2018年07月02日

2018年前半のパフォーマンスのメモ

2018/07/02, 2018年6月通算のパフォーマンスを記述。
2017年後半はこちら

2018年6月通算

出金少々。配当それなりだけど3月末に比べると微小。
僕(楽天証券分) : -1.656%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-48.052%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 ウルトラファブリックス・ホールディングスを握って寝ているのが基本。 そろそろ月次ではプラ転のつもりでいたけど結局マイナス。 定量分析やってたら容易にわかることが少しだけヴェリタスに書かれたけど反応は小さいのが一瞬。 額は大したことないけど、最近は毎月出金ばっかやってるなあ。

割と社畜ハード。 さらに、7/1(日)が家畜ハードだったので書く気力なし。

サッカーのワールドカップのポーランド戦。 素晴しい。 グループリーグギリギリ通過。

TPP法案と働き方法案(正式名称は多分もっと長い)が成立。 今までとは違ってお馬鹿さんがTPPのことで騒いでいるのを聞かない。 ワールドカップのせいか、記憶力の限界か、モリカケで忙しかったのか、不祥事対応で忙しかったのか、四月末からの連休の延長なのか。 働き方法案の方はお馬鹿さんが騒いでいるのが流れてくる。

唯一神又吉光雄イエス・キリストが政界というか選挙運動引退。 体調の問題とのこと。

RADWIMPSというグループのコンサート@ポートアイランドに対する嫌がらせが随分前から匿名の人の集団(?)により予告されていて、警察が軽く警戒していたみたい。 朝鮮学校の無償化を訴えてる場面とかが撮影されてた。 参加者は衝撃の3人から5人。 コンサートに来た人はお行儀よくスルーか遠巻きに少しだけ撮影。 容疑者逮捕(道路交通法違反)。 免許証の提示を頑なに拒んで、取調べでも人定の段階を黙秘していたという衝撃。 なぜか弁護士を名乗る人が怒りまくっててまるで状況を見ていたかのようなことを書いていたけど、一員であって、一員であるにも関わらず違法行為をしないようにとか、デモの許可取れとか、アドバイスしなかったってことなんですかね。

本人にイイネされた。

朝日新聞社が北朝鮮からの荷物の持ち込みを税関が取り締まったことに怒り心頭。
「修学旅行で北朝鮮土産「税関が不当に押収」 総連が抗議:朝日新聞デジタル」, https://www.asahi.com/articles/ASL6Y5SB8L6YUTIL036.html , 2018年6月29日23時45分
前々から言われていることだし、僕もそういう一面が強いとは思ってるけど、ここまで立場を明確にした記事(?)って久しぶりに見た。 これ、結構重要だと思うんだ。 これは立憲民主党とか国民民主党とか共産党とかの先生方に声に出して読んでもらいたい。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. SFPホールディングス
  3. 日本エスリード
  4. オリックス
  5. 明光ネットワークジャパン

2018年5月通算

出金少々。配当雀の涙。
僕(楽天証券分) : -3.415%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-47.177%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 社畜ハードモードはあと半月ほどは続く。 日本大学のアメフト関係が組織のガバナンスや危機管理の悪い事例としてなかなか。 そのせいで法政大学のダメっぷりは忘れられがち。 国民民主党というのは既にできたのかな。 民主党の名前が残ったので立憲民主党と同様に元民主党ということがわかりやすくて、その意味では良い。 立憲民主党の議員さんたちは20連休近い休みを取ったみたいですね。 審議拒否を含めたらもっとか。 そして、審議が足りないとか自民党による強行採決だと騒いでおられる。 NHKや民放キー局や朝日新聞や毎日新聞などの多くのマスメディアのクズっぷりは相変わらずなんだけど、ネットの左翼の一部では微妙な変化の兆し。 「安倍は極悪人だけど枝野や蓮舫にも少しは問題がある」という、左翼の割にはマシな言葉がちらほら。

アメリカと北朝鮮の首脳会談があるとかないとか。 トランプが机叩いて出て行ってカリアゲが平謝りで仕切り直しを検討中的な。 韓国の大統領はトランプの命令で動いているのかカリアゲの命令で動いているのか。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。 順位変わらず。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 日本エスリード
  4. SFPホールディングス
  5. オリックス

2018年4月通算

出金ちょっと。配当なし。
僕(楽天証券分) : -11.675%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-45.309%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 ほんのちょっぴり気まぐれ投機。 社畜業忙しス。 半島まわりが騒がしい。 サッカーの監督解任騒動はフォローしていない。 パフォランは2月3月に続いてビリでしょうな。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 日本エスリード
  4. SFPホールディングス
  5. オリックス

2018年3月通算

出金多め(雑所得の確定申告用)。配当月末にどっかん。
僕(楽天証券分) : -4.784%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-38.080%(配当・増資込み)

