2011年12月

2011年12月27日

楽天リサーチのアンケートのダメな部分

楽天リサーチのモニター登録をしている。 時々アンケートに答えている。 時給換算では恐ろしく効率が悪いというか最低賃金の1/100程度なのだろうけど、アンケートに答えることにより普段は考えないことを考えるきっかけになるというのが大きい。
■モニターの皆様へのお願い
以下について再度注意喚起のご案内をさせていただきます。

アンケート内の提供された情報は当社もしくは情報提供者の許可なく利用
することはできません。情報漏えいや転載等により当社あるいは第三者に
損害が生じた際には当該モニターの方に対し損害賠償の請求を行う場合が
ございます。
フィードバックするなってことですか? 楽天さんが上記のように主張しているので、結構ちゃんとアンケートに回答していたモニターの一人は決定的な改善案を示すことなく去っていくのであった。

ichonan at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

2011年12月22日

キムジョンイルチャングンマンセーってのを聞くことは減るのかな

半島の偉大なる将軍様が死んだということ。 マスコミで流れる名前は正日、正恩、日成。

分析や論評は置いておくとして、この手のニュースで僕の頭に浮かぶのはマサオ君のこと。 だって、顔がそっくりな知人がいるから。 単に似ているってのじゃなくってソックリ。

金正男氏、マカオ離れる?=香港紙, 2011/12/20, 時事ドットコム
【香港時事】20日付の中国系日刊紙・香港商報は、17日に死去した北朝鮮の金正日労働党総書記の長男、金正男氏が最近マカオを離れたとの情報があると伝えた。金総書記の葬儀に出席するため平壌に戻った可能性がある。(以下略)
本当に行き先が平壌だったとしたら、まさお君は大丈夫なのか? 実質的に亡命中じゃなかったのか? 北朝鮮の体制を批判していなかったか?

ichonan at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

SPAMが止んだ

投資ブログの方が一時的に人気化したタイミングでスパムコメントがものすごく増えて、それをきっかけにしてリアルタイム反映をやめて少し経った。 こんなもんでSPAMって激減するもんですね。 びっくりしました。

それ用のプログラムで大量投稿しているわけじゃなくって、手作業でスパムを投稿していたってことなんだろうか。

ichonan at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年12月14日

削除依頼周辺でライブドアから返事が届いた

ライブドアから「本件対象情報につき、送信防止措置を講じないことといたしました。」の返事が届いた。 ものすごーく定型的な文面で。 僕の場合は今回が初めてなのだけど、有名なブログの場合だと結構な量が届いているんだろうか。 同じライブドアのブログだと、金融日記とか日本経済をボロボロにする人々だと頻繁にあるのではないかと勝手に推測しております。

僕からのメールには、「どのあたりが問題だというの?」の旨の質問も書いたのだけど、それは無視された。 削除依頼の中に説明が含まれなかったのかそうじゃないのかぐらい教えてほしいものだ。

ichonan at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2011年12月09日

掲載の削除要請に関する対応方針@ライブドア

アセットリードを名乗る人からの電話の内容を晒したら、Livedoorから「削除依頼が届いてますよー。どうします?返事ちょーだいね。」という連絡がきて、自分には非はないものの、大切な主張でもないので、とりあえずは記事の一部をプライベートモードに変更した。

そんで、ついでなのでライブドアの削除方針についてのページを読んでみた。 要約すると次のようになり、僕の記事は1.に該当するようだ。 ちなみにライブドアからのメールだけではどれに該当するかはわからなかった。
  1. 掲載内容が、弊社では権利侵害であると判断できないものについて
    誹謗中傷、名誉毀損、プライバシーの侵害、著作権、肖像権侵害など。 「弊社では権利を侵害されたとする者を指した掲載であるか、または当該内容が権利を侵害しているのか、判別がつかないケースがございます。」とのこと。 まあ、当然だわな。

    で、対応は、「削除依頼が届いていることを通知し、1週間を目安とした期限を設けた上で、掲載に関して送信防止措置(掲載を削除あるいは非表示にすること。以下同様とします)を講ずることに同意するかお聞きします。」ということ。 そんで、同意しなかったら利用規約と照らし合わせて「利用規約に抵触しているとは判断できない場合、弊社では権利侵害の確認が取れない状況で送信防止措置を講ずることができませんので、申告者にその旨を通知します。」とのことだ。 ライブドアの利用規約というのはありがちなものと比べてまともなのだけど、それでも少し無理すればどうにでも解釈できるものはある。 そうなんだけど、僕の記事が利用規約に抵触しているのであれば、それなりの情報量のあるページの大半は抵触することになるだろう。
  2. 掲載内容が、権利侵害のおそれ、あるいは法律に抵触するおそれがあると判断されるものについて
    要するに、わかりやすい法令違反や規約違反があったら即刻削除をして、「警告」として連絡するということらしい。 警告を無視して再掲載したら再度削除。 しつこかったら利用停止。
  3. 掲載されている内容にどのような権利侵害が発生しているかわからないものについて
    権利を侵害されている者以外(第三者)からの申告、具体的にどの部分が権利侵害にあたるのかご指摘いただけない場合、利用規約に抵触していると判断できない内容に関する削除依頼については、執筆者に連絡はするけど、それだけらしい。 削除依頼が繰り返されても同じ対応らしい。 このあたりは極めてまともですね。 ちなみに、この条項が字面通りに運用されているのであれば、削除依頼は無関係の第三者からではないといいうことになろう。
続きを読む

ichonan at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月07日

冬の露出狂的美女はええなあ

寒くなった。 寒くなってから露出狂一歩手前の美女を見ると妙に嬉しいもんだ。

頑張ってるなー。 立派だなー。 率直にそう思う。

ichonan at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 一市民のちょっとした思い 

2011年12月04日

ロケタッチに登録してみた

Livedoor経由でロケタッチに登録してみた。 送られてきたメールのチケットで手続きすればブログの有料プランが半年間無料になるらしい。 「チケットは、登録後3〜4営業日以内にメールにてお送りします。」だそうな。

