2018年02月19日

いわゆる一つのチートモード

人生のチートモードとハードモードは両方とも色々あるけど、その中で投資家界隈においてはわかりやすそうなチートの一つ。

食事しながら、子を着替えさせながら、録画やFireTVを見ながら、ダラダラしながら、割と当り前のように今日は何円得した、今日は何円損したなどと気構えなしで話せる。 2/15だと3700円損した。 2/16だと3600円損した。 子がいるから「万」は省略している。 少し前だと、2/14次第で3500円超えて得したり損したりすると思うとか、別にどうということのない夫婦の会話として。 無職計画には軽く抵抗するけど、7300円の損失ぐらいならスルーである。

金銭感覚がしっかりしているわけではないし、特別に鈍感なわけでもないし、特別に肝っ玉が据わってるわけでもないけど、この手のヤツは大丈夫。 環境面で世間一般と比べて違うことといえば、実家がド田舎(熊が出る)、父親が少し前の4235ぐらいの規模の会社の製造部門元トップ、元銀行員あたりか。 僕の実家の「となりの億万長者」的な中途半端な金持ちの世間的には狂った感覚は結婚がほぼ確定した段階で色々と教えている。 ただ、その環境で生まれ育った僕の母も、それ以上に長く生活している母方の祖母も、「株?危ないからやめなさい!」である。

あと、元ヤンが最低限の社会性を示したら周囲が他を無視して寛容になる現象みたいなやつの影響ぐらいはあるだろうか。 僕は妻の誕生日を妻の誕生日としては覚えていない。 「必ずニュースになる〇〇と同じ日」と覚えている。 ニュースを見て思い出す。 婚姻届提出日は1/1だから覚えてるけど、結婚記念日は覚えていない。 結婚指輪は二回目の新婚旅行中のナポリで紛失した。 知人の反応は「カッコいい!」だった。

ichonan at 21:43|PermalinkComments(0)自己紹介 

2018年02月15日

2018/02/15の日次のメモ

2018年2月15日(木)にマイナスの日次記録を更新しました。

楽天証券分(現物株式,貸株,預け金,他は無し) : -37,095,300 円

つ・・・強がってなんて・・・・・ないもん!!!

前回は これ

プラスの方は こっち

ichonan at 22:13|PermalinkComments(0)パフォーマンスのログ 

2018年02月13日

引っかけ文章対策の例

類型がいくつかある割と有名(少なくとも僕は何度か見たことがある)な問題がTLに流れていた。 これがわからなかったら詐欺師に騙されるとかいうものではないと思うけど、ありがちな思考のクセを突いた良問だと思うし、真剣に考えてみるのは良い経験になると思う。 投資関係でいうと、強いて言うとだけど、合併・経営統合関係で、合併・統合後の姿を見積もるときに似たシチュエーションは出てくるのではないかな。 垂直統合のときに売上を内部消去するかどうかとか、利益を内部消去するかどうかとか。

味気の無い答えは、「27000+2000=29000というのはその通りで正しいけど、会計的には意味がない。」あたり。 直感的に言うと次のような感じ。 一瞬でわかるかどうかは、ベースの頭の良さもあるけど、どっちかというと思考の癖の影響が強いと思う。 「他人は正しいロジックで話すものだ」と言うのがベースにあるか「他人は基本アホや詐欺師」か。 とくにこういう「さて、問題です。」の形だと相手のロジックが正しいと無意識に仮定してしまうというのはありがちだと思う。

純粋に思考の技術で混乱を避ける方法もある。 例えば、ボーイがくすねる金額の「2000円」をXとおく。 このシチュエーションではXは0から5000だと不自然ではない。 例えばXが3500だと次のようになる。 こうすると最初の支払額の30000を超えるから、元のロジックが何か変だというのに気付きやすい。

キャリア上は僕の場合とかTL的な近場ではたぶん疑い深い人とかアメリカの統計の人とかだと、変だと思ったら、主張を必要に応じて数理論理や定義の部分まで掘り下げることが自然にできるとか、極限に思いを巡らすことが割と楽にできるとか、そういう素質や訓練で得たスキルがあると、一瞬でわかるかどうかは別として、少し考えればわかる。

まとめ。
  • 相手のロジックが正しいとは限らない。
  • 極限や具体的な別の値を考えるとイメージしやすい。

引用元が消えると面倒だからコピー。


ichonan at 00:48|PermalinkComments(0)その他 

2018年02月06日

2018/02/06の日次のメモ

2018年2月6日(火)にマイナスの日次記録を更新しました。

楽天証券分(現物株式,貸株,預け金,他は無し) : -24,458,820円

場中は多分マイナス3000万円を一時超えていた。 前回のやつはログをきちんととるのを忘れてて、どっかに走り書きしたままメモが行方不明。 金額は-21,000,000円前後で、日付はたぶん2017年11月1日。 ちなみに今回は日経平均も-1,071.84円と-4.73%の暴落の日。

その前のやつは これ

プラスの方は こっち

ichonan at 20:21|PermalinkComments(0)パフォーマンスのログ 

2018年02月05日

長期パフォーマンスのまとめ

(2018/02/05)2017年分を記述。
2009年まで
ちゃんとログをとらず。 体感では配当利回りが高い分だけ日経平均やTOPIXに勝っている程度。 経験上は体感よりも実際の方が上のことが多いのだけど、ちゃんとしたログがないから負けているものとして考えておいた方がよかろう。 主に使っている証券会社である楽天証券のログ(配当も増資もパフォーマンスとして計上)だと、 2007年が+156.626%、2008年が+129.690%、2009年が+88.702%。 もちろん、この数字においては増資の影響が大きい。 2006年は増資抜きだと多分というかほぼ確実に負け(投資額は大したことない)。 この年までは楽天証券でもまともなログがない。
2010年
僕 : +4.657%、+7.106%(配当込み)、+25.508%(配当と増資込み)
パフォーマンスのログをちゃんと取り始めたのはこの年から。 途中で思い立った都合で、メインの口座の楽天証券分のみで評価している。 この年は記録の仕方が杜撰だったので、楽天証券分パフォーマンスをかなり保守的に評価している。 その半面、他の証券口座のパフォーマンスは多分少しのマイナスだけど、比率や影響としては微々たるものだ。
TOPIX : -0.968%
日経平均株価 : -3.010%
2011年
僕 : -8.618%、-6.236%(配当込み)、+3.931%(配当と増資込み)
   配当受取予定額 : +25.708%
   ルックスルー利益 : +55.901%
   PBRとROEが変化しなかった場合の利益 : +19.884%
TOPIX : -18.935%
日経平均株価 : -17.338%
2012年
僕 : +48.780%、+53.286%(配当込み)、+62.126%(配当と増資込み)
   配当受取予定額 : +17.587%
   ルックスルー利益 : +19.681%
   PBRとROEが変化しなかった場合の利益 : 税制の影響やら年末のログの取り忘れやらで放置
TOPIX : +18.005%
日経平均株価 : +22.942%
2013年
僕 : +37.857%(保守的)、+40.016%(配当込み)、+42.230%(配当と増資込み)
TOPIX : +51.464%
日経平均株価 : +56.719%
2014年
僕 : +48.400%(配当と増資込み)
TOPIX : +8.079%
日経平均株価 : +7.117%

増資前パフォーマンスや配当増資前パフォーマンスは、 この4月のきっかけ &面倒なこと&影響が少なくなったことを理由として月次では計算していない。 ログをさかのぼるのも面倒。 また、同じ契機と理由から、今年は(今年4月からは)マネックス証券分は無視して計算している。 線形近似でさらっと暗算した程度の確認だけど、増資の影響はパフォーマンスを年初比で1%程度、配当の影響はパフォーマンスを年初比で2.0%程度上振れさせていると思う。
2015年
僕 : -2.046%(配当と増資込み)
TOPIX : +9.931%
日経平均株価 : +9.070%

