2010年08月

2010年08月31日

頭の使い方を教えることの意義

頭の使い方を教えると学習が一気に進むことがある. 2歳にもなると今までに得た知識を新しく得た知識と結びつけようとする. 理解しようとする. ここで,「理解する」よりも「丸暗記する」や「慣れる」の方が効率的なことは多い. 同じ「理解する」にしても,無理やり結びつけようとして脆弱なモデルを頭の中に作るよりは最初から妥当なモデルを作った方がよかろう.

極端に勉強ができないというのは,まず第一にやる気や学習者にとっての重要度の問題なんだろうけど,I.Q.とかと比べると頭の使い方のノウハウの方がずっと影響が大きいと思う.

以下,例をいくつか.

まず外国語.
  • 英語の方が発音の種類が多い. ローマ字表記には無理がある. 日本語の音として聞き取るのには無理がある.
  • 英語と日本語の単語を一対一に対応させるのには無理がある. 対応していないのだから.
  • 子音だけでも発音の単位である. 日本語では子音だけで発音の単位になるケースは非常に少ない. 文末の「す」ぐらいだろう.
  • 外国語は文章ごと覚える方が楽.
  • 日本語を使うときに辞書を使用することは頻繁にはない. 英語もかなりの部分は綴りや音や文脈から判断すればよい.
  • 日本語のアクセントは音の高低,英語のアクセントは強弱.
  • 固い内容のときにはaとtheを使わないと意味が通じない.
  • 時制の表現は日本語とはまったく別物. 慣れないとスムーズには使えない.
  • 日本語と英語をリンクさせるのではなく,英語と概念をリンクさせろ.
  • 制度や固有名詞を訳そうとしても無理. 対応する概念がないんだから.
数学.
  • 定義を知らなければ何もできない. 何も導けない. 理解できていないのではなく,君は定義を覚えていないのではないか.
  • 記号をいじり回す学問ではない. 概念を操作する学問だ. 記号というのは伝達や検証のための道具である. 大切なのは記号の「意味」だ.
  • 記号としての丸暗記には無理がある. やるべきなのは,定義を出発地点とする論理の流れとして覚えることとだ.
  • 数学に詳しい人でも短時間で不慣れな問題を解けるわけじゃないし,最初に解いた人も1時間で解いたわけじゃない. 既に整理された内容を頭に入れるからこそ短時間で解けるんだ.
計算機.
  • タッチタイプを覚えろ. 文字の書き方を体で覚えるのと同じ. これ抜きではまともに操作できない. 頭と指とキーが連動していないとピアノなんて引けないでしょ.
  • いじり倒せ. 壊れたりしない. 最悪でも再インストールすれば済む. いじれば直ちに反応が返ってくる. その反応を見て使い方を修正するんだ. ゼロの状態から使い方を頭に入れるんじゃない. 試行錯誤からスタートして修正するんだ.
  • 定義が大切なのはプログラミングも数学もいっしょ. わからなかったら調べましょう.
  • 英語も頑張って読め.
経済学.
  • 専門家と呼ばれている人が実は知ったかぶりの素人だということがこの世界では多い. 判断は難しいが,言葉の定義の論理矛盾に着目していればある程度の見当はつく.
  • 大切なのは言葉から勝手にイメージすることではない. 意中の経済現象をきちんと把握し,その経済現象を適切に名づけて扱うことだ.
  • 物理学のようなガチガチの学問ではない. 「ひどくない近似モデル」を扱う学問ぐらいに考えておいた方がよい.


ichonan at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) <個人用>半端な思考実験 

2010年08月30日

位置付けを教えることの意義

人に教える時って,何につながるかとか,何の役に立つかとか,そういうことを伝えるのってとっても大切なのね. このことは即時的な俗ボケした興味を呼び覚ますためにも有用なんだけど,意義はそれだけじゃない.

「何の役に立つか」というのは,その言葉に説得力を持たせるためには少なくとも一つは現実的な事例を示す必要がある. 現実的な事例といっても結論だけを述べるのではなくって,結論までの論理の道筋や手順を,できればまともな反論が不可能なほどに論理で固めて,それが無理でも,馬鹿やよっぽどの経験不足じゃなければリアリティを感じるほどの情報量で述べる必要がある. そうすることによって始めて「何の役に立つか」「何につながるか」というのが,言葉面だけではない説得力を持つ. 意義が伝わる.

意義が伝われば相手の意欲と興味を喚起できる. それだけでなく,位置づけが伝われば相手にとっても学習の際に今までに得た知識を流用しやすくなり学習効率が上がり,同時に忘れにくくもなる.

副作用として,この手の説明ができるということは,教える側が専門馬鹿ではないことの担保になる. さらに,応用に近い学問や技術や実務スキルの場合だと,教える側が分野の位置づけをわかっているかを知るための強力な手がかりにもなる.

いくつか具体的に考えてみよう.

微分方程式だとどうだろう. 物理の勉強をしたことのある人ならば,極めて少ない微分方程式とその中の記号の定義から非常に豊富な予言や公式が導かれることによってその意義に納得できる. 単純な事例としてはニュートンの運動方程式と電気回路の過渡応答でよいだろう. 流体の分析や人口の分析でもよいだろう.

線形代数だとどうだろう. x,y,zだけじゃ手に負えない事例だろうか. 線形計画法や線形システム理論と,その応用であるロケットの打ち上げや飛行機の自動航行や家計の予算の管理なんかが該当するだろうか. x,y,zの3変数に関しては既に知っている空間図形の扱いや確率の計算や変化の分析を,ものすごく一般的な形で扱うことができるようになるというのが肝か. 単純な事例として適切なのはやはり,商売上のお金の計算か. これもやっぱりLPの話になっちゃいそう. 鶴亀算の十二支バージョンだとどうだろう. りんご,みかん,バナナ,キウイ,マンゴー,パイナップルの場合だとどうか. 逆行列の概念とからめたら意義は伝わるだろう.

数学全般だとどうだろう. 別に数学に限ったことじゃないけど読み書きの道具としての意義が最重要だろう. 数学ができないと科学と工学と経済学は理解できない. 統計なんかも理解できない. これが理解できないと,相手が本当のことを言っているのか嘘つきなのかわからない. また,書物や教師から学ぶことが至難の業になる.

論理一般だとどうか. わかりやすい詭弁,インチキ慈善活動化の主張,数学の例えば「1=2」の証明なんかを例に出すとよいだろう. 自分の正当性,自分が悪くないことを主張させたらどうだろう. 模擬法廷,とくに,教師が凶悪犯罪の被告人になった場合はどうだろう. 政治家の主張(マニフェスト)の矛盾に気付くことの重要さだと面白いか. 矛盾の語源の寓話そのものでもよいだろう.

プログラミングだとどうか. 「1+...+10000」なら暗算できる. 「1+(1/2)^2+(1/3)^2+...」も計算できる. でも,無茶苦茶複雑な関数の定積分だとどうだろう. コンピュータを使って初めて「簡単に」できる. 2次元の関数の値が最も小さくなる点を求める問題はどうだろう. これもNPの問題が出ない範囲では本質は同じだ.

経済学はどうだろう. 逆選択やレントシーキングなんかは,かなりの部分で高校受験や大学受験のイメージと重なる. 価格が何円であろうと取引自体が効用を生むというのも明確に述べると新鮮だろう. これを足がかりに制度の設計の話にするのもよいだろう. マクロ経済の場合でも,政治家を選ぶことと関連させればよいだろう. とくに消費税や法人税のようなマスコミがあまりにも糞で左翼政治家が好んで話す内容なんかが面白そうだ.