ウルトラファブリックス・ホールディングスを握って放置。 二月末時点では 個人投資家パフォーマンスランキング でビリだったんだけど、今回もたぶんビリだろう。

社畜業が率直に言って鬼ハードだった。 立憲民主党、日本共産党、民進党あたりが相変わらずクズっぷり全開。 政治家や政党としてクズとかそういレベルではない。 3/29に無理してウルトラファブリックス・ホールディングスの株主総会@八王子に参加。 総会そのものもプチオフも有意義な時間だった。 総会周辺は後でまとめよう(気が向いたら)。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 三栄建築設計
  4. 日本エスリード
  5. オリックス

2018年2月通算

入金少々。配当たぶんなし。
僕(楽天証券分) : -39.582%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-34.969%(配当・増資込み)

塩特盛ファブリックスホールディングスの一言。 もしかしたら、個人投資家パフォーマンスランキングで初の息してる人の中でのビリを達成できるのだろうか。

率直に。 ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235,UfHD)のこと。 基本的に保守的な予想を出す会社だという認識はあったけど、ここまでとは思っちゃおらなんだ。 多分監査法人や東芝の影響もあるんだろうなってのは発表後に思うようになった。 実績面はというと、当然ながら利益じゃなくてもっとリアルな数字への変換はするとして、概ね想定の範囲だけど、僕的な予想の中央よりはほんの少し下ってあたり。 表面ではなくてリアルな部分ね。 どのあたりかというと空輸コスト。 戦略的にごく短期間コストがかさむのは当然ありうることだけど、新ラインの本格稼働まで続くというのはミスったんじゃね?って気がするし、株主総会に出席できるなら確実に聞きますなあ。

規模の割には余力ないんだけど少しだけ買い増した。

オリンピックはほぼTL情報限定。 妻もほぼ見ていない模様。 羽生結弦の情報は見てたっぽいけど、やっぱ浅田真央と比べたらどうでもいいらしい。 日本人選手が活躍したらしいけど、ほぼモルゲッソヨ。 韓国でやったというのは事前に確定していた失敗だと思う。 IOCにとっても、選手にとっても、そして韓国にとっても。 2020が東京であることは、世界的にはどうか知らんけど、日本にとっては失敗だと思う。 結果云々ではなくて既に。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 三栄建築設計
  4. 日本エスリード
  5. SFPホールディングス

2018年1月通算

入金少々。配当なし。
僕(楽天証券分) : +7.636%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+7.636%(配当・増資込み)

ここ で書いたように今年からパフォーマンスの書き方を少し変える。 厳密には連続性がなくなるけど、変更部分があまりにも少額なので実質的にはほぼ連続。

去年は年初からパフォーマンステロとメシウマ提供を繰り返していたのに対して今年最初の月は地味なパフォーマンス。 基本はUfHDを持っているだけなんだけど少し投機にも手を出して裏目った。

NEMという仮想通貨がCoinCheckという取引業者から時価で580億円ほど盗まれたらしい。 横領なのか単なる盗難なのかわからんだろなー。 現在も進行中だけど、時を追うごとに追加される情報のほとんどはCoinCheckのダメダメさ。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. プレサンスコーポレーション
  3. 明光ネットワークジャパン
  4. シノケングループ
  5. 日本エスリード
プレサンスが5位以内に復帰。


ichonan at 02:10|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2018年04月19日

株主総会 : ウルトラファブリックス・ホールディングス(旧第一化成,4235), 2018/03/29

ウルトラファブリックス・ホールディングス(旧第一化成,4235)の株主総会のメモ。

2016年6月、2017年2月(臨時総会)、2017年6月に続いてたぶん4回連続の参加。 ウルトラファブリックス・ホールディングスとしては初の株主総会。 時期が6月じゃないのは決算期変更のため。

最もコアな部分は トマスさんがここに書いてくれている ので、この記事では普段以上に個人的なメモを。 さらに、前後は社畜モードがハードで、前回はどうしようか迷ったコスプレは今回は迷う余裕がなかった。 超絶過労モードなんで聞き忘れたことも色々。 記憶も色々抜けてる可能性が・・・。 しかも直後に少しだけど飲んだしね。 デカンタ頼んで。 総会後の横浜線で寝たというか、椅子じゃなくて床で寝たし、当然のように寝過ごして東神奈川まで行くし、駅でも少し寝たしという感じ。 なので、書いている内容が怪しいかもよ。 意図して嘘書くなんてことはしないけど。

毎度のように京王プラザホテル八王子に宿泊。 時期変更のせいで高い。 会場は前回と同じく翔王の間。 割と早めに会場着。 投資クラスタ内に僕より早く着いてた人が少なくとも一人いたみたいだけどたぶん別室(控え室が二つあって僕は広い方)。 待ってる間に幹部一名と少し雑談したり。 次期社長(現社長)が目の前を通ったり。

ほぼ定時(10:00)開始。 客席は開始時点で34人か35人ってあたり。 株主数は1326名で行使者は368名(メモには人数しか書いてないけどこの意味のはず)。

挨拶類の後で各種説明が10:28まで。 中野社長(現会長)による対処すべき課題の説明。 ベースは招集通知の通りなんだけど全く同じというわけではない。 「2ライン化」と書いてある部分を「複数ライン化」と表現した部分あり。 「ラインの完成後直ちにフル稼働できるように取り組む」の旨の追加の文言あり。