マイナス。 ただ、2014年分の含み益を2015年(主に前半)に利確した影響と車を買うための出金の影響が非常に大きいため、純粋な投資パフォーマンス部分で見るとプラス。 ただ、その場合でもTOPIXには負けていると思う。
2016年
僕 : +32.138%(配当と増資込み)
TOPIX : -1.854%
日経平均株価 : +0.423%

ほとんどは11月のトランプショックのときに派手にポジションを入れ替えたことと第一化成が噴いたことの影響。 11月だけで+40.676%で、これを除いたらマイナス。 Ultrafabricsの買収は頭の中にはあったけどガチで狙ってたのは随分と昔の話であって、発表の時点ではPF二位でありながら持っている株数としては最もたくさん持っていた時期の6割ぐらいだと思う。 買おうとするのは当然と考え、売ってもらえないんだと推測していた。 11/28に買い増ししてPFの1位に。

片手間でやってるので仕方ない面はあるのだけど、もっとマメに時間をかけて投資してたら、とくに今年の場合は全体の資金の需給をもっと意識してたら、+50%ぐらいは楽々といっていたと思う。 さらに、信用口座持っていたらトランプショックのときと11/28にもっと派手に動いていたのは確実なわけか。 他の時期に色気出して大損していた可能性もあるけど。
2017年
僕 : +129.490%(配当と増資込み)
TOPIX : +19.685%
日経平均株価 : +19.098%

できすぎ。 主力の第一化成(10月からウルトラファブリックス・ホールディングス)が1月末に噴いて、その後も概ねゆっくり少しずつ買い増して、後半なんかはほぼUfHD連動型ファンドとしてのパフォーマンス。 第一化成(ウルトラファブリックス・ホールディングス)関係でのこのパフォーマンスは2018年でたぶんおしまい。 もしかしたら目論見が外れて2018年の2月末は泣きぬれているかもしれないけど。

かなり前から増資の影響はほぼ無視できる状態にはなっている。 最近とか(妻の)無駄遣いが多くて車買うわけじゃないのに出金することもある。


ichonan at 01:03|PermalinkComments(4)パフォーマンスのログ 

2018年01月31日

2018年前半のパフォーマンスのメモ

2018/01/31, 2018年1月通算のパフォーマンスを記述。
2017年後半はこちら

2018年1月通算

入金少々。配当なし。
僕(楽天証券分) : +7.636%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+7.636%(配当・増資込み)

ここ で書いたように今年からパフォーマンスの書き方を少し変える。 厳密には連続性がなくなるけど、変更部分があまりにも少額なので実質的にはほぼ連続。

去年は年初からパフォーマンステロとメシウマ提供を繰り返していたのに対して今年最初の月は地味なパフォーマンス。 基本はUfHDを持っているだけなんだけど少し投機にも手を出して裏目った。

NEMという仮想通貨がCoinCheckという取引業者から時価で580億円ほど盗まれたらしい。 横領なのか単なる盗難なのかわからんだろなー。 現在も進行中だけど、時を追うごとに追加される情報のほとんどはCoinCheckのダメダメさ。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. プレサンスコーポレーション
  3. 明光ネットワークジャパン
  4. シノケングループ
  5. 日本エスリード
プレサンスが5位以内に復帰。


