名古屋や阿久根のリコール => 福岡や新宿の選挙 => 山下万葉氏(30) => 畠山○○容疑者(23)ブックオフってゴミ箱としても役立つんですね

2010年11月19日

桃太郎電鉄2010を3,200円で売却した

先日、桃太郎電鉄2010を売却した。 たぶん一年ほど前に発売されたゲーム。 売却金額は3,200円。 その店舗での中古商品の販売価格は4,000円ちょい。 新品の販売価格は5,000円ちょい。

一度クリアして終了というタイプのゲームではないことが第一の原因で、やりこみ要素や偶然の要素が強いゲームというのが第二の原因。 さらに大前提として有名なゲームであること。 これらがそろっているために中古市場に流れる量が少なくて値崩れはあまりしていない。 ハドソン(4822)のIRによると発売からしばらくたっても地味に売れてはいるようだ。

この手のゲームってのは繰り返して遊んでいるうちに、新しい体験とか新しい娯楽とかいう側面よりもギャンブル中毒やネット中毒と似た症状が強くなってくる。反応がすぐに返ってくるし、頭が働いていなくても繰り返しと偶然によって進展が見られたりするから。 そうなってしまうと娯楽というよりも人生の浪費である。 僕の場合もそういう側面が少しだけ出てきたので売却した。 本質は売って対価を得ることよりも手放すことなんだけど、どうせなら対価を得たほうがよい。 その対価が意外と良かった。

ichonan at 01:20│Comments(0)TrackBack(0) 極めて個人的なこと 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
名古屋や阿久根のリコール => 福岡や新宿の選挙 => 山下万葉氏(30) => 畠山○○容疑者(23)ブックオフってゴミ箱としても役立つんですね