15年7万人が見た稲田コーチのブログ 

トップページ JIMCCA最新情報 代表稲田昇 講師・IMCコーチ JIMCCA公式サイト

▼トップページでは全てのメニューの投稿記事を【最新順】に表示しています。

「日本企業の従業員エンゲージメントが世界でも最低基準に!?」

「日本企業の従業員エンゲージメントは世界でも最低の水準」
という記事が目にとまりました。

従業員エンゲージメントとは、

※個人と組織の成長の方向性が連動していて、互いに貢献し合える関係がある従業員数の割合のこと。

これは、社員が会社に貢献し、会社が社員に還元する関係

社員と会社の信頼関係

社員と会社が一緒に会社を良くする関係

とも言えます。

記事には、
「ギャラップ社の
2021年の調査によると、
従業員エンゲージメント
(個人と組織の成長の方向性が連動していて、互いに貢献し合える関係がある従業員数の割合)

世界平均は
20%ですが、
日本はわずか
5%でした。
米国
/カナダが34%、中国が17%、韓国が12%で、日本の低さは突出しています。」
とありました。

5%と世界最低基準と数字に出てきますと、たいへんインパクトがありますが、

数字に表れる前から現場レベルで感じ取れるもので、やはりという感じがします。

私共、ジムカの受講生の一例ですが、

「職場環境を働きやすい環境に変えたい」

との思いが強い方がありましたが、

会社は、「人の代わりは補充すれば良い」との考え。

環境を変えよう

社員を育てよう

離職率を減らそう

などとの考えは毛頭ない。

そこから、

諦めてはダメ!

と職場環境を働きやすい環境に変える

チャレンジをスタートしました。

レッスンは、管理職研修のように、実際の現場に合わせ行いました。

個人を最大限に生かすことから始め、

人を動かすことに着手し、

まずは、小さな単位で結果を出すことにチャレンジしました。

その間、上司とのコーチングコミュニケーション、部下や周囲とのコーチングコミュニケーションを実践的に学び、実施していきました。

提案プランが採用され、

結果的に、

離職率は過去最低になり、

社員・スタッフの定着により、

会社の生産性は向上、次々と目標をクリアしていきました。

会社の利益に繋がったというわけです。

この成功事例、

〔社員・スタッフ〕と会社の双方に大きなメリットをもたらすことになりましたが、

この受講生さんの受講料は、

受講生さんの個人持ちであるということ。

会社の損失回避はざっと数億円、さらにこれから生産性が上積みされますと、数十億規模になります。

これが、現在の従業員エンゲージメントのバランスの悪さを表しています。


これが、

会社が、社員研修を通じて、社員個人のスキルアップと成長のため、そしてそれが職場環境をよくするため(会社の利益に繋がるため)の投資として行うことで、

従業員と会社のエンゲージメントのバランスがよくなります。


今回たまたまジムカの受講生さんは、

「人が辞めないで働きやすい環境になるのなら」

つまり、会社のためになるのなら、個人で払っても問題ありません。

そのような方でしたので、実現が可能でした。

本来これは、

会社が投資として行うべきことです。

日本の企業が、

人材育成、人材教育にもっと投資し、

(もちろん的を得た投資先に投資することが必須です。)