ichonan at 23:04|PermalinkComments(0)パフォーマンスのログ 

2018年01月18日

投資パフォーマンスの書き方のマイナーチェンジ

今年から投資パフォーマンスの書き方を微妙に変えようと思います。 厳密には連続ではなくなるんだけど、差異はごくごく小さなものです。

実は2017年分から変更しようと思ってたんですが、うっかり忘れていました。 そういうわけで、今年から。 忘れないように予め宣言しておきます。

ちなみに、投資を始めて以来現物のみ(信用口座自体がない)の概ねフルインベストメントであって、二つ持ってる証券口座のうちメイン口座が金額で95%ぐらいなので、今のところは変更しても大差はない。
  1. 大昔:ログなし。
  2. 少し前:修正ディーツ法をさらに簡略化して下方向に丸めたもの。
  3. 最近:メイン口座(楽天証券)の保有株式(と貸株)の時価評価の変化率。
  4. 今年から:メイン口座(楽天証券)の保有株式(と貸株)と預け金の時価評価の変化率。
あ、あと、専業主婦の妻と子供3名の扶養家族4名を抱えていて、妻が世間的にネタになるほどじゃないけど投資クラスタ的には金銭感覚がダメで、田舎の家の長子長男ってこともあって実家関連コストがけっこうかかっていて、母数が億超えているので、追加投資の影響は雀の涙程度っす。 というかここ3ヵ月ほどは出金している。

何で変えるかというと、現在のPFが某社にかなり偏ってて、一社の時価評価が3億円を超えたあたりで超えた分だけ売るとか、某氏との雑談の中で話してしまった株価(遥か先)ぐらいになったら100株残して売るとか、そういうのを考えているから。 そういうシチュエーションが現実的だと妄想しているから。 売った直後に色々と時間の制約が厳しい蓋然性がそれなりにあるから。

参考までに書いておくと、2017年末時点でのメイン口座(楽天証券)の預け金(今回の変更の部分)は、驚異の 1169円 です。

ichonan at 21:40|PermalinkComments(0)パフォーマンスのログ 

2017年12月31日

2017年後半のパフォーマンスのメモ

2017/12/31, 2017年12月通算のパフォーマンスを簡略記述。
2017年前半はこちら

2017年12月通算

減資少々。配当たぶんちょっと。
僕(楽天証券分) : -7.585%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+129.490%(配当・増資込み)


出来すぎですな。 凄い人が凄く頑張ったとか、物凄く運が良かったとか、破産と隣り合わせの投資をしたとか、レミングの群のちょうど良い位置に意識せずに偶然いたとか、そんなのではなくて、PFの現在の偏り以外は割と安全指向で現物株式(と貸株)のみで手抜きでここまで行くなんてことは、人生であと2,3回ってところだと思う。 投資が生活の変化をもたらすレベルだとあとせいぜい一回で、見立て通りなら来年前半。 もっとエネルギー注げば話は違うけど。 乱高下の中で売って買い戻すというのはもっとできたはずなんだけど、上方向のIRが出るとか大口が参入するとかそんなことがあると買い戻せないのと、税金を源泉徴収されると買い戻すのが困難になるのと、そのあたりが理由で乱高下の中でアホを喰うという行為はほとんどやっていない。 できてない。

12/5にUfHDを100株買っただけで他はメイン口座の楽天証券分では売買なしで、サブのMONEX証券でもたぶん売買なし。 トランプショックのときに僕の割には多めに売買して、すこし後の2016年11月22の第一化成(4235,ウルトラファブリックス・ホールディングス)の例の発表の少し後の11/28に大量に売買して、1月の同社の中期経営計画を確認したあとで少しずつ買い増して、それが落ち着いてからは売買は超少なめ。 たぶん2018年の2月の半ばまでは同じペース。 一社だけに全部ってのじゃないけど2016/11/28にPFダントツ一位にしてから値上りの中でちょっとずつ増やしているから、ウルトラファブリックス・ホールディングス連動型投資信託の色合いが強い。 同社の株価は乱高下していて、僕のPFの時価評価も概ね連動している。 ちなみにこの乱高下のためにYHから7000万円ほど飛ばしている。

年を通してみると、第一化成(ウルトラファブリックス・ホールディングス)を持って寝ていたと言ってもよいかも。 実際のところは寝てたわけじゃなくて含み益に耐えながら監視してたんだけど。

ポートフォリオの主要5銘柄(前からだけどサブ口座含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(9月まで第一化成)
  2. 明光ネットワークジャパン
  3. 日本エスリード
  4. 三栄建築設計
  5. シノケングループ

2017年11月通算

減資少々。配当ちょっと。
僕(楽天証券分) : -11.973%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+148.322%(配当・増資込み)
売買はほんのちょっとだけのほぼ放置状態。 大きな評価損なわけだけど、月の途中は乱高下で中途半端に戻った感じ。 特に11/1と11/2の下落ひどす。

ポートフォリオの主要5銘柄(前からだけどサブ口座含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(9月まで第一化成)
  2. 明光ネットワークジャパン
  3. 三栄建築設計
  4. 日本エスリード
  5. シノケングループ
長いこと上位に入ってたプレサンスが陥落。 まあ、一時的なつもりなんだけど先のことは知らん。

とりあえず最低限のことだけ簡易記述。あとで追加すると思う。 と書きながら、10月分は11/30現在で追加していない。

2017年10月通算

減資少々。配当あっても少し。

パフォーマンス部分を書いているのは11/3の午前で、11/1と11/2で10月の利益全部吹っ飛ばしてるから!

僕(楽天証券分) : +11.289%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+182.103%(配当・増資込み)
ポートフォリオの主要5銘柄(前からだけどサブ口座含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(9月まで第一化成)
  2. シノケングループ
  3. プレサンスコーポレーション
  4. 明光ネットワークジャパン
  5. 三栄建築設計
とりあえず最低限のことだけ簡易記述。あとで追加すると思う。

2017年9月通算

減資ちょっとやったかも。配当多分雀の涙。
僕(楽天証券分) : +16.156%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+153.486%(配当・増資込み)
順調。 やってたのは値上りに耐える心の修行。 switch買ってねーや。

北朝鮮周りはニュースで聞かなくなったわけじゃないけど主要項目ではなくなった。 時々、
刺激して暴発したらどうすんだ!
ってのを目にしたが、
殺害せずにいて暴発したらどうすんだ!
ってのも同じように考慮しないとダメね。 防衛だと特に中国共産党幹部やプーチンとの交渉などニュースにならないものが多いだろうけど、トランプと安倍は概ね適切な対応をしていたんだと思う(もちろん事態は継続中だけど)。 それにしても、韓国の文在寅大統領は酷いねえ。 廬武鉉や鳩山由紀夫の方がまだマシかも。

衆議院解散。 民進と共産は本会議をサボったそうな。 皆さんの期待の通りになった。

小池百合子東京都知事が以前に増して暴走、前からだけど都政放置(頑張るよりはいいと思う)、そして政局かき回し。 とりあえず民進内の極左議員が議席を失いそうなのは良いことだ。 現在進行中。

ネットで小池がサイコパス呼ばわりされてるのを見るけど、僕はサイコパスだとは思っていない。 無責任だとか嘘つきだとかは思うけど、共感能力や責任感や良心の欠如が原因だとは思っていない。 権力志向が異常に強くて、駆け引きの部分の感覚が優秀で、目立つ能力がその部分に限定されている。 そういう風に解釈している。

主要マスメディアは概ね反安倍反日の傾向なのは変わらないけど、少し前よりはマシになった印象。 公職選挙法違反で身柄を取られるリスクがあるからかな? 書きながら思いついたんだけど、もしかしてこれが解散の主要な目的の一つ?

ポートフォリオの主要5銘柄(前からだけどサブ口座含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. 第一化成
  2. シノケングループ
  3. プレサンスコーポレーション
  4. 三栄建築設計
  5. 日本エスリード
二位と三位が入れ替わり。

実はですなあ、思うことがあってせいぜい1日から一ヶ月ぐらいのつもりの短期売買をやるつもりで他を売って第一化成を買い増ししたんですなあ。 しかも第一化成が値上がりしてて、その結果、

第一化成だけでポートフォリオの9割超えちゃってたw

今のところ結果オーライだけど、アホでーす。

2017年8月通算

減資多め。配当無し。
僕(楽天証券分) : +16.497%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+118.228%(配当・増資込み)
月末評価限定ではYHでHH。 僕名義の株式と貸株の合計で2億円復帰。 月中や場中のYHとは程遠いせもあり、儲かった気がしない。 主力の第一化成の株価が中途半端に上昇(とくに8/31)。

先月に続いて子供や妻の関連の消費の上乗せで節約時の月の出費ぐらい出金。 コジキ失格の生活が続く。 浪費家とまではいかないだろうけど使ってるなあ。 ただし僕のためではない。 9月はswitch買おう。

北朝鮮が相変わらずでミサイル発射。 左翼のキチガイ発言は相変わらずでした。 あと、北朝鮮支持の姿勢が明確だった民進党の人が今回だけ空虚な北朝鮮批判を上っ面でしてたね。 にしても、森友や加計を安倍の問題として捏造や偏向をしつこく繰り返していた朝日や毎日やTBSやNHKの中のキチガイの人はどうすんでしょうかね。 僕なら自殺するけど。 結局は事実を伝えようとする人達が勝ったっぽい感じになってる。 組織としても、まともな人材確保がかなーり難しくなってると思うんですけど。

バフェット太郎さん、元々アレだったけどますますアレになってきてると感じる。 何か、投資の目的が、嫉妬されたいとか、見下したいとか、見返したいとか、そういうものな気がするんですよね。 ギャンブル依存症の方がずっと健全だと感じる。

アメリカの台風の件は実はフォローできてない。

「アベノミクスは失敗だ」系の人のトーンが下がっている。 自分の頭のレベルに気付いたとかマクロ経済の基礎を理解したとかなんてことはないと思うけど、どうしたんだろ。 飽きたのかな。 大学の上層部に怒られたのかな。 マスコミに捨てられたのかな。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に以下の通り。
  1. 第一化成
  2. プレサンスコーポレーション
  3. シノケングループ
  4. 三栄建築設計
  5. 日本エスリード
ほとんど上位3社。しかも第一化成だけで8割超え。

2017年7月通算

減資たっぷり。配当たぶん無し。
僕(楽天証券分) : -12.480%(配当・資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+87.323%(配当・増資込み)
軽い致命傷。 主力の第一化成がダダ下がり。ほぼそれだけ。 減資は過去二番目ぐらいの大きさかもしれないけど、評価損と比べたら小さなもの。 出金のために少々売却。

ポートフォリオの主要5銘柄はウェイト順に以下の通り。
  1. 第一化成
  2. プレサンスコーポレーション
  3. ウィル
  4. 明光ネットワークジャパン
  5. アルトナー
ほとんど上位2社。3位以下は簡易集計であり、ちゃんと調べたら一つぐらいは入れ替わるかも。


ichonan at 16:30|PermalinkComments(3)パフォーマンスのログ 

2017年10月16日

2017/10/16の日次のメモ

2017年10月16日(月)にマイナスの日次記録を更新しました。

楽天証券分 : -17,042,900 円

直近のは これ 。 プラスの記録は こっち

基本はホールド人間だし、一千万円までなら耐性はできてると思うんだけど、この額はきついっす。

ichonan at 23:29|PermalinkComments(1)パフォーマンスのログ 

2017年10月11日

2017/10/11の日次のメモ

2017年10月11日(水)にプラスの日次記録を更新しました。

楽天証券分 : +25,965,150 円

直近のは これ 。 マイナスの記録は こっち

上がった理由は不明。 CSやOXAMの損切りなのか、誰か煽ったのか、何か出たのか、大人の意向か、全体的に理解が深まったのか、カタリスト期待か。 わからん。

ichonan at 19:10|PermalinkComments(0)パフォーマンスのログ