法律はどうだろう. 少々面倒に感じることも多いけど,社会を構成する人が色んな取り決めに従って生きるからこそ,人がどう動くかという面で未来を予測できる. 予測できるから無駄が減り計画的に行動できる. カオスではなくなる. では,法律がなかったらどうなるだろう. 交通事故はどうなるか. 社会インフラは整備されるか. 殺人凶は駆除されるか. 法律があることは十分条件からどの程度離れているか. そして,定められている法律を自分が知らなかったらどういう不都合があるだろうか. 自分だけ道路交通法を知らなかったらどうだろうか. 自分だけ民事訴訟法も弁護士の存在も知らず,知らないことが悪党にばれていたらどうなるだろうか. 連帯保証人の意味を知らなかったらどうだろうか. 日本でイスラム法や禁酒法などを信じていたらどうなるだろうか. そんなところか.

外国語はどうだろう. 訳書は信頼できるか. 日本語が世界中の情報のどれだけをカバーしているだろうか. 科学や技術の最先端に関する日本語の情報はどれくらいあるだろうか. 言葉の壁を乗り越えられたらどれくらいの自由が得られるだろうか. 海外旅行がどれだけ楽しくなるか. いざというときに海外に出稼ぎに行けるか.

ichonan at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) <個人用>半端な思考実験 

2010年08月28日

楽天レンタルからTSUTAYAのDISCASに変えた

これの続き。

楽天レンタルのDVDの返却も終り、楽天から返却確認のメールが届き、後はたぶん月末を待つだけ。 あと8枚ほどレンタルする権利はあるのだけど時間の無駄だ。 楽天の相手をする時間と労力が勿体無い。

そんなわけでTSUTAYAのDISCASに変更したんだけど在庫枚数が段違いですね。やっぱり。 相変わらず容易に改善できる点を指摘できることには変わりないんだけど、以前のような劣悪なド素人丸出しのウェブインターフェイスではなくなっていて結構感心してしまった。 値段もいつのまにか大幅に下がっていて、価格面では楽天レンタルとほとんど変わりないようだ。

楽天ポイントが使えないこと以外では負けていない。 見たいDVDが借りられるという点で決定的に勝っている。

最初に送られてきた二枚は楽天レンタルで何ヶ月も借りられずにいた「ノッティングヒルの恋人」と「ナンバーズ SEASON3, vol.1」だった。

ichonan at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース | 極めて個人的なこと

2010年08月26日

夏にCoco壱番屋の激辛カレーを食べるたら体調が結構よかった

夏バテというのか知らないけど,今年の夏は毎日のように寝つきが悪く,毎日のように眠りが浅く,昼食をとってしまうと昼過ぎに確実に異様な眠気に襲われ,今までは非常につらかった.

そんなある日,街でCoco壱番屋を見て,久しぶりに何となく入って,ビーフカレーの10辛を久しぶりに食べてみた. 最後の方は口がヒリヒリして少しつらかったものの,激辛カレーというのは久しぶりに食べると非常においしい. 食べてしばらくは胃のあたりが刺激の強さと戦っているような感じがしたけど腹痛にはならず. 次の日にケツの穴が痛いなんてこともない.

で,そしたらどうよ. どういうわけか,食べた次の日から今までの疲れを感じなくなってしまった. 昼過ぎの眠気も大したことなく,朝の目覚めは気持ちよく,明確な理由もなくダラダラしていたいなんてこともない.

たぶん,激辛カレーのせいだよな.

辛さのせいで代謝が活発になったとか,そういうやつか? 運動不足がたたってリラックスできずに精神面が弱っていた人が軽いスポーツによって元気になることがあるけど,それと似たようなものなのか?

もう少しの間は残暑が続く. 疲れを感じたら意識して激辛カレーを食べてみよう. 夏じゃなくても,朝になっても抜けないような疲れを感じたら食べてみよう. コンビニでもLeeの20倍カレーは売っている. Coco壱番屋の10辛ほどじゃないけど,こちらも結構辛い.

ichonan at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと | <個人用>備忘録

2010年08月25日

気まぐれで常微分方程式の初歩を復習してみた

暑さで頭をやられたせいで気が狂い,何を思ったのか常微分方程式の復習をしてみた. 線形代数とか解析学とか組合せ論とか確率論とかは仕事でも使うが,微分方程式となると定数係数で線形の場合以外は単位の取得以来ほぼ使っていない. 線形で定数係数の場合でもごく稀だ. 他には使うといってもブラック-ショールズ(Black-Sholes)方程式のようなアイデアを厳密さを無視して扱ったり,その他諸々を数値的に扱ったりといった程度だ.

そんで,復習のために本を開いてみると色々と分からないことが出てくる. 結局は教科書の著者がわかっていないか真面目に書いていないかどっちかだという判断にたどり着くわけなんだけど,それまでは正直言って苦労した. その後はスムーズである. 学生の時は教員が何を言っているかわからないというか,教える気がないか教える側がわかっていないかどっちかだったようなので,理解度がいい加減なまま放置していたのよね. 今回復習したのは初歩限定だけど,たぶん初めて「きちんと理解した」と言えると思う.

教科書を網羅したわけでもなく,文句なしの良書を選んで勉強したわけでもない. ただ,「これを説明すればもっとわかりやすくなるのに」とか「著者はわかっていないのか?」とか思うことが多すぎたので,少々メモしておく. この手のメモを書くことにより僕自身も肝の部分を忘れにくくなるだろう.
  • 微分や全微分の定義をわかっていない著者が珍しくない. 「dy/dx」は「dyをdxで割ったもの」としていたり,「Mdx+Ndy=0」の「dx」と「dy」を「dy/dx」の中の記号として扱っていたり. とくに全微分に関してはひどいのが目立つな.
  • いわゆる変数分離というのは微分と積分が逆演算の関係にあるということを利用できる形に落とす方法なんだけど,対象の関数が可微分な場合には微分と積分が逆演算の関係にあることを強調していない. これでは普通の学生は理解が深まらないだろうし,解の一意性の議論にもつながらないだろう.
  • 全微分の定義を蔑ろにしたまま話が進んでいて,解法の説明が「数学の証明」になっておらず「アルゴリズムの記述」で止まっている.
  • 変数変換によって変数分離や定数係数の線形の形に落とせる場合が単なるケーススタディーになっている. 例えば,
    • x^k y^(k)の中の邪魔なx^kを消すような変数変換をする.微分して1/xが出てくればよいのでlog(x)が使えそうだ.
    • 二階微分だけど0階微分の項がないので,とりあえず,dy/dxを出す問題は簡単に解ける. まずはそこから始めよう.
    というような視点があれば理解しやすいだろうに.
  • 値域や定義域を議論していない.
  • 線形で定数係数で高階の常微分方程式を扱うときに,連立方程式としてのアプローチをとっていながらジョルダン標準型や行列指数関数の説明がろくに行われていなかったり,特性方程式の因数分解と根の重複度から考える場合に代数学の基本定理や一般解の空間の基底が出てきていなかったり.
  • 「特異解が存在しない」といういことを示さないままの説明が多すぎる.
まあ,こんなところか. ちゃんとした教科書の有用性や優秀な教師の価値を改めて実感しました.

「数学として正しい説明」というだけなら本は色々ある. だけど,そのような本を素人はどうやって見つければ良いのだろう. 大学の先生の中には良い本を紹介できる人もたくさんいるだろうけど,糞本を世に出している人や糞本を推薦している人も確実に一定量はいるから,素人が良書にたどり着くのは結構大変なのである. 糞本を書いて,もしくは糞本を大学院生に書かせて,教科書として学生に買わせている人もいるようだ.

数学的に正しいとして,その中で読者に配慮しているものや,読者が適性や予備知識に合わせて選択できるものになるとどれだけの本があるだろう. 「予備知識不要」「猿でもわかる」「エンジニアのための」などと謳っているものは大抵は間違いだらけなのである.

議論の流れがストレートなものはどれだけあるだろうか. とくに,「論理的な必然性から導かれる内容」ではなく「他にも色々と候補があるうちの一つの説明」の場合には,鳥瞰図とかアイデアを示した方が理解が早まるし,自力で思い出すのも容易になるのだ. 教える内容が複雑になるほどこの効果は大きいはずなんだけど,意識した書き方の教科書は少ない. このあたりを自力でカバーできる学生なんてあまりいないだろう.

ichonan at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) <個人用>半端な思考実験 

2010年08月19日

デフレの圧力を最近見聞きしない視点から

経済をデフレに向かわせる圧力には色々ある. その中の一つをあまり見聞きしない方向の視点で少々書いてみる. 別に目新しい視点ではない. アメリカやヨーロッパがトリガーになった輸出産業経由の不況の影響ばかり流れるせいでテレビや新聞やネットではあまり見聞きしない、内需を中心とした視点だというだけだ.

まず株式投資を考えてみよう. 株式投資というのは,バブル期を避けて分散投資を長期にわたってやるのならば,預貯金と比べてローリスク・ハイリターンだ. 民主主義国家や資本主義国家の歴史も,強引ではない仮定から導かれる結論も,そのようになっている. 若くて20年スパンで貯蓄の取り崩しなしで生活できるのならば,そのスパンで株式投資をすることもできる.

次に収入を年金と保険以外の部分ではほぼ消費に回す場合を考えてみよう. 長期にわたって安定した収入があることや,それが途絶えても次を探しやすかったりセーフティーネットがあったりするのであれば,安心して消費活動ができる. 安易な消費が危険なのはレバレッジを効かせる場合と収入が途絶えるリスクがある場合である. 投資に回せないという機会損失もあるんだけど,それは致命的なリスクではない.

別に投資でも消費でもいい. 経済を活性化させるにはこの二つが上向けばよい. 消費が増えれば雇用も収入も増える. 価値を加えるインセンティブが出る. 株式投資はマクロ経済でいう投資ではないが,回り回って他人による消費や投資(マクロ経済学で言う投資)になるし, もっと直接的には,資産効果と起業&上場のインセンティブを生む. これらのために肝心なのは,この先20年ぐらいは「貯蓄の取り崩し」をせずに生活できるってことだ. どういう人が該当するかというと,主には,広い能力を持つ若者と安定した収入のある若者だ. こういう人に金が回れば投資や消費は増える.

広い能力を持つ若者なんて一朝一夕には育たないけど,安定した収入のある若者なら簡単に増やせる. 定年延長なんて馬鹿な圧力をかけるのをやめて労働力を取り込みたい企業の邪魔をしなければよい. 消費税を上げると同時にきちんと説明をした上でベーシックインカムのような制度を整備すればよい. ベーシックインカムが無理でも似たような効果を生む仕組みならば,例えば,子供手当ての増額,国民年金の財源の変更(消費税化),大学への補助金をカットしてその分を贈与型の奨学金に回すこと,各種独立行政法人を廃止する(大切な一部のものは国の役所として運営する)ことなどにより簡単にできるだろう. 同じ補助金でも政治家や役人が大好きなものとは違い,こういう形だとレントシーキングや中抜きはおきにくい. 高速道路無料化とか農家の戸別補償(これが正当化できるのは減反政策を止めるための短期の過渡期限定だろう)なんて馬鹿な政策をやめ,用途を若年層への資産移転と地方分権に絞るという条件ならば,自民党はおろかみんなの党でも賛成してくれるんじゃないだろうか. 共産党は反対だろうけど.

このようにすると,大雑把に言うと高齢層から若年層への資産の移転が,安定した収入という形で行われるわけだ. 若年層に資産の移転が行われると,資産は有効活用され,投資と消費は増える. その結果,たぶん,高齢層も貧しくはならない. 若年層が豊かになるだけ.

じゃあ,なんで高齢層に資産が集中していちゃだめで若年層に移転するとよいのか. 端的に言うと高齢層は資産価格の変動に耐えられないから. 若年層であり安定した収入がある場合は資産価格が変動しても値下がりしているときに売る必要はない. これが高齢層になると,価格が有利になるまで待っていると死んでしまう. また,ぱーっと使っちゃうと回復不可能なキャッシュショートを起こす. だから持っていても高齢層だと有効活用しない. 個人向け国債や定期預金のような無リスク債権と引き換えに高齢層の資産を吸収するという手段もあるのだけど,吸収した金を行政が有効活用することはないだろうし,銀行は「既に安定した収入や資産がある人」にしか貸そうとしないだろう. 万が一行政が金の有効活用をできたり,銀行に卓越した審査能力があったりしたら,資産移転ではなく資産の貸し借りでもなんとかなるんだろうけど,「万が一」という域を出ないと思う.

そんで,仕上げに現状を見てみると,日本という国は人口構成がたぶん世界で最も歪で,人口が高齢層にひどく偏っている. その上に,設計が糞なのに長期間放置されていた国民年金制度と市場に枷をはめる数々の失政のせいで,資産が高齢層にものすごく偏っている. だから問題がひどくなっている. 世界で最もひどいのだからアレンジ不要な定石がなく,為政者がアホでは対処できない.

若年層の現状はどうかというと,団塊Jr世代を筆頭に貧乏人の比率が高い. ここ1,2年の新卒世代も放置したら似たような状況になるだろう. 一時的に貧乏なだけなら大した問題ではないのだけど,スキルを身につけることを阻害されたり出生率が低いまま停滞したりするという看過できない非常に大きな弊害もある.

ichonan at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) as 資本主義社会の市民 | <個人用>半端な思考実験

2010年08月18日

清水健太郎師匠,覚醒剤でまた逮捕

清水健太郎容疑者、覚せい剤使用でまた逮捕 , asahi.com, 2010/08/18
 警視庁は18日、俳優の清水健太郎容疑者(57)=東京都台東区寿4丁目、本名・園田巌=を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕し、発表した。

(中略)

清水容疑者は1983年、86年、94年、2004年に大麻の所持や覚せい剤の所持、使用で逮捕され、うち3回は有罪判決を受けている。08年10月には、台東区で乗用車を運転中、自転車の男性に衝突してけがを負わせ、そのまま逃げたとして、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで逮捕され、09年1月に懲役7カ月の実刑判決を受けた。
学生時代は結構な時間を使って麻雀をやっていて,当たり前のように,清水健太郎主演の雀鬼を見て楽しんだもんだ.

裏麻雀勝負!20年間無敗の男 雀鬼 [DVD]裏麻雀勝負!20年間無敗の男 雀鬼 [DVD]
出演:清水健太郎
竹書房(2002-12-14)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

そういや学生の頃には悪のりして数人で「祝・清水健太郎逮捕記念麻雀大会」とか「祝・清水健太郎出所記念麻雀大会」とかやってたな. 大会といってもいつもの徹マンなんだけど.

ichonan at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース | 極めて個人的なこと

2010年08月16日

ブラザーのラベルライター P-touch 190

ブラザー工業のラベルライター「P-touch 190」を入手した。 タイプにもよるし、ブラザー工業からのプレゼントとしてもらったので僕は金は出していないんだけど、ネット経由で買うと3000円強みたい(もっと安い型もあるようだ)。

メーカーから直接もらったからといって、宣伝を約束したわけでも宣伝を依頼されたわけでもない。 ただ単にもらった。

ブラザー ピータッチ190(シルバー)【税込】 P-TOUCH190S [PTOUCH190S]【返品種別A】
ブラザー ピータッチ190(シルバー)【税込】 P-TOUCH190S [PTOUCH190S]【返品種別A】


この手のものに触れるのは大昔の他社製品以来だ。 まだ少ししか使っていないんだけど、遊び道具としても結構よさげである。 この手のものが大好きな妻に取り上げられるのは目に見えているのだが、それまでは少し遊んでみよう。

ちなみにAmazonにおける評判は上々のようだ。ブラザー工業 ラベルライターP-touch190(S)シルバー PT-190S

しばらく使ってみて想定外に素晴らしいことに気付いたり、想定外に逆方向だったことに気付いたりしたら追記しよう。 追記がなければ最初の予想の通り結構よいってこと。

ichonan at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース | 極めて個人的なこと

2010年08月14日

ウェブ上での人間観察

本人がブログを閉鎖した人については色々察して本名を伏せます。 2012年に逮捕されちゃった人についても、実際に殺したわけじゃないし、殺すつもりもないだろうし、たぶんしばらくは服役だろうから同じことを続けることはできないだろうし。そんなわけで氏名の一部は伏せることとします。
ウェブ上の有名人とか有名人が書いているブログとかではなく,ウェブ上で個人的なことを曝け出している人を観察してみる. 個人的なことを晒しているというのは,自分の素性を晒した上で考えや境遇をかなり具体的に書いているということ. 頻繁に顔を合わせる人でも普通はここまでは自分のことを晒さない. ネットがあるからこそ得られる濃い情報である. 得た後でどう使うかなんてことは置いておいて,とりあえず三人分紹介する. 一人目は齋藤○○氏,二人目は半間巌氏,三人目は前田○○氏である.

ちなみに,三人の共通点は「自分のことを晒している」ということであって,主張や境遇には特筆すべき関連性はない. 僕にとっても,齋藤氏を軽く応援したいことと,ネット無しでは触れられなかったであろう事例であるということ以外には,特別な感情はない. また,このエントリーは齋藤氏については軽い応援のつもりである. 半間と前田については単なる観察ログである. 両者は,このブログの著者を向こうから繰り返し軽蔑しているので,別に気遣いはいらないだろう. 半間は「貴族ではない人間に対する軽蔑」という形で. 前田は「東大法学部卒ではない人間に対する軽蔑」という形で.
まずは齋藤○○氏のページから.
齋藤○○ドットッコム
ぐーたらで,将来のことを考えず,20代の半ばまではステレオタイプ的な自業自得の負け組の生活をしていた氏が, などで自分の過去を詳細に晒し,現在は包茎手術とレーシック手術のために低賃金で働きながら,体験したことや考えたことを綴っている. 人間が立ち直ろうと頑張り,そして今のところはスローペースながら成功しており,観察する限りどうにかなりそうな印象を受ける. I.Q.とか一般常識とかいう面ではしっかりしていそうだから,「試用期間は激安賃金で使えなければ本採用なし」ということで勤め先を探せば, 今ご時世でも,齋藤氏の今の職場の1.5倍ぐらいの実質賃金の職ぐらい見つかると思うんだが. 他には給料は今と同程度だけど楽なところとか. 大都会だと日雇い系を上手に入れると齋藤氏の今の収入よりはずっと上になるだろうし,コンビニやファストフードなら今ほどキツいってことはないだろう. コネがあって信用されていれば,「10時間に人が5,6人しか来ない受付で待機する夜勤(客がこなけりゃ本読んでてOK)」ってのもみつかるだろう.

気になるのは,齋藤氏が職の探し方のノウハウを知らないんじゃないのかってこと. 知っていれば彼ならもう少し待遇の良い職場が見つかるだろう. 本当にどうしようもなく使えない人ならばブラックかつ低賃金な職場しかなかろうが,たぶん齋藤氏はそういう人ではない. ハローワークに出る求人なんてほんの一握りであって,他の探し方を知らない人は労働力の買い手市場の中でも極端な場所であるハローワークの市場価格で取引きされてしまう. 求人情報誌の読み方を知っていれば幅はかなり広がるし,情報を見ながら自分の部屋で一晩かけてじっくり考えることもできる. 一応のノウハウのある人ならば,たぶん,労働力を売り込む営業(交渉)をするだろう. 規格化された求人の場合には,応募する人がピンキリだし求人側で質を判断するのは難しいこともあって,労働力の値段は雇用側にとって確実にペイする価格に落ち着く. 自分で営業(交渉)をやっていれば相手に情報が伝わるので,「得体が知れないから低賃金で」ということにはなりにくい. もちろん得体が知られちゃ困るような人が交渉をやると逆効果だろうが. また,自分で営業や交渉をやる程度の能力があるということは自ずと相手に伝わるという側面もあるのだ. 自分で営業や交渉をやることや,ハローワークにない職を探すことによって,能力をアピールでき,賃金交渉で少し有利になるのである.

残る問題は,営業(交渉)の材料があるかということと,営業(交渉)のノウハウがあるかってことだ. たぶん齋藤氏の場合には,「ブラックではない」程度の職を探すのに役立つ程度の材料はある. 特殊技能があるかどうかは知らないが,一般的な頭はあるのだから,1ヶ月後に給料を時給1200円に上げる交渉をすることを宣言し,最初だけ低賃金で一生懸命我慢して働き,少なくとも時給850円の人1.5人分より上ということを伝えればよいのだ. 齋藤氏ならラインのチーフレベルにはすぐになれるだろう. そうすれば実質的な時給で1050円ぐらいはもらえるようになるだろう. ブラックでありながらお役所的だというほど酷い職場じゃなければ交渉する価値はあると思う.

齋藤氏の場合,600万円の年収を1000万円にする交渉どころか,300万円の年収を400万円にする交渉でもない. 「年収250万円で過労つき」の労働条件を「年収280万円で過労なし」にする程度なのだ. この程度であれば,能力を伝えさえすればどうにかなるだろう. 時給2000円とかになると,もうちょっとしっかりした能力の保証がないときつかろうな. 少なくともこの先1年ぐらいは,バイト先での正社員化以外の方法では難しいだろう. とりあえずは低賃金に甘んじながら,人脈作りや技術の習得や資格の取得に専念するしかなかろう.

そうそう,ブログの書籍化の売り込みだけど,出版社に足を運んだ方がいいんじゃないかな. そうじゃなくても,受け取った編集者がその場で内容を読めるように,レイアウトをそろえてプリントアウトしたものを送るとか.

あと,書類に書けるアピールポイントがない場合,面接でテキパキ感や活舌の良さを出せないときついかも. ブログからじゃこのあたりはわからない.

ついでに,関連する僕のブログのエントリー.
二人目は半間巌王子. 何で王子かっていうと,彼のブログを読めばわかるし,ブログのタイトルにもなっている. 濃いぞ.
半間家方の貴族生まれ王子
「2ch」とか色々とキーワードを変えて検索したときにひっかかる量もすごいんだけど,何より凄いのは晒している情報の濃さ. 例えばこんなものもある. 他の人が紹介しているページとして 胸焼けする話 というのがあった. かなり昔から書いていたようだ.
三人目は前田○○法王. 何で法王かっていうと,少し前まで 多角的な解説により(長いので以下略) で法王を自称していたから.

