10年続く「アイシキ」稲田コーチのブログ 

トップページ JIMCCA最新情報 代表稲田昇 講師・IMCコーチ JIMCCA公式サイト

【IMCコーチングスクール】福岡・東京・全国各地へ

JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会の様子より。幹事ともこさんの忘年会裏話(後編…ではなく中編)


以下幹事ともこさんより。


JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会の様子より。幹事ともこさんの忘年会裏話(後編…ではなく中編)



チーンチーン。


忘年会当日。その日は14時から行われるグループレッスンにも参加する為、私は昼過ぎに大荷物を抱え早足にスクールへ向かいました。


チーンチーン。


景品とか諸々、何とか大きな紙袋1つに収まって良かった。中は見えないように閉じておかないとね。


チーンチーン。


結局夜中までメッセージ作成してたから、参加者の名簿が準備出来なかったなぁ。レッスンの合間に用意しないといけないわ。こりゃ。


チーンチーン。


あと先に出て、お店に行って座席札並べて準備もしないといけないね。それと…


チーンチーン。

チーンチーン。

チーンチーン。



…さっきから私が歩くとチンチン音がなる💧


数日前、コーチと忘年会の打ち合わせをしていた時の事です。


コ『自己紹介がてら、1人ずつ1分スピーチをしてもらおうね。でもみんなよく話すから長くなりそう(笑)そうだ。チーンてなる、ベル?あれがあるといいんだけどね〜。

で、〇〇さんの時とか△△さんの時とか名前の後にすぐ鳴らしちゃう。あと意外に僕の時とかね。あっはっはー(笑)』


と『あ、それいいですね!私チーン探しておきます!!』


…出来る幹事ともこさん(笑)は、前日に100均でチン(正しい名称は?)を発見。即購入。

それをカバンに入れていたので、歩く度に鳴り響いていたのでした(笑)🔔


その日のグループレッスンは、10名程参加。この一年を振り返り、どんな年だったかを発表しました。いつも思うけど、みんな本当に話すのが上手❣️そして内容もどんどん深まっているので、とても刺激になります。


その中で、大勢のレッスンも忘年会も初参加のたかこさん。私は今まで何度かレッスンでご一緒させて頂いていたんですが、実はたかこさんは飲み会が苦手なんです。


いつも周りの人達はすごく盛り上がっていて、みんな楽しそう。。自分もそうなりたい。だけど…


声が小さいから(全然小さくない)

向かいの人まで聞こえていないと思うし(よく聞こえている)

面白い事を言いたいけどウケなかったらどうしよう(芸人魂!?)


と悩んでいました。


それをレッスンの時に思い切って話すと、実はほとんどの人が飲み会は苦手だと思っている事が発覚(みんなこの後大丈夫?Σ('◉⌓◉’))


社会人になると、職場の