「評価関数が完璧ならば読みは不要」あたりの説明を書いてみるモテ期

2016年11月09日

Ubuntu 16.04のインストールメモ

Ubuntu 16.04のインストールメモ.

スタート

ハードウェアは少し特殊なんで詳細は秘密. 一昔前のノートPC. 「初めてでも使える!Linux超入門」の付録のDVDから16.04LTS日本語Remixを.

DVDドライブからブート. ハードディスクの不良ブロックをチェックした後でインストール. Windowsは残したままのデュアルブート. 最近のマシンだとデュアルブートは面倒らしいけど,古いヤツなので特に問題無し. 元々あったLinuxのパーティションに上書きインストール.

無線LANはドライバの設定とかなしで自動で認識した. パスフレーズだけ入力. 長時間(2時間ほど?)接続していると通信できなくなってしまうようだけど,一旦切断して接続しなおすと通信できるのでとりあえず放置. リリース後のアップデートを反映させる.

apt-get update
apt-get upgrade

ソフトウェアの追加

ソフトを少々追加.

apt-get install python-scikits-learn texlive-lang-japanese

あたり.他にもマニアックなものを少々(vrmsとかoctaveとかwlとか). ChromeはGoogleから64bitのstableな*.debをダウンロードして

dpkg -i *.deb

man-dbのトリガがなんたらかんたらでエラー. 推奨された方法ではないだろうけど,依存関係無視(?)の

apt-get -f install

でインストール. 問題なく使えている. ほかに

sicklylife.at-ninja.jp/memo/ubuntu1604/settings.html#add-repository

あたりを見て追加のことをやったけどたぶん不要. 純正のJava.

add-apt-repository ppa:webupd8team/java
apt-get update
apt-get install oracle-java9-installer

途中でライセンスの承諾の選択あり.

設定

とりあえず設定のインターフェイスのインストール.

apt-get install compizconfig-setting-manager gnome-tweak-tool

このあたりを使ってCtrl-CAPSなど設定を少々. 画面の右上のキーボードマークから,「入力メソッド → mozc」で日本語IMEの切り替え. 以降,半角/全角でOn/Off. 予測変換が結構賢いみたい. まだ指がなれていない. 辞書も追加すべきだろう. EmacsのインラインIME.

apt-get install emacs-mozc

http://qiita.com/HirofumiYashima/items/a0e4011a5a32d61f124b あたりを見ながら,.emacs.d/init.elに記述.
(require 'mozc)
(set-language-environment "Japanese")
(setq default-input-method "japanese-mozc")
なんとなくyatex.

apt-get install yatex

.emacs.d/init.elにautoloadの設定.

dviの日本語のプレビューができなかったりdvipdfmxのときに警告が出たりするので適当に試行錯誤.

apt-add-repository ppa:texlive-backports/ppa

とかやったけど多分不要. 結局は文字コードの問題であって,jisにしたらプレビューできた.

ichonan at 00:33│Comments(0)TrackBack(0) <個人用>備忘録 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「評価関数が完璧ならば読みは不要」あたりの説明を書いてみるモテ期