トマスさんがまとめている「新社長の抱負は?」の部分の質問をしたのは僕で、これは具体的に何かを聞きたかったのではなく、新社長の雰囲気を見たかったことによる無茶振り。 直接は「社長交代により会社はどう良くなるの?」の旨の形式だったと思う。 「できれば吉村さんから」とのリクエストもした。 元々は採決の後で挨拶をする予定だったみたいだけど僕のせいでこの場所で中野社長が社長退任(取締役会長としては残る)のことを話して新社長の挨拶に近い内容が入る。 リチウムイオン関係とか投資銀行のアドバイザーとかをやってきた。 日本の会社は良い技術を持っているが良いものを妥当な価格で売るのが下手。 中野期の経営統合で形はできた。 だけど、いっしょになっただけできちんとできるわけじゃない。 基本は中野路線継承でグローバルベースで。 などなど。 質問に対するストレートな回答としては、吉村新社長が話した後で、中野社長が「今までと変わらない」と。

この新社長の抱負部分だったかその後だったか忘れたけど、ハイレベルな製造の第一化成、ハイレベルな営業のUltrafabrics、それをまとめる金融畑出身者あたりの意味の位置づけの説明があった。

他はなんだろ。 売上予想の根拠部分は説明しにくそうな雰囲気を感じた。 具体名は出さずにプロジェクトの進捗状況あたりの言葉でぼかしていたけど、実際にテスラのモデル3のスケジュール、航空機関係の大型受注の確定のタイミング、新ラインの調整にかかる期間によって変動するしね。 監査法人との関係も。 僕は予想は災害や戦争を除いた最悪ラインぐらいに思ってる。 字面は違うだろうけど、「渋谷のサテライトオフィスはヒカリエの裏」「六本木通り沿い」「HDの都心の拠点。八王子じゃなくて都心で対応できるように。」「日本戦略はまだかたまっていない」など。

10:51。採決。 議案は、配当、取締役の選任、監査委員取締役の選任、株式報酬。 議案に関する質問はなかったはず。

お土産は自社製品サンプルのバッグ。 去年のは一通りだけ。 今回は色々と選べる。色も。 この会社のお土産というのは「会社の説明」として役に立つものだから歓迎ではある。 だけど、前回の「え?トートバッグでこの色でこのデザイン?」というものや前々回の総会の「実用性考えてないけど製品を広く」ってのではなくて今回のは実用性が高めで、これやっちゃうと下手すると出席者の質が落ちちゃうんじゃないでしょうか。

終了後にプチオフ。 色々とぶっちゃけ話込みの楽しく濃い時間。 過労だったので勿体ないことをした。

関連ツィート。

ichonan at 10:39|PermalinkComments(0) B:株主総会潜入ログ 

月額の税引き前配当が15万円を超えた

ここ の続き。

平均月額の税引き前の配当金の受取り予想額が150,000円を超えた。 たぶん2018年2月14日(血のバレンタイン)のUfHDの決算発表の瞬間に。

ichonan at 09:22|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2018年04月05日

2018年4月3,4,5日の短期売買のときに考えたことのメモ

たぶんアクティブな投資をやっている人の中では売買頻度が極端に低い部類の人間で、短期売買というのはやってもシストレを手動でやるのが中心。 基本が現物フルポジなので、その手動シストレも差金決済のしばりがあって控えめ。 投機はさらに少なめ。 今回は珍しくキャッシュポジションが100万円以上あったし、動きが読めそうな気もしたし、前場の最初の方は家にいる日でもあったので、久しぶりに投機売買で遊んだ。 このときに考えたことのメモ。 普段やらないことの復習。


4235。 ウルトラファブリックス・ホールディングス。 長いこと割と頻繁に見ているのでプレイヤーの特性を結構つかめる。 極端な割安だと判断していてもポートフォリオ内占有率が圧倒的な一番なので買増しをするのは得策ではない。 板が薄いから少額でしか売買できない。

血のバレンタインのために表面ファンダの人はほぼ投げている。 迷ってて持ってて辛くなって投げる人はまだ少しいる。 リバ狙いで買った人はそれなりの幅で利確できるなら売る。 ガチ系は簡単には売らない。 空売りと買戻しは当り前のように入ってくる。 ガチ視点だと安いけど株価水準の変化がすぐに来るという気はしない。

買い。 空売りの買戻し。 ガチ系がゆっくり少しずつ指値で拾う、 急激な下落をリバ狙いで買う。 急いで大量に買う人はいない。

売り。 空売り。 持ってて辛くなった人の心が折れた投げ。 リバ狙いの清算。

板が薄い中で株価を大きく動かす注文を出す理由は希薄。 大きく動かすバイアスにブレーキをかける売買をする理由はそれなりにある。 そんな中で下方向にそれなりに動いた。 だから買った。


8909。 シノケングループ。 株式分割の発表が買った日だなんて当然わかっていなかった。 指標上や実績などの表面的な基準だと激安。 投資用不動産の販売がメインなので業界としては不人気で低PERが当り前。 流動性がそれなりにある割には乱高下する銘柄。

