で半分ぐらいになる。 そんなものを持ってたら大損する。 だから、早めに不動産や株や金や外貨に換えたり消費に使ったりしようと思う。

そうすると、円安、消費増、労働力不足、給与増となり、物価が上がる。 強力なポジティブフィードバック(自動アクセル)が働く。 市場任せのネガティブフィードバック(自動ブレーキ)として働くのは外国から買うもの(原油とか)の円建て価格の上昇とか、メニューコストや靴底コストやバブルがもたらす生産性の低下や不良債権とか。 金融政策や増税で景気を冷やすこともできる。

どうやって上のシナリオに持っていくか。 クルーグマンがたぶん20年ほど前から言ってたことだけど、中心は権力(政府と日銀)が目標をかかげてその通りに動くことだ。 クルーグマンの表現だと「責任をもって無責任になること」って感じ。 日銀は政策を小出しにしている点と民間銀行に少々配慮しすぎな点以外は概ねちゃんとやっている。 財務省はダメ。

具体的なやり方としては、日銀が行っている金融政策が一つと、両輪の片方として財政政策が重要であり、これがそろえばインフレ期待は盤石になる。 財政政策の効果のイメージをつかむための極端な例として、国債を財源として国民一人に毎日5000兆円をばらまく場合を考えてみるといい。 これでインフレや円安にならなかったら文字通り世界を買える。

現実はと言うと、5%から8%の消費増税で大ブレーキを踏んでしまっているのが極端に大きなマイナスで、10%への増税を二回延期したのはよいのだけど、5%から8%への増税の影響を消すほどのバラマキはやっていないし、当然、それに上乗せするような財政出動もやっていないし、やるのを極端に嫌がる。 実務上簡単で変な副作用が少なくて効果も確実そうなのは児童手当上乗せや国民年金保険料の国庫持ちあたりかなあ(ただし老人が大反対するだろう)。 教育支出や子育て支援のようなほぼ自明な答えさえも選ばない。 政府が金を吸い上げて、それを使わないのである。 工事系だけはそれなりにやっているみたいだけど、基本は単発であって、対する8%への消費増税は継続している。

財政出動したら国の借金は増えるよ。 だけど、それは財産が無くなるんではなくて官から民に移動するということだ。 財政出動したら将来の元本の返済は増えるけど、インフレに乗せたら利払いは実質減る。 インフレに乗せたら今まで溜っていた元本の支払いも実質減る。 しかもしかも、日銀が頑張っているから、今の状況では利払いが名目でさえマイナスなのと等価だ。 利払いが名目でも減るのだ。 そして、さらに景気回復による税収増の効果が加わる。 これが、財務省が嫌う財政再建だ。

生産性や生産量はどう変わるか。 労働の需要が増えて労働力が不足するから給与が上がって失業率が低下して生産につぎ込まれる労働量は増える。 ゆっくりだろうけど、転職や企業の新陳代謝も行われるようになり生産性が上がる。 金を寝かしておく金持ちの財産はインフレにより実質的に目減りして、労働者や有効活用する金持ちに流れる。 共産党や民進党には我慢できないことだ。 もちろん、バブルになってアホなことに金が使われるというリスクはあるよ。 だけど現状はそれにはほど遠い。

あと一つ気になるのは通貨安競争。 海外からの需要が相対的に減る。 この競争は現状でデフレっぽいところが勝つ。 元々経済が順調だったところが先にメニューコストやバブルでダメージを受ける。 EUに至っては財政政策と金融政策をセットにするのが無理ゲー。

世界経済全体の低迷に関しては日本だけではどうにもならん。

金利も失業率も給与も求人もいいところに来ている今の日本は、財政政策さえまともになれば高い確度で年率2,3%のインフレを近いうちに簡単に達成できる。 そして、財政政策がまともになるかは怪しい。 少なくとも直ちにまともになるかはすごく怪しい。

ichonan at 03:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事・ニュース 

有事の円買いの理由の簡易メモ

有事の円買いの理由の簡易メモ。

直接のもの。
  • 経験則に基づく投資家の行動。
  • リスク回避のための投資の回収。 そして日本は債権国。
間接的なもの。
  • リスク回避指向が強化され、財政基盤が盤石で極端にデフォルトしにくい国の通貨として円が買われる。 マスコミが度々言っている「安全資産としての円が買われ」というのはこれ。
  • 金が余っている状態で円高になっても銀行が貸し出しに回さないほどヘボだったりするから裁定が働きにくい。
もう少し複雑なもの。
  • そもそも妥当な為替水準というのはそんなに自明なものではない。
  • 少し前は日銀と財務省がともにデフレターゲットや円高ターゲットだったことのイメージがまだ強く残っていて、 その上に、今でも財務省はデフレターゲットや円高ターゲット。 要は円高を放置すると思われている。 たぶん、財務省がインフレターゲットに変われば為替の動きも大きく変わる。


ichonan at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般論 

銘柄メモ : 共成レンテム(9680)

(2016/08/03) 7/25にアクティオホールディングスによるTOB発表。 TOB価格は1600円。 7/25終値は930円。 同日発表の1Q決算におけるBPSは2057.75円。 当然のように保有数0。
(2015/09/29) 売り切り。
(2015/09/12) 2015.03期のEPSは173.49円で2016.03期は189.50円の予想。 長期保有で良いという店は把握できていないけど、益回りの高さが目立つことと1,2年スパンでは需要が旺盛だと思えることから手を出してみた。 ちなみに7/24発表の1Qは営業利益の段階で赤字でEPSは-22.11円。 前決算期も同様。 2Qと3Qが稼ぎ時っぽいから。 粗利率や営業利益率は前の期よりは高い。

ピークを過ぎたばかりの大雨(堤防の決壊など)の被害の復旧ではどのくらいの需要があるんだろうか。 規模や期間はピンとこないのだけど、需給がけっこうひっ迫しているところに追い打ちで利益率が高い受注ができると解釈してもいいんだろうか。
(2015/02/03) 売買ログ追記。 売り切り。 100株単位の銘柄だったら100株残してただろうけど1000株単位だから。 基本は他を買いたかったことと、割安だと判断しながらも反応が遅いと思えたこと。 割安だと思いながら激安だとも僕のバリュエーションの精度が高いとも思えなかったこと。 しばらく持ってても精度が上がっているのを実感できなかった。

1/29に3Q。 全く派手さはなく地味に順調に見えるが、一桁のROEで配当性向が1割ちょいってのはいただけない。
(2015/01/18) 売買ログ追記。 M2HD買いたかったり短期的な下落が少なかったり他と比べて僕の理解度が低めだったり。 そんな理由でポジションを減らした。 売買単位のでかさを理由に上がりにくいだろうと思ったりも。 指標的には激安で、売買単位が100株に変更されたら随分と違うはず。
(2014/12/04) 売買ログ追記。 1年後とかに土木屋さんが機材を自前でそろえようとするかレンタルしようとするか、どっちなんだろ。 専門的な内容だから商社と競合する恐れは少なめだと解釈してていいんだろうか。 アクティオグループ調べなきゃ。 アクティオグループの北海道担当と解釈するのは大雑把過ぎるだろうか。 一応は北関東あたりまでは手を伸ばしてはいる。 本社が帯広ということでリクルーティングには苦労しないと解釈していいだろうか。 事業所の開設や統合はけっこうこまめにやってるみたい。 たぶんフットワークは軽い。
(2014/11/23) 売買ログ追記。 10/24に2Q。 基本的に順調で半期EPSは期初予想の42.80円に対して49.92円。 営業利益は期初予想の640mil円に対して662mil円 売上は期初予想の10500mil円に対して10576mil円。 通期予想は176.41円のまま。 中間期BPSは1736.0円。 11/21終値は1228円。
期初からは賃貸用機器装置(純額)が2113mil円から2429mil円に、賃貸用車両・運搬具(順額)が2228mil円から3237mil円に。 会社としてはこの先の需要は旺盛だと見ているんだろう。

直近の決算書をさらっと眺める程度にしか見てないんだけど、売上はやっぱ下期というか最終四半期に偏るんだろうか。 顧客の体質というか、役所の体質というか、財務省の体質のせいで。

レンタルとか派遣ってのは、リスクの肩代わりや需要の読みを付加価値としてるところがあり、需要が増える方向へのサプライズとかバイアスとかがあれば儲かるのだと思うんだけど、その効果がまだ決算上にも市場の評価的にも本格的には出ていないという判断は正しいのだろうか。
(2014/07/09) 北海道の建築機械レンタル屋。 詳しくは調べていない。 アベノミクスと相性が良さそうな割には利益予想が保守的っぽいこととか、基本は土建関係で不況期に北海道地盤であるにもかかわらず黒字だったこととか、規模が大きくなくて売買単位がでかいから流動性を理由として割安方向へのバイアスがかかっているだろうとか、そんなことを思って買ってみた。 長期保有で良さそうだという理由は把握していないけど、現金で寝かせておくのよりはずっと良いだろうって程度の判断から。
2014/07/08,+1000株,1331円
2014/07/15,-1000株,1350円
2014/11/18,+1000株,1201円
2014/11/19,+1000株,1204円
2014/12/03,+3000株,1221円
2014/12/04,+1000株,1220円
2014/12/19,+1000株,1161円
2014/12/25,-1000株,1199円
2015/01/15,-2000株,1170円...M2HDや第一化成買いたかったり他と比べて僕の理解が今一つだったり
2015/01/19,-3000株,1159円
2015/01/21,-1000株,1166円(日付を間違えて1/20にしていたのを修正)
2015/09/11,+1000株,1016円
2015/09/29,-1000株,1001円...トヨタを買いたかった。


ichonan at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銘柄メモ 

手動シストレ関係の雑記(2016/08/03)

手動シストレ関係の雑記。
  • 超地味な利益の積み重ねはできていると思う。 単純な統計や純粋な経験則や機械学習に基づくものだとコツコツドカンの可能性が高いのだけど、僕のやり方でそのようになるのは場中に重要な発表や大イベントがあった場合ぐらい。

  • 注文を出し忘れることがちょくちょくある。 現状ではまだまだ注文が面倒だ。 やはり、アルゴリズムをもう少し明確にしたほうがよい。

  • 直近の株価や気配と指値の間をどれくらい空けておくかは割と主観で決めている。 市場のボラティリティ次第で指値に届かなかったり指値を遠く過ぎてしまうことがある。 たぶんこのあたりはインバースETFやVIXを組み合わせたら幾分はマシになるのだろうし、手抜きもしやすいだろう。

  • そうしたら主観が入る部分は売買対象と株数にほぼ限定される。 株数は流動性の高さと持っている株数で決めていて、持っている株数で決めているというのは、最低単元が残るようにするとか、簡単に手数料負けしない量を注文するとか、その程度。

    売買対象は「僕の保有銘柄内」「僕的に多すぎるポジションの銘柄の買いは出さない」「僕的に少なすぎるポジションの銘柄の売りは出さない」という極めて単純なもののみ。 シストレ向きかどうかという視点での選択はいまのところやっていないのだけど、これは近々入れたい。

    シストレ向きかどうかという視点を優先して売買対象を選ぶということは、ファンダのわからない会社の売買をするということに近いから、コツコツドカンのリスクは増大する。 大した量ではないと思うけど。


ichonan at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)B:手動シストレ 

2016年07月31日

2016年後半のパフォーマンスのメモ

2016/07/31, 7月通算のパフォーマンスを追記。

2016年前半はこちら

2016年7月通算

増資たぶんなし。配当たぶんなし。
7月の僕(配当・増資込み) : +13.100%
年初からの通算の僕:-3.871%

パフォーマンスランキングの6月の僕の値が最初は間違ってたんだけど、どうなったんだろ。

参院選で自民が単独過半数(選挙後に入党を含む)。 マスコミ用語の改憲勢力、実質的には保守勢力&リベラル勢力で両院の2/3を確保。 民進は惨敗だけど岡田克也的には勝利らしい。 比率でいうと大きく伸びたのは公明と共産と維新。 しかし、民進、共産、社民、生活は何から何まで酷すぎで、反安倍反自民のためなら何でもやるという態度が明確になっている。 他の思想は中国共産党の方針に従うこと以外に無いように見える。 改革とこころは獲得議席ゼロ。 1議席はとってほしかったな。

投票がこれを書いている数時間後から始まる都知事選も似た感じというかもっと徹底されているんだろうけど、かついでいる候補のインパクトの強さのせいか目立ち方は今一つ。 鳥越の応援に駆け付けることを拒んだ宇都宮健児弁護士の評判が微妙に上昇。

リーダーが民進党の結党大会で来賓に迎えられた若手芸人グループのSEALDs終了。 We will stopという迷言が現実になった。 やっぱ天然系だと優秀なツッコミが近くにいないと芸人として生きていくのはつらいでしょ。 ところで、SEALDsって政治ネタが多かったんだけど、「僕は○○に入れました!」って言ってるの聞いたことないな。 何でだろ。

日銀は微妙な追加緩和。 ETF買い入れ倍増らしいけど、これは後々面倒になる可能性が割と高い判断だと思う。 他に企業へのドル資金供給量増加。 注目されているのは今後をほのめかす記述。 ETF買い入れよりはマイナス金利政策の強化のほうが良いと思うし、たぶん次回はやるんじゃないかと勝手に思ってる。 日銀は概ねよくやってると思うよ。 圧倒的にダメなのは財政政策というか財務省。

相模原で障害者施設の元職員の植松聖容疑者(26)にその施設の障害者19人が刺殺される事件発生。 複雑な事件として解説しようとしてる文章が目立つが、僕には快楽のために殺人を犯すようなクズが身近で弱い人を狙ったという単純な構図に見える。

トルコで軍の一部によるクーデター失敗。 外からの印象は「やるきがない」「立案者が素人っぽい」というもの。 死者は出たけどクーデターという印象からは遠い。 日本で過去にあった、日本軍のコスプレしたオッサンが立てこもって勝手に切腹した事件のほうがどちらかというと近い印象。

野々村竜太郎と脇坂英理子は地裁で執行猶予判決。 野々村は社会的制裁を物凄くたっぷりと受けたという理由で執行猶予というのはわかるけど、脇坂は中心的な役割と判断しながら執行猶予って酷い判決だと思う。 野々村に関して確定ってのは読んだ気がするけど脇坂はどうなんだろ。

ヴェリタスで五味さんの情報が少々出る。 あんな程度の情報では得るものはないな。 たぶん腕は凄いのだろうけど。

ポケモンGOの話題が凄いし周りでやってる人が目立つのも凄い。 うちの婆様まで手を出した。 任天堂は暴騰から暴落。 ダウンロードランキングか何かで早くも一位陥落らしいけど、あれは飽きられたというより事前の話題性が凄くてダウンロードが最初に集中したという側面の方が強いんだと思う。 ゲーム自体というよりは他の戦略のための道具としての方が興味深い。

書いている7/31の午前1時頃の時点では為替は1ドルが102.03円。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、プレサンスコーポレーション、第一化成、シノケングループ、ウィル、クックパッド。

1位2位がけっこう値上り。 もしかしたらウィルとシノケンがほぼ同額ながら逆かもしれない。 クックパッドが5位に出てきちゃってるけど、ウェイトからいうと4位とは大差であって、今までのウェイト5位とは随分と意味が違う。

ichonan at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)パフォーマンスのログ 

2016年06月30日

2016年6月24日(金)の脊髄反射的な売買のメモ

2016年6月24日(金)。 イギリスの国民投票の開票日。 離脱が確定扱いになったのは後場寄り直後。 ちなみに出張中というか業務は終った後。 このときに行った脊髄反射的な売買の自分用のメモ。 ( )内は6/30の終値。 「」内は考えたこと。

たったこの量でも僕としては珍しい量の売買。 現物口座のみで出先のスマホながら僕基準では超久しぶりのデイトレっぽい売買。
前日は買い指値ばかり見事に約定しまくって当日は余力がほとんどない状態。
ニュースを見てまず手動シストレの注文(売りばっかだが)のほとんどをキャンセル。

1782,常磐開発(425)
-5000株,425-426円
+1000株,409円
「流動性が凄く低いから投げもリバウンドも反応が遅いだろう。」

3241,ウィル(320)
+1500株,302円
「誰か投げるのを期待。」

3254,プレサンスコーポレション(3860)
+100株,3605円
「激安だし拾おうと狙っている人もそれなりにいるはず。」

4235,第一化成(521)
-2600株,528-542円
+2600株,506-511円
「円高で一時的な業績下落懸念アリだから少々ポジへらしてもいいや&遅れて投げる人がいそう。」
「もっともっと売買したいけど板が薄くてこれが限度。」

