2014年08月

2014年08月25日

藤井浩人岐阜県美濃加茂市長周辺

「市政の空白取り返す」=保釈の美濃加茂市長―岐阜 , 2014/08/25, 時事通信@Yahoo Japan
岐阜県美濃加茂市の雨水浄化設備導入をめぐる贈収賄事件で、受託収賄罪などで起訴され、25日に保釈された同市長の藤井浩人被告(30)が同日午後、同市役所で記者会見した。同市長は「現金を受け取ったことは一切ない」と改めて起訴内容を否定。「きょうからしっかり仕事をし、空白になってしまった2カ月を何倍にもして返していきたい」と続投に意欲を示した。 
逮捕当時からニュースの表面はフォローしてるのだけど、犯罪の証拠どころか本格的に疑う動機さえも報道からは全く見えてこない。 全く見聞きしない。

その上に弁護人に郷原さんがいるってこともあって、やっぱり色々と勘ぐってしまう。

ichonan at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2014年08月21日

高野連の相変わらずの被害者叩き体質

高野連がまたやらかしたらしい。

高野連 いじめ問題の済美「有期の対外試合禁止が相当」 , 2014/08/20, デイリースポーツ@Yahoo Japan
日本高野連は20日、甲子園球場内で定例の審議小委員会を開き、15日に愛媛県高野連から報告があった強豪・済美高野球部内でのいじめについて、有期の対外試合禁止が相当として、9月9日の日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。

 同校では今月初旬に野球部内でのいじめが発覚。聞き取り調査を行い、2年生からカメムシを食べさせられたり、灯油を飲まされそうになったりした1年生がいたという。(略)
何で被害者に対してまでペナルティを課すのか。 チーム丸ごと処罰しないと被害が広がるような事例ではなかろうに。 チームを処罰の対象にしたら隠蔽体質が強化されるだろうに。 加害者にとってはチームに対する処罰なんて何でもないだろうに。

ichonan at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

2014年08月19日

先進国なら重大事件では実名報道と刑事裁判をしなきゃね

同級生殺害「立ち直りが大事、刑事でなく家裁で」 , 2014/08/14, テレ朝
先月に起きた長崎県佐世保市の女子高生による同級生殺害事件を受け、市民団体などが「刑事裁判にかけることは避けるべき」などとする要望書を最高裁に提出しました。

少年問題ネットワーク・毛利甚八さん:「重大少年事件を裁判員裁判にかけるのは避けて下さい。少年の立ち直りのために多様な処遇の道を用意して下さい」

 要望書を提出したのは、少年事件の厳罰化に警鐘を鳴らす団体などです。安易に刑事裁判にかけるのではなく、家庭裁判所での徹底した調査を求めています。「被害者と司法を考える会」の片山徒有代表は「未成年の少年少女には刑事裁判はふさわしくない。刑罰だけでは語り尽くせない『立ち直り』というテーマがとても大事だ」などと訴えました。高校の同級生を殺害した疑いで逮捕された女子生徒は、刑事責任能力の有無などを調べるため、3カ月間の鑑定留置となっています。
刑事裁判にかけないとまともに弁護されることがないでしょう。 今回は成立しないだろうけど、正当防衛の主張もまともにできないでしょう。 今回は成立しないだろうけど、冤罪の主張がまともにできないでしょう。 親が追うべき責任がまともに議論されないでしょう。

この手の運動って、社会や被害者をとことん軽視している印象が強いのはもちろんなんだけど、加害者も軽視している印象なんですよね、僕にとっては。 何か、運動することや主張することが目的化しているって印象。

ichonan at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

李信恵(43)による訴訟

在日女性、在特会を提訴=「差別表現で苦痛」―大阪地裁, 2014/08/18, 時事通信@Yahoo Japan
インターネット上の差別的表現で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さん(43)が18日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と桜井誠会長に計550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。 (略)
ただ素朴に思う。 この人、「在日朝鮮人を優遇すべきだという旨の各種差別的表現で精神的苦痛を受けたと」として反訴されたらどうするつもりなんだろうか。

ichonan at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース