通のアソビでTLを汚したときのログ田原和典

2016年08月06日

ネタバレほぼ0の「シン・ゴジラ」の感想

映画を映画館で見ることって2年に一度もない。 行くのが面倒だとか後でDVD買えばいいとかってのもあるけど、途中でトイレに行くオプションがないのが大きい。

久しぶりに見に行った。 シン・ゴジラ 。 初シネコン。 初4D。 4Dにしたのは純粋に上演時刻の都合。

超大雑把に言うと、「日本映画ってアニメ以外でもやればできるじゃん」って思える良質な娯楽作品でした。 面白い。 評論家にしか受けないクソ映画やテレビ局にしか受けないクソ映画や芸能プロダクションにしか受けないクソ映画や娯楽として成立しないことを理由に芸術作品扱いされているクソ映画や売れただけの映画とは程遠い。 ありがちなクソとの大きな違いは以下に挙げること。
  • 役者の余分な演技がほぼない。 織田裕二のいない踊る大捜査線とか、木村拓哉主演のドラマから主役を含む美男美女をごっそり外したものとか、そういうのをイメージすればこの点に関しては外れていないと思う。 「映画のために役者がいる。逆ではない。」という正しい方針をとっているように見える。 有名大御所俳優もしっかりとコマとして扱われている。 強いて言うと石原さとみが少し出すぎている感があったけど、特記しなきゃならないほどではない。

  • ありがちな素人脚本や原作レイプを監督と役者と技術スタッフに丸投げしたものではない。

  • 細かな部分の描写がしっかりしているなどの基本も文句なし。 脚本や演技や映像に仕上げる前の段階の調査に才能とエネルギーがつぎ込まれているのがよくわかる。 これはエンドロールだけ見ても伝わってくる。
他の良いところは 空想特撮映画「シン・ゴジラ」が“マジ庵野”だと話題に を参照(こちらは少しだけネタバレあり)。

注意点。
  • テンポが非常に速い中でストーリーを破綻させずに描写もちゃんと行って完結させている作品なので、スピードについていくのが厳しいという人はいるだろう。

  • シーンによっては会議室で早口の複雑な会話が繰り広げられる。 完結した文章になっている会話に弱い上に内容が重要な部分と雰囲気が重要な部分を区別できないタイプだとたぶん辛い。

  • エヴァみたいなオナニー感は無い。 各種説明は作中で行われている。

  • BGMがあまりにもミスマッチなところが少々ある。 これはミスとかヘボではなくてオマージュ狙いなんだろう。

  • 宮崎駿の作品を見て動きや構図や描写ではなくストーリーを褒めるタイプだとキツイかも。 セリフをBGM扱いして凝った映像や細かな描写で魅せてる部分がむっちゃ多いから。


ichonan at 23:09│Comments(0)TrackBack(0) 時事・ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
通のアソビでTLを汚したときのログ田原和典