4992,北興化学(282)
-1000株,273円
「他を買いたい。」

7203,トヨタ自動車(5052)
+100株,5246円
「円高で業績下落懸念アリだけどリバ早そうだし小型株と別の動きしそうだしデカい割には安いし。」

8909,シノケングループ(2740)
+300株,2231-2308円
「短期視点の参加者が多くてリバ早そう。」


ichonan at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)売買ログ 

2016年前半のパフォーマンスのメモ

2016/06/30, 2016年6月通算のパフォーマンスを記述。
2015年後半はこちら

2016年1月前半

増資なし。配当多分なし。
僕 : -9.756%(配当・増資込み)
配当の受取り予想は地味に順調で時価評価は散々。 経済政策は消費増税をしないという前提では順調だと判断している。 僕が独裁者の場合はもう少し緩和的かな。

日本の左系野党や韓国のクズっぷりを改めて認識する日々。 VMとメルケルが筆頭だけどドイツも似たようなもの。 中国の経済面のヤバさの認識が広まった印象で、経済指標への影響が大きいのはこれ。 日本の実体経済への影響は限定的という判断。 確認しとらんが、昨年のスイスフランに続きランドで色々あったらしい。 原油は堅調に価格下落。 イランとサウジアラビアというか、イスラム教の指導者気取りのエゴイストの喧嘩の影響でOPECの産出量制限はゆるゆるになるのかな。

SMAP解散の流れらしいがどうなるかは知らん。 20年前は、残るのは木村と中居の二人という印象で、最右翼は木村。 最近の印象は、グループやジャニーズなしでも残れるのは有力順に中居、木村、草彅(機種依存?)という印象で、稲垣香取は厳しいかなーって印象。 とくに香取。 別に嫌いってわけじゃないけど事務所のゴリ押しの印象を受ける。 どっちにしても、こんだけ長いことトップアイドルでいるって凄いわ。

2016年1月通算

増資なし。配当たぶんなし。
僕(配当・増資込み) : -6.034%
年初からの通算は、-6.034%

SMAP解散せず。 スマスマの暴騰で胸糞悪い謝罪会見が流れた。 中居、稲垣、草薙、香取の4人が木村に感謝し事務所に謝罪するという内容。 木村拓哉の好感度は地に落ちる? ゲスの極み乙女ベッキー。卒論センテンススプリング。このあたりの話題はまだ続報が豊富。 刑事事件じゃないけど、のりピーの場合などとは違って視聴者を見下した態度を裏でとっているという内容の報道だから終りなんだろうか。 11月(?)に刑事裁判をさぼったスキンヘッド元県議が頭を野々村にして法廷に現れたそうな。 ちなみに、在宅起訴なのに直前に身柄を拘束されて公判後も解放してもらえないという、当然なんだけど初耳のケースだった。 法廷での彼も面白かったみたい。 回答をしぶって「記憶にない」を繰り返し記憶障害の診断をほのめかした直後に日付を即答とか、警察による改竄を示唆するとか。

甘利辞任。 細かいところまでは報道を追っていないが、はめる気満々の人に狙われて、秘書の一人がグルor無能であって、甘利氏本人にはせいぜい秘書の管理責任が問われる程度なんだけど、政権運営上は辞任が得策ということで辞任という解釈でいいのかな。 この件で最も大切なのは政治資金うんぬんではなくて、そういう手段で政権に打撃を与えようとする勢力が日本で野放しになっていることと、いくつかの野党がそういう勢力を歓迎していること。

小保方の手記発売らしい。 過去に何度か書いたけど、早稲田や理研や野依やバカンティや若山と比べて笹井や小保方がダメだとは思わない。 叩きやすい人に押し付けた面が非常に強いと思っている。

前半は暴落と円高。 原因はたぶん中国とアラブの投げ。 経済自体は順調だけど上昇はスローペース。 日本経済が良くなっては困る人が以前にも増して熱心に叫ぶようになってきた。 1/29に日銀がマイナス金利導入のサプライズ。 意外だった。 意味するものは即座に理解できたけど定量的に見積もる方法はわからない。 マイナス金利といっても大胆さは控えめで、預金量に応じて+0.1%, 0.0%, -0.1%と分けるとか、マネタリーベースの量の増加に従ってマイナス金利の対象となる基準額を引き上げるとか、そういうものみたい。 後でちゃんと確認しよう。

1/29の後場は二時間半の間に暴騰、暴落、暴騰というすごい乱高下。 場に張り付いていられたらウマウマだったはず。 詳細を確認する前の段階では、市場の反応はまだ十分ではないという印象。 マイナス金利導入自体は良いことだと思うが、消費増税しないことは当り前として、他にも減税や児童手当上乗せや年金支払いの免除などのBI系の財政政策の方がマイナス金利単独よりはずっと良いとも思う。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、第一化成、プレサンスコーポレーション、ウィル、トヨタ自動車、シノケングループ。

2016年2月通算

増資少しだけ。配当はあったとしても少しだけ。
僕(配当・増資込み) : -8.298%
年初からの通算は、-13.831%

ボロボロ。 とりあえずは決算が順調な会社が順調に下落。 民主と維新の党の迷走は普段通り。 野々村竜太郎は二回目の公判でも相変わらずだったそうな。 高市発言で複数のテレビ局が意味不明のキレ方をしている。 奴らにとっては放送法に従うのがそんなにまずいことなんだろうか。

エスクリの下方修正でプチ騒動。 おバカさんたちがみきまるさんを叩いているけど、叩く効果を出せるほどの頭はなさそう。 めでたしめでたし。 AppBankはもっと面白い方向に行ってほしかったのだけど、東証が怒ったというニュースを聞かないので、投資家に体質を知られたというだけで収束しちゃうんだろうか。 日銀のマイナス金利政策導入のリークの調査はやる気なし。 当然目星はついているだろうに。 せめて日経出禁ぐらいのことはしてほしかった。 シャープはやはりシャープ。 従業員の雇用の問題だけどうにかなるなら事業を清算してもいいんじゃなかろうか。

ポジショントークなのか、政府が糞な政策をすると予想してなのか、次のアメリカ大統領が前評判通り糞だと考えてのことなのか、考えるのをやめて報道に流されているのかはわからない。 とりあえず悲観論が目立つ。 僕が抱いているイメージは、「まともな財政政策をやるかどうかで結果は大きく異なる」「株価の下落は経済の予測に基づくものというよりは純粋な需給の側面の方が強い」というもの。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、第一化成、プレサンスコーポレーション、ウィル、シノケングループ、トヨタ自動車。

もしかしたら一瞬だけ1位と2位が入れ替わっていたかもしれない。

2016年3月前半

増資なし。配当あったとしても微量。
僕 : +15.338%(配当・増資込み)
基本はダダ下がりしてた第一化成とプレサンスが中途半端に戻ってきただけ。

迷走必至というか確定というか年度内分裂も不思議じゃないというか鈴木貴子すでに逃げてるというか。 民主党と維新の党(偽維新)が合併か統合かしらないけどいっしょになるらしく、新しい透明は民進党らしい。 台湾の民進党は怒って当然だよな。 政治関係の重要で詳細な情報を大手マスメディア経由で知ることはほとんどなくなった。 最大公約数なものはNHKが便利だけど、それより深いものとなるとネット経由の低次情報となる。 NHKとテレビ東京は違うだろうけど、他のキー局はあまりにも反自民で親民主で親共産。

AlphaGoがトップクラスの囲碁棋士に4勝1敗。 僕としては技術者が本気出せば当然というか、将棋で強いソフトを作るのより囲碁で作る方が簡単な印象なんだが。 いや、この時期にこの結果という予想ではなくて、本気だしたらすぐという意味で。 技術系の賢い人やチームが興味を持った順番がチェス、将棋、囲碁の順だというのが本質だと思う。 それでも凄いには違いないけど。 ディープラーニングや人工知能の誤った解説があふれている。

今まではベッキー騒動として扱われてたが、ゲスの極み川谷の人間性を表す本人の発言がちらほら出てきている。 脇坂英理子、暴力団がらみの診療報酬詐欺の容疑で逮捕。 本人の言動を含む報道の内容から受ける印象は、コテコテでズブズブ。 スッピンがそれなりに話題に。

マイナス金利のことはもう少し深くというか定量的な面と照合しながら理解した方がよいと思った。 BSの面で円が非常に強固なのと財務省がデフレターゲット・不況ターゲットだという強い円高バイアスと、今の日銀と安倍政権の方向性という強い円安バイアス。国債の枯渇の方は大雑把にわかるけどマイナス金利の方は定量的な面では結構わかりにくい。 少なくとも僕には。 極限やメカニズムは大体わかるけど。

2016年3月通算

増資なし。配当ぼちぼち。
僕(配当・増資込み) : +11.922%
年初からの通算は、-3.588%

一時期はプラ転してたんだけど月末に主力がダダ下がり。 今年の受取配当(約定ではない)の確定値(超サプライズの下方修正とかがなければ)は月額で14万円を超えて僕的サプライズがなければ16万円超えだけど時価評価はマイナスのまま。

民主党と偽維新がいっしょになって民進党が発足し、既にネタ化している。 結党式の来賓としてSEALDs奥田を呼ぶとか党名の変更の手続きを忘れるとか。 日本死ね山尾という人のことは詳しく知らんけど、報道の通りだとしたら岡田や枝野や菅や鳩山や小沢や仙石や松本や蓮舫や野々村元県議に並ぶ逸材っぽい。 ホラッチョ川上が文春無双で大人気。 乙武さん5人と不倫という偉業。 概ね叩かれまくりだけど、そんなに単純な話ではないと思う。 TL上で極左やパヨクの断末魔や発狂を目にすることが増えた(RTや引用の形で)。 yoridorimidorisと300kojinが面白い。 普段見ているTLの投資家とは住んでいる世界や見えている世界が違う。 角山さんが良いように見えてしまう。

政府が世界的に有名な経済学者を招いて意見交換。 今までは「超有名な学者の誰々がアベノミクスに反対してる」という嘘記事はクルーグマンに関するものがほとんどで一時期だけピケティが入ってたぐらいなんだけど、それにスティグリッツも加わったっぽい。 僕の目には意見交換というよりはまともな財政政策のための地ならしや外堀埋めに見える。 オーソドックスなのは消費増税延期だけど、消費者に直接渡る形のシンプルな財政出動でもいいと思うよ。 両方やったほうがいいが。

2年ほど前に行方不明になっていた中学生が監禁場所から脱出(まだ別のシナリオもありうる程度の報道だが)。 王将の第三者委員会が反社会的勢力との関わりを連想させる調査結果を公表。 現幹部ダメですな。 金の亡者目線で興味があるのは上場廃止になるかどうか。 東芝相変わらずで反省してるのかどうかよくわからないが、反省しているわけないというほどではない。こちらも上場廃止かどうかはグレー状態だと解釈している。 幹部が反省していないように見えるシャープは鴻海に買収されることが決まったらしいけど、調印日(?)の4/2までに楽しませてくれることを期待している。 報ステ終わったらしい。 最終回ぐらい見ればよかったかな。

4/1から色々と制度の変更。 電力自由化とかかかりつけ薬剤師とか。 当然すべきだと思うもの、よくわからんもの、問題ありそうなものなど色々。 何もせんよりは良かろう。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、第一化成、プレサンスコーポレーション、トヨタ自動車、シノケングループ、ウィル。

2016年4月前半

増資なし。配当あったとしても微量。
僕 : -3.034%(配当・増資込み)
TOPIXの下落に連動してさがっただけって感じ。 妄想上の予定ではOOOOがXXXXの発表をしてとか色々ある。

ガソリーヌ山尾はまた何か出てきたらしいが詳しくは知らん。 基本的な態度は秘書が悪いというもの。 それだけで説明できるものではないし突っ込みどころ満載なのはもちろんのこと、話す内容や口調から、思考や精神の型が舛添要一や渡邊美樹と同じに思えて、そちらの方が気になる。 民進党の対応は自民党的には理想的なもの。 岡田も枝野もわかっていないと思う。

山尾がダメなのは言うまでもないとして、さらに、山尾の会見の中で行方不明扱いされている元秘書が真っ白だった場合、元秘書は黒だけど従属的な立場だった場合とか。 何で行方不明扱いなのかとか。 まずないと想像するけど、仮に元秘書一人の単独犯だったとした場合。 その行為を可能にして今まで公表しなかったとしたら、山尾事務所はいったいどういう人の集団なのかとか。 僕はそのあたりに興味がいく。

4/15の夜に熊本で震度7(?)の地震発生。 関西も少し揺れたらしいけど僕は気付かなかった。 ちなみに帰宅時で電車の中だったはず。 その後も震度6強を含む余震か本震か群発かわからない状況で、後の地震による家屋の倒壊や死者も出ている。 死者数だけ見ると阪神淡路大震災や東日本大震災ほどではないけど、規模として小さいわけではない。 現在進行中。

極左連中が政府の邪魔や民業の邪魔をしているのは予想していて予想通り。 民進党は斜め上で、自民党と市民をツイッター上でdisってた。 さらに大量ブロックの嵐。 僕もブロックされましたよ。 その後の対応も、何か山尾と同じ感じで、担当者一人のせいにしてるようだ。 しかも担当者の処分とか公表していないし、僕はあれが担当者個人の思想や体質だとは思ってないし。 とりあえず、現状では、主張が総スカン喰らった場合には担当者のせいだという体質はわかった。 あの政党の主張のうち個人名とリンクしないものの位置づけはそういうものだと。 それが民進党の公式発表だと。

ほんと、お願いだから、こういう非常時ぐらい政府の邪魔をやめてくれんかね。

田母神逮捕。 脇が甘かったのか相当基本的な部分で間抜けだったのかは知らん。 舛添よりはずっと優秀でずっと善良だとは思う。 今回のことも、政党の支持を受けて詳しいスタッフを抱えてたらこうはならんかっただろう。

2016年4月通算

増資なし。配当あったとしても微量。
僕(配当・増資込み) : -4.123%
年初からの通算は、-7.535%

月後半に追加緩和観測の報道が派手に出て実際には追加緩和がなくて暴落。急激な円高。 連休に入ってからの先物も続落。 短期的なものだと思うけど、為替は利益に影響する。 もっと派手に暴落して円高になった方が消費増税凍結のコンセンサスは取りやすくなる。 5/2の寄りのころは売買できそうなんだけど、どうしよっかな。 迷う。

熊本の地震は地震発生の長期化という点では同規模のものは記憶にない。 過去の大震災から得た教訓やノウハウは生きてるみたいだけど、そんなことよりも総理大臣が自民党から出ていることが大きい。 民進や社民から出てたらどうなってたんだろ。 水道水ではなく温泉だけど、地下水源のダメージの報道がちらほら。 極左連中や一部テレビ局は相変わらず被災者や被災地はどうでもよいみたい。

舛添。 政策や政治理念や専門知識の面でダメなのは前からわかってた。 今話題なのは政治と金の話。 都民のためではなく私利私欲のためってのがよくわかる。

民進党は相変わらず。 政権を担当する政党としてダメだとみなされているのもわかってるか怪しいけど、野党第一党というのもヤバイというのはわかってないっぽい。 北海道の補選では過去の「民主+共産」よりも今回の左系野党連合の方が得票数が少なかったらしい。 自民の候補は票を伸ばしていたそうな。 党内で干されている人の中には自民のダメ議員よりはずっと立派な人も少しはいるようだけど、新人がその程度に立派な人だということはもう二度とないのかな。 5/1のそこまで言って委員会に江田憲司が出てたけど、やっぱダメだと思った。 あれでも岡田や枝野や山尾と比べると優秀なんだよねえ。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、第一化成、プレサンスコーポレーション、シノケングループ、常盤開発、トヨタ自動車。

2016年5月前半(~2016/05/13)

減資少し。配当超微量。
僕 : -2.166%(配当・増資込み)
連休や土日の配置の影響で場が開かれていた日数はわずか。 ドルは105円から110円の間で推移。 好決算からの投げ売りとか色々。 円安の追い風が止んだ状態で保守的な予想を出しているところが目立つが、いくらなんでも保守的すぎるところもある。

舛添。 在日朝鮮人・在日韓国人の生活が第一。 海外に公務で遊びにいくときに超絶無駄遣いするのは当然、私的な食事は政治活動、家族旅行は政治活動、自著の購入は政治活動などなど。 当然辞職するつもりはないとのこと。 僕の目には「反省するのはペナルティを受けたことに対して」というタイプに映っている。 大都市だからリコールはほぼ不可能。 政治の手続きに従うなら都議会での不信任からの辞職か、都議会の議決からの都議会解散からの再議決がいるのかな? よくある警察や検察経由がやはり低コストかな。 野々村よりずっと酷いと思う。

日産が三菱自動車の1/3を持つ筆頭株主になることがほぼ確定。 元々OEM提携してたにしても動き早いな。 これでグループとしては世界4位になり、3位から離された4位ではなく近い4位。 WBSで長いことやってたゴーンの説明はさすがって感じ。 取締役の1/3と会長を出して長い目で改革してwin-winを目指す、強みはなんといっても東南アジア、などなど。 あの長いインタビューは三菱自動車の従業員と下請けを味方につける意味が大きそう。 たぶん三菱自動車の幹部に対する非難の思いは色々あろうが、そこは「うちの車が売れねーじゃねーか」程度しか言わない。 幹部の問題ではなく開発だけの問題だと思ってるなんてことはないと思うが踏み込まない。 大浜と大江も普通の番組よりは深く明確に聞くし大抵の経営者よりはストレートに答えてると思うけど踏み込みはいまいちだし、上手にかわすというか目的意識が非常に明確というか。 それどころか、ちゃんと補償をすると向うが言ってきたとか、助言や助けを求めてきたとか、そのあたりを褒めてた。 長い目で見る、日産の立て直しもそうだった的な。 ディールをまとめること優先。

日経が毎度のごとく飛ばしてたが、たぶん消費増税延期は確定とまでは言えないけど最有力路線で、もし単純に税率上げちゃうとフルポジ組死亡で、人頭税から消費税への切り替えもたぶんない。 あったら凄いポジティブサプライズ。 為替操作監視や通貨安競争防止もあまり問題ない。 今の状態では円安は大抵の諸外国の国全体としての利益に資するし、自国の通貨安が実は自国の大ダメージにつながる国って多いから。 根本的な違いは、日本のインフレ率が多くの国と違って微量であることと、日本のBSが別に悪くはないこと。

2016年5月通算

増資なし。配当ちょびっと。
僕(配当・増資込み) : -0.685%
年初からの通算は、-8.202%

基本はホールド+手動シストレ。 月末にウィルの投機的な売買。 これでほとんど全て。

長い事ポジション2位のプレサンスは好決算増配無難な保守的な二桁増益予想など既定路線の延長で放置どころか大きく下落。 長い事ポジション1位の第一化成は輪をかけて保守的で大減益予想とストックオプションのコンボ。 IRによりわざと株価を下落させようとしてんじゃねと思えるほど。 事業はちゃんとしてるけど。

月末にアキュセラが暴騰から暴落へ。 大株主であるSBIのトップの北尾吉孝のこれでもかというぐらいの買い煽りツイートで暴騰で直後に「ダメでした」のIRでストップ高からストップ安へ。 6月に入って値幅制限が緩和されても書いている直近の6/1(水)には場中の売買は成立せず。 外野から見てると露骨なインサイダー取引の印象を受ける。 SBIとアキュセラからやる気のない声明が出ている。 大切なのは「どういう調査をしたのか」「株式の貸し借りはあったのか」なんだろうけど答えている文章は見当たらない。 個人投資家の破産情報が流れてくる。 関連した自殺だと思えるニュースも流れてくる。 表面をさらっと見る限りは株価は実体無視で、実現する確率の低い楽観シナリオになっても少し割高なんじゃねと思える株価。 監査法人が変わった理由も気になる。 アメリカの会社でマザーズに上場というのも色々思うことがある。 基本はこういうのは自業自得だけど、SBIに対して負債を負った場合にはやりようがあるんじゃないかな。

民進党等の左系野党4党は相変わらず。 何を考えてんのかしらないけど内閣不信任案提出からの当然の否決。 「安倍嫌いだ」しか共通する主張がないし、代替案らしい代替案なんてなさそうだし。

消費税増税を延期することがほぼ確定。 ベストではないし文句は色々あるけど最低限のラインを守った判断。 経済を全く分かっていない人達が無責任だと批判しているが、馬鹿専門家よりは一般国民の方が妥当な判断をしているもよう。 それにしても内定率と失業率と有効求人倍率すごいっす。

サミット。 神宮を紹介した効果や対中国の効果はあるんだろうけど、経済政策面はあまり意味なかったような。 別に失敗ってわけじゃないけど。 オバマが広島に訪問して献花。 日米が先進国の格を見せつけた形。 平和や協調が大嫌いな左翼や韓国人団体が発狂したというニュースが同時に流れてくる。 大韓航空機の事故で羽田の滑走路が封鎖されて広島に移動できなかった国会議員がいたわけだけど、さすがにこれはテロではなくて半島クオリティのためだと思う。

おおさか維新の松井知事と橋下顧問がオバマや消費税増税延期に関連して変なことを言ったというスクリーンショットが流れてくる。 財政政策や外交の問題なんだが、あまりにもお粗末。 大阪というちょっと特殊な状況(治安や財政がヤバいとか地方自民が特にダメだとか)にある地域の地方行政を担う人としては文句はあっても良い人選だとは思うけど、止血役や刺激剤としてだよね、優れている部分は。 6月に入ってからだけど田中康夫を党として公認するというニュースが流れてきたのは斜め上。 橋下が舛添を褒めてたのも斜め上(褒めてるけど「いっしょうけんめいやってくれた」というだけ)。

舛添は相変わらずで、続報は出てきてるし、色々色々。 調査結果はまだ。 結果がでても舛添にとって都合の良い方向に転ぶことはないだろうけど、形式的な言い訳にはなるかも。 調査を請け負った元検事の弁護士が自分の評判を捨てて舛添の意向に沿うことをするなら。

清原執行猶予判決(確定?)、野々村相変わらず、ウルフ相変わらずだけど苦しそう、ベッキー相変わらず、翁長相変わらず。 東京オリンピックは案の定グダグダ。 賄賂は法律上は問題ないはずだけど、IOCや組織委員会としては非常にまずい状態みたい。 賄賂を渡したのか詐欺にあったのかどっちかだと思う。 中止するならぜひ早めに。 今の仕組みのオリンピックなのに金にクリーンであることを求めるのが間違ってると思う。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、第一化成、プレサンスコーポレーション、常盤開発、ウィル、北興化学。

3,4,5位は流動的というか超一時的なもの。

2016年6月通算

増資なし。配当どっかん。
僕(配当・増資込み) : -7.445%
年初からの通算は、-15.006%

現物フルポジが基本で少々の手動シストレポジだから当然なんだけどBrexitショックで大打撃。 直ちにVIXにポジを移すとかできればなあ。 僕にとってのメインの売買はたぶんゼロで、手動シストレとBrexitショック直後の投機のみ。

舛添がさんざん顰蹙をかったあげく辞任。 コンテンツとしては野々村の遥か下。 舛添を見て頭が良いとかしっかりと仕事をしているとかいう人を見ると、個人的なコネや借りのためにそう言っている人は別だけど、少しぞっとする。

Brexit。 別ページ に個人的なメモはまとめた。 発生直後はTLもマスメディアも市場も騒ぎすぎ。 6/30時点でバカ騒ぎは消えた。 可能性としては後の大ショックは残っているが、それはEUが意固地に馬鹿な判断をした場合や見積もりにくい防衛上のリスクなどであってBrexitの直接の影響ではない。 投資家にとっては為替が最大の影響。

5月末の伊勢・志摩サミットの議事録でちゃんと指摘されてたんだよな。

参院選の選挙戦開始。 18歳選挙権の初の国政選挙。 県をまたいだ合区を採用しての初の選挙。 安倍や自民がどうこう以前にこれなんだよ、重要なのは。

6月は二回も株主総会に行った。 プレサンス 第一化成 。 会社がちゃんとしていることと総会の規模が小さいことが大きいんだろうけど、楽しい経験だ。



ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に、プレサンスコーポレーション、第一化成、ウィル、トヨタ自動車、シノケングループ。

久しぶりに一位と二位が入れ替わった。 PF全体としては少々fat tailの方向へ。 手動シストレの影響。

ichonan at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)パフォーマンスのログ 

2016年06月27日

株主総会 : 第一化成(4235), 2016/06/23

2016年6月23日(木). JR八王子駅前の京王プラザホテル八王子の4Fの錦の間.

東京で株主総会に出るのは初めて. 今まで出たことがあるのは忘れていなければ大阪3と兵庫1.

受付時にもらうお土産はパスケースと小物入れっぽいものとカバーつき手帳. 説明はなかったけど会社で作った製品のサンプルを兼ねているんだと思う. そういう趣旨のお土産は大歓迎.

株主用控え室あり.飲み物が出る. 今までに出席した株主総会の控え室とは明確に雰囲気が違う. 談笑が行なわれている. とくに若い一名(30歳から35歳ぐらい?)への挨拶や案内が目立った. 東京中小企業投資育成(筆頭株主)の関係者や取引先兼株主企業の関係者だろうか. 主要株主は持分の多い順に,東京中小企業投資育成(24.12%),銀行×3,取引先(たぶん)×2,社長,生保,関連会社(ループで持合い),従業員持株会.

目次は毛筆. 株主席はたぶん29人か30人. 爺さんではなくオッサンが主体. 席数はガラガラでもギチギチでもなく適度. 部屋の広さには余裕がある.
9:59
地震の場合の避難の案内. 駐車券のこと.

10:00
挨拶. 進行の説明. 議長は社長の中野氏. 定足数の確認(by事務局). 議決権を持つ株主数は804名(召集通知に書かれた株主数は894名)で行使者が432名.

10:03
監査報告(by森)

10:06
事業報告(by三浦). 課題に関しては中野.

10:23
事業報告に関する質疑.
Q. 新工場の人員はどれくらい要るのか?急拡大で熟練した従業員が足りるのか?
A. 現在は10名から15名程度で段階的に増える予定. 新工場の稼働前から2シフトでの製造を行なっており,稼働後に1チームを新工場担当にした.

10:26
議案の説明&質疑&採決(拍手).

1号議案(配当)
Q. 今までも利益に応じて配当額を変えているんだから,配当性向を20%にするなど明確に決めるべきではないか?
A. 配当性向で決めるのがよいとは考えていない. 配当性向基準だと数年前などは無配になる. 安定した配当を出すことを優先する. 提案については社内で検討する.

2号議案(種類株)
Q.具体的な発行の予定は?
A.ない.今は定款上発行を可能にするだけ.

3号議案(取締役の選任)
4号議案(監査役の選任)

5号議案(ストックオプション)
Q. 質問ではなく要望. 今回の提案内容では賛成すべきか反対すべきか判断しにくい. そのあたりの検討を望む. 例えば,行使価格の下限として行使時のBPSを採用するとか,新規内部留保の半分だけ行使価格を引き上げるとか,そういうのがあれば賛成しやすい.
A. 社内で検討する. ただし,制度上の制約があるので可能かどうかわからない.


全て可決なんだけど,5号議案については他の議案と比べると拍手が少なかった.

10:38
「これをもって・・・」
Q. 2部行きは?
A. 現時点で条件は満たしているが,今すぐどうこうという話ではない. 準備などをコメントできる状況ではない.

Q. 1部行きは?
A. 今の規模じゃ無理. 将来は検討するかもしれないけどずっと先の話.

10:40 終了
社長の見た目から大山康晴15世名人が頭に浮かぶ. 質問には無難に短く率直に即答している印象.

総会後の手紙での報告でアンケート. 抽選で100名にクオカード500円分. 当選率高めだけど回答する手間との兼ね合いは微妙.

たぶんウェブでは公開されていない株主通信には社長の写真や事業所の外観が載っている. 元々IR情報が貧弱な会社だってこともあって,株主通信により初めて知る(or意識する)内容がちらほら. 群馬工場と埼玉事業所の間の距離が車で20分だとか,群馬工場の稼働が3月だったとか.

ichonan at 22:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)B:株主総会潜入ログ