前田○○氏というのは,たぶん少し前にニュースになった人と同一人物で,それがどういう人かというと,Googleで検索すればたくさん出てくる. 文科省の役人と東大教授の殺害予告をして捕まって執行猶予付きの有罪判決受けて現在は刑罰の執行猶予中の東大卒のニートらしい. どっかのブログに貼ってあった昔のニュースによると,「反省しているから執行猶予」らしい. 「反省しているから執行猶予」らしいんだけど,あんまり変わってないようなというか,ひどくなっているような. 事実を無視して事件の自慢までしているし.
最近ちょっと観察していたのだけど,殺害予告書いてしばらくして消すとか,頻繁に「死ね」「自殺しろ」という記事やつぶやきが投稿されるとか,事実誤認と論理破綻のオンパレードとか,そんな感じ. 最近じゃ逮捕状の請求書(?)の偽造までやっていた. 高島章という弁護士が前田氏のブログやtwitterをチェックしているらしく,高島氏に突っ込まれた直後に,該当する記事を消したり,「死ね」というつぶやきが増えたり, 某掲示板該当スレ に前田氏を賞賛する書き込みが増えたりしている. nomurayamansukeなる人物に論破されたときも同じみたい.

高島氏やnomurayamansuke氏に指摘されていることだけではなく,実名を挙げて思いっきり名誉を傷つけるような記述も非常に多いね. 攻撃の対象は親族と東京大学の法学部の教授と文部科学省の役人と高島弁護士が中心みたい. 訴訟になったら,裁判官は「誰も本気にしないから名誉毀損にはあたらない」と判断するんだろうか. 名誉毀損ではなくても立派な「侮辱」ではあるな.

ichonan at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 | 極めて個人的なこと

2010年08月12日

楽天レンタルをやめます

楽天レンタルでDVDが送られてこない件の続報です。 直近の記事は、 楽天商法:楽天レンタルのDVDが届かない件の続報 です。

あれからも送られてこず、試しに、
AV(アダルトビデオ・アダルトDVD)の不人気作品
のうち最も借りやすいものまとめてレンタルリストのトップ数本に並べてみたところ、見事に送られてきました。 別に見たくはないんだけどな。 一部の人気作やオレ好みのものなら見たいけど、そういうのは配送されない。

で、結果だが、8/9になってやっと配送されたことになる。 配送されたといっても、積極的に借りようとする人が極端に少なく、僕にとってもちっとも見たくもないDVDが最優先で送られてくるように設定した上でのことである。 賞味10日の間も、楽天レンタルが推奨する枚数の4〜6倍もの作品をリスティングしていたのに送られてこなかったということか。 しかもさ、送られてきた時点では上位はどうでもよい不人気作ばかりだったんだけど、試しに一番上だけは「最不人気ではない不人気」にしてたのね。 そうしたらさ、その作品は送られてこないでやんの。

そんで休止の手続きですが、僕と同じような境遇であり、その上に調べるのが面倒な人は、もし手元にあるならば早めに楽天にDVDを返却して、それが楽天に届く前に手続きしましょう。 楽天からDVDやCDやBluerayが発送されてしまったら返却確認までは退会や休会をさせてもらえないようです。

いやね、他の部分がしっかりしているのなら返却確認まで退会や休会を認めないのはありだと思うし、僕が事業者でもそうすると思うよ。 でもさ、金を払っている会員にDVDやCDを発送せずにおいてこの対応をするのは人間としてどうなんだ。

あ、そうそう、僕ってさ、良い製品やサービスを提供する会社ってのは基本的には尊重するのよ。 混んでいたら餃子の王将や大衆食堂では早食いして店を出るし、激安の店で小さな商品の瑕疵があった程度なら黙認してるし、名もないサービス業のサービスが素晴らしかったら顧客でありながら手伝うこともあるし。

そういう僕なので、今後しばらく(幹部が総入れ替えにならない限りは少なくとも3年)は、このような態度をとらせて頂きます。 要するに、個々のサービスについて僕個人の利害で判断させてもらいます。 さらに、資本主義の優位性の大前提となる、情報格差の是正や情報の質の高さに貢献させて頂きます。

ま、僕なんて楽天にとってはゴミみたいな存在でしょう。 でも、僕はこのことを多分一生覚えています。 今後は楽天に対しては、シビアな消費者の目線で対応させていただきます。

ついでだが、さっきGoogleで「楽天レンタル」で検索してみたんだけど、少し前と違ってマンセー記事の比率が妙に多くなってたぞ。 何でだ? 何が起きたんだ?

ichonan at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

2010年08月09日

T君の13年強の短い命の終りを知って少々

2010年8月7日の土曜日。 彼の死を知った。 13年とちょっとの短い命だった。 彼が死んでから半月ほどの時を経て初めて知った。 冷徹な視点から見ると意外なくらい長く生きたと言える。 でも、僕の感覚からすると短すぎる。 80歳までとは言わないが、せめて20歳ぐらいまではどうにかならなかったのか。 生後1,2ヶ月の頃から知っていたからよけい思うことがある。

親族の死と似たようなもので、知ってすぐには悲しみなんて浮かんではこない。 ずっと昔からそんなに遠くはないだろうと覚悟はできていたものの、ただただ驚いた。 嗜好を知るぐらいには彼のことを知っているから、これからきっと色々思うのだろう。

晩年の彼は視力がものすごく弱く、僕が目の前にいるのも「何か人型のものがある。」というぐらいにしか認識できず、専ら僕の声と足音で認識していたようだ。 腹が不自然に膨らんでいることも知っていた。 目の周りと耳の周りと口の周りを中心に、アホでもわかるぐらいに健康ではないというシグナルが出ていた。 彼にとって僕は、実際の育ての親ほどではないけど、それを除くと最も信頼できる人だったのだと思う。 僕が会いに行くと自由の利かない体を動かして僕のほうに寄ってきた。

たぶん3,4年前。 医者に、いつ死んでも不思議ではない。 おそらくここ一ヶ月だろう。 そういうことを言われたそうだ。 確か、今と同じ夏だった。 その間に僕は彼に会いに行った。 僕と顔をあわせる数日の間に彼は見違えるほど元気になった。 半端な専門知識と、精神面の強さと健康さが一般に思われているよりも影響が大きいという考えを元に、医者に伝えずに彼を勝手に診察し、薬や手術なしでできることを脳味噌をフル回転させてやってみたもんだ。 徹夜で彼の横にいたもんだ。

こんなことがあるから、僕が彼を引き取って自分の目の届く場所においていたらどうなっただろうかと考えてしまう。 彼が実の親の愛情の下で暮らしていたらどうだったかとか考えてしまう。

ichonan at 00:40|Permalink 極めて個人的なこと 

2010年08月08日

「わかった」という感覚と「理解する」ということ

「わかった」「理解できた」という感覚がわからないという人がいる. このあたりについて乱暴に少し考えてみる.

大学で習う数学や物理の厳しい授業なんかだと,「わかった」という感覚が,単位を取得できるかどうかというレベルでけっこう重要になると思う. 他には,政治における意思決定が典型で,それほど大げさじゃなくても子育てや学校教育なんかでも当てはまるんだけど,他人に干渉する場合にも,「わかった」という感覚が磨かれていないと,「経験的に,歴史的にうまくいった」「失敗したら腹を切る」という以上の信頼性のある選択ができない. 経験的に本当にうまくいったのか,歴史的に本当にうまくいったのか,本当に腹を切るのか,という判断の時点で既に怪しい場合もある.

まず,自分が「わかっているかどうか」を確定することは非常に難しい. そもそも,わかったという感覚はなんなのかというと,比喩になってしまうけど,
  • 頭の中にモデルができた
  • 既に頭の中にあるモデルとの対応を把握できた
という感覚であると言い換えてよかろう. これが,「わかったという感覚」の別の表現の一つである. 「わかったという事実」の表現ではない.

「わかった」と断定できるのは,明晰な思考力を持っている人が数学のような曖昧さをほぼ排除できるものを対象とする場合だけであり,他の場合は「わかっていない」ということを認識し,それを取り込んで頭の中のモデルを修正することによって「わかったという状態」に近づく程度のことが可能なだけである. 自分の頭の中のモデルをテストして「わかっていない」ということを認識できない人が「実際にわかる」なんてことはない. 頭の中をテストできる人が「実際にわかる」という状態にたどり着けるとも言えず,言えるのは,「通常の読書や経験や論理で反駁できないレベルの,反証可能なモデルを持つ」ということが可能だということである.

それなりに強い思考力のある人,とくに,論理の連鎖を追ったり広範囲の情報の中から直感で矛盾点や定義の不備や規則性を見つけ出したりする力のある人の場合, 頭の中に作られるモデルが最初の時点で相対的に高い精度を持っている. モデルが杜撰な場合にそれに気づいて,「事実」ではなく「まだ信頼のおけない中途半端な仮説」として扱えるから. 学生の場合や誠実で時間のある人や実務家の場合には,演習問題を解いたり,思考実験をしたり,実地実験をしたり,読書をしたり,論理を丁寧に追ったりといった手順により, モデルをテストにかけ,不備を発見し,モデルを修正したりモデルを捨てたりする. そうすることにより,「わかったという感覚」が「わかったという事実」に近づき,モデルの適用範囲が広くなり,モデルの予測精度と反証可能性が向上する. これが,頭の中のモデルの精度を上げるということ. これが平たく言うと「理解する」ということ.

そして,ここで説明した「理解する能力」が「頭が良い」と形容される能力とそれほど違わないイメージを持っている. その一方で,「勉強ができる」の場合,強化学習や機械学習のような単純なもので上手にモデル化できる割合が相対的に非常に大きいのである.

ちなみに,この手の能力は特定の人が全ての分野について持っているわけではない. ごく一部の分野以外では精神的にきつかったり感度や興味が恐ろしく低かったりして発揮できないこともある.

理解する能力は,幼い頃には大抵の人が持っているものだと思う. 12月25日の朝にはサンタクロースからプレゼントが届いているとか,親や自分は死なないとか,そんなモデルを作ることができ,捨てることができる. 炎や刃物の怖さを知らない子供が,それらを危険なものと認識して遠ざけ,使い方次第だと知り,安全に使いこなすようになる.

算数や数学を理解することなんかは訓練として優れた定番になりうるんだけど,現状では試験に合格するだけなら,頭の中にきちんとしたモデルができていなくても,試験中に欠陥が露呈しない程度のモデルでどうにかなってしまうのが残念だ. 入試レベルや定期試験レベルだと,特定の設問に解答する範囲で一貫性のある明確なモデルがあれば点が取れるから,ちゃんとした理解を求めるならば,問題を作る側に要求される能力は非常に高い. 大学院でこんなこと(セミナーの準備のしかたについて)をやった経験があり,ついて行けた人ならば,わかったという感覚はしっかりしているだろう. 特定の分野以外については現実逃避しているケースも珍しくないんだけど.

そして,たぶん日本の場合半分程度の人は,現実逃避の手段としての趣味という範囲を越えた分野では,大人になるとこれができなくなる. 大きな理由があったときの「改宗」とでもいうべきレベルでしかできなくなる. 「改宗」の場合,今までの理論体系は捨てられ,テストされていない未熟なものに従うだけ. 改宗前のものが問題点をつきつけられて耐えられなくなったのに対し,改宗後のものの問題点を知識として身につけていないだけ. 破綻するのは目に見えている. 何かを身につけるとしても,大抵は,「わかった」を出発点としてテストして修正するというのではなく,単純なスローガンを信じたり拒否したり,表面的なhow toにとどまったりするのだ. 年を取ると記憶力が落ちるなんてことがよく言われるが,僕の見立てでは,落ちているのはどちらかというと記憶力ではなく理解力の方だ.

何でできなくなるかというと,たぶん直接は脳の器質的な理由からではない. 子供の場合と違って,「情報の遮断」や「逃避」や「相手の迫害」とう手段によって,未熟な考えを持ったままでも生活できるから. 身につけることよりも身につけたものをそのまま使う方が楽だと,時には勘違いして,信じていたり感じていたりするから. 「平和」「自由」「平等」「正義」「善」「差別」「「常識」偏見」「福祉」など,使い方を間違えると極めて危険な思想となる言葉を定義を気にせず乱用し,論理も空間認識も拡散思考も苦手なために,それを自分の頭でテストできないでいるから. それが繰り返されることによって劣悪なままのモデルが思考回路として強化され,修正が困難になるから.

小さなものでもよい. 自分が知らないものの再発見でもよい. 時間をかければ数学の定理を発見できるという感覚があるだろうか. 政策を語るときに日本国憲法とマクロ経済学ぐらいは勉強すべきだという考えを持っているだろうか. このあたりは,自分が理解することをさぼっていないかを認識するために良い問いかけだと思う.

ichonan at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) <個人用>半端な思考実験 

2010年08月07日

今さら「博士が100人いる村」

博士が100人いる村 というウェブ上の絵本がある. けっこう有名らしいし,僕もかなり昔から噂には聞いていた. 面白い絵本である. ただ,「連絡先がわからない人+死亡した人」の記述がものすごくミスリーディングなのが残念だ. 一般人が所在不明か死亡のどっちかであることと同様に書いているのである. だから面白くもあるんだけど.

一般人が対象ならば「連絡先がわからない」というのは「行政や家族が所在をつかんでいない」という意味として理解するのが妥当であり,その場合には失踪か死亡だろうから,このような扱いは妥当だろう. だけど「博士」とするなら連絡先不明と死亡は分けなきゃダメだ.

博士号取得者を対象とした調査の場合,「連絡先がわからない」というのは「学位を与えた機関(大抵は大学)が進路や連絡先を把握していない」というだけだろうに. もっと酷い場合には,修了者名簿に住所(実家の住所)を記載していないだけだろうに.

僕(博士号持ち)の場合は実家の情報が修了者名簿に載っているから所在は把握できるし,氏名でウェブ検索すればそれらしき人物(実際に僕だ)が出てくるから生きていることはわかるし少し前の所属もわかる. だけどさ,もし,名簿に実家の情報を掲載することを拒んでいて,その上に中途半端な肩書きや肩書きなしのポスドク期間があり,その上にウェブの検索で引っかかるようなことをしない場合はどうだろう. 所在を確認できんだろうに. 「行政が確認しようとした」といっても、その行政が文部科学省じゃ意味ないよ. 「全国の地方自治体が確認しようとした」とか「厚生労働省が年金と保険の記録を調べた」というなら普通の意味での所在不明と同じ扱いでいいだろうけど.

そんで,実際のところはどうなんだろうね. 僕の見たところでは,頭の良い人と重要な部分が欠落している人が多い. 理系であっても博士課程というのは非常にリスキーだから,進学する連中というのは大抵は,(1)妥当かどうかは別として自分の頭に自信がある連中,(2)その勧めが妥当かどうかは別として師匠に勧められた連中,(3)学校の外への適応力が低い連中ってことになる. 最近は文部科学省の方針から,妥当ではない(2)が多いと聞く. このような考察から自殺率やニート率やワーキングプア率は,とくに高学歴の割には,異常に高いと推測する. ちゃんとしたデータは知らない. 興味はある.

ちなみに僕の場合は(1)と(2)だ. 判断が妥当だったかどうかはわからない.

ichonan at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

2010年08月06日

8月6日の広島への原爆投下記念の不謹慎な話(時期違いの阪神淡路大震災)

1945年の8月6日の朝に広島に原子爆弾が投下された。 多くの人が殺された。 この日に色々考えるのはよいのだが、思考停止に陥っては仕方ない。 大切なのはセンチメンタリズムに酔うことではなく、事実を把握することと冷徹に考えることだ。 どんなに忙しくても、どんなに不勉強でも、広島や長崎と原爆の関係に対して「何だか悲しむふりをしなきゃまずそうだ」以上の思いがあるのであれば、以下に挙げることぐらいは考えてほしい。 別に結論を出せというわけじゃない。

原爆を落とさなければ何十万人が死んだか。核兵器廃絶を叫ぶことと核兵器を廃絶することはリンクしているか。核兵器がなくなって得するのはどういう軍事力を持っている国家か。当時の日本の権力者と原爆を投下したアメリカの両方を声高に非難している人の目的は何なのだろうか。核抑止論の前提である「政府や軍部は合理的な意思決定をする」という仮定は妥当か。

時間や頭をつかうなら、こういうことを考えた方が建設的だと思う。

そういうわけで、表面上は不謹慎でありながら、中身は非常に真面目なページを紹介する。 たまには、こういうことを考える8月6日もよいだろう。 現在の日本の権力者と当時の日本の権力者を比べてみるのもよいだろう。 意思決定を誤ったのは戦況を誤認したり意思決定を誤ったりした1945年頭の権力者達に特別なことではない。

僕の考えでは、当時の権力者達は現在の権力者達よりずっと優秀だし、利他心や責任感に富んでいた。 軍部の掌握や戦略の緻密さは権力者の割にはどうしようもなく稚拙だったと思うけど、今の権力者たちほど酷くはない。

阪神淡路大虐殺

当時の僕は首都圏在住だった。 地震の後で地下鉄サリン事件が起きた事が主要な原因だろうが、関西圏意外では、阪神淡路大震災のことを詳しく知らない人が多い。 当時の首都圏のマスコミは神戸も明石も淡路島も無視してオウム真理教一色だった。

ichonan at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2010年08月05日

このブログで読者の都合を考えること

経済、金融、株、為替 − 投資専門家のためのリンク集 さんのゲストページに書き込みしたら有難い返事を頂けた. これをきっかけとして,かける労力をあまり変えずにこのブログを読者(第三者)にとって魅力的なものにする方法を少し考えてみる. かける労力をあまり変えずにというのは,ブログの元々の意義が個人的なメモだからである.

そんで,第三者といっても多岐にわたるから,もう少し対象をしぼってみよう. とりあえず,
  1. 僕と嗜好が似ており,その方向の多少なりとも情報価値のある記事がコンスタントに書かれていれば,定期的に閲覧してくれそうな人.
  2. 能動的な態度で調べ物をしており,サーチエンジン経由で僕のブログにたどり着いた人.
このあたりだろうか.

1.に関しては,コンスタントに記事を書くことと,視点や表現の仕方の面白さの意味や希少性の意味や完成度の意味で情報の質を保つことが何よりも大切だと思う. だけど,この面に関しては大幅なコストアップかスキルアップが要求されるので,現時点でとくに何かをしようとは思わない. 僕が片手間で気まぐれに楽に書ける範囲で書く.

次に大切なのは,投資専門家のためのリンク集さんの指摘にもあるんだけど, ブログ全体のごちゃ混ぜ感をどうにかすることだろう. 今の僕のブログでは,トップの数エントリーだけ見ても何に関するブログなのかわからない. 実際に個人用のメモという位置づけが最も重要なブログではあるものの,公開しておきながらこれでは読者に失礼だろう. それに,この件に関しては,ブログのトップページで話題の分類をやっておけば,労力をそれほどかけずに読みやすくできるというか, 特定の分野の話題だけを抽出するインデックスが目立つようになるので,読者にとっての利便性は上がる. 近いうちに改善しよう. 少なくとも,投資関係と時事ぐらいは,わかりやすく分類すべきだと思う. 実際のところは話題の系統ごとにブログを分割するのがわかりやすいんだけど,それは個人的なメモとして使いにくくなるので却下.

2.に関しては, 検索してもろくな情報が出てこなかったり情報が少なかったりする話題に関する内容, 検索して出てくる他のページよりも詳しい内容, ウェブやマスコミに溢れている評論とは全く違う角度からの分析, 実体験をベースにしたリアルな事例,あたりがよろしいでしょう. というか,僕もそういう記事やブログを有難く読んでいる. 改善すべき点は, 読者がいることを意識して文章を親切にすることと, とくに時事ネタの場合はそうなんだけど,状況の説明をきちんとすることである. これは文章を書くときの一般的なスキルとしても重要だから,少々の労力をかけても問題ない. ブログに限った話ではないのだから.

最後に,参考までに,サーチエンジンに引っかかって迷惑なブログの共通点を抽出してみよう.
  • twitterに限らないけど,あまりにも内容が少なく,今の若い人は知らないかもしれないけどchatのログ程度のもの. 即時性の方に極端なまでにバイアスがかかっていたり,リアルな声に出して言う独り言レベルのもの. 僕のブログにも少しはあるけど,気にするほどの分量ではないな.
  • 他人が書いたデマのうち,平凡な思考力と平凡な一般教養があればデタラメだと気づけるレベルのものを,ほぼコピペレベルで再生産しているもの.
  • ニュース記事のコピー. 著作物としての価値がゼロのもの.
  • 無駄に重いもの. 話題が深刻だという意味ではなくデータ量が無駄に多いという意味.
  • 無知丸出しの分析を,疑問点の吐露やネタ振りとしてではなく,断定口調で書いているもの.
このあたりに関しては,僕のブログはあまり問題はないだろう. そのように思う.

ichonan at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) <個人用>備忘録 | <個人用>半端な思考実験

2010年08月04日

楽天商法:楽天レンタルのDVDが届かない件の続報

追記はこちら
楽天レンタルのDVDが届かない件 の続報. ありがちな「楽天レンタルで借りられない事件」が以前にもまして酷くなったという実体験の続報である.

深夜に楽天に問合せをしたら翌午前中に返信が届いていた.
(前略)

確認したところ、出荷最小単位以上の貸出可能な商品がございませんでした。

弊社では在庫数を上回るリスト登録者がいる場合、ヘルプに記載しております、発送確定ルールに基づいてレンタル商品の発送手続きを行っております。 お届け状況が借りやすい状態におきましても、優先順位によっては商品の発送が行われない場合がございます。

(中略)

また、サービスレベルの向上を目指すと共に、日々、在庫の拡充についても努めさせていただいておりますので、今後とも、何とぞよろしくお願い申し上げます。
引用中の出荷最小単位というのはDVDが2枚という意味である. そして,発送されていないのはシステムの不備ではなく,在庫不足が理由とのこと.

僕の場合,アダルトDVDを除いて数えたとしても,予約リストに100枚前後も登録していて,そのうち借りやすさの分類で「最も借りやすい」とされているものが50枚程度を占めるのである. シリーズ物をまとめて一つとして数えても,最も借りやすいとされているものが45枚程度もあるのである. 少し前までは,「人気作はレンタルできない」という意味で安かろう悪かろうだったんだけど,今回はずっと先にいっちゃってる.

ちなみに楽天レンタルのヘルプページによると,ちゃんと配送される予約枚数の目安は,借りやすさを考慮せず,20枚である. でも実際は,楽天商法というのかどうか知らないが,

最も借りやすい不人気作品を45枚選んでいても,そのうちの少なくとも44枚が,少なくとも5日間連続で在庫不足の状態が続くことがある楽天レンタル! 今後とも楽天レンタルをよろしくおねがいします.

この会社ねえ,良いサービスもダメダメなサービスもいっぱいあるんだけど,ダメダメな部分を放置したまま良いサービスのようにアピールするあたりが嫌われる原因なんだろうなあ. もったいない.

ichonan at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2010年08月03日

大阪の幼児遺棄事件とか意思決定の能力の基礎とか自然選択とか

殺害された子供は可哀想だが,同情をアピールするのは大切なことではない. 大抵の人の場合,そんなことはアピールするまでもなく相手に伝わっている. とりあえず,保護責任者遺棄致死ではなくって殺人での起訴を期待する.

「転居直後から放置」数日間留守も 母親供述 2児遺棄, asahi.net, 2010/08/02
大阪市西区のマンション室内で幼い姉弟の遺体が見つかった事件で、母親の風俗店員下村早苗容疑者(23)=死体遺棄容疑で逮捕=が「大阪に転居した1月から日常的に子どもを置き去りにした」と供述していることが、大阪府警への取材でわかった。

府警や関係者によると、下村容疑者は1月、名古屋市の飲食店から大阪市中央区の風俗店に移った。名古屋では女性従業員用の託児所が用意されていた。大阪では従業員用の託児所は用意されていなかったという。

下村容疑者は託児所を探すことができず、2児を室内に残したまま出勤していた。当初は出勤時だけだったが、次第に不特定の男性と外泊するようになり、2児を部屋に放置したまま、数日間家を空けることもあったという。

(以下略)
遊び呆けていたようだし,追い込まれていたなんてことは無さそうだし,何の隠蔽工作もしていないようだし,ニュースとしてありがちな快楽からの虐待でもないようだから,近視眼的に安易な選択をするのが強固な習慣になっているってことだろう. 要は,この後どうになってもかまわないし面倒だから監禁しちゃえって発想と実行ってことなんだと推測する. また,殺された子供は1歳と3歳ってことだから,「ネグレクト」というよりは「監禁」って言葉の方がしっくりくる. 3歳にもなれば,監禁されていなければ,自分で助けを求めに外出しても不自然ではないと思う. なんか、一部報道によるとテープで外から部屋をロックしていたとか.

一部団体が託児所不足が問題だなんて騒ぎそうだけど,そんなのはちっとも本質ではない. 無関係じゃないけど影響は大したことない. この事件から学ぶ際や防止策を考える上でまず考えるべきは,金に困っていたのかどうか. 仮に金に困っていたとすると,それは浪費癖が原因なのか,親をあてにできないことが原因なのか,生活保護制度を知らないことが原因なのか. そのあたりを知ろう.

こども手当てを申請していたのかどうかも知りたいな.

もう一つ知る意味があるのは下村容疑者のパーソナリティーだ. マスコミ報道の表面だけからの推測なんだけど,散財する,逃げる,目の前から遠ざける,怒るって感じのパターンが読み取れる. この先2,3時間までの未来は確実に楽だけど,それより先のことを考えないという,立派に生きるにしても悪さをするにしても致命的な欠点となる性格をかかえているように見える. 保身やレントシーキングや逆選択を理想とする人と同じくらいに,典型的に意思決定や価値判断に向かない性格のように思える(いやー、鳩山由紀夫の顔が頭に浮かぶ). 政治家や経営者や管理職や教師に極端なまでに向かない性格のように思える.

そして,こういう性格は,配偶者間の法的な強さが対等である場合には結婚にも向かない. 際限なく甘やかされていない限りすぐに逃避かブチ切れでしょう. 配偶者がアホでも賢くても刺激が強くて逃避と攻撃以外の対処ができない. 学習をしない. 偶然に同じスペックで同じベクトルのアホ同士だったとしたら,トラブルなく合意して,その結果にとんでもない苦労をする.

もちろん子育てにも向かない. 意思決定や価値判断の能力が極端に低い人間が子供の生死にかかわる意思決定をする. 子供への愛情を昔は持っていたような記事もあるけど,子供に対する愛情うんぬんってのは,大切なことだけど,最も大切なことではないのである. 最低限の知性がないと,愛情に基づく支配や積極的な干渉で他人を利することなんてできないのだ. まともな人ならば,愛情たっぷりのヤブ医者よりも,患者を物として見る名医に治療してほしいだろう. 知性や技術が伴わないままの影響力をもった能動的な行為なんて無責任極まりない.

子供たちを被害から守るために制度化して行政の目が届くようにするのはコスト面で難しい. できることは確実にあるけど,僕がすぐに思いつく範囲だとマイナーな改善にとどまるだろう. 良いアイデアを行政の幹部が提案したり拾い上げたりできればいいな. もっとも,今回の場合は「また大阪か!」という思いのほうが強く,大阪をピンポイントで根本からどうにかすべきとの思いのほうが強い. 近所の目というのは有力だけど弊害も多く,コミュニティー作りも難しい. とくに,一人暮らしだとコミュニティーの活動自体が非常に大きな負荷になりうるのだ.

その一方で,意思決定や価値判断がいかに高度な知的能力を要求するものであるかを義務教育で教えるのはたぶん大きな弊害がない. これができれば,学歴や肩書きや収入にかかわらず,自分が(行使しようとする影響力の割に)馬鹿だと気づく人は増えるだろう. 自分の意思決定に根拠レスで強固な自信を持つことなんて減るだろう. たぶん,「未来を高い精度で反証可能な形で予言する」ということを, 理科の実験や文化祭の模擬店や調査結果の事前予測なんて形でやると,教える方は大変だろうが,けっこう効果があるだろう. ただ,極めて有能な教師を確保せずにやるにはどうすりゃいいのかわからない.

論理で教えるってのも可能だろうけど,こっちは教わる側も結構頭が良くないと無理だろうな. まず,受け入れがたい未来を導く言動と望ましい未来を導く言動のどちらが良い言動か. これを考えさせる. 次に矛盾やトートロジーの意味を教える. そして,スローガンとスローガンに従った場合の帰結が一般には一致しないことを教える. 最後に事例の分析を少々. 骨子は単純なんだけどきちんと理解させるのは至難の業だろう.

大人なら株をやるってのもありか.

もうちょっとついでに書いておくと,どうも世の多くは育児というものをなめきっているように思う. 育児なんて簡単なもんじゃない. 昔の人が育児をやってきたのは高度な知性を持っていたからできたってわけじゃなくって,経験的に上手くいった方法を親から受け継いできただけなのである. 変化の激しいご時世で,しかも生まれ育った環境と大きく違う環境で生きているのであれば,育児なんて簡単にできるものではない. 託児所や幼稚園に丸投げできる部分があるのは確かなんだけど,その程度の認識で生きているのであれば,他の場面での子供への干渉や他の場面で子供を支配下に置くことは,子供に危害を加えることに容易につながることを知っておいた方がよい.

自然選択(たまたま過去に都合の良かった遺伝子が引き継がれる)の結果として繁栄している人類だから子育てができるってことはなく,現在でも未知の環境で子育てをするという文化やノウハウの自然選択が行われているのである.

ichonan at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース | <個人用>半端な思考実験

2010年08月02日

楽天レンタルのDVDが届かない件

楽天でDVDのレンタルをしている。 ポストに返却した旨をウェブ上で伝えたら次が発送される仕組み。 別にウェブで申請しなくても投函したDVDが楽天に届いたら発送される。

そういう仕組みのはずなんだけど、7月最後の金曜日(7/30)の朝にウェブで手続きしたのにまだ届きません。 そんで、ウェブで確認してみたところ、発送もしていないみたい。 7月分はまだ借り白があるにもかかわらず。 不人気作品も予約リストにたくさん含めているにもかかわらず。 メールでのトラブルの連絡はきていない。

どうなってんだ? 7/29(木)にメンテナンスやったらしいけど、このせいか? 安かろう悪かろうというのは承知しているものの、これはひどすぎる。 前も書いた気がするけど、やっぱDISCASに変えようかな。

前に書いたのは、これか。

ichonan at 07:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 極めて個人的なこと