2020年07月03日

2020年前半のパフォーマンスのメモ

2020年7月3日に2020年6月分を追記。
配当ぼちぼち。 入金ちょっぴり。

2020年5月。-4.738%
2020年通算。-22.438%

惰性の忙しさやたまりまくったバックログの処理や疲れの影響などは残る。 肝心なことは自粛継続で要らんことは戻る職場。 ほぼ何もしていないに近いけど株主総会は一つ行った。

中国共産党が超絶糞で、大手マスコミは中国共産党の味方という印象。 コロナは東京都や新宿区が拡大路線というかコブラ現象志向というか。 緊急事態宣言解除の影響よりも要らんことして感染が拡大する方が現実的だろうなあ。 この夏に関しては心配してないけど、行政のアホな反応による被害は心配。

レジ袋有料化という愚策を実行。

上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、プレサンスコーポレーション、オープンハウス、そーせいグループ、オリックス

配当あっても少し。 たぶん入出金なし。

2020年5月。+13.681%
2020年通算。-18.579%

月末になって殺人的な忙しさは落ち着いたんだが、まだ惰性と言うか反動というか、そのあたりの処理のまっさかり。

上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、プレサンスコーポレーション、高速、そーせいグループ、全国保証
(たぶん3月が集計ミス)
2020年4月。+0.888%
2020年通算。-28.378%

忙しすぎる。

手抜きメモ。配当はあってもちょろっと。多分出金少し。 コロナではなく自粛や緊急事態宣言がひどす。 あまりにも非合理的。 経済を潰すことが目的になっている。

上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、プレサンスコーポレーション、そーせいグループ、全国保証、高速
とりあえず手抜きメモ。後でもうちょっとちゃんと書く。 と1月分のときに書きながら、ちゃんと書いていないとか。

(たぶん集計ミス)
2020年3月。-22.237%
2020年通算。-35.937%

手抜きメモ。配当多め。出金少々だった気がする。 コロナの春。ひどす。 神BCG。

上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、プレサンスコーポレーション、そーせいグループ、オリックス、全国保証


2020年2月。-21.014%
2020年通算。-17.618%

コロナの冬。 チャーター機とクルーズ船の件は政権としてはよくやったと思うよ。 厚労省がアレだというのは少々あるけど政権のせいではない。 自粛要請はダメね。 経済へのダメージで、しかも金融政策や財政政策ではカバーできない類のやつ。 しかも感染抑制につながるか怪しい。

上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、そーせいグループ、プレサンスコーポレーション、SFPホールディングス、エスリード


2020年1月。+4.000%
上位はウェイト順に、ウルトラファブリックス・ホールディングス、プレサンスコーポレーション、そーせいグループ、シノケングループ、SFPホールディングス。

ichonan at 19:54|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2020年01月03日

2019年後半のパフォーマンスのメモ

2020/01/03, 2019年12月通算のパフォーマンスを記述。
2019年前半はこちら
長期はこちら

2019年12月通算

入金ぼちぼち。配当あっても微量。
今月の僕(楽天証券分) : -3.941%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-49.085%(配当・増資込み)
プレサンスの社長逮捕の月。 その割にはまだマシか。 時間ないので最低限だけ。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. そーせいグループ(4565)
  4. SFPホールディングス(3198)
  5. シノケングループ(8909)
ウルファブとプレサンス以外は持ってる量が団子で5位だけ入替り。

2019年11月通算

出金ちょろちょろ。配当あっても少し。
今月の僕(楽天証券分) : +1.464%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-46.996%(配当・増資込み)
中途半端な手動シストレのみ。 放置状態。 というか社畜忙しすぎるし、異端のアクアリストっぽくなってるし。

UfHD(4235)。 2Qのインパクトが大きかったんで3Qは無風。 IATF16949を取得したこと、日本進出、テスラの中国工場稼働は確認した。 プレサンス(3254)。 大阪地検による家宅捜索。 容疑ではなく、容疑者の取引先として金の流れの資料の提出だろう。 容疑者による背任や横領の事件とされてるから、最大限に見積もって、客が糞でそのことを知った上での取引だったとか、そのあたりだろう。

新嘗祭の特別バージョンの大嘗祭とパレード。 江戸城本丸に建物を作って。 天皇というのが世界的な凄いコンテンツでもあることを改めて認識。 先代の死とリンクしていないのがでかい。

韓国のGSOMIA破棄するぞーというリスカブスというか自殺予告というか、結局継続。 常にダメな方向で斜め上を行く。 セルフ経済制裁も継続。 韓国人が来ないためか日本への旅行者増で、韓国人以外ってことは日本での消費も増のはず。 詳細は確認してないが、iPhone向けのパネルだっけか、中韓のフッ化水素で処理しようとして不良品多数で一ヶ月の生産分ぐらいが廃棄処分になったそうな。 このようになるから生産停止にするのではなくて作った後で廃棄ということらしい。

ローマ教皇来日。 日本とバチカンの双方にとって利用価値はあるんだろうけど印象微妙。 色々と付き合うという面は〇で話の内容で伝わってくるのは極端ではないけど無責任な意識高い系って感じで、何より左翼に絶賛されているのが酷く印象が悪い。

東京オリンピック。 マラソンは札幌開催とのこと。 ボランティアが集まらないみたいねえ。 とうとうバイトとして募集を始めた。 中曽根元首相死去。 101歳。 もちろん全部良いというわけではないけど、大切な政策を何個も実行した凄く有能な人だと思うよ。 英語民間テスト延期とのこと。

会計検査院指摘の2018年の税金の無駄遣い。 過去十年で最も少なかったとのこと。 佐野サービスエリアのストが迷走。 経営の問題と労働者の権利をごっちゃにしている感がある。 ブレーンおらんのか。

上級国民の飯塚幸三の糞っぷりがかなり具体的に報道される。 危険運転致死だと思うけどなあ。 スマホ運転の罰則強化らしいが、デマも流れている。 ちゃんと低次情報を確認しよう。 僕の場合、ドアポケットに入れて通話していることはある。 嫁や1号に手渡すために左手に持つこともある。

田代逮捕。 「アヘン、コカイン、ヘロイン、マリファナ。たまにやって、パーになって。やらんふりしてたまにはやらないか?」って感じで腕は健在。 田代がでたバリパラをNHKが公開中止にしたんだっけ? あれって、公開しないとダメでしょ。

KAZMAX(吉澤和真)逮捕。 沢尻エリカ逮捕。 同じ店なん? 主人公の次のレベルで出番が多そう。 大河の麒麟がくるは2週遅れて放送開始とのこと。 前澤友作が痛くて金持ちの有名人キャラの方向で迷走しているそうだが詳しくは追ってない。 無断発注など、セブンイレブンの糞っぷりが注目される(定期)。 首里城火災関係で沖縄県や沖縄県知事の糞っぷりが改めて伝わる。 遺産ではないけど良いものだったはずなのに、あまり大切には扱っていなかったもよう。 そして何か国に責任とれ的な。 朴(木下?)優樹菜が恫喝やら恐喝やらで大炎上。 超糞なんだけど、僕的には別に驚くことではないと思うんだが。

香港、ウイグル、日本人拘束など、中国共産党の危険性が少し前よりはちゃんと報道されるようになってきた。 アメリカで香港人権法案(?)成立。 安倍首相の在任期間が史上トップに。 医療制度の老人負担upがされるらしい。 若者から老人への移転の緩和。 やるのが20年遅い。 ずっと前から分かりきっていた消費増税の悪影響がちょっとだけ表面化してきたっぽい。 本格的に分かりやすい数字や肌感覚として出るのは年明け?

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. そーせいグループ(4565)
  4. SFPホールディングス(3198)
  5. エフ・ジェー・ネクスト(8935)
引き続きウルファブとプレサンス以外は持ってる量が割と団子。

2019年10月通算

出金ちょろちょろ。配当なし。
今月の僕(楽天証券分) : +4.326%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-47.761%(配当・増資込み)
どっかの時点と10/31の裁量デイトレ少し以外は手動シストレのみ。 手動シストレの比重は少し高まっているが、枠は300万円程度だろう。 1日に5000円儲かるとか、そんな感じか。

社畜ハードと家畜ハード。 プロテインスキマー作ったり。 ホンヤドカリの過密飼育は自作プロテインスキマーの設、水流分岐、海ぶどう入りのプチリフジウムの設置、自作サイレンサーの接続、サンゴ砂の投入、ろ材の追加、本みりん添加あたりで一段落という認識。 近所の子に大人気。 脱窒も順調。 天敵の2号さんと3号さんは健在。 パイプの目詰まりリスクが気になるところが一か所あるなあ。

ラグビーのワールドカップがそれなりに盛り上がる。 富士山で素人が自殺的な実況滑落。 即位礼正殿の儀で10/22が単発の祝日に。 天皇というのが世界的な超強力なコンテンツでもあることを知らしめる。 先代の死とセットではないのがデカいなあ。 恩赦は控えめ。 無しの方がよかったけど前回よりずっとマシよね。 僕は休みではなかったけどね。 フロントガラスの木崎喬滋のドライブレコーダー映像はインパクトあったなあ。

千葉の水害。 超強力な台風のときだけではなくて、しばらく後の大雨でも凄い事になってる。 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催する案浮上。 妥当だと思う。

消費増税。 方々で色々混乱してますな。 特に飲食店。 単発でムッチャ大きいってのは聞かないが数は凄い。 報道されちゃいないけどうちでもシステムトラブルあったよ。 僕は作る方じゃなくて使う方。 マクロへの悪影響が計測されるのは12月頃からか?

関西電力、郵便、吉本興業(徳井)など不祥事多数。 「小室哲哉はやっぱクズ」の旨の報道。 おそらく夫の逮捕(冤罪ではない)関連の心労が原因であろう脳梗塞かなんかで倒れた妻と離婚しようとしてて、しかも金はほとんど出さないつもりだとの旨。 嫁の方も昔は小室の今の恋人と同じ立場だったんだろうけど。 NHKから国民を守る党の迷走が始まる。 早いよ。 話題作りや議席確保としては賢い戦略なのかもしれないけど、ちゃんとした支持者はいなくなるんじゃないかな。

神戸市立東須磨小学校の教員1名が直接の被害者であって加害者は同校の教師4人という犯罪を校長や元校長や教育委員会が隠蔽しようとしたり被害者や児童の側ではなく加害者の側に立つ言動を繰り返したり。 狂いまくってますわ。 マスコミも加害者の実名をなぜか出さない。 散々言われた後で、退職願を受け取らず無給の分限休職扱いにした程度。 正常な人達ならば、とっくの昔に懲戒免職にして刑事告発もしているだろう。 兵庫県警と神戸地検も仕事しろと。 そんなんだから山口組が健在なんですよ。 神戸市長は文句は言い始めたようだけど温すぎる。 ずっと昔から知ってたでしょうに。

大河ドラマのいだてんの不人気っぷりすごす。 吾妻ひでお死去。 首里城の主要な建物が火災で消失。 歴史の遺産でも忠実な復元でもないけど、良いものだったはず。 しかし、落雷とか内部者による放火でもない限り、普通の管理をしてたらあんな大惨事にはならんと思うんだが。 韓国と中国は相変わらず糞。 トランプちょっと心配。 アメリカの農業の調子が悪いっぽい。 松本人志が探偵ナイトスクープの局長になるらしい。 松本凄いけど、ナイトスクープは何か違う感が強い。 イスラム国の幹部(トップ?)の殺害に成功したらしい。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. G-7ホールディングス(7508)
  4. そーせいグループ(4565)
  5. SFPホールディングス(3198)
引き続きウルファブとプレサンス以外は持ってる量が割と団子だから上位5銘柄はそれなりに変化した。

2019年9月通算

出金ちょろちょろ。配当多分なし。
今月の僕(楽天証券分) : +3.755%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-49.927%(配当・増資込み)
血の終戦記念日後にポートフォリオの調整をしてからはほぼ手動シストレのみ。 ちょっとずつ枠を増やしているけどまだ200万円ちょいだろう。 約定回数だけは僕にしては凄く多い。 1営業日あたり5件ぐらいだろうか。 注文はその3倍から5倍ぐらい。 枠を1000万円ぐらいに増やしてあと少し洗練させたら、たぶんこれだけでどうにか喰ってはいける。 プレイヤーの量と質が今の程度ならば。

社畜ハードと家畜ハード。 糞企業ネタが色々あったらしいけどフォローできていない。 アクアリウム気まぐれ版に手を出しちゃったのも忙しさの原因。 天敵の3号さんがいるからよけいに。

日付が変わって本日から消費増税。 8%から10%へ。 政府と国民との間の金の出入りの関係でクソ。 マクロ経済政策として糞。 軽減税率で世の中が恐ろしく非効率的になって超絶糞。 公明党と朝日新聞と支持母体はほんと消滅してください。 関連して国民年金や社会保険料関係の人頭税の問題はごく一部の詳しい人以外の口からは出ず。 このあたり、日本医師会や経済同友会や創価学会は悪意が酷いのか頭悪すぎなのか知らんけど絶句。

詳しく知らんけど、行方不明になった少女を捜索していたボランティアが遭難(生存)したらしい。 韓国のセルフ経済制裁は順調。 馬鹿大統領は自画自賛。 書くときりがないが、手あたり次第他国に喧嘩売ってる。 タンザニア通貨の偽造とか。 言論弾圧国家だということを隠そうとしなくなってきてるね。 白鵬が帰化したらしい。 京急でトラックと電車の衝突。 死んだのは運転手だけ。 なんか、ド素人かって感じの事故。 津田と大村の糞さは継続。 津田はかなり本格的に終了っぽくて、大村の糞さを大村自身が宣伝しているのが現状。 キチガイ煽り運転事故のかなり前に煽り運転の被害者が反則切符切られたのが違反取消になったというニュースを見たけどちゃんと把握していない。 このあたりの警察の体質はもっと知られるべきだろう。 イケハヤ氏は食べていけてるのだろうか?

ほぼ見ていないけどラグビーのワールドカップが日本で行われていてそれなりに盛り上がってるみたい。 あるいみ神戸は地元みたいな感じはある。 会場の売店や食堂の運営は金儲けやラグビーや観客のことが大嫌いな人が仕切っていたみたいで大規模な刑事事件に発展しても不思議ではない状況だったようだけど、叩かれてさすがにまずいと思ったようだ。 ビール以外の飲食の禁止措置をやめたようだ。

よく通る道。 六甲山から神戸大学に降りてきたところ。 大事故。 トラックが何台かの車にぶつけて川に転落して運転死亡。 意識を失ったとかマニュアル車のブレーキの故障だとああはならないから、錯乱したのかオートマだったのかとか考えていた。現場の川に落ちる直前の場所には長いブレーキ痕が残っていた(現場に行って確認した)のでブレーキは生きてたんでしょうねえ。 車両を警察が調べてるはずだけど、続報や詳報が見つからない。

なゆた望遠鏡で星を見た。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. シノケングループ(8909)
  4. SFPホールデングス(3198)
  5. オリックス(8591)
手動シストレだけの世界だけどウルファブとプレサンス以外は持ってる量が割と団子だから上位5銘柄はそれなりに変化した。

2019年8月通算

出金どっかーーん。配当多分なし。
今月の僕(楽天証券分) : -45.732%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-51.740%(配当・増資込み)
ふぉぉぉぉぉぉ

血の終戦記念日。 UfHD。 2Qは概ね想定通りだけど下方修正と激糞中計。 文面通りには受け取ってはいないけど、当然暴落するわな。 冷静さサポート目当てで割と多めに売却&出金。 売ったうちの2割ほどは既に買い戻した。

しばらく控え目だった手動シストレの比重を高めている途中。今のところは100万円から200万円ぐらい。 たぶん300万円から500万円ぐらいはシストレで回す。 お試しモードやリハビリモードの範囲は抜けたかも。

確実に過去最高に頻繁に城跡。 安土城(観音寺城も行きたかったけど林道の夜間封鎖で断念)、熊野城、熊野古城、赤穗城、上月城、鳥取城(山頂も含む)、安土城(2回目)。 しかも熊野から上月までは8時間ぐらい(?)で強攻。 頭おかしい。

韓国の基地外っぷりが凄いっす。 一ヶ月の出来事の表面を追うだけで本ができる程度に。 軍事クーデターも割と現実的。 日米は当然ながら控え目に支援するよなあ。 中国共産党が半島南部を支配下に置くリスクがあまりないならば速攻で国家を潰すだろうなあ。

香港。ごたごた続き。 中国共産党が糞なのはもちろんだけど、イギリスの糞さが無視されている感がある。

愛知トリエンナーレ。津田大介。大村秀章。二人とも国会に呼んで、どんな人物かといういことを命令放送してもいいんじゃないかな。 リクルートキャリアの叩かれ方が足りない。 国家主導で債務超過で解散させるのがよい。 星野ロミがフィリピンで逮捕されたらしい。 大河のいだてんは伝説的低視聴率。 宮崎文夫逮捕。 こういうの大好きなはずのマスコミもスルーの飯塚幸三。 韓国(ソウル?)の街中で日本人女性が暴行を受ける動画が公開された。 もちろん被害者なんだけど、何であんな治安が悪いところに行くのかなあってのもある。

インドネシアが首都移転計画を発表。 まだ議会は通っていない?

京都アニメーション、放火殺人、35名の続報。 NHKと毎日新聞が主体で他多くが追随らしいが、被害者の家族への集中砲火。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. トヨタ自動車(7203)
  4. シノケングループ(8909)
  5. そーせいグループ(4565)
先月末から結構変わった。

2019年7月通算

入金ぼちぼち。配当あっても少し。
今月の僕(楽天証券分) : +8.321%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-11.070%(配当・増資込み)

基本はUfHDを握って寝ている。

大阪G20(G19)の直後の7/1に安全保障管理のために軍事転用の面で重要な素材三つの韓国への輸出のチェック開始で今のところ新しい許可は出ていないもよう。 早くて8/2にホワイト国から韓国を除外する予定。 安全保障上当然の措置なんだけど半島がいつも以上に発狂。 北朝鮮が即座に怒りのコメント。 日本に対する影響が微小で韓国が大ダメージの不買運動発動。 全世界に対して韓国のキチガイっぷりをアピール。 謎の勝利宣言などなど。 韓国は日米欧に対する敵対的な態度をいままで以上に露骨に出し始めた。 7/31か7/30には北朝鮮に対して「北朝鮮がウリナラに友好的な態度を見せないならば、北朝鮮を日米欧同様の敵国とみなすニダ」の旨を発したみたい。

吉本興業とか宮迫とか。 ここも引き続きクズっぷりアピールに熱心。 とくに吉本興業。 ジャニー喜多川が死んだらしい。 民放は追悼モードであって正直言ってキモかった。 民放キー局とジャニーズ事務所の関係が如何に腐っているかというか、両者がいかに腐っているかというか、そのあたりは語られるようになった。

参院選。 優先当選枠という変な枠ありの選挙。 改憲勢力で2/3にちょっと届かない程度。 投票率が高かったら超えてたでしょうね。 大きな変化はNHKから国民を守る党が1議席をとったこと。 丸山穂高が加入。 渡辺喜美と会派「みんなの党」結成。 NHK分割や受信料廃止やNHK内部の一部を晒して追放とか、そういうのにつながればよい。 立憲民主や共産と同じくテレビ局に好かれているれいわ新選組が2議席を確保。 投票した人は何を考えているんだろう。 開票後になってやっと、当選者や山本太郎のヤバさが語られることが少し出てきたみたい。 立憲民主党の落選請負人コントは面白かった。 立憲民主党と共産党の選挙運動時の行動から遵法精神の欠如が見て取れる話は頻繁に流れてきましたね。

伏見の京都アニメーションの制作スタジオの放火事件。 クズ中のクスがガソリンをまいて少なくとも35人が死亡で重軽傷も多数。 報道によると屋上への出口直前で折り重なるように多数が死んでいたということだから、屋上へのドアが内側からは開かずに外側からは開くという作りや設定だったんですかね。 このあたりは割と重要だと思うんだけど、実際にそうだとしても心情的にも体質的にも消防やマスコミは積極的には流さんだろう。

Pythonをプログラミング言語とは別の文脈で商標登録した会社があるみたい。 そしてPythonのセミナーをやってるみたい。 宣伝ページが怪しさ満載で、こんなの誰が受講するんだろうって印象。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. 日本エスリード(8877)
  3. オリックス(8591)
  4. エフ・ジェー・ネクスト(8935)
  5. 明光ネットワークジャパン(4668)
たぶん一時的だけどプレサンスコーポレーション(3254)が下位に。


ichonan at 13:00|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2019年12月03日

月額の税引き前配当が18万円を超えていた

ここ の続き。

しばらく見ていなかったけど、平均月額の税引き前の配当金の受取り予想額が180,000円を超えていた。

ichonan at 11:01|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2019年09月09日

手動シストレのログ

手動シストレのログ。 まだ移行期だしリハビリ期でもあるし試行錯誤中でもあるんだけど、量が少ないうちにメモって晒してみる。 分量は非常にゆっくりと増加中。 血の終戦記念日後の組み換えが概ね終わってから2019/09/09までのログ。 組み換え過程も紛れ込んじゃってるが気にしない。

手動なんで発注は手入力。 前の日の夜や当日の出勤前に指値注文出しておくだけ。

対象の銘柄の選択は主にファンダと気まぐれ。 基本的にはホールドしてる銘柄を売買していて、手動シストレ用に買うってことはしていない。

株数や金の余力と朝か夜の時間があれば基本的に発注はする。 発注数量や発注価格は半自動。 普段は自動車の運転で言うギアチェンジ程度の裁量。 決算前後とかには一時的に中止する可能性が高いと思う。

信用口座は持っていない。 もう少し枠を増やして、もっとシストレ内出来高を多くするイメージか。 今のところ、以下の出来高の5倍程度のイメージか。

約定日順
約定日	銘柄コード	銘柄名	売買区分	数量[株]	単価[円]
2019/8/26	3198	SFPホールディングス	売付	100	2163
2019/8/26	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1158
2019/8/26	4668	明光ネットワークジャパン	売付	200	940
2019/8/26	6312	フロイント産業	売付	200	802
2019/8/26	7203	トヨタ自動車	買付	100	6776
2019/8/26	7818	トランザクション	売付	200	1029
2019/8/26	8591	オリックス	買付	100	1499
2019/8/26	8904	サンヨーハウジ名古屋	売付	200	939
2019/8/26	8909	シノケングループ	買付	100	883
2019/8/27	3254	プレサンスコーポレーション	売付	100	1582
2019/8/27	8909	シノケングループ	売付	100	946
2019/8/28	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1167
2019/8/28	4565	そーせいグループ	買付	100	2285
2019/8/28	8904	サンヨーハウジ名古屋	売付	200	969
2019/8/28	8909	シノケングループ	買付	100	937
2019/8/28	8909	シノケングループ	買付	100	912
2019/8/29	3198	SFPホールディングス	買付	100	2183
2019/8/29	3254	プレサンスコーポレーション	買付	100	1536
2019/8/29	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1138
2019/8/29	4565	そーせいグループ	買付	100	2268
2019/8/29	4565	そーせいグループ	買付	100	2222
2019/8/29	4565	そーせいグループ	売付	100	2326
2019/8/29	8591	オリックス	売付	100	1552
2019/8/29	8909	シノケングループ	買付	100	899
2019/8/30	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1172
2019/8/30	8909	シノケングループ	買付	100	915
2019/9/2	3254	プレサンスコーポレーション	売付	100	1564
2019/9/2	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1138
2019/9/2	4565	そーせいグループ	売付	100	2334
2019/9/2	8909	シノケングループ	買付	100	912
2019/9/3	7203	トヨタ自動車	売付	100	7004
2019/9/4	3198	SFPホールディングス	買付	100	2090
2019/9/4	3254	プレサンスコーポレーション	買付	100	1553
2019/9/4	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1111
2019/9/4	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1101
2019/9/5	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1155
2019/9/5	4565	そーせいグループ	買付	100	2269
2019/9/5	7203	トヨタ自動車	買付	100	6965
2019/9/5	8909	シノケングループ	買付	100	938.6
2019/9/5	8935	エフ・ジェー・ネクスト	買付	100	1036
2019/9/6	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1119
2019/9/6	4565	そーせいグループ	売付	100	2360
2019/9/6	7203	トヨタ自動車	売付	100	7048
2019/9/6	8935	エフ・ジェー・ネクスト	買付	100	1002
2019/9/9	4565	そーせいグループ	買付	100	2287
2019/9/9	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1162
2019/9/9	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1174

証券コード順
約定日	銘柄コード	銘柄名	売買区分	数量[株]	単価[円]
2019/8/26	3198	SFPホールディングス	売付	100	2163
2019/8/29	3198	SFPホールディングス	買付	100	2183
2019/9/4	3198	SFPホールディングス	買付	100	2090
2019/8/27	3254	プレサンスコーポレーション	売付	100	1582
2019/8/29	3254	プレサンスコーポレーション	買付	100	1536
2019/9/2	3254	プレサンスコーポレーション	売付	100	1564
2019/9/4	3254	プレサンスコーポレーション	買付	100	1553
2019/8/26	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1158
2019/8/28	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1167
2019/8/29	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1138
2019/8/30	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1172
2019/9/2	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1138
2019/9/4	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1111
2019/9/4	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1101
2019/9/5	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1155
2019/9/6	4235	ウルトラファブリックスHD	買付	100	1119
2019/9/9	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1162
2019/9/9	4235	ウルトラファブリックスHD	売付	100	1174
2019/8/28	4565	そーせいグループ	買付	100	2285
2019/8/29	4565	そーせいグループ	買付	100	2268
2019/8/29	4565	そーせいグループ	買付	100	2222
2019/8/29	4565	そーせいグループ	売付	100	2326
2019/9/2	4565	そーせいグループ	売付	100	2334
2019/9/5	4565	そーせいグループ	買付	100	2269
2019/9/6	4565	そーせいグループ	売付	100	2360
2019/9/9	4565	そーせいグループ	買付	100	2287
2019/8/26	4668	明光ネットワークジャパン	売付	200	940
2019/8/26	6312	フロイント産業	売付	200	802
2019/8/26	7203	トヨタ自動車	買付	100	6776
2019/9/3	7203	トヨタ自動車	売付	100	7004
2019/9/5	7203	トヨタ自動車	買付	100	6965
2019/9/6	7203	トヨタ自動車	売付	100	7048
2019/8/26	7818	トランザクション	売付	200	1029
2019/8/26	8591	オリックス	買付	100	1499
2019/8/29	8591	オリックス	売付	100	1552
2019/8/26	8904	サンヨーハウジ名古屋	売付	200	939
2019/8/28	8904	サンヨーハウジ名古屋	売付	200	969
2019/8/26	8909	シノケングループ	買付	100	883
2019/8/27	8909	シノケングループ	売付	100	946
2019/8/28	8909	シノケングループ	買付	100	937
2019/8/28	8909	シノケングループ	買付	100	912
2019/8/29	8909	シノケングループ	買付	100	899
2019/8/30	8909	シノケングループ	買付	100	915
2019/9/2	8909	シノケングループ	買付	100	912
2019/9/5	8909	シノケングループ	買付	100	938.6
2019/9/5	8935	エフ・ジェー・ネクスト	買付	100	1036
2019/9/6	8935	エフ・ジェー・ネクスト	買付	100	1002


ichonan at 21:31|PermalinkComments(0) 売買ログ 

2019年07月01日

2019年前半のパフォーマンスのメモ

2019/07/01, 2019年6月通算のパフォーマンスを記述。
2018年はこちら
長期はこちら

2019年6月通算

入れたり出したりで多めに出金。配当ぼちぼち。
今月の僕(楽天証券分) : +20.237%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-17.902%(配当・増資込み)

基本はUfHDを握って寝ている。

月末に大阪でG20というか韓国除いてG19というか。 立憲民主党が広報カーを走らせてて顰蹙かったり、あの手の容器の水という選択肢で選ばれたんだろうけど伊藤園の水素水が出たりしてたが、それ以上に、もちろん良い意味で、安倍政権すげーってのと、それに輪をかけてトランプすげーって話。 twitterで呼びかけて相手が応じて金正恩に会うとか。

吉本興業の闇営業騒動。 一番ダメなのは吉本興業なんだけど、宮迫あたりも発覚後もしばらくは色々と嘘をついてたのは洒落にならんね。 山里亮太と蒼井優が結婚。 両方とも評判↑となるケースって珍しいかな。 元農林水産省事務次官が息子を殺害。 殺人なんだけど立派な父親だという意見多数。 本来は殺害の前に公権力が息子を隔離するべきなんだろうなあ。 ドラクエ10内で有名な痛い人だったらしく、さらにログインしたまま死んだみたいで伝説化。 安倍首相の在籍日数が歴代三位に。

金融庁の研究会かなんかが大臣の要請がないのに報告書出して麻生大臣は受取拒否。 これをマスコミと左野党が煽ってひと騒動。 マスコミほんとクズ。

過激系ヴィーガンもそうだけど、改正動物愛護法も狂ってるな。 渋谷の期間限定飲酒禁止のやつも2年間の時限立法にせんとダメなやつ。 大きな扱いはなかったが、運転免許を返納したジジイが車を運転して人をはねたとのこと。 吹田で警察官が刺されて重体で拳銃を奪われる。

韓国に対する禁輸系の経済制裁措置発動決定。 まだまだ手ぬるい。 捕鯨関係のIWC脱退。 基本的に日本のためになる組織でもクジラの保護の組織でもないから、脱退が当然。

アメリカのインフルエンサー系業者がkimonoを商標登録しようとしてるらしくて騒ぎになっているけど、登録したところで先進国において日本の伝統の着物にkimonoって使えないようになることなんてあるん?下着を着物と呼ぶ場合ならあるだろうけど。

日本の企業にありがちなダメなところとして「経営者」ってのはかなり前から事実に基づく定番の意見なんだけど、この方向での分析や言論が以前よりも目立つようになってきた。 とっても良いこと。 「権限と責任の分離という狂ったことをしている」とまで言っちゃいなよ。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. 日本エスリード(8877)
  3. オリックス(8591)
  4. プレサンスコーポレーション(3254)
  5. エフ・ジェー・ネクスト(8935)

2019年5月通算

入金ちょっと。配当はあっても微量。
今月の僕(楽天証券分) : -26.861%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-31.720%(配当・増資込み)

びり?

UfHD。3ヵ月遅れの血のバレンタイン。 特にどうってことない内容だけど、単純に通期予想を1/4して評価する人がけっこういるのか。 在庫見てる人なんてほとんどおらんだろう。 EBITDAを見ているかも怪しい。

つい出来心で入金して短期のつもりで買い付けて、結局損切りの模様。 嫁に半月ほど金借りて月末に返すとかいう手もあるんだけどやめておく。 15万円から20万円ぐらいの損失か。 痛い。

トランプが国賓として来日。 同盟を見せつける効果。 中韓発狂。 フィリピンのドゥテルテも評判上昇。

株つ令和。 大型連休で一番強烈に覚えているのは高速を降りかかったところで運転席の頭上(車内)に表れた 巨大なムカデ。 運手しているのが僕でよかった。 六甲北有料道路の緊急避難場所で格闘したけど無理。 娘発狂。 車内を暑くしたり餌を設置したりで弱ったやつが連休末に六甲山頂で再び現れたときに車外にポイ。

ホリエモンロケットが大気圏突破したらし。 親のロボットっぽい空気の小学生が一瞬だけ話題。 KAZMAX本格的にピンチっぽい。 大河のいだてんの不人気っぷりが凄いらしい。 痴呆老人や下手糞オバサンに轢かれたというニュース頻繁。 クズ中のクズが小学生殺して自殺したり、犯人によるとクズということで息子(44)を殺したり。 クソNHKが一派市民を訴えた件でNHK敗訴。 維新が丸山穂高を除名にしたらしいが、あれで除名なら議員ゼロにならんの?

イギリス首相辞任(予告?)でセルインメイの別の意味。 べるさんの吸茎ツイキャスで5.23ショック。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. オリックス(8591)
  3. 日本エスリード(8877)
  4. プレサンスコーポレーション(3254)
  5. エフ・ジェー・ネクスト(8935)

2019年4月通算

入金したり出勤したりでトータル微入金。配当はあっても微量。
今月の僕(楽天証券分) : -2.194%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-6.643%(配当・増資込み)

入出金や細かな売買はちょくちょくやったんだけど、ウェイト比は大して変わらない程度。 平成の市場は終了。 連休前に売らなきゃって人の影響を過小評価していたと思う。

新元号は令和。 パラメータを雅に全振り。 意味は言うなれば「梅がむっちゃ綺麗」。 令和を安倍と結びつけなきゃいけない頭のお病気の人の切れ味がてんでダメ。

池袋と神戸で老人車の大事故で若い歩行者がそれぞれ二名死亡。 神戸で事故った市バスはオートマ車だったらしい。 オートマの大型バスが増えている現状は認識していなかった。 池袋は定番のプリウスだったらしいけど、プリウスが悪いというんじゃなくて、そういうタイプがプリウスを好むってことでしょ。 神戸の方は純粋に過失っぽいけど池袋の方は前後に故意や重過失っぽい感じがあるなあ。 報道からは、神戸の方は任意事情聴取からの起訴で池袋の方は逮捕して家宅捜索して取り調べからの実刑が妥当な印象なんだけど、逮捕に関しては現実は逆。

普通に運転している人なら「何で?」って印象だろう。 普通に運転しているなら間違えない。 でも、アクセルからもブレーキからも足を離している状態が当り前の人がボケたら踏み間違うのはごく自然なんじゃないかな。 そして、ボケてたら間違えた後の対応が酷い。 そう思っている。

高齢者の免許の更新時の認知症チェックが異様にぬるいことを改めて確認。 自動車学校に入った時にするような適性検査部分がないっぽい。

合意さえとれれば容易なのは75歳以上はオートマ車禁止あたりか。 アクセルの踏み間違えはエンストか空ぶかしとして表面化する。 ボケが頻繁なエンストとして表面化する。 今回と同じタイプの悲惨な大事故はほぼ無くなるだろうけど、坂道発進で後ろの車にぶつけるというのは増えそう。

技術面では自動ブレーキや自動運転よりも、アクセルからもブレーキからも長いこと足を離すことへの警告音とか、その情報の警察への転送とか、そのあたりの方が現実的かなあ。

ゴーン再逮捕と再保釈。 再保釈のときはコントはしなかったもよう。 妻はフランスに脱出して夫の外堀を埋める。

東京福祉大学、長崎大学、日本大学、東京大学、近畿大学など。 財務省と文科省による高等教育潰しが随分と進んでいることがわかる報道。 上野千鶴子と西野亮廣の炎上自体は別に驚くようなことではないけど、ああいう場所で話させたというのは驚き。

ブラックホールの撮影に成功したらしい。 どのくらい難しいのか定量面はピンとこない。 イギリス警察がウィキリークスのアサンジを逮捕。 このあたりは良くわからない部分が多い。

まただが、懲戒請求を行った人に対して弁護士が訴訟を起こしたらしい。 その弁護士が除名処分になったというニュースは聞かない。 懲戒請求の目的が何であるかに関わらず、こういう訴訟は許しちゃダメでしょ。 酷い業界だ。

京都。交通安全教室でのスタント中にスタントマンが事故死。 業界人を名乗る人が、素人同然の人が引き受けている旨の発言をしていた。 ただし、教育効果は抜群だっただろう。 ノートルダム寺院はリアル炎上。 映像を見る限り、かなり派手な炎上。 捏造なんだろうけど、あの炎上なのに煙草の吸殻は残っていたという。 裁判員裁判と検察が捜査した事件の全てで取り調べの可視化を義務化するとの閣議決定が行われたらしい。 しかも6/1から。 良い事だけど、ほぼ黙殺されている印象。 モンキー・パンチと小池一夫が相次いで死去。 スズキの不正検査がらみリコール。 一回で202万台。

選挙。 大阪は当り前だけど維新の圧勝。 自民の大阪の地方組織は本当に糞。 他でも野党共闘というコントが多かったっすな。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. オリックス(8591)
  3. 日本エスリード(8877)
  4. プレサンスコーポレーション(3254)
  5. 明光ネットワークジャパン(4668)

2019年3月通算

出金どっかん。配当どっかん。トータル出金どっかん。
今月の僕(楽天証券分) : -17.346%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-4.548%(配当・増資込み)

ウルファブ壮大な行ってこい。 短期売買少しだけ。 ギリギリになって3/13深夜あたりから作業開始して朝に確定申告終了。 電子申告。楽だった。 犬山城、八王子城、ウルファブ株主総会、5名でプチオフ、仁徳天皇陵。 UfHD(4235)の株主総会は多分後でまとめる。 そーせいを一時のつもりで売ったが、結果的に失敗なのか?

イチロー引退。 ゴーン保釈。 本人の行動やフランス政府の反応から悪印象が強化される。 富士通グダグダ。 たぶん配置転換からの希望退職募集ってのをやってしまった後で、たぶんまだ正式発表はしてないけど、続きがあるっぽい報道と中の人からのぼかした伝聞。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. オリックス(8591)
  4. 日本エスリード(8877)
  5. そーせいグループ(4565)

2019年2月通算

出金少々。配当なし。
今月の僕(楽天証券分) : +36.198%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):+15.484%(配当・増資込み)

握って寝てただけ。

まだ確定申告やってない。 12月や1月ほどじゃないけど意外と多忙で、いわゆる過労死水準ってやつかな。

2/14のUfHDの決算や今期予想は想定内というか想定ど真ん中の塩。 だけど相場の状況は血のバレンタイン2ndシーズンを織り込んだものになってたから結果的に株価は大幅上昇。 数字を少し整理するだけで色々見えるものはあるけど定性面は決算書だけからはわからない。 定性面の詳しい情報は多分2/19に実施された機関投資家向け説明会の内容が詳しい。 決算発表後の信用残高の大幅な減少と株価の大幅な上昇を容易に確認できる。 これを書いている時点で最新(2/22)の(日証金の?)買い残高水準は2017/01の中計発表の前以来。 2月後半における上昇の中で少なくとも二日分は場中の値動きがあからさま。 短期間で多めに買いながら、その中で株価への影響を抑えようとする感じ。 一時遅れ系のステップ応答的な値動き。 たぶん機関投資家が入ってきたんだろうなってぐらいに思ってる。

月末のトランプと金正恩の会談。 カリアゲが三日かけて列車で移動しただけっぽい。 政治評論家や外交評論家の体たらくすげー。 経済評論家の予想と同じだね。

月末に松浦由紀さんという炎上芸人が田端信太郎プロデュースでデビューしたようなんだけどちゃんと観察する前に消えちゃったみたい。

扱いがすっごく小さいけど、日本とEUのEPAが発効したらしい。 扱いが小さいのは、大きく報道すると安倍政権の支持率上がっちゃうからかな。 米ロ(米ソ)の中距離弾道ミサイル(INF)全廃条約をアメリカが破棄。 マスコミがアメリカを叩く論調なのは、これをアメリカが遵守してロシアと中国が好き勝手に作っている状況が変わるからだろうか。

韓国相変わらずキチ。 ちゃんとフォローしたり低次情報にあたったりはしてないけど、岩屋毅防衛大臣が馬鹿な発言をしつこく連発しているって記事が流れてくる。 流れてきた内容の通りならどうしようもないクズかどうしようもないバカなんだろうけど、実際のところはどうなんだろう。 保守や(本来の意味での)リベラルの人に叩かれていて、極左連中がだんまりで、「実際の発言は〇〇であって、初期に流れたのはマスコミによる捏造」というのは見ない。 総理大臣の任命責任をガチで問える題材って気もするだけど反安倍の人は静か。

カルロス・ゴーン飽きられる。 統計不正飽きられてるけど、一部の安倍政権のせいだと思ってる人は相変わらず意味不明なことを言っているもよう。

楽天証券の表示面のバグを見つけたんだけど、どこだったか忘れた。 たぶん一時的なもの。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. 日本エスリード(8877)
  4. オリックス(8591)
  5. そーせいグループ(4565)

2019年1月通算

出金ぼちぼち。配当なし。
今月の僕(楽天証券分) : -15.208%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-15.208%(配当・増資込み)

ただただ、UfHD(4235)を中心に持ち続けていただけ。 血のバレンタイン第2ラウンドまであと二週間。 12月からのとんでもない多忙は月末で終了。 厳密に言うとあと半月ほどあるけど殺人的ではない。

年末から話題になってた過去ログより随分と上の韓国のキチガイっぷりが国際常識になってきた感じ。 さらに色々と流れていて、韓国が突然消滅するシナリオは少しだけ頭の片隅に置いておく必要はあるかなと思ったり。

細かく見ていないけどZOZOとか不調らしい。 他も流れてくる決算情報はよろしくないのが中心。 ファーウェイ(華為)詰んだっぽいというか、中国共産党の手先として色々やったり優遇されていたりというのは確定という報道諸々。 イギリスはハードブレクジットの方向に傾く。 一言で言うと民主主義後進国、とまで言うと言いすぎか。 日本やアメリカと比べると後進国って程度か。

サンバイオ連続ストップ安(書いている2/3(日)時点で継続中)。 1/29が11710円、1/30が8710円、1/31が7210円、2/1が値幅制限拡大で5710円。 自力のバリュエーションは出来ていないんだけど、割とちゃんとしてそうな人のツイート、信用残高、最近の値動きや勝手そうな人の同定など諸々から、月曜日も寄らないという素人予想。 バリュエーションは出来ていなくても、最近の株価を決めていたのはお馬鹿さんが中心っぽいことは見当がつく。

カルロス・ゴーン。 まだまだ検察のリーク中心であろう報道経由が主な情報源だから要注意だけど、思ってたのよりもずっとずっと黒の方法ばかり。 判断の根拠として最も説得力があるのは、フランス政府が匙を投げたっぽいってあたりか。 マクロンも経済政策として韓国の真似する旨の発言したようだから、政府も問題ありまくりぽいが。

大坂なおみ全豪オープン優勝。 TLもマスコミも、このあたりは熱しやすく冷めやすい。 嵐が2020年末で活動休止予定らしい。 個人的には割とどうでもいいが、事務所の力が弱まってるってのは大きいんだろうなあ。 タレント側の力が相対的に強くなっていることと、何かあった時に揉み消せなくなっていること。 厚労省の各種統計の不正。 手続き違反(ダメなんだけど数字への影響は微小)と計算の超絶初歩的なミス。 人手不足と学力不足。 頭のおかしい人達の反応は当然ながら「アベのせい」。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. 日本エスリード(8877)
  4. オリックス(8591)
  5. そーせいグループ(4565)



ichonan at 09:10|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ 

2019年05月29日

銘柄メモ : ウルトラファブリックス・ホールディングス(UfHD,旧第一化成,4235) vol.3

Vol.2はこちら
(2019/05/29)

2ページ中1ページ目の画像

ufhd201903

CSV

ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)の生産状況の簡易推定に関するメモ,,,,,,,,,,,,
2019/5/28 0:00,,,,,,,,,,,,
有価証券報告書の情報を主導入力,,,,,,,,,,,,
,棚卸日本基準,棚卸日本基準,決算〆,株価暴落時期,,ライン完成,決算〆,,株価暴落時期,,1.5年期間和,期間差分
,2017.06,2017.09,2017.12,2018.03,2018.06,2018.09,2018.12,2019.03,2019.06,,,
売上,2656,5274,7848,2621,5570,8690,11901,2740,,,,
粗利益,1288,2634,3941,1262,2714,4281,5845,1395,,,,
棚卸資産,1218,1172,1440,1578,1680,1875,2017,2450,,,,
従業員(正規),,,222,,,,259,,,,,
,,,,,,,,,,,,
四半期単独,,,,,,,,,,,,
売上,,2618,2574,2621,2949,3120,3211,2740,,,,122
売上増,,,-44,47,328,171,91,-471,,,,
粗利益,,1346,1307,1262,1452,1567,1564,1395,,,,
粗利率,,0.514,0.508,0.481,0.492,0.502,0.487,0.509,,,,
棚卸資産,,1172,1440,1578,1680,1875,2017,2450,,,,1278
棚卸資産増,,-46,268,138,102,195,142,433,,,,
売上+棚卸増,,2572,2842,2759,3051,3315,3353,3173,,,,601
生産増1,,,224,185,430,366,233,-38,,,1400,
単純差分1,,,270,-83,292,264,38,-180,,,601,
売上+1.673*棚卸増,,2541,3022,2852,3120,3446,3449,3464,,,,923
生産増2,,,404,278,499,497,329,253,,,2260,
単純差分2,,,481,-170,268,327,2,16,,,923,
売上+2*棚卸増,,2526,3110,2897,3153,3510,3495,3606,,,,1080
生産増3,,,492,323,532,561,375,395,,,2678,
単純差分3,,,584,-213,256,357,-15,111,,,1080,
,,,,,,,,,,,,
1.673は,2018.12の有報における,販売実績÷生産実績,,,,,,,,,,,,
2は在庫を生産直後の価格とした近似.粗利率が0.5近辺なのが根拠.,,,,,,,,,,,,
文面からして,在庫の評価額は生産にかかった金額.,,,,,,,,,,,,
たぶん,売上+2*棚卸増が実際の生産額(売上ベース)に近い.,,,,,,,,,,,,
単純差分は期ごとの生産量の単純な変化,,,,,,,,,,,,
生産増Xは,売上の変化量と在庫の変化量を元にした短期の変化.たぶん誤差が蓄積するし,伸びる時期には実態より大きく出る.,,,,,,,,,,,,
だけど,たぶん,短期のプラスかマイナスかだけを見るには単純差分よりはよい.,,,,,,,,,,,,
行田のラインの置き換えと群馬のラインの新設であり,工事や調整をしながらの生産なので,期中の生産量の振れは凄く大きいはず.,,,,,,,,,,,,
同じ理由から,2ライン化完成よりも前の時点で生産量キャパの増加は生じるし,完成後も続く.,,,,,,,,,,,,
今後,人材の先行確保のコストが減り,土日出勤や残業代の上乗せが減り,最新機器による効率化の影響も出るはず.,,,,,,,,,,,,
赤色は意味なし,,,,,,,,,,,,
水色は決算書の表面だけからは見えない僕基準で重要なこと,,,,,,,,,,,,
黄色は僕の解釈では多分特に.,,,,,,,,,,,,
IATFの要求,quick delivery programの要求.在庫の先行確保.,,,,,,,,,,,,
「生産キャパギリギリで受注よりも在庫確保優先」か「生産キャパは足りてるけど受注が遅れているか」.,,,,,,,,,,,,
生産キャパが足りていたら,たぶん,在庫をもっと一気に増やす.このあたりは在庫増加が止まった期の次の期ぐらいまで見ないとわからない.,,,,,,,,,,,,
生産余力があればアジア地域への供給をしぼるインセンティブは小さいはず.,,,,,,,,,,,,
DKKの求人は最近は見ないしUltrafabricsも落ち着いているけど,Ultrafabrics Europeにおける求人はまだまだ見る.,,,,,,,,,,,,
東洋クロスなどへの外注の影響は多分凄く大切なんだけど,さっぱり.さっぱりわからない.,,,,,,,,,,,,
売上が好調な時期やその直前に粗利率が下がっているのはこれの影響か?,,,,,,,,,,,,
2019.12期は水の処理施設への設備投資がたぶんあって,これを超える設備投資が見えたらウェーイ.,,,,,,,,,,,,
基本が多品種の受注生産だから,在庫の管理はそんなに単純ではないはず.,,,,,,,,,,,,
販管費率はもっと下がる.Uf関連の外注費用(実体)とたぶん前倒し気味の減価償却費(表面)の低下.,,,,,,,,,,,,
受注増加余力はぼんやり.表に出ている大きなプラス要因は,IATF,quick delivery program,米中貿易戦争.,,,,,,,,,,,,


(2019/02/20) 2/14発表の決算のメモ。 ほぼツイートからの引用。 間違ってたら教えて。

4Qの数字の補正。 償却は現状維持ではなくて将来への投資の分なので、長期で均すとゼロではないけど微小で、成長により影響はさらに小さくなる。 というわけで以下の計算では償却がないものとして近似計算。 過渡期(の軽い見込みミス)による空輸費用、億単位かかっているUfの管理体制構築費用(たぶんJSOX対応が主)、第一化成の先行人員確保による製造原価増などのマイナス要因はそう遠くないうちに消えたり影響が凄く小さくなったりする。 生産ラインの新しい機械で生産効率が上がること、溶剤回収の新装置で回収効率が上がること、たぶん2019稼働の排水処理施設により水道代が減ること等による粗利益率向上。 たぶん減価償却は実態と比べるとかなりのハイペース。 たぶんストックオプション関係。 主なものはUfのトップ二人へのもの。 経営統合後3年でほとんど消える。 Bloombergの Tesla Model 3 Tracker 。 TeslaのModel 3の生産(登録?)台数の推計の速報。 2018.7-9にかなり無理して作ってて、その後で生産体制が落ち着いて、2019年に激増。 Elon Muskによるサプライヤーの体制が整ったら生産量を増やせる旨のツイートとも合致。 Model 3のベースを値上げし、シートのオプション部分限定では値下げ。 これはオプション付き比率を上げる要因。 さらに、オプションを白を含む二つにしぼったり。 ちなみに日本からアメリカまでの輸送にざっと一ヶ月かかり、売上げの計上は常識的には納品時のはずだから、たぶんUfHDの4Qには2019年の激増分は売上としては入っていない。

トランプ関税が中国に対して本格的に発動されるかは不明。 安価製品を中心に世界の合成皮革の8割を作っているのが中国。 UfHDの売上げの8割程度はアメリカ。 本格的に発動されたら品質の優位性そのままに価格差が小さくなる(中国産が高くなる)。

EUからイギリスが抜ける話は不透明。 マイナスの影響だろうけど大したことなかろうって程度の何となくの予想。 消費地がイギリスに極端に偏ってるなんてことはなかろうし。 UfHDのヨーロッパの拠点はロンドンにある。

生産体制の完備と在庫の確保は飛行機と自動車への採用や受注を後押しするはず。 どの程度の影響かはわからない。 表面化するのは今後。 生産キャパの限界のために最近は日本やアジアでの販売を抑制していた。 これは単純に回復するはず。 アジア戦略や日本戦略は固まったのだろうか。 この辺りは元々はUfではなくDKK(に依頼された三菱商事あたりかな?)が売っていた地域。 機関投資家向けの説明会の動画 。 たぶん1年ほど前のもの。 インセンティブプラン。 売却制限とかは僕好み。 もちろん数や条件や給与とのバランス次第なんだけど、この会社なら信用できよう。 単体大赤字で連結黒字。 単体の赤字の内容って株式報酬費用が中心なんかな。 会計上のもの限定なのか税務上で結構な損をしたのか、どっちなのかわからん。 粗利益の方は自動車や飛行機の比率が3Qと比べて低かったことが原因の一つだろう。 ラインの試運転のコストとか、ナフサの値上りとか、そういう影響もあるんかね。 投資CFが少ないのは疑問。 単純に支払いがラインのテスト後という契約だとか、そういうことなら単純なんだけど。 4Qの売上げが3207。 4倍して12828。 2019.12の予想は12900。 何とも控え目な。 配当は24円から28円へup。 こちらがメッセージなんかな。 売上と棚卸資産が増えていることが確認できればOKという認識。 他は表面だけ見てもあまり意味ないと思う。 テスラの動向と一致。 テスラの白いシートがUf製というのは、限りなく黒に近いホワイトというか、公然の秘密というか、Tesla掲示板では常識扱いというか、数字やElon Muskのツイートと合致しているというか、そんな状況証拠だらけなんだけど、公式情報としては、実は、見当たらない。 それが初めて公式情報として表面化するのかもしれない。 テスラに売っているというのは行田市の広報誌や昔の有報か短信にも載ってたけど、あれだと部位までは特定できない(シートじゃなくてシフトブーツってのも形式上はあり得る)。 多摩美大発の情報。 製品の品質を伝える情報はUf公式やテスラ関係とかにもあるが、僕が知っている中ではこれが最もイメージが伝わるもの(実物の次あたりに)。
(2018/12/10) 今日の夕方にツイートしたメモのアップロードのみ。 これくらいの密度のメモが個人的に欲しかったのでさっと書いてみた。盆栽鳥取ホールディングス。 DuCrsGrUUAE7MDG
(2018/03/17) 四季報2018年2集の周辺のメモ。
  • 業績予想欄は素人仕事。
  • 初出じゃないけど、従業員数が経営統合直後と比べて(1割ちょい?)増えている。
  • 数号前から、元々1ラインだった製造体制を行田と群馬をそれぞれ2ラインの合計4ラインにするととれる文章が載ってて、今回も続いている。最初は「そうも取れる」だったのが「強引に読まないなら4ライン」ぐらいの書き方になってきている。ただ、記事を書いている人の文章を書くスキルは下の下と思えるものなので、この手の内容は眉唾物。実際に4ラインの場合には僕なら「4ライン」と書く。 2018/03/29に行われる株主総会の招集通知には行田の設備を更新するだけではなく新設するとも書いてある。「新しいラインを新設する」とは書いていないけど、どうなんだろ。ラインの新設かもしれないし、ラインではない設備かもしれないし、ラインのアップグレードキット的なものかもしれない。 4ライン化とかはやってほしいし、群馬はどのみち2ライン化すると前々から予想しているけど、行田の場合はスペースがあるのか疑問なのです。
  • 元々の設備投予定資額は2017.12期で大部分が済んでいる。 ただ、コミットメントラインの余りが随分とある。 また、四季報には2018.12期の設備投資予定額として20億円と書いてあって、この額の通りなら、2ライン化や当初の予定額の通りではないと思える。
  • 中野社長が会長へ、6月の総会で取締役になった吉村氏が社長へ。
  • 五味大輔氏の株数は発売時点で既に古い情報になってしまった。
  • 第一化成部分の表記なんだろうけど、平均年齢↓の平均給与↑。
  • 2月に渋谷にショールームができたらしいけど検索ではひっかからず。 知ってる人がいたら教えてほしい(twitterの方で)。 どっちにしても、Uf流の見せ方や伝え方や拾い方を細かく知ってたり感覚的に把握していたりしてて日本語ができる人って今はまだ現場担当にまわせる人の中にはいないだろうから、所謂「結果」につながるのはまだまだ先でしょうね。 欧米でちょくちょくやってるっぽいクラフトイベント系から攻めるのかな。 ロンドンのショールームは5月開設らしい。

2017/05/14時点で、このブログやツイッターアカウントを第一化成目的で見ている人が「影響なんてほぼゼロ」とまでは言えないレベルでいるのかもしれないので。

判断を他人に任せてるとカモにされるで。
(2017/07/23) 初心に帰って簡易定量分析でもしてみる。 ガチ系じゃない人にとってどう見えるかを把握するためにもよかろう。 主要な情報源は直近の通期短信。

簿価は6048百万円で、そのうちのれんが13298百万円。有形固定資産は2930百万円、在庫類は1532百万円。 予想売上高は7900百万円。 予想営業利益は1550百万円。 予想経常利益は1200百万円。 予想純利益は1000百万円。 海外子会社の連結や国際会計基準対応のために監査関連やアドバイザリーのコストが2億円ほど上がる。 この中には一時的なものもあるが、一時的なものはとりあえず0円としよう。 たぶん一時的なコストは1億円以上だと思うんだけど、保守的な方向で見積もる。 その上で今期予想を単純に4/3倍して12ヵ月換算にすると、

売上10533
営業利益2066
経常利益1600
純利益1333

となる。 営業利益と経常利益の主な差は今期の場合は約3.4億円(株主総会での回答)の金利。 事業が順調だとして、これは放っておけば儲けとオプションの行使により急激に減る。 ただし、今期までは設備投資額が大きいので減少は大したことないだろうし、新しい工場の用地を確保したり委託先(従業員規模は第一化成より大きい)を買収したりしたら増えるだろう。

今期のオプション費用は3億円。 ただし、このあたりは、「完全希薄化後の株式数」と「オプション行使による収入はゼロ」という保守的な形で見積もることを考え、これを営業利益と経常利益に加え、純利益にも0.65倍して加える。 0.65倍しちゃダメかもしれないけど、そうだとしたら純利益を7,8%増やして考えればよい。 そうすると、特殊要因を乱暴にとっぱらった後の業績予想の12ヵ月換算は次のようになる。

売上10533
営業利益2366
経常利益1900
純利益1528

暖簾を0円で評価したら簿価は-7250で債務超過。 現金は2793、負債は16133。

中計における完全希薄化ベースの株式数は9,643,799株。 その後のオプションが400000株。 あわせて大雑把に10,000,000株としよう。 そうすると実質的な予想EPSは152.8円となる。 前期の減価償却は167で、今期はよーわからんけど、20億円を設備投資して20年で償却するとして1億円の追加ってことで大雑把に通期換算で250としようか。

直近(2017/07/21)の株価は2442円。 配当は18円で4/3倍で24円。 では、定番のいくつかの指標に当てはめてみよう。
  • 予想配当利回り:100*24/2442=0.98[%]
  • PBR:10*2442/6048=4.037[倍]
  • PBR(のれん償却):債務超過
  • PER:10*2442/1528=15.98[倍]
  • EV/EBITDA:{2442*(10^7)-2793*(10^6)+16133*(10^6)}/{2366*(10^6)+250*(10^6)} = 37760/2616=14.43[倍]
  • ROE:100*1528/6048=25.26[%]
  • 営業利益率:100*2366/10533=22.46[%]
  • 在庫回転年数:1532/10533=0.14[年]
  • ROIC:100*1528/(2930+1532)=1528/4462=34.24[%]
この会社は為替の影響が大きい。 明示はされていないけど、たぶん1ドルが110円か少し下ぐらいで予想を立てている。 過去のログから大雑把に保管すると営業利益率はざっと25%から30%ぐらいになるだろうから、一時的なコストがかさんで減価償却も増えて特に強い円安傾向でもないってことで、22.46%ってのは妥当な線だろう。 ただ、日銀当座預金から外債に移るなどして1ドルが130円とかになると当然ながら利益は激増して、仕入れ値が落ち着くまでは5割増しぐらいなら自然だと思う。 業績予想の傾向は極端ってことはないけど保守的な傾向がある。 サプライズとか為替とか一時的なコストの増加とかがなければ会社予想よりは上だと僕は考えている。

以上がドンブリ勘定で一時要因を最低限は取り去った上での定量面の簡易バリュエーション。 ROEや営業利益率は目立つ程度に良いものだけど、PERだと安くはないし、EV/EBITDAだけ見ると激高で定性面を見てなかったら空売りしたくなるのもわかる。製品の需給のひっ迫、経営統合のシナジー、テスラの大躍進の可能性、不定期に流れてくる割と大きそうな採用情報。 これらの定性面を把握(予想や推測が正しいとして)していないと積極的には買えない。

在庫回転率は良い悪いは分かりにくいんだけど、船でアメリカまで運ぶのに半月から一ヶ月ほどかかるから、たぶん実質的な回転は凄く早くて、作ると即売れるというか足りないから早く作れという感じなんだろうと思ってる。 ROICは行田工場(メイン工場)の設備のほとんどが償却済みであることと新工場完成や新規設備投資が凄いこともあって、分母の見積りが物凄く乱暴。両者の効果が概ね相殺していると考えるのはそれほど無茶ではないとは思う。 無茶でないならば、ROICは高い。
(2017/05/14記述。2015/05/15夜明け前に少し追記。) Ultrafabricsを完全子会社化。 丁寧にまとめる根性はないので直近4Q付近のことだけ(訳:ブログ書いてたらブラウザが落ちた死にたい)。

(中計の2017.12, 9ヵ月の変則決算)
売上:6500Myen
EBITDA:1900Myen
営業利益:1600Myen
純利益:1000Myen
EPS(1$=100円,完全希薄化(9,643,799株)ベース):104yen

(2017.03実績)
売上:5431Myen
EBITDA:684Myen
営業利益:517Myen
純利益:306Myen
EPS:46.61yen

(2017.12予想,9ヵ月の変則決算)
売上:7900Myen
営業利益:1550Myen
純利益:1000Myen
EPS:168.01yen

完全希薄化ベース株式数の9,643,799株は、
6,800,000(発行済み)-967,201(自己)+761,000(過去のオプション)+1,850,000(種類株)+1,200,000(買収時のオプション)
あと、ウルトラファブリックス・ジャパンが持ってた第一化成株式100,000株の取得もあったか。


3/4年の変則決算というのは当然として、その他のポイント。

概要

ビジネスの拡大は中計よりもずっと上の水準で順調。 純粋に会計上の理由により、「希薄化」として扱っていたオプションが「費用」としてP/Lにあらわれるため、これ(3億円強)の分だけ予想の表面は保守的な数字になる。 連結の手続きやUfのガバナンスの(形式上の?)仕組みの整理にかかるコストが割と多めだけど、たぶん大部分は一時的なもの。 のれんは巨額であり、仮に一括償却したとすると債務超過。 ただ、ビジネスが順調である限りこのことは大した問題ではなく、強いて言えばこれ以上の買収を行う余裕がないといった程度のこと。 成長すれば影響は急激に薄れる。 もしもビジネスが早期に頓挫したらいきなり危険。

超大雑把な切り口

買収前の第一化成とUltrafabricsのデータから、買収関連摩擦コストやのれん償却や株式報酬などを除いた営業利益率は3割強と見積もるのがたぶん妥当で、3割として計算したら少し保守的だと思う。 利益と比べると会社予想の精度が高いであろう売上げを元に計算すると、この調整前営業利益とで言うべき額は2017.12で24億円ほど。

株式報酬費用

発行済みのストックオプションはほぼ確実に行使されるはず。 経営頑張ったってのもあるけど、それ以前に、行使価格が株式の時価(激安)での発行だったから。 会社の2017.12予想においてはストックオプションが費用として計上されていて株価が上がれば上がるほど会計上のオプション費用が上昇する(のかな?)。 今期に関しては、Uf経営陣に対するそれが3.097億円。この分だけ見た目の営業利益が目減りする。

純利益の意味

Ultrafabrics LLCの税負担はたぶん第一化成とは違って、第一化成に対して配当として戻す時点で課税される。 だから、たぶん、純利益を税引き後利益と判断するのは間違い。 売上と営業利益を中心に見るのが無難。

EPS計算時の発行済み株式数。

会社予想のEPSのベースの株式数は5,950,000株ほど。 完全希薄化済の株式数ではない。 3/4年を補正するだけではなくここも補正しないと勘違いする。

中計の2019年のUltrafabrics

中計における2019年の連結業績とUltrafabricsのオプション全行使のための業績を比べたらわかるけど、後者の方が実は上。 だから、中計は保守的。

個別赤字予想

2017.12の個別予想は、売上は微増(通期換算)、経常利益30M円、最終赤字。 たぶん、連結開始のための費用、償却、株式報酬費用、買収費用の利払いにより旧第一化成の年間利益の3/4がほぼ吹っ飛ぶという計算。 この部分が落ち着けば、ここだけで10億円は軽く行くだろう(2016.03期は営業利益9.74億円)。

自己資本比率

自己資本比率は26.7%となっているけど、総資産22,181Myen、のれん13,298Myen、負債16,133Myenなので、解散価値はマイナス。

のれん償却

詳しく知らんけど、今期中に連結や経営統合の処理を済ませて来期から税務上の暖簾償却相当のことをするのかな?年間26億円ほど。UfがLLCではなくなるかもしれないし、連結納税になるのかもしれない。会計上の償却がないからといって税務上の償却をしないなんてことはないよね?

為替

たぶんドル建てで第一化成からUfに売ってて、売上と利益の両方に対してダイレクトに為替が効いてくる。とくに短期では。だから2016.03と2017.03の売上げの数量ベースの値は期中平均レートでドル換算した方が分かりやすい。売上は2016.03期に一気に伸びて2017.03期は大して伸びていないように見えるけど、それは円で見た場合。

「車輛向けに関しては、防汚性等の機能性の強化に加え白色製品の受注が増加し、販売が順調に推移しました。」

公式情報として明示されてはいないと思う。 非公式部分では仄めかされている。 とりあえず公式で「Ultra White」となってたり、わざわざ「白色製品」なんて表現使ったりしてるってことは、そういうことじゃないかな。 先方のブランド戦略との兼ね合いでこういう明示されていないものなんだと推測している。

連結関連費用

「Uf社においても法令を順守する内部統制の体制を構築する為の費用が発生し、持株会社化に関わる費用を含め連結決算及び統合関連費用として当期と比べ次期は2億円程度の費用増加を見込んでおります。これらには一時的な支出も含まれますが、次々期以降監査・決算関連費用がどの程度になるかについては、判明し次第開示いたします。」

「今後は従業員のインセンティブプランとして新株予約権を、また役員報酬として現物株式を積極的に活用する予定であり、次期よりEBITDAの加算項目と致します。」

こういうのは総量や条件との兼ね合いだから一概には言えないけど、今までの経緯からすると、株主を食い物にするようなことはしないと思ってよいと考えている。 説明も今後は丁寧にすると思う。 2016.06の総会の時点では説明は不親切だったけど、2017.01の時点では説明も丁寧になってたし。 ただ、「1/3は取得後1年、1/3は取得後2年、1/3は取得後3年は売れない」などの条件はつけてほしいな。

「株主の利益向上・会社の発展・社会への奉仕・社員生活の充実の推進が一致する経営の確立を目指してまいります。」

これを言える会社って意外と少ない。 「当り前だからわざわざ言わない」ではなく「ツッコミが怖くて言えない」会社が多いと思う。

「中長期的な業績見込みにおける売上高、EBITDA、自己資本利益率を重要な経営指標として位置付けております。」

同上。

「アジアに関しては明確な戦略がありませんでした。」

こう身もふたもない明確な書き方ができるのも珍しいと思うんだ。

ichonan at 08:58|PermalinkComments(3) 銘柄メモ 

2019年04月17日

株主総会 : ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235,UfHD), 2019/03/28

ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社(4235,UfHD)の第54回定時株主総会.

前回や前々回と比べるとスケジュール調整はしやすかった. 上司が3/28を空けてくれたこともあって楽だった.

例年は京王プラザホテル八王子(株主総会の会場)に泊まっているが, 今回はエグゼクティブ,ジュニアスイート,スイートしか空いておらず, 直前になったらジュニアスイートとスイートのみに. 結局は本社近くの4桁円のところに宿泊. 社畜 => 犬山城 => 八王子って経路. 宿の予約状況が酷かったのはたぶんこの写真のせい。
Jt2fUdA-


着いたのは20:30頃か?



会場の下見というか看板の確認はしに行った.晩飯に激辛のラーメン食ったらお腹痛くなった.
Mcz2uzGO




晩飯に激辛のラーメン食ったらお腹痛くなった. 朝はむっちゃガッツリ食った. 下痢なのに. お腹痛いのに. そのために寝不足なのに.



余裕をもって到着. 中野会長と高山氏(DKKの取締役)と挨拶. 控室でコーヒー. 他の株主(というかオフ会メンバー)と雑談.

2019年3月28日(木)10:00-
京王プラザホテル八王子 4F 宴の間

結構時間がたっちゃったしメモも乱暴な走り書きなので,以下は少々間違いが含まれているかも. とくに細かなニュアンスとか. 大筋は合ってると思う.

議決権を持つ株主数 1251名. 361名が行使.

アメリカスタッフは取締役の他にグループ全体のCFOのLuke Orton氏も来ていた. ここ下の方の写真の一番左の人.

議長は吉村昇社長. 今回はプロンプター付きだけど,使ってたのか微妙な印象.

監査とか事務的なこととか. 例年あった駐車券云々の話は無かった気がする. 最も広い翔王の間ではなかったことも含めて,東京精密のせいか?

10:05-, 事業の報告(河辺管理部部長)

10:14-, 課題(吉村)

10:21-, 質疑

(出席番号11)
上場市場はどうするつもり?
(吉村)
市場変更の検討は進めているが,他の諸事情を考慮しながらの検討.

(24)
業界における立ち位置は? どのあたりを強化?
ローゼンバーグ(英語から日本語への通訳は吉村)
  • 一般的で他にも書かれている内容.
  • 特に航空機向けを強化.
  • 主なライバルは本皮. 各使用分野のライバルはあるが, DKKとUfが共に良いので,高級ハイエンドラグジュアリー全般での競合はいない.
(6)
EBITDAマージンはどのくらいに落ち着きそう?
(河辺)
ここのところは,26億円から33億円へと変化しているが, 先のことは具体的には言えない. 費用部分は下がる.
(6)
割合を.
(吉村)
実績は25%程度. この値を安定化させたいし,向上させたい. 製品分野を分散させながら向上させる努力をする.

(6)
設備投資計画約19億円が実績では約16億円になっているのは何で?
(吉村)
単純に計上のタイミングのせい. 設備投資は予定通りやった.

(22)
二つの工場の場所が近い. 地震に対するリスクヘッジの面で大丈夫か?
(吉村)
地震もあるが,どっちかというと利根川の氾濫のリスクの方が大きい. この手のリスクを完全に取り除くのは無理. 設備を新しくしたことが対策の一つ. このあたりのリスク管理は自動車メーカーとの取引においては特に大切. 他のメーカーとのパートナーシップ(共同生産)によるバックアップもリスク対応にはなるが,バックアップできるものばかりではない.

(24)
製品開発の目標は? 特許戦略は?
(中川)
ISO認証の取得などの目標の設定はやっている. 特許は良し悪しで,公開することがリスクになる. 現在は特許の申請はしていない.
(吉村)
自社の開発だけではなくて,サプライヤーの技術革新を使う立場. Ufが拾い上げた需要に基づいて以下のことなどを行う。
  • 色やデザイン性の充実
  • 機能性の向上.厳しい基準をクリアする&テストする.
  • サステイナビリティ.自社だけではなく,客のサステイナビリティストーリーに貢献することも含む.
(6)
Brexitの影響は?
(吉村)
影響はある.特にハードBrexitだと. 現時点ではヨーロッパでの販売の比率は大したことないが, どこで売るかなど,今後の拡大の方針に影響するかもしれない. 例えば,レスター経由とは別の輸送経路を採用するとか. クラーケンウェルのショールームへの影響はなかろう.

(11) 機関投資家とのミーティングにおける彼らの反応は?
(吉村)
やっているのは中野. 結構な回数をやっている.
(中野)
今日の株主総会の質問のような内容. あと,株式の流動性について.

10:53- 採決

10:56終了

激辛ラーメンのせいでお腹痛くて下痢気味なので質問は少なめ. もうちょっとだけ質問したかった. 総会後トイレにダッシュ.

ちょっとだけ遅れて合流してプチオフ回. 5名(前回の3名+2名,YTKYS?YTKTS?). 場所はいつものデニーズ. 物凄く個人的なこと,UfHDのこと,他の投資や金のことなど, 飲み食いしながら楽しく雑談. 5人で7500円ほどか.

JR八王子駅までダラダラ歩いて散会. 軽く調べた後で城攻めに出発(八王子城).

夜遅く帰宅. 駅からはタクシー.

ichonan at 09:50|PermalinkComments(0) B:株主総会潜入ログ 

Ultrafabrics Holdings SUSTAINABILITY REPORT 2019のメモ

Ultrafabrics Holdings SUSTAINABILITY REPORT 2019のメモ. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235,UfHD)のCSRレポートの抜粋. 箇条書き. 他でも書かれている内容も含まれる.
  • 2019/03/28の総会に出た株主はその日のうちに読めた. 他の人も国内なら3月中に読めただろう. この記事を書いている時点では会社のウェブに上がっていない. 記事をupした直後に公開される予感。
  • HDのトップメッセージは4月に更新されたウェブのものとたぶん同じ. UfとDKKについてもトップメッセージあり.
    • 「本革に近い製品を目指して開発や生産をしているわけではありません.」
    • 「グローバルブランドの確立を目指した積極的な情報発信を推進します.」
    • 「当社が成長戦略の柱と位置づけるグローバルに事業を展開する自動車や航空機分野のお客様との取引を積極的に推進できる体制が整いました.」
    • 「引き続き強い需要が期待されております.」
    • 「新たな成長機会を持続的に創出していきます.」
    • 「工場と研究所を含む組織体制の大幅な変更を行いました.」
    • 「当社が認証を取得していたISO9001の海外拡張を実現(UltrafabricsによるISO9001の認証取得)し,更にIATF16949認証の取得準備を開始しました.」
    • 「バイオベースの商品開発などに積極的に取り組んでいます.」
    • 「これまでに経験していない大幅な設備及び人員増強を行い」
    • 「新しい設備導入による効率的な製造プロセスの構築や,ISO14001認証取得に向けた環境マネジメント体制の整備を開始」
  • 「大規模な改装をすることなく,少ない材料でトレンドやニーズに応じたショールームの模様替えが可能です.」
  • 「2019年には農産物や森林物質などの再生可能資源から作られた製品に与えられる米国農務省のバイオベース製品認証を取得した製品を販売する予定です.」
  • 「2018年10月には全ての製品ラインに関してHealth Product Declarations(HPDs)を発行しました.」
  • 「Indoor Advantage認証取得に向けた第三者機関による監査を進めており,2019年中の認証取得を目指しております.」
  • 将来は無溶剤製品もラインアップに加わる予定.
  • 群馬工場の中の写真.
  • 溶剤について. 「2018年の8月には回収・再利用のための新しい設備の建設が完了し,運転を開始しています.」
  • 「駐在員派遣や人材交流プログラムの実施による両者の経営層・従業員の交流を通じた相互理解促進に積極的に取り組んでいます.」
  • 「事業拡大に伴う生産量の増加に対し,生産機器の増強とともに適時・適切な人員採用を推進し,過剰な労働負荷を低減する取り組みも継続しています.」
  • Parquet,YUKIZNA,多摩美術大学CMTEL.


ichonan at 09:08|PermalinkComments(0) 銘柄メモ番外編 

2018年12月30日

長期パフォーマンスのまとめ

(2018/12/30)2018年分を記述。
2009年まで
ちゃんとログをとらず。 体感では配当利回りが高い分だけ日経平均やTOPIXに勝っている程度。 経験上は体感よりも実際の方が上のことが多いのだけど、ちゃんとしたログがないから負けているものとして考えておいた方がよかろう。 主に使っている証券会社である楽天証券のログ(配当も増資もパフォーマンスとして計上)だと、 2007年が+156.626%、2008年が+129.690%、2009年が+88.702%。 もちろん、この数字においては増資の影響が大きいし、2007年に関しては2006年に大半を済ませたはずの主に使う証券会社の移行による入金の影響も結構大きいはずだし、2008年も移行の影響が少し残っていると思う。 2006年は増資抜きだと多分というかほぼ確実に負け(投資額は大したことない)。 この年までは楽天証券でもまともなログがない。
2010年
僕 : +4.657%、+7.106%(配当込み)、+25.508%(配当と増資込み)
パフォーマンスのログをちゃんと取り始めたのはこの年から。 途中で思い立った都合で、メインの口座の楽天証券分のみで評価している。 この年は記録の仕方が杜撰だったので、楽天証券分パフォーマンスをかなり保守的に評価している。 その半面、他の証券口座のパフォーマンスは多分少しのマイナスだけど、比率や影響としては微々たるものだ。
TOPIX : -0.968%
日経平均株価 : -3.010%
2011年
僕 : -8.618%、-6.236%(配当込み)、+3.931%(配当と増資込み)
   配当受取予定額 : +25.708%
   ルックスルー利益 : +55.901%
   PBRとROEが変化しなかった場合の利益 : +19.884%
TOPIX : -18.935%
日経平均株価 : -17.338%
2012年
僕 : +48.780%、+53.286%(配当込み)、+62.126%(配当と増資込み)
   配当受取予定額 : +17.587%
   ルックスルー利益 : +19.681%
   PBRとROEが変化しなかった場合の利益 : 税制の影響やら年末のログの取り忘れやらで放置
TOPIX : +18.005%
日経平均株価 : +22.942%
2013年
僕 : +37.857%(保守的)、+40.016%(配当込み)、+42.230%(配当と増資込み)
TOPIX : +51.464%
日経平均株価 : +56.719%
2014年
僕 : +48.400%(配当と増資込み)
TOPIX : +8.079%
日経平均株価 : +7.117%

増資前パフォーマンスや配当増資前パフォーマンスは、 この4月のきっかけ &面倒なこと&影響が少なくなったことを理由として月次では計算していない。 ログをさかのぼるのも面倒。 また、同じ契機と理由から、今年は(今年4月からは)マネックス証券分は無視して計算している。 線形近似でさらっと暗算した程度の確認だけど、増資の影響はパフォーマンスを年初比で1%程度、配当の影響はパフォーマンスを年初比で2.0%程度上振れさせていると思う。
2015年
僕 : -2.046%(配当と増資込み)
TOPIX : +9.931%
日経平均株価 : +9.070%

マイナス。 ただ、2014年分の含み益を2015年(主に前半)に利確した影響と車を買うための出金の影響が非常に大きいため、純粋な投資パフォーマンス部分で見るとプラス。 ただ、その場合でもTOPIXには負けていると思う。
2016年
僕 : +32.138%(配当と増資込み)
TOPIX : -1.854%
日経平均株価 : +0.423%

ほとんどは11月のトランプショックのときに派手にポジションを入れ替えたことと第一化成が噴いたことの影響。 11月だけで+40.676%で、これを除いたらマイナス。 Ultrafabricsの買収は頭の中にはあったけどガチで狙ってたのは随分と昔の話であって、発表の時点ではPF二位でありながら持っている株数としては最もたくさん持っていた時期の6割ぐらいだと思う。 買おうとするのは当然と考え、売ってもらえないんだと推測していた。 11/28に買い増ししてPFの1位に。

片手間でやってるので仕方ない面はあるのだけど、もっとマメに時間をかけて投資してたら、とくに今年の場合は全体の資金の需給をもっと意識してたら、+50%ぐらいは楽々といっていたと思う。 さらに、信用口座持っていたらトランプショックのときと11/28にもっと派手に動いていたのは確実なわけか。 他の時期に色気出して大損していた可能性もあるけど。
2017年
僕 : +129.490%(配当と増資込み)
TOPIX : +19.685%
日経平均株価 : +19.098%

できすぎ。 主力の第一化成(10月からウルトラファブリックス・ホールディングス)が1月末に噴いて、その後も概ねゆっくり少しずつ買い増して、後半なんかはほぼUfHD連動型ファンドとしてのパフォーマンス。 第一化成(ウルトラファブリックス・ホールディングス)関係でのこのパフォーマンスは2018年でたぶんおしまい。 もしかしたら目論見が外れて2018年の2月末は泣きぬれているかもしれないけど。

かなり前から増資の影響はほぼ無視できる状態にはなっている。 最近とか(妻の)無駄遣いが多くて車買うわけじゃないのに出金することもある。
2018年
僕 : -10.039%(配当と増資込み)
TOPIX : -17.8%
日経平均株価 : -12.08%

マイナス。 2017年のところで「もしかしたら目論見が外れて2018年の2月末は泣きぬれているかもしれないけど。 」って書きましたよね、僕。 まあ、ファンダの肝心な部分は目論みの通りなんだけど2月の血のバレンタインがねえ。 これに近い感じ。 しかも現物のみで。 2月は-39.582%、 3月は-4.784%、 4月は-11.675%、 5月は-3.415%、 6月は-1.656%。

2016年11月末からは、僕みたいなスタイルならば、第一化成(現ウルトラファブリックス・ホールディングス)を握って何年か寝とくのが良いのかなってことを思ったりしてたけど、そうなりました。 2018年2月半ばまでは意識して、そこから9ヵ月間は選択の余地があまりなくて。 2019年は血のバレンタイン第二章なのか歓喜のバレンタインなのかどっちなんでしょうかね。 後者にベットしてるわけだけれども。


ichonan at 02:29|PermalinkComments(5) パフォーマンスのログ 

2018年12月29日

2018年前半(のつもりが年間)のパフォーマンスのメモ

2018/12/29, 2018年12月通算のパフォーマンスを記述。 後半用に分けるの面倒なので、やるなら後で。
2017年後半はこちら

2018年12月通算

入金久々に多め。配当雀の涙。
今月の僕(楽天証券分) : -8.180%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-10.039%(配当・増資込み)

久々の年間マイナス。

市場全体としてはかなり酷い下落。 リーマンショック級と喩える人多数。 株価、退場報告、音信不通だけ見てればそうだろうね。 基本的にこういうのって「たぶん市場が馬鹿」ぐらいに思ってる。 僕があれやあれの影響を過小評価している可能性は頭の片隅にはあるけど、それは1年前も2年前も3年前も同じ。 フランスの暴動&マクロン(orとりまき)の馬鹿っぷりというか韓国の真似をした経済政策、アメリカvs中国というか中国共産党がトランプ政権に怒られている件で中国がアメリカ国債を一気に放出する可能性、毎度のレベルを超えた韓国の基地外っぷり、ソフトバンク上場、日本が捕鯨の何かを脱退(何で今まで入ってたのだろう)、日銀は緩和ペース縮小中、アメリカ予算案否決(定期)。

ちゃんとは確認していないが、証券会社へのマイナンバーの提出期限って、2018年内から3年間延期されたらしい。

日産のカルロス・ゴーン。 特別背任で再逮捕。 事実関係がマスコミの言う捜査関係者の主張の通りなら色々ダメだし、ゴーン擁護派の人の主張にも、そりゃ当然ダメでしょってのが含まれるが、「何でもっと酷いのは放置なの?」ってのは常々思う。

ちょっとは売買したけど、基本はウルトラファブリックス・ホールディングスを抱えて含み益に耐えていると近似できる状態のまま。 というか株数ちょっと増えたし。 ソフトバンクグループの子会社のソフトバンク(旧vodafone)が上場。 親子そろってどころか関連会社や大手証券会社まで含めて今まで以上に嫌われ者コースかねえ。 ここまで酷い売りつけ方は記憶にない。

風邪をこじらせて、というか、風邪=>回復=>風邪=>回復、ってのを繰り返していた。 社畜業超絶多忙。 ツイッターのUIが少しマシになってきたかも。 ヤンキーが真面目に授業を聞いていた的な意味で。

韓国。自衛隊機に攻撃用レーダー照射。 これって、たぶん、韓国が、僕の今までのイメージや韓国のダメさを紹介する記事よりもずっと酷いことになっていることを意味している。 その後もいつも通りに嘘をつき続ける末期症状。

ファーウェイ(華為)。 パスポートを多数持つことを中国共産党が認めていたことと、中国共産党が報復と脅迫を目的にカナダ人を何人も拘束して殺害しようとしている(既に殺された?)っぽいことが、ファーウェイがどういう会社かを物語っている。

ussiさんが放送やってた。 岐阜暴威さん、12月だけで退場三回?

投資対象としてではない興味。割と強め。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. オリックス(8591)
  4. 日本エスリード(8877)
  5. 明光ネットワーク・ジャパン(4668)

2018年11月通算

出金ちょっぴり。配当雀の涙。
今月の僕(楽天証券分) : +35.035%(配当・増資込み)
年初からの通算の僕(楽天証券分):-2.024%(配当・増資込み)

UfHDが3Q発表時に意外な上方修正。 たぶん仕方なく。 3Qの内容(ちゃんと見ないと分からない)、上方修正、ライザップ系を初めとする他の決算の糞っぷりが原因だろうが結構上昇。 二回にわたって血のバレンタイン直前の株価を超えた。 ついでにレンジローバーへの採用がニュース割と頻繁に出てて、株やM&A関係ではない日本語の記事の中でUltrafabricsって書かれるのは知る範囲では多分初。

ライザップの決算書の読み方は慣れてない人の勉強用題材としていいだろうね。 ソフトバンクのIPOの情報はちゃんとは追ってないし、もちろん価格次第なんだけど、IPOに応募して長い事持つ気の株主の視点ではろくなのを聞かない。 郵政関係の上場のときみたい。

韓国が自殺にまっしぐら。 加速気味。

大阪万博招致決定。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. オリックス(8591)
  4. エフ・ジェー・ネクスト(8935)
  5. 日本エスリード(8877)

2018年10月通算

出金ちょっぴり。配当なし。
僕(楽天証券分) : +9.407%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-27.444%(配当・増資込み)

もしかしたらパフォランビリ脱出かもね。 ウルトラファブリックス・ホールディングスの利確&買戻しを少々やったり、間にプレサンスコーポレーションやそーせいグループ等をはさんだり。 その程度の少額の売買を不定期に。 少しの利益&それを超える源泉徴収。 それだけ。 ベースはUfHDをホールド。 Amazon、そーせい、インソースあたりを調べる気持ちが少し出てきた。

煽り屋のお客さんの悲鳴が結構頻繁にスクショとして流れてきた。

今に始まったことではないが、韓国のキチガイっぷりが凄い。 韓国人を雇用するの禁止すりゃいいんなじゃないかな。 雇用したら国家レベルで激怒するんでしょ。 そうすればWin-Winでしょ。 あまり指摘されないけど、韓国って反日や反米であるだけではなく反韓でもある。 あと、これもあまり指摘されないけど、日本やアメリカにとっては有事の際の大切な緩衝地帯でもある。

安田純平こと韓国人のウマル氏が来日したそうな。 案の定、何から何まで突っ込まれまくり。 一部のキモいメディアが英雄扱い。 前々から指摘されてたプロ人質という表現に説得力を持たせる材料がわんさか出てくる。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. オリックス(8591)
  3. SFPホールディングス(3198)
  4. エフ・ジェー・ネクスト(8935)
  5. プレサンスコーポレーション(3254)

2018年9月通算

出金結構多め。配当あっても少し。
僕(楽天証券分) : +6.449%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-33.683%(配当・増資込み)

TOTTORIの秋。

BONSAIの秋。

北海道の地震。 左翼が如何にキチガイかわかる情報多数。 端的に表現すると、「人命より反原発!」「人命より反安倍!」ってあたり。 あーいうのと比べたら凡百のサイコパスの方がずっとマシっすな。

自民党の総裁選。 当り前だけど安倍の圧勝。 石破がダメなのはわかってたけど、ここまで酷いとは思っていませんでしたよ。 立憲民主党に行けば一番優秀だとは思う。

国連。安倍首相と握手をしたい人が長蛇の列を作るという凄い映像。 一般人じゃなくて関係者ね。 こういうのって見た記憶がない。 ダライ・ラマ14世やローマ法王だと似たようなことはきっとあるんだろうけど。

主力のUfHDが血のバレンタイン後の寄り超えの1802円まで回復。 ちなみに上場来高値は3700円。 大人の空売りはOXAM以外は報告義務なしまで撤収。 そーせいをストップ安後の寄りで買ったけど、よくわかってないので、ほぼ確実に取れる小遣い稼ぎしてこの時に買った分は寄りから間もなく売却。 その後ですっげー上昇。 TATERUのリバもすげー。 こっちはファンダ面の理由はセンサーに引っかからないけど。

岐阜暴威氏。前からアレだったけど、どんどんダメになっていく。 投資家的にというか人間的に。 上から目線とか、他人に対する支離滅裂な攻撃とか。 しかも教えを乞うツイートの後で。

9/28に投資先関連で見方によっては凄い情報を仕入れてwktkしてきた。 とりあえず会社にメールした。

書いているのは9/29。 小学校の運動会中止。 また巨大台風(24号)直撃っすか。住んでいるあたりのピークは9/30。 ネタ映像の宝庫でもあった台風21号も9月(の頭)。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. オリックス(8591)
  4. SFPホールディングス(3198)
  5. エフ・ジェー・ネクスト(8935)

2018年8月通算

出金ちょっと。配当あっても少し。
僕(楽天証券分) : +18.307%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-37.701%(配当・増資込み)

主力のUfHDが血のバレンタイン後の寄り付近まで回復。 ちょっぴりだけど、そーせいグループを買った。 興味は少々前からあったけど僕にとっては敷居の高い会社で、ちゃんとバリュエーションできているわけではない。 買わないとバリュエーションしないと思ったんで。

城攻めと子育てと社畜の夏。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)
  2. プレサンスコーポレーション(3254)
  3. エフ・ジェー・ネクスト(8935)
  4. SFPホールディングス(3198)
  5. オリックス(8591)
集計してて気づいたんだけど、エフ・ジェー・ネクストが過去数か月のいくつかの月で、公開している上位リストにはないけど実際には4位か5位(3位もありうる)に入っていたことがあったかもしれない。 というか多分少しはあったと推測。 ウェイトが低い部分は概算で適当に集計していたせい。 サブ口座分のポジが順位に影響していた。

2018年7月通算

入金少々。配当あっても少し。
僕(楽天証券分) : +1.368%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-47.341%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 社畜ハード。 韓国人のウマルさん斜め上。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. SFPホールディングス
  3. オリックス
  4. 日本エスリード
  5. 明光ネットワークジャパン

2018年6月通算

出金少々。配当それなりだけど3月末に比べると微小。
僕(楽天証券分) : -1.656%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-48.052%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 ウルトラファブリックス・ホールディングスを握って寝ているのが基本。 そろそろ月次ではプラ転のつもりでいたけど結局マイナス。 定量分析やってたら容易にわかることが少しだけヴェリタスに書かれたけど反応は小さいのが一瞬。 額は大したことないけど、最近は毎月出金ばっかやってるなあ。

割と社畜ハード。 さらに、7/1(日)が家畜ハードだったので書く気力なし。

サッカーのワールドカップのポーランド戦。 素晴しい。 グループリーグギリギリ通過。

TPP法案と働き方法案(正式名称は多分もっと長い)が成立。 今までとは違ってお馬鹿さんがTPPのことで騒いでいるのを聞かない。 ワールドカップのせいか、記憶力の限界か、モリカケで忙しかったのか、不祥事対応で忙しかったのか、四月末からの連休の延長なのか。 働き方法案の方はお馬鹿さんが騒いでいるのが流れてくる。

唯一神又吉光雄イエス・キリストが政界というか選挙運動引退。 体調の問題とのこと。

RADWIMPSというグループのコンサート@ポートアイランドに対する嫌がらせが随分前から匿名の人の集団(?)により予告されていて、警察が軽く警戒していたみたい。 朝鮮学校の無償化を訴えてる場面とかが撮影されてた。 参加者は衝撃の3人から5人。 コンサートに来た人はお行儀よくスルーか遠巻きに少しだけ撮影。 容疑者逮捕(道路交通法違反)。 免許証の提示を頑なに拒んで、取調べでも人定の段階を黙秘していたという衝撃。 なぜか弁護士を名乗る人が怒りまくっててまるで状況を見ていたかのようなことを書いていたけど、一員であって、一員であるにも関わらず違法行為をしないようにとか、デモの許可取れとか、アドバイスしなかったってことなんですかね。

本人にイイネされた。

朝日新聞社が北朝鮮からの荷物の持ち込みを税関が取り締まったことに怒り心頭。
「修学旅行で北朝鮮土産「税関が不当に押収」 総連が抗議:朝日新聞デジタル」, https://www.asahi.com/articles/ASL6Y5SB8L6YUTIL036.html , 2018年6月29日23時45分
前々から言われていることだし、僕もそういう一面が強いとは思ってるけど、ここまで立場を明確にした記事(?)って久しぶりに見た。 これ、結構重要だと思うんだ。 これは立憲民主党とか国民民主党とか共産党とかの先生方に声に出して読んでもらいたい。

ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. SFPホールディングス
  3. 日本エスリード
  4. オリックス
  5. 明光ネットワークジャパン

2018年5月通算

出金少々。配当雀の涙。
僕(楽天証券分) : -3.415%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-47.177%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 社畜ハードモードはあと半月ほどは続く。 日本大学のアメフト関係が組織のガバナンスや危機管理の悪い事例としてなかなか。 そのせいで法政大学のダメっぷりは忘れられがち。 国民民主党というのは既にできたのかな。 民主党の名前が残ったので立憲民主党と同様に元民主党ということがわかりやすくて、その意味では良い。 立憲民主党の議員さんたちは20連休近い休みを取ったみたいですね。 審議拒否を含めたらもっとか。 そして、審議が足りないとか自民党による強行採決だと騒いでおられる。 NHKや民放キー局や朝日新聞や毎日新聞などの多くのマスメディアのクズっぷりは相変わらずなんだけど、ネットの左翼の一部では微妙な変化の兆し。 「安倍は極悪人だけど枝野や蓮舫にも少しは問題がある」という、左翼の割にはマシな言葉がちらほら。

アメリカと北朝鮮の首脳会談があるとかないとか。 トランプが机叩いて出て行ってカリアゲが平謝りで仕切り直しを検討中的な。 韓国の大統領はトランプの命令で動いているのかカリアゲの命令で動いているのか。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。 順位変わらず。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 日本エスリード
  4. SFPホールディングス
  5. オリックス

2018年4月通算

出金ちょっと。配当なし。
僕(楽天証券分) : -11.675%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-45.309%(配当・増資込み)

ほぼ放置。 ほんのちょっぴり気まぐれ投機。 社畜業忙しス。 半島まわりが騒がしい。 サッカーの監督解任騒動はフォローしていない。 パフォランは2月3月に続いてビリでしょうな。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 日本エスリード
  4. SFPホールディングス
  5. オリックス

2018年3月通算

出金多め(雑所得の確定申告用)。配当月末にどっかん。
僕(楽天証券分) : -4.784%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-38.080%(配当・増資込み)

ウルトラファブリックス・ホールディングスを握って放置。 二月末時点では 個人投資家パフォーマンスランキング でビリだったんだけど、今回もたぶんビリだろう。

社畜業が率直に言って鬼ハードだった。 立憲民主党、日本共産党、民進党あたりが相変わらずクズっぷり全開。 政治家や政党としてクズとかそういレベルではない。 3/29に無理してウルトラファブリックス・ホールディングスの株主総会@八王子に参加。 総会そのものもプチオフも有意義な時間だった。 総会周辺は後でまとめよう(気が向いたら)。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 三栄建築設計
  4. 日本エスリード
  5. オリックス

2018年2月通算

入金少々。配当たぶんなし。
僕(楽天証券分) : -39.582%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):-34.969%(配当・増資込み)

塩特盛ファブリックスホールディングスの一言。 もしかしたら、個人投資家パフォーマンスランキングで初の息してる人の中でのビリを達成できるのだろうか。

率直に。 ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235,UfHD)のこと。 基本的に保守的な予想を出す会社だという認識はあったけど、ここまでとは思っちゃおらなんだ。 多分監査法人や東芝の影響もあるんだろうなってのは発表後に思うようになった。 実績面はというと、当然ながら利益じゃなくてもっとリアルな数字への変換はするとして、概ね想定の範囲だけど、僕的な予想の中央よりはほんの少し下ってあたり。 表面ではなくてリアルな部分ね。 どのあたりかというと空輸コスト。 戦略的にごく短期間コストがかさむのは当然ありうることだけど、新ラインの本格稼働まで続くというのはミスったんじゃね?って気がするし、株主総会に出席できるなら確実に聞きますなあ。

規模の割には余力ないんだけど少しだけ買い増した。

オリンピックはほぼTL情報限定。 妻もほぼ見ていない模様。 羽生結弦の情報は見てたっぽいけど、やっぱ浅田真央と比べたらどうでもいいらしい。 日本人選手が活躍したらしいけど、ほぼモルゲッソヨ。 韓国でやったというのは事前に確定していた失敗だと思う。 IOCにとっても、選手にとっても、そして韓国にとっても。 2020が東京であることは、世界的にはどうか知らんけど、日本にとっては失敗だと思う。 結果云々ではなくて既に。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. シノケングループ
  3. 三栄建築設計
  4. 日本エスリード
  5. SFPホールディングス

2018年1月通算

入金少々。配当なし。
僕(楽天証券分) : +7.636%(配当・増資込み)
年初からの通算(楽天証券分):+7.636%(配当・増資込み)

ここ で書いたように今年からパフォーマンスの書き方を少し変える。 厳密には連続性がなくなるけど、変更部分があまりにも少額なので実質的にはほぼ連続。

去年は年初からパフォーマンステロとメシウマ提供を繰り返していたのに対して今年最初の月は地味なパフォーマンス。 基本はUfHDを持っているだけなんだけど少し投機にも手を出して裏目った。

NEMという仮想通貨がCoinCheckという取引業者から時価で580億円ほど盗まれたらしい。 横領なのか単なる盗難なのかわからんだろなー。 現在も進行中だけど、時を追うごとに追加される情報のほとんどはCoinCheckのダメダメさ。



ポートフォリオの主要5銘柄(貸株とサブ口座のMONEX証券分も含む)はウェイト順に以下の通り。
  1. ウルトラファブリックス・ホールディングス
  2. プレサンスコーポレーション
  3. 明光ネットワークジャパン
  4. シノケングループ
  5. 日本エスリード
プレサンスが5位以内に復帰。


ichonan at 23:43|PermalinkComments(0) パフォーマンスのログ