指値は割と下。 変な乱高下をするところだから。 そして引け前に大きく下落して約定。 株式分割発表。 短期売買として注文出したんだけど、そのまま長期保有でもよいと思っていた。

翌日の気配を最初に見たときは3800円台だったと思う。 というか気配を見て株式分割に気付いた。 優待を実質的に少し拡充というのも含まれるけど、基本は二分割。

流動性が上がるという効果はあるけど、この値上りの主な原因は脊髄反射のはず。 成行き買いで飛びついた人は上昇が止まれば投げる。 手を出したことをきっかけにファンダを分析する人が増えて値上りというのもあるだろうけど、それは一日や二日で起きることではない。 ファンダが主な理由で大量に買う人が買うのはこのタイミングではない。

だから概ね寄り天。 そう思って寄りで成行きで売って、割と欲張った買いの指値を出した。 この日の安値だったのは偶然。 今日下落しなかったら明日あたり下落するだろうという判断。

ichonan at 22:12|PermalinkComments(0) その他 

2018年04月02日

以前は頻繁に行ってた某ラーメン屋が残念になっていた

以前は頻繁に行ってたラーメン屋。 たぶんチェーンのフランチャイズ。 たぶん餃子の王将と同じく店による違いが大きいところ。 値段や味が良いというのはもちろん、駐車場付き、うちみたいなお子ちゃま連れに優しい作りや対応、大部分はスキルの高い多めの店員など、選ぶ理由が多かった。

しばらく前に駐車場の管理を他の業者(大手ではなくてローカルだと思う)に任せたっぽい。 これをきっかけに行く頻度が落ちた。 駐車料金はラーメン喰えば実質無料。 駐車できるんだけど、元々広さの割には無理して駐車枠を作ってる感があったのが、さらに物凄く駐車しにくくなった。 人によってはあきらめるだろう。 僕も軽く億劫だ。 客もはっきりと減った。

Phase 2。 近所の奥様情報網から入手していたのを確認する意味も込めて久しぶりに行った。
  1. 今までいた店長の名札を付けていた兄ちゃんと言うべきかオッサンといいうべきか迷うあたりの人がいない。 店員は厨房二人と客席一人。
  2. 19:00過ぎなのに僕を含めて客が5人とか。 テーブル席もキャパいっぱい座った満席だと40人ぐらい入るのに。
  3. 「一番人気」だったはずのメニュー(僕は二回に一回以上は注文していた)がない!
  4. 「しっかりした豚骨スープ」だったはずなのに、何か薄くて塩分多め!!!
店長に何か不幸があったのか、店長に逃げられたのか、もっと教科書的な間抜けなのかは知らん。 勿体ないなあ。 残念ですわ。

ichonan at 19:58|PermalinkComments(0) 銘柄メモ番外編 

2018年03月22日

駅前の某ラーメン屋

立地って大切だなと思った件。

2018/03/20。帰宅中に駅前のラーメン屋に寄った。 特別にでかい駅ではないけど特急は止まるし定期券の窓口販売所もあるしバスターミナルもある。そのくらいの規模。駅前と呼べる範囲に食い物屋は結構沢山あるけど長いことラーメン屋がなくて、僕が把握している中で最初にできたところ(A)に久しぶりに入った。 その後にあと二つ(BとC)の店ができたけど一つ(B)は既に撤退。 場所の良さは「A>>>B>>>C」で、この駅を使う人の大部分が視界に入れたことがあるはずというのはAだけ。 Cは存在を知らない人の方が圧倒的に多かろう。 味は「C>>>B>A」って感じ。 店の広さは「B>C>>>A」。

このラーメン屋、できたばかりの頃は「コラーゲン」「美容」「女性」ってのを前面に出していた。 開店直後からずっと悲しいほどガラガラだった。 しばらくして、「コラーゲン」「美容」「女性」の文字が消えた。 しばらくして客が入っているのがわかるようになった。 今では行列は見たことないけど繁盛はしているように見える。

久しぶりに食べてみる。 店主も味も昔のまんまで、「近くでラーメンを今すぐ食べたい。店Cの存在は知らない。」というときと今回のような興味本位の場合以外に行こうとは思わない。 別にマズいってわけじゃないけど立地以外に選ぶ理由はない。 バイトはあからさまに不慣れな感じ。 入口には時給850円でのバイトの募集のチラシ。

だけど客は入っている。 競合に対する圧倒的な強み(この場合は立地)と、よけいなこと(コラーゲン・美容・女性)をしないこと。 これだけでどうにかなると改めて思った。
A:オーナー店主っぽいオッサン+バイト2,3人って感じ。
B:5,6人。全員若い。迷走っぽい試行錯誤(トマトラーメン、チーズラーメン、マズい中華バイキング)。
C:初老夫婦+時々バイト。たぶん2Fが住居。

店Cは味や来た客を大切にしていると思うけど客候補に知られようとする気がないというか商売が下手というか。

ichonan at 01:24|PermalinkComments(0) 銘柄メモ番外編 

2018年03月21日

確定申告のメモ(2018年3月13日)