んで、そのロケタッチだけど、うーん、今の時点では使いたいとは思わないな。

ichonan at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

将棋再開

将棋。 高校に入る頃までは結構やっていて、たぶん近所で有名な強い爺さんレベルだと敵ではない程度の強さはあったと思う。 将棋は特にだけど、基本的にはこの手のゲームは大好きだ。 大好きなんだけど、ある程度真面目にやらないと面白くないし、真面目にやると時間の面でも労力の面でも大変だから長いこと遠ざかっていた。

そんな将棋を最近になってボチボチだけど再開した。 完全にボケた状態で将棋倶楽部24に登録して適当に指して負けて負けて現在12級。 実際にはここまで弱くはない(感触をつかむために30秒制限のところを5秒で指したり)。 再開して気づいたのは次のこと。
  • 詰めの部分はブランクがあっても結構読める。 変化が少なければ9手でも13手でも大丈夫だった。 変化が多ければ5手が限度。
  • 定石や駒組みをびっくりするほど忘れている。 舟囲いの7九の銀を安易に6八に上がってしまったり、棒銀のときに安易に3六歩をやっちゃったり、居飛車で桂馬を軸に攻めるときに2五歩と突いて桂馬を跳ねにくくなったり、振り飛車で相手の銀に合わせて駒組みするのが一手遅れて簡単に破られたり、そんな感じ。
  • 相手の角の利きを見落として駒を動かしたり打ったり、桂馬で簡単に両取りをかけられたりという超初歩的なミス多数。
  • 角交換が妙に怖い。
  • ちゃんと考えれば序盤や中盤も結構読める。 だけど、感覚的に指せる部分が恐ろしく少ない。 読まずに無難な手を指せない。
そんな感じだった。

ichonan at 04:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 将棋 

アクセスが妙に増えた。多分一瞬だけど。

何か急にアクセスが増えたと思ったら、「全国都道府県別幸福度ランキング」あたりの検索キーワードでここに飛んできている人が妙に多いみたい。 2011/12/03のアクセス数(IPアドレス数?)が320とか。 2chに貼られたときと有名ブログで紹介されたときを除くと僕が確認した中では最多だと思う。

ichonan at 03:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

全国都道府県別幸福度ランキング

少し前に一瞬だけ少し話題になった、法政大学のどっかの研究グループがやったらしい都道府県別幸福度ランキング。 妥当性や調査範囲はもの凄く疑問だけどネタやヒントは色々とあるだろう。 「詳細は本を買ってね」ということらしい。

日本でいちばん幸せな県民(ケンミン)
日本でいちばん幸せな県民(ケンミン)
クチコミを見る


学術研究としてアピールするなら公開すべきだと思うが、学術研究って言っても大抵はそんなものなんだろう。 電車の中で読もうと本屋で探してみたけど売っていなかった。
【全国都道府県別幸福度ランキング】
1位 福井県 
2位 富山県 
3位 石川県 
4位 鳥取県 
5位 佐賀県 
5位 熊本県 
7位 長野県 
8位 島根県 
9位 三重県 
10位 新潟県 
…………………
11位 滋賀県 
12位 香川県 
13位 岐阜県 
14位 山梨県 
14位 大分県
16位 山口県
16位 徳島県
18位 広島県
19位 山形県
19位 静岡県
…………………
21位 愛知県
22位 岩手県
22位 長崎県
24位 岡山県
25位 群馬県
26位 栃木県
27位 福島県
27位 愛媛県
27位 宮崎県
30位 茨城県
…………………
31位 奈良県
32位 和歌山県
33位 千葉県
33位 神奈川県
35位 鹿児島県
36位 宮城県
37位 秋田県
38位 東京都
39位 福岡県
40位 青森県
…………………
41位 沖縄県
42位 京都府
43位 北海道
44位 埼玉県
45位 兵庫県
46位 高知県
47位 大阪府
たぶん田舎が高くなるバイアスがあり、基本的に調査方法は杜撰だったり主観的だったりなのだと推測。 大阪の47位(4.75)と兵庫の45位(5.03)は妙にしっくりきた。 高知は何でなんでしょ。 この府県については少々土地勘があるのだけど、行政の質と治安は正直言ってもの凄く疑問。 関西圏ではない地方出身で東京が長かった僕としては衝撃的なものだった。 しかも治安についちゃ認知件数よりも水面下を考えるべきだろう。

調査項目を変えたら東京がダントツで一位ってこともあろう. 福井(1位,7.23)は教育水準が高いという印象があるのだけど、実際のところどうなのだろう。 一部調査や僕の偏った友人のサンプルによると福井の人は優秀というか、学校に特化せずにそこそこの大学に入っている印象がある。 もっとも、僕的サンプリングだと徳島と岡山と北海道も同様なのだけど。

ichonan at 03:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース