2011年11月

2011年11月28日

大阪府知事選挙と大阪市長選挙

2011/11/27投開票の大阪府知事選挙と大阪市長選挙。

主な立候補者は市長選が前府知事の橋下徹(当選)と現市長の平松邦夫、 府知事選は大阪維新の会の松井一郎(当選)と前池田市長の倉田薫。 他にもいたと思うがマスコミ的にはやはり泡沫候補扱い。 羽柴秀吉はWikipedia情報だと「2011年10月13日、無所属で大阪府知事選挙に立候補する意向を表明したが、肺癌手術を理由に告示前の11月5日に出馬を断念」らしい。

僕だったらどうしただろう。 府知事選の二人はよくわからんというかメディアの表面経由では情報がほぼなし。 市長選の二人については表面からすると一長一短ってところ。 ちゃんと調べて考えて投票したか、コイントスで決めたか、票差を縮めるためという理由で負けると思われる平松に入れたか。

結果は圧勝ではなく、辛勝でもなく、中途半端な票差で橋下と松井が当選。
  • 硬直化した悪慣例を壊すという面では橋下の圧勝。
  • 世論の注目を浴びるという面では橋下の圧勝。
  • 「賢い人に事前に相談すれば防げる」類の馬鹿な言動をしないという面では平松の圧勝。
  • 橋下と平松が選挙で目立つようになる前数期の首長と比べるとどちらも圧勝。
  • 有権者が離れたり改革の足かせになったりという原因になりそうな支持団体を持たないという面では橋下の圧勝。 何で平松は民主の支援を受けたのだろうか。
  • 法律や行政のことはどっちが詳しいんだろうなあ。 僕にはわからない。
あと、橋下は「民意」を強調しているが、それはヤバくないかい。 民意によって躍進したナチスドイツの例を出されたらそれでおしまいの主張だろう。 民意によって躍進した民主党の例を出されたらそれでおしまいの主張だろう。 まさかナチスドイツや民主党を正当化するつもりではなかろう。 民意だけじゃダメなのである。

ichonan at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) as 民主主義社会の市民 

2011年11月12日

筋子(すじこ)を買って失敗した

筋子。すじこ。卵をばらす前の卵巣(?)に入ったままの状態の鮭の卵。 いくら丼のいくらの前段階の食材。

実は筋子の状態で見たこと無かったし、いくらと大して変わらないような気がしたし、というわけでオークションで入札してみた。 そしたら1円+リーズナブルな送料で落札できてしまった。

そんで、食べようと思ったのだけど、面倒くささが半端じゃないのね。 味は確かにいくらと同じなのだけど、あの面倒臭さは尋常じゃない。 慣れているとか数kg以上の単位で大量に処理するとかじゃなければはっきり言って割にあいませぬ。 失敗だったけど良い経験でもあった。

ichonan at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

2011年11月10日

民主党はまだTPPの交渉に参加するかどうかの議論してるのか

驚いたことに、2011/11/09の夜になっても民主党はTPPの交渉に入るかどうかの議論をしているらしい。 しかも、集約したとか言っている民主党の方針というのは実質的に「何もまとまりませんでした」ということだそうな。 アホかと。 馬鹿かと。 議論してまとまるわけないだろうに。 国益なんか関係無しで態度を決めている人がたくさんいるのだから、議席をかけるかどうかの踏み絵をさせるのと総理大臣が決めるの以外にないだろうに。

たぶん選択肢というのは実質的には「できるだけ早く交渉に参加する」と「日本抜きで決まった枠組みに後で参加する」の二つ。 いわゆるTPP賛成派が推しているのは前者、反対派が目指しているのは後者。

ichonan at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2011年11月04日

脳みその無駄遣い

ドラクエの1を最初にやった世代でそこそこ利発な子供だった今のオッサンの中にはドラクエの復活の呪文を暗記している人がいる。 僕もその一人だ。 20文字のぱっと見ランダムな平仮名の羅列。 これくらいなら自然に覚えてしまう。 念のためにメモを残すことはあるが、メインは暗記だ。

少し前に出たWii版のドラクエI,II,IIIを発売日に買った。 20数年経っているのに昔の復活の呪文を覚えていた。

もっと優先して覚えるべきことがあっただろうに。

ichonan at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

2011年11月03日

TPP周辺の議論があまりにも低レベルな件

かなり昔から話題ながら遅々として進まず、最近突然話題として再燃したTPP。Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreementというらしい。 単純にTrans-Pacific Partnershipだと思ってた。 んで、これに関するマスコミやウェブの論調があまりにも低レベルすぎる。

マスコミに関しては「論調が低レベル」というのは語弊があるかもしれない。 「熱心に論じようとしている番組や記事、とくに番組」の論調があまりにも低レベルだということだ。 元々そういう内容を有難がる視聴者や読者を対象としているんだろうけど。 もちろん、 「マクロ経済の議論で答えが簡単に出る問題だから、うちの視聴者や読者の前で時間や紙面をついやしたりはしない」 という立場とみられる記事や番組もある。 ネットに関してはバカ丸出しのほぼコピペがやたら多い。 当り前だけどAgreementの中身はたぶん固まっていないし、締結も行われていないし、交渉中なので参加していない国の大抵の人には詳細は正しくは伝わっていない。陰謀論の人はなぜかAgreementの具体的な内容を事実として扱っているみたいだ。 というか陰謀論好きってそういうものだろうが。


国益を大きく損なうというかチャンスを逃すリスクを低減するためには交渉に参加する以外の現実的な選択肢は多分なく、Agreementの中身がひどいものでないならばAgreement自体に参加するほうがよい。 少々単純化するが、典型的には、 何もしないよりは日本単独でアメリカからの果物や野菜や米や牛肉の関税を取っ払う方が日本の国益にかない、 日本単独でアメリカからの果物や野菜や米や牛肉の関税を取っ払うよりも同時にアメリカをはじめとする各国にも関税を取っ払わせた方がさらによい。 これが多分普通の考えで、多分正しい考え。

次のような思考実験をやってみればイメージがわきやすいと思う。
  • 関税の税率低下と逆方向に動いたらどうなるか。 例えば、肉や果物にかかる関税を、価格が今の間接税込みの価格の2倍になるように設定したらどうなるか。 国産の肉や野菜の価格は据え置かれるだろうか、上がるだろうか、下がるだろうか。 ジュースや加工食品の価格はどうなるだろうか。 衣料品や家具に高額の輸入関税がかかったら生活はどう変化するだろうか。
  • 「鉄鋼石の輸入関税を高額にしよう」 という議論を聞かないのはなぜだろうか。 政治家や役人や学者やマスコミの怠慢なのだろうか。 TPPに関連して多数出回っているコピペのように、アメリカの陰謀なんだろうか。
  • 計算機の主要部品であるCPUとメモリーに高額な輸入関税をかけたとしよう。 生活はどう変わるだろうか。 なぜ日本は高額な輸入関税をかけないのだろうか。 TPPに関連して多数出回っているコピペのように、アメリカの陰謀なんだろうか。
「外国が得をするならば日本は必然的に損をする」なんて思っている人も、、、いるだろうな。


少しだけ論調を調べてみたんだけど、事実無視と経済無視がわんさか。 目立ったのは次の五つぐらい。
  • 日本の消費者は肉や野菜を安く買えるようになる。 アメリカの農家は売上が上がる。 日本では雇用が増える。 アメリカでは工業製品が安くなる。 両者ともハッピーじゃないか。 そんなの許せん。
    この副次的効果として生産効率も品質も大したことなく関税が実質的に生活保護や補助金としての役割を果たしている産業が疲弊し、その疲弊を受け入れたくないというのなら、まだ話はわかるのだけど、日本の消費者やアメリカの生産者や日本の労働者やアメリカの消費者が喜ぶこと自体が許せないというのが妙に多い。
  • 農家のうち高い能力もなく勤勉でもない連中に贅沢をさせるために他の日本国民を犠牲にすべきだ。
  • 陰謀論者のオレが反対しているんだからTPP交渉に参加すべきではない。
    教育不能ってやつ。 たぶん数の上では最も多いのだけど、ほぼコピペ。
  • 2chに書き込まれた虚偽情報から議論をスタートさせていたり、 とくにネットのニュースでありがちな 「内容を的確に要約していない見出し」 「いわゆる東スポ的な見出し」 の見出しだけから色々と想像して政策の提言を行っているもの。
    上の陰謀論者のケースとかぶっていることが多い。 あとはISD条項まわりにも多い。 ISD条項まわりの典型の一つは、「日本には冗談みたいな条項を承認する義務がある」という主張。 もう一つは「日本にだけ一方的に義務が課される」という主張。 理解しがたい思想だ。 契約書読まずに署名してハンコ押すタイプの人なんですかね。 関税だけの話ならよっぽど妙な内容じゃない限り締結させればよいし、ISD条項入りなら中身によって決めればよい。 それなのに、思いつく限り最悪のISD条項を必須事項として扱っている。

    そんで、ISD条項なしなら問題ないと言っているかというと、そうでもない。
  • うまくいくとは限らないじゃないか。 そんなことするぐらいなら確実に失敗した方がマシだ。
「時限的なクッションやバッファの設置を忘れるな」って主張はなぜだか目立たないし、 関税による収入が減るという主張もなぜか見ない(額としては大したことないんだろうけど)。


Youtubeに上がっていたフジテレビの「とくダネ!」って番組(2011/10/27らしい)の結構長い動画が結構引用されている。 これが、どんでもなくひどい。 アナウンサーの説明もひどいのだけど(もしかしたらアップされた動画で切れている部分でちゃんと話しているのかもしれないが)、そんなのよりも遥かに衝撃的な映像が直後にあった。 よくもこうまで支離滅裂(少なくとも僕の知的水準では、主張を肯定する方向では論理をフォローも補間もできませんでした)な内容を語れるなと軽く驚いてしまった。 そこまで言って委員会で「農家の生活より子供の命の方が大切だ」の旨を主張した武田邦彦に激怒していたヒゲでグラサンのオッサンとイメージが重なる。 フジテレビが好みそうなキャラだとは思うが。

ゲストコメンテーターとして出演していた中野剛志氏にとっては、GDP規模で同じだったら怠け者でも働き者でも凶悪犯でも天下り官僚でも被災者でも中野さんの集合でも同じなんですかね。 廃業と努力の選択をせまることも、選択肢を与えず生活を破綻させることも、同じなんですかね。 いったい誰が「東北の被災者なんてGDP規模では大したことないから犠牲にすればよい」の旨を主張したのか。 これが中野剛志氏独自の主張ではないのであれば、誰の主張なのか教えて頂きたいものです。 そして、続けて、
「すげーな。最低だよ日本人って。」 by 中野剛志 京都大学准教授
僕は、中野剛志氏と同じようなことを言った人を中野剛志氏以外に知らない。 彼が言う日本人とは、たぶん僕が思っている「日本国籍を持つ人」ではない。


普通なら無視か「経済学の入門書ぐらい読んでから垂れなさい」なのだろうけど、休日だし、ついでに、もうちょと枝葉の部分も触れてみよう。 ツッコミどころは多いのだけど、ロジックが分かりにくいのでツッコミ入れるの大変だ。

「韓国は○○だから日本も○○だ」って論調で話している。 彼が生まれ育った国ではどうなのか知らないが、僕の知る世界では、∀と∃の意味は違う。 ついでに韓国とアジア通貨危機の関係を完全にスルーしていた。 さらに、韓国が締結したのはTPPではないし、TPPは日米FTAではないし、実質的に日米FTAだってこともまずない。

TPPにより「GDPが少々だけど増える」という試算を認めた上でかみついている。 GDPが増加するってそんなにダメなことなのでしょうか。 僕は、「生産用の財産だけ残して他を破壊する」とか「金銭抜きの取引の価値を否定する」とかの極端な手法がとらるとか、人口が急激に変化するとかがない限り、GDPの増加は大雑把に言って豊かさの増加を示していると考えている。

アメリカに既に工場があるから輸出は増えない? 僕の知る限り、日本国内にも工場はあって、そこで作った自動車を輸出しているんですが。 関税が下がれば日本国内で輸出向けに作る際の採算ラインが下がって生産するインセンティブになって、さらには雇用につながりもすると思うんですが。 国内生産が仮に現状でゼロだったとしても日本の輸出産業にプラス効果だと思うんですが。

数パーセントの関税は無視できるほどの小さなものですと? 重要なのは売上に対する比率なのではなく、利益に対する比率なのですよ。 品質の差やネットワークの差がなければ1%の税率の差でも倒産と大儲けに二極化するんですよ。

シンガポールって鉱山などの資源と農産物の輸出で食っている国だったのか。 僕は不勉強なので知りませんでした。 たぶん来年の今頃も知らないでしょう。

こんな大学教員なんて珍しくないけど、京都大学でそれほど年でもないとなると、妙な感じがするな。 国立大学限定だと僕が今までにテレビ番組で見たことがある中では、言っていることの理解不能度ダントツNo.1だ。 そんで、気になって「中野剛志」について検索してみる。 Wikipedia情報の経歴によると、経済産業省から天下りしているように見える。 妙に納得。


話をTPP自体に戻そう。

サプライジングじゃない協定(「関税自主権のかなりの部分の多国間での協調放棄」で近似できる協定)が結ばれたら、各国において強い産業や需要のある産業はより強みを発揮でき、弱い産業や利権構造に守られている産業は衰退する。 「鎖国」から「比較優位に従った経済」の方向へのバイアスが働く。 例えば工業製品だと、今の体質のままだと、コアな部品を作る会社やトヨタやホンダは儲かるようになるだろうし、ソニーやパナソニックだと大して影響ないだろう(TPPの影響が微小というより会社自体の問題の方がドミナントだと思う)。 農業だったら高品質な作物やブランド化している作物は儲かるようになるだろうし、農水省好みの農家は事業の継続が難しくなるだろう。

「今は外国の同業種と比べて非常に弱いけど今後は非常に強くなる下地がある」という産業にとってはTPPはマイナスだろう。 守るべきなのは今も弱くて強くなろうともしない産業ではなくって、こういう産業だ。

全体としては富の分配の部分は効率的になる。 そして、これは、国を豊かにする強力なバイアスになる。 持ちつ持たれつなので、戦争を抑止する力にもなる。 国内の産業のポートフォリオは偏るので、海外の仕入先のポートフォリオまで偏ってしまうと有事の際の混乱は多分大きくなる。

たぶん交渉中の国は日本も取り込みたい。 何だかんだ言ってもまだまだ影響力の大きな日本が加わらないと協定の効果が今ひとつだ。 アメリカにとっては、日本を取り逃してアメリカ抜きで「極東・南アジア経済連携協定」とか作られたらつらいだろうし、経済面だけではなくって軍事面でも間接的にすっごく困るだろう。 もちろん日本にとってもアメリカが入っているというのが大きい。 政権がバカじゃなければ、今回の交渉に日本が参加した場合、キャスティングボードを握るのは日本なんじゃなかろうか。


最後に陰謀論者さん向けの思考実験。 大雑把に言うと、「日本に損害を与えてアメリカが美味しい汁を吸う」というのが陰謀論者さんの典型的な主張。
  • 日本に損害を与えずに美味しい汁を吸えるのに、アメリカはわざわざ交渉が決裂するリスクをとろうとするだろうか。 アメリカが望んでいるのは同盟国の疲弊や同盟国で反米感情が高まることだろうか、 それとも、アメリカが得することだろうか。
  • 交渉が決裂して喜ぶのはどこの国だろうか。 アメリカではなかろう。 日本でもなかろう。 日本企業と競争関係にある業界に支えられている国だろう。
  • そもそも君の陰謀論のよりどころの情報は誰から与えられたものだろうか。


ichonan at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2011年11月02日

歩行喫煙禁止地区での取締り(?)@神戸市

平日の日中. 駅前の繁華街. 二ヶ月ぶりぐらいの三ノ宮(三宮?). 人通りは疎らってことはないけど都会の駅前というには少ない. 付近は条例で決められた歩行喫煙禁止区域らしい. あの時間帯まで禁止にする意義は役所の権限拡大以外にわからないのだけど,喫煙可能場所が結構あって停止して吸うならOKみたいだし,「喫煙が下手な奴だけ禁止」ってのも難しいので,その条例の主要な部分が狂信的だとは思わない.

で、こんなことがあった.

ドラマのイメージのヤクザっぽい関西弁の怒鳴り声が聞こえる. 二人組のオッサンが一昔前のヤンキーっぽい服装の兄ちゃんを座らせて怒鳴りつけている. 何かに書かせている. 至近距離までは行かなかったけど状況を大雑把に確認できる距離,声をはっきりと聞き取れる距離まで近づいて少し観察.

最初はヤクザかと連想したのだけど,話を聞いていると,正式名称は知らないけど,「歩行喫煙の取締員」っぽい. 確定というところまでは確認していない。 たぶん兼業にしろヤクザってことはなかろう. それなりの年のヤクザは目立つ場所で分かりやすい悪さをするような間抜けじゃなかろう. ちなみに場所は喫煙所.

このオッサンが神戸市に雇われていると仮定しての話だが,神戸市と兵庫県警察は何をやっているのだ? こんなヤツに血税から報酬をだしてはいかんだろう. こんなヤツに行政のお墨付きを与えてはいかんだろう. こんなヤツの身柄を放置してはいかんだろう.

僕は事態を最初から見ていたわけではないが,それ以前に,ヤンキーっぽい兄ちゃんが何をやったかは関係ない. 緊急避難としての必要性があったわけでもなかろう. 兄ちゃんは椅子もないところに座って従っているのだから. 街中で座らせて大声で罵倒する. 日本国ではこういうのは禁止されている.

名誉毀損罪とか侮辱罪っていういのかな(親告罪?). 場合によっては傷害罪も. 特別公務員なんたら罪ってのは当てはまらないか。

そして多分身元を書かせて金を徴収しようとしているんだろうけど,今回の場合は,これも禁止されているはず.

強要罪っていうのかな.

これが法治国家日本での出来事. これが政令指定都市神戸市での出来事. こんなの現場で見たの初めてだ. 僕が携帯電話をその時持っていたら(僕は持ち歩かないことも多々ある)、どうしただろうか。 一応は110番したかな。 僕より先に現場を見ていた誰かが110番したんだろうか。 僕が弁護士だったらどうしただろうか。 多分、割ってはいるか、一段落つくまで待って兄ちゃんと話をして場合によっては刑事告発を勧めていたか。 僕が警察官だったらどうしただろうか。 うーん。わからんな。

ichonan at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) as 民主主義社会の市民