従業員エンゲージメントの割合を高めてほしいものです。

それは、会社の成長を意味します。


IMG_1639









「投資家も企業に人材育成を求める時代に。」

今朝のニュースを見ておりますと、「投資家も企業に対し、人材育成や福利厚生など働きやすい環境を求めている」という趣旨の報道がありました。

これは実に歓迎すべきことです。

ようやくか…
と思う本音もありますが、よい傾向には違いありません。

投資家からしますと、企業利益、イコール株価の上昇が最大の関心事です。

それが故に、

企業に対し、リストラなど、すぐに数字に表れることを目的にしてきた経緯があると思います。

私からしますと、大間違いの勘違いも甚だしいと思っています。

それは、
このブログの体験談てもご理解いただけるかと思いますが、

人には、個々に素晴らしい才能や能力があり、

それを引き出し生かすことで、業績が向上します。

これまで書いてきた通りです。

これがわかっていたら、人材育成の必要性が

投資家目線でもわかるはずです。


もちろん、人材育成の質、つまり効果的な質の高いやり方は必須です。

これまで、企業は株主の顔色を見る傾向がありましたが、

株主が、

企業の人材育成を求めているとなると、

そちらにチカラを入れていくことになるでしょう。


多くの企業人(社員、スタッフ)が、

自身の才能や長所に気づいていないがために、

その生かし方がわかっていないと、私の20年以上の経験から感じます。

私共ジムカには、

20年以上にわたり、それを実践し、結果を出してきた経緯と経験があります。

人が企業と社会のため、自分や家族や周りの人のために働き、企業も社員や家族、社会のために力を注ぐ、バランスの取れた状態になることを望みます。

IMG_1609

「誤解を受けやすく…自分に何か問題があるのかと…」そんな声をお聞きしました。

誤解される…
誤解を受けやすい方が悩まれるケースはよくあります。

周りからの疎外感(仲間外れやあたりの強さ)を感じることや、仕事のやりにくさ、動きにくさを感じることもあり、そこから悩みが発生するなど様々なケースがあります。

もう少し相手(周囲の人)が、真意(本意)を理解してくれようとしたら問題ないのですが、なかなかそうはなりません。

できるだけ誤解されないようにする努力は必要ですが、完璧には無理です。

多少なりとも、「誤解はされるもんだ!」と思うぐらいで丁度いいと思います。


誤解されないよう、事前説明などを行う工夫をした上で、

それでも誤解はされますから、

やってみること

やり続けること

これに尽きます。

誤解を受けやすいタイプにも様々あります。

アイデアマンなど、

想像力、イメージ力、先見性などを兼ね備えた人はたいがい誤解されます。

周りが気づかないことを気づく人ですから、

これは、才能(長所)の代償と言えるぐらいのものです。

ですから、誤解を受けることを想定しながらも、才能を封じ込めないことが大事です。

大いに才能を発揮し、

大いに誤解されましょう!

そして、やり続けましょう!

継続し続けましょう!

淡々と行っていきましょう!

やがて誤解が晴れていきます!

少なくとも、自身の後悔はないと思います。

もし、自分に問題があるとしたら、

利己主義

になっている場合です。

利他のためになると思っていたら、遠慮なく前に進みましょう!

動機が間違えてなかったら、必ず理解者や協力者が現れます。

誤解されたら、6階に上がれ!

そんな前向きな気持ちを持っていただきたいと思います!

応援しております!

稲田コーチ

IMG_1605


「仕事と家事(主婦、子育て)の両立は可能なのでしょうか?」そんなご質問を受けました。

「仕事と家事(主婦、子育て)の両立は可能なのでしょうか?」そんなご質問を受けました。

結論から申し上げますと、可能です。

ただし、あらゆる面で質を高めなければ大抵の場合、どこかが成り行かなくなります。

よくあるケースですが、

仕事がうまくいかず、

(人間関係、目標未達、組織作り、部下の育成)

などにより、ストレスが過剰にかかり、


家に帰ると、

旦那さんの言動行動にストレスを感じ、


その状態で子供に向き合う時、

ついつい感情的になってしまい、


それに対して自己嫌悪になる。

このようなケースです。

この状態は、

仕事と家事を両立させているとは言えない状況です。

(いつ何かの歯車が狂うかわからない状況です。)

実際に、私どもジムカの受講生の皆様の中には、仕事と家事を質高く両立されている方が何人もいらっしゃいます。

仕事面では、

ジムカに蓄積されたノウハウがありますので、

それを身につけていただきます。

対人関係は、IMCコーチングスキルをマスターし、効率よく最短で「良い結果」に繋げていきます。

要するに、職場の人それぞれの、処方箋を身につけます。

上司との関係、部下との関係、部下の育成、

はたまたチーム編成までの実践スキルを身につけ、実践することにより、効果的な結果が得やすくなります。

これが仕事の質を上げると言うことです。

仕事の質を上げることで、

仕事のストレスを軽減し、また時間を作ることができます。

時間を作れないと、

保育園に迎えに行くこともままなりません。

仕事と家事の両立は、時間との戦いでもあります。

ですから、時間を生むための仕事が必要になります。

そして、家に帰ると、ご主人対応と子供対応が待っています。

ここでも、ご主人を上手に協力者になってもらうためのコミュニケーション力が要ります。

ご主人を上手く動かすことができたら、気持ちに余裕ができ、

子育てに対して、寛容(穏やか)に向き合うことができます。

そうすると、

イライラしたり、自暴自棄になることもありません。

これらが質の高い家事ということになります!

さらに、時短料理などを工夫されている方もいらっしゃいます。


仕事もうまくいかない

家庭もうまくいかない

だから、仕事を辞めるとか、家庭を犠牲にする

とか、短絡的に考える前に、

質の向上を目指していただきたいと思います。

そうすれば必ず両立は可能です。

IMG_6360





「営業成績が好調です!」重森さん(仮称)の好調の秘訣とは?

お仕事はどうですか?

「はい!凄く順調です!」

営業成績が良いまま推移してますねー 
営業好調の秘訣は何ですか?

重森さん(仮称)にそんな質問をぶつけてみました。

「商品(商材)がすごくいいんです!
ですからご契約いただく相手にもすごくいいと思って話をしていたら、契約になるんです!」

と笑顔で楽しそうに話されました。

商品(商材)のどんなところが良いのかを楽しそうに話すことが営業成績好調の理由だそうです。

この方法は、昔から言い古されていますが、

自社製品を好きになること。

重森さんは、「商品がすきやけん。いいものやけん人に進められる。」と、さらに「自信もって進められないものだったら会社辞めてます!」とも。
気合い入ってますねー
そこまで商品が好きになったら売れますよねー

買う方にも伝わってきます。

営業成績向上には、自社商品を好きになることは、昔も今も変わりないようです。

さらに、重森さんのように、いい商品じゃなかったら会社を辞める・・ぐらいの強い気持ちを持てたら販売業績も高い値で好調を維持できるようです。

さらに、ここからがコーチング効果が出たところですが、

何度かコーチングを行うことで、重森さんが自分自身の特性を自覚し始めました。

それは、「重森さんが居るだけでその場がパッと明るくなる」ということ。

最初は、「えーそうなんですかねー」と自覚度合が30%ぐらいでしたが、コーチングを進めるうちに、50%→60%→80%ぐらいの自覚度合になっていかれました。

自覚度合が低いと、明るさが発揮できず、「普通」の営業の人になってしまいます。

ところが、自覚度合が高まりますと、表情、初対面の挨拶の声、相手とのコミュニケーションの質、商品が好きという気持ちなどが格段に違ってきます。

重森さんがこのあたりのコツを掴んだようです。

さらにコーチングを深堀りしていきました。

重森さんがよく言う言葉「引き寄せがあるんですかねー」

この引き寄せる力も上げていきました。

重森さんは、例えるなら磁石なんです。その磁石に、いろんな不純物(ゴミ)がついていますと、磁力が弱まるのです。弱い磁力には付いてくるものも限られてきます。ところが、不純物を取り除くと、磁力が上がります。どんどん吸い寄せます。そんなイメージです!

不純物とは、短所や性格、考え方、習慣の偏りなどです。

コーチングにより、それを取り除いていきました。

そうしますと、よい人に偶然のように出会い、その場をパッと明るくし、良い商品を「好き」という気持ちで話をする。そうすると契約になる。

こんなサイクルがいつの間にか出来上がっていました。

これが重森さんの営業成績好調の理由ですよとご本人に解説しました。

ご本人は、今の仕事は私の天職です!と楽しそうに話される姿に、

よかったよかったと喜びでこちらが満たされます。

FullSizeRender



I式コーチングのJIMCCA

banner_fm2015

稲田昇プロフィール

稲田 昇(いなだ の...

月別アーカイブ