2018年3月13日に久しぶりの確定申告をしてきたので、関連するメモ。 世間的には給与所得者で、株は源泉徴収ありの特定口座だから、普通は確定申告は不要。 雑所得が微妙に嵩みそうなときには20万円に届かないように報酬を0円にするとか。 そういうタイプ。 還付の権利も面倒だという崇高な理由で普段は放棄している。

2017年の雑所得は今までとは違って、貸株を始めて約一ヶ月で20万円超えちゃった。 そういうわけで義務が生じて申告。 ほぼボランティアながら月に2000円ほどもらってた時期は申告していた。
  • 久しぶりだと超面倒。超億劫。
  • 医療費が領収書添付じゃなくて明細書。 合計金額だけじゃなくて、診療費か薬代かとか、薬局や病院の名前とか、医療を受けたのが誰かとか、そういうことを自分で書く。 情報がそろってれば表計算ソフトのシートのプリントアウトでOK。 僕や僕の血族なら根性で治すとか最初から気にしないとか、そういうので妻が病院に行ったり子を連れて行ったりするタイプなので、これが凄く煩雑。ちなみに僕なら救急車を呼ぶような場合には写メ送り付けてアドバイスを求めてくる。

    {妻,1,2,3}×{耳鼻科複数,内科複数,歯科複数,皮膚科複数,歯科複数,薬局多数}

    個の組合せごとに金額を書く。 一通りやってみたけど、次回はしないかも。節税効果もせいぜい1,2万円ぐらいだし。
  • 最寄りの税務署の2階か3階の広い部屋を使った申告書作成場所が無くなって、税務署から1kmほど離れた場所に。 人(たぶん団塊世代あたり)大杉でどうしようもなかったんでしょうな。
  • 郵送で済ますのがメジャーかもしれないけど、郵便事故があると超面倒だという理由と、久しぶりだからという理由と、確定申告での納税は初めてという理由で、税務署に持参。 提出場所近くの机(鞄から申告書を取り出す場所っぽいところ)で手書きで申告書書いてる強者がいた。 受付場所は4箇所か5箇所。 僕の前に並んでいるのは一人だけ。 3/15だったら随分と違ったのだろう。 1分ほどかけてチェックしてもらって提出して納税の手続きの仕方を教えてもらって振込用紙もらって終了。 ダメ元で質問してみたけど、電子手続きはネットバンキングの使用さえも事前に申請しとかなきゃダメだった。 プリントアウトした申告書の綴じ方も見当がついていたけど一応聞いた。 役所というのは「役所じゃなけどお役所的なところ」とは違って基本的に「条件が明示されていなければ好きなようにしてOK」なところなので、ホッチキスでもクリップでも綴じなくてもOKという回答。
  • 最寄りの銀行は確定申告モード。 20万円もの現金をさわったの久しぶりな気がする。
  • セミナー屋さんが長い事(10年以上?)確定申告ネタを書かないのは何でなんかな。 昔は青色申告のこととかを推測するにドヤ顔で書いてたんだけど、翌年かその次あたりに所得税が0円の範囲の旨を書いてて、それから何もなしか。 そして株はほぼノーポジでありながら億ったと自称。
  • うちの会社の場合は年末調整よりも確定申告の方が準備が楽。 確定申告の手続きの最低限のことを知っている人にとって確定申告の方が大変なのは、提出場所が普段の居場所から徒歩5分以内にないことだけ。
    • 各種証明書が届くのよりも年末調整の書類の締切りの方が早い。
    • 書類のフォーマットやら説明やらが糞。
    そんなんだから、署名捺印だけして提出している。 昔はもっと酷くて、扶養者の氏名や生年月日まで手書きしろと言ってきてた。


ichonan at 23:04|PermalinkComments(0) B : 資金管理やら家計やら 

2018年03月17日

銘柄メモ : ウルトラファブリックス・ホールディングス(UfHD,旧第一化成,4235) vol.3

Vol.2はこちら
(2018/03/17) 四季報2018年2集の周辺のメモ。
  • 業績予想欄は素人仕事。
  • 初出じゃないけど、従業員数が経営統合直後と比べて(1割ちょい?)増えている。
  • 数号前から、元々1ラインだった製造体制を行田と群馬をそれぞれ2ラインの合計4ラインにするととれる文章が載ってて、今回も続いている。最初は「そうも取れる」だったのが「強引に読まないなら4ライン」ぐらいの書き方になってきている。ただ、記事を書いている人の文章を書くスキルは下の下と思えるものなので、この手の内容は眉唾物。実際に4ラインの場合には僕なら「4ライン」と書く。 2018/03/29に行われる株主総会の招集通知には行田の設備を更新するだけではなく新設するとも書いてある。「新しいラインを新設する」とは書いていないけど、どうなんだろ。ラインの新設かもしれないし、ラインではない設備かもしれないし、ラインのアップグレードキット的なものかもしれない。 4ライン化とかはやってほしいし、群馬はどのみち2ライン化すると前々から予想しているけど、行田の場合はスペースがあるのか疑問なのです。
  • 元々の設備投予定資額は2017.12期で大部分が済んでいる。 ただ、コミットメントラインの余りが随分とある。 また、四季報には2018.12期の設備投資予定額として20億円と書いてあって、この額の通りなら、2ライン化や当初の予定額の通りではないと思える。
  • 中野社長が会長へ、6月の総会で取締役になった吉村氏が社長へ。
  • 五味大輔氏の株数は発売時点で既に古い情報になってしまった。
  • 第一化成部分の表記なんだろうけど、平均年齢↓の平均給与↑。
  • 2月に渋谷にショールームができたらしいけど検索ではひっかからず。 知ってる人がいたら教えてほしい(twitterの方で)。 どっちにしても、Uf流の見せ方や伝え方や拾い方を細かく知ってたり感覚的に把握していたりしてて日本語ができる人って今はまだ現場担当にまわせる人の中にはいないだろうから、所謂「結果」につながるのはまだまだ先でしょうね。 欧米でちょくちょくやってるっぽいクラフトイベント系から攻めるのかな。 ロンドンのショールームは5月開設らしい。

2017/05/14時点で、このブログやツイッターアカウントを第一化成目的で見ている人が「影響なんてほぼゼロ」とまでは言えないレベルでいるのかもしれないので。

判断を他人に任せてるとカモにされるで。
(2017/07/23) 初心に帰って簡易定量分析でもしてみる。 ガチ系じゃない人にとってどう見えるかを把握するためにもよかろう。 主要な情報源は直近の通期短信。

簿価は6048百万円で、そのうちのれんが13298百万円。有形固定資産は2930百万円、在庫類は1532百万円。 予想売上高は7900百万円。 予想営業利益は1550百万円。 予想経常利益は1200百万円。 予想純利益は1000百万円。 海外子会社の連結や国際会計基準対応のために監査関連やアドバイザリーのコストが2億円ほど上がる。 この中には一時的なものもあるが、一時的なものはとりあえず0円としよう。 たぶん一時的なコストは1億円以上だと思うんだけど、保守的な方向で見積もる。 その上で今期予想を単純に4/3倍して12ヵ月換算にすると、

売上10533
営業利益2066
経常利益1600
純利益1333

となる。 営業利益と経常利益の主な差は今期の場合は約3.4億円(株主総会での回答)の金利。 事業が順調だとして、これは放っておけば儲けとオプションの行使により急激に減る。 ただし、今期までは設備投資額が大きいので減少は大したことないだろうし、新しい工場の用地を確保したり委託先(従業員規模は第一化成より大きい)を買収したりしたら増えるだろう。

今期のオプション費用は3億円。 ただし、このあたりは、「完全希薄化後の株式数」と「オプション行使による収入はゼロ」という保守的な形で見積もることを考え、これを営業利益と経常利益に加え、純利益にも0.65倍して加える。 0.65倍しちゃダメかもしれないけど、そうだとしたら純利益を7,8%増やして考えればよい。 そうすると、特殊要因を乱暴にとっぱらった後の業績予想の12ヵ月換算は次のようになる。

売上10533
営業利益2366
経常利益1900
純利益1528

暖簾を0円で評価したら簿価は-7250で債務超過。 現金は2793、負債は16133。

中計における完全希薄化ベースの株式数は9,643,799株。 その後のオプションが400000株。 あわせて大雑把に10,000,000株としよう。 そうすると実質的な予想EPSは152.8円となる。 前期の減価償却は167で、今期はよーわからんけど、20億円を設備投資して20年で償却するとして1億円の追加ってことで大雑把に通期換算で250としようか。

直近(2017/07/21)の株価は2442円。 配当は18円で4/3倍で24円。 では、定番のいくつかの指標に当てはめてみよう。
  • 予想配当利回り:100*24/2442=0.98[%]
  • PBR:10*2442/6048=4.037[倍]
  • PBR(のれん償却):債務超過
  • PER:10*2442/1528=15.98[倍]
  • EV/EBITDA:{2442*(10^7)-2793*(10^6)+16133*(10^6)}/{2366*(10^6)+250*(10^6)} = 37760/2616=14.43[倍]
  • ROE:100*1528/6048=25.26[%]
  • 営業利益率:100*2366/10533=22.46[%]
  • 在庫回転年数:1532/10533=0.14[年]
  • ROIC:100*1528/(2930+1532)=1528/4462=34.24[%]
この会社は為替の影響が大きい。 明示はされていないけど、たぶん1ドルが110円か少し下ぐらいで予想を立てている。 過去のログから大雑把に保管すると営業利益率はざっと25%から30%ぐらいになるだろうから、一時的なコストがかさんで減価償却も増えて特に強い円安傾向でもないってことで、22.46%ってのは妥当な線だろう。 ただ、日銀当座預金から外債に移るなどして1ドルが130円とかになると当然ながら利益は激増して、仕入れ値が落ち着くまでは5割増しぐらいなら自然だと思う。 業績予想の傾向は極端ってことはないけど保守的な傾向がある。 サプライズとか為替とか一時的なコストの増加とかがなければ会社予想よりは上だと僕は考えている。

以上がドンブリ勘定で一時要因を最低限は取り去った上での定量面の簡易バリュエーション。 ROEや営業利益率は目立つ程度に良いものだけど、PERだと安くはないし、EV/EBITDAだけ見ると激高で定性面を見てなかったら空売りしたくなるのもわかる。製品の需給のひっ迫、経営統合のシナジー、テスラの大躍進の可能性、不定期に流れてくる割と大きそうな採用情報。 これらの定性面を把握(予想や推測が正しいとして)していないと積極的には買えない。

在庫回転率は良い悪いは分かりにくいんだけど、船でアメリカまで運ぶのに半月から一ヶ月ほどかかるから、たぶん実質的な回転は凄く早くて、作ると即売れるというか足りないから早く作れという感じなんだろうと思ってる。 ROICは行田工場(メイン工場)の設備のほとんどが償却済みであることと新工場完成や新規設備投資が凄いこともあって、分母の見積りが物凄く乱暴。両者の効果が概ね相殺していると考えるのはそれほど無茶ではないとは思う。 無茶でないならば、ROICは高い。
(2017/05/14記述。2015/05/15夜明け前に少し追記。) Ultrafabricsを完全子会社化。 丁寧にまとめる根性はないので直近4Q付近のことだけ(訳:ブログ書いてたらブラウザが落ちた死にたい)。

(中計の2017.12, 9ヵ月の変則決算)
売上:6500Myen
EBITDA:1900Myen
営業利益:1600Myen
純利益:1000Myen
EPS(1$=100円,完全希薄化(9,643,799株)ベース):104yen

(2017.03実績)
売上:5431Myen
EBITDA:684Myen
営業利益:517Myen
純利益:306Myen
EPS:46.61yen

(2017.12予想,9ヵ月の変則決算)
売上:7900Myen
営業利益:1550Myen
純利益:1000Myen
EPS:168.01yen

完全希薄化ベース株式数の9,643,799株は、
6,800,000(発行済み)-967,201(自己)+761,000(過去のオプション)+1,850,000(種類株)+1,200,000(買収時のオプション)
あと、ウルトラファブリックス・ジャパンが持ってた第一化成株式100,000株の取得もあったか。


3/4年の変則決算というのは当然として、その他のポイント。

概要

ビジネスの拡大は中計よりもずっと上の水準で順調。 純粋に会計上の理由により、「希薄化」として扱っていたオプションが「費用」としてP/Lにあらわれるため、これ(3億円強)の分だけ予想の表面は保守的な数字になる。 連結の手続きやUfのガバナンスの(形式上の?)仕組みの整理にかかるコストが割と多めだけど、たぶん大部分は一時的なもの。 のれんは巨額であり、仮に一括償却したとすると債務超過。 ただ、ビジネスが順調である限りこのことは大した問題ではなく、強いて言えばこれ以上の買収を行う余裕がないといった程度のこと。 成長すれば影響は急激に薄れる。 もしもビジネスが早期に頓挫したらいきなり危険。

超大雑把な切り口

買収前の第一化成とUltrafabricsのデータから、買収関連摩擦コストやのれん償却や株式報酬などを除いた営業利益率は3割強と見積もるのがたぶん妥当で、3割として計算したら少し保守的だと思う。 利益と比べると会社予想の精度が高いであろう売上げを元に計算すると、この調整前営業利益とで言うべき額は2017.12で24億円ほど。

株式報酬費用

発行済みのストックオプションはほぼ確実に行使されるはず。 経営頑張ったってのもあるけど、それ以前に、行使価格が株式の時価(激安)での発行だったから。 会社の2017.12予想においてはストックオプションが費用として計上されていて株価が上がれば上がるほど会計上のオプション費用が上昇する(のかな?)。 今期に関しては、Uf経営陣に対するそれが3.097億円。この分だけ見た目の営業利益が目減りする。

純利益の意味

Ultrafabrics LLCの税負担はたぶん第一化成とは違って、第一化成に対して配当として戻す時点で課税される。 だから、たぶん、純利益を税引き後利益と判断するのは間違い。 売上と営業利益を中心に見るのが無難。

EPS計算時の発行済み株式数。

会社予想のEPSのベースの株式数は5,950,000株ほど。 完全希薄化済の株式数ではない。 3/4年を補正するだけではなくここも補正しないと勘違いする。

中計の2019年のUltrafabrics

中計における2019年の連結業績とUltrafabricsのオプション全行使のための業績を比べたらわかるけど、後者の方が実は上。 だから、中計は保守的。

個別赤字予想

2017.12の個別予想は、売上は微増(通期換算)、経常利益30M円、最終赤字。 たぶん、連結開始のための費用、償却、株式報酬費用、買収費用の利払いにより旧第一化成の年間利益の3/4がほぼ吹っ飛ぶという計算。 この部分が落ち着けば、ここだけで10億円は軽く行くだろう(2016.03期は営業利益9.74億円)。

自己資本比率

自己資本比率は26.7%となっているけど、総資産22,181Myen、のれん13,298Myen、負債16,133Myenなので、解散価値はマイナス。

のれん償却

詳しく知らんけど、今期中に連結や経営統合の処理を済ませて来期から税務上の暖簾償却相当のことをするのかな?年間26億円ほど。UfがLLCではなくなるかもしれないし、連結納税になるのかもしれない。会計上の償却がないからといって税務上の償却をしないなんてことはないよね?

為替

たぶんドル建てで第一化成からUfに売ってて、売上と利益の両方に対してダイレクトに為替が効いてくる。とくに短期では。だから2016.03と2017.03の売上げの数量ベースの値は期中平均レートでドル換算した方が分かりやすい。売上は2016.03期に一気に伸びて2017.03期は大して伸びていないように見えるけど、それは円で見た場合。

「車輛向けに関しては、防汚性等の機能性の強化に加え白色製品の受注が増加し、販売が順調に推移しました。」

公式情報として明示されてはいないと思う。 非公式部分では仄めかされている。 とりあえず公式で「Ultra White」となってたり、わざわざ「白色製品」なんて表現使ったりしてるってことは、そういうことじゃないかな。 先方のブランド戦略との兼ね合いでこういう明示されていないものなんだと推測している。

連結関連費用

「Uf社においても法令を順守する内部統制の体制を構築する為の費用が発生し、持株会社化に関わる費用を含め連結決算及び統合関連費用として当期と比べ次期は2億円程度の費用増加を見込んでおります。これらには一時的な支出も含まれますが、次々期以降監査・決算関連費用がどの程度になるかについては、判明し次第開示いたします。」

「今後は従業員のインセンティブプランとして新株予約権を、また役員報酬として現物株式を積極的に活用する予定であり、次期よりEBITDAの加算項目と致します。」

こういうのは総量や条件との兼ね合いだから一概には言えないけど、今までの経緯からすると、株主を食い物にするようなことはしないと思ってよいと考えている。 説明も今後は丁寧にすると思う。 2016.06の総会の時点では説明は不親切だったけど、2017.01の時点では説明も丁寧になってたし。 ただ、「1/3は取得後1年、1/3は取得後2年、1/3は取得後3年は売れない」などの条件はつけてほしいな。

「株主の利益向上・会社の発展・社会への奉仕・社員生活の充実の推進が一致する経営の確立を目指してまいります。」

これを言える会社って意外と少ない。 「当り前だからわざわざ言わない」ではなく「ツッコミが怖くて言えない」会社が多いと思う。

「中長期的な業績見込みにおける売上高、EBITDA、自己資本利益率を重要な経営指標として位置付けております。」

同上。

「アジアに関しては明確な戦略がありませんでした。」

こう身もふたもない明確な書き方ができるのも珍しいと思うんだ。

ichonan at 21:33|PermalinkComments(3) 銘柄メモ 

2018年02月19日

いわゆる一つのチートモード

人生のチートモードとハードモードは両方とも色々あるけど、その中で投資家界隈においてはわかりやすそうなチートの一つ。

食事しながら、子を着替えさせながら、録画やFireTVを見ながら、ダラダラしながら、割と当り前のように今日は何円得した、今日は何円損したなどと気構えなしで話せる。 2/15だと3700円損した。 2/16だと3600円損した。 子がいるから「万」は省略している。 少し前だと、2/14次第で3500円超えて得したり損したりすると思うとか、別にどうということのない夫婦の会話として。 無職計画には軽く抵抗するけど、7300円の損失ぐらいならスルーである。

金銭感覚がしっかりしているわけではないし、特別に鈍感なわけでもないし、特別に肝っ玉が据わってるわけでもないけど、この手のヤツは大丈夫。 環境面で世間一般と比べて違うことといえば、実家がド田舎(熊が出る)、父親が少し前の4235ぐらいの規模の会社の製造部門元トップ、元銀行員あたりか。 僕の実家の「となりの億万長者」的な中途半端な金持ちの世間的には狂った感覚は結婚がほぼ確定した段階で色々と教えている。 ただ、その環境で生まれ育った僕の母も、それ以上に長く生活している母方の祖母も、「株?危ないからやめなさい!」である。

あと、元ヤンが最低限の社会性を示したら周囲が他を無視して寛容になる現象みたいなやつの影響ぐらいはあるだろうか。 僕は妻の誕生日を妻の誕生日としては覚えていない。 「必ずニュースになる〇〇と同じ日」と覚えている。 ニュースを見て思い出す。 婚姻届提出日は1/1だから覚えてるけど、結婚記念日は覚えていない。 結婚指輪は二回目の新婚旅行中のナポリで紛失した。 知人の反応は「カッコいい!」だった。

ichonan at 21:43|PermalinkComments(0) 自己紹介 

2018年02月15日

2018/02/15の日次のメモ

2018年2月15日(木)にマイナスの日次記録を更新しました。

楽天証券分(現物株式,貸株,預け金,他は無し) : -37,095,300 円

つ・・・強がってなんて・・・・・ないもん!!!

前回は これ

プラスの方は こっち

ichonan at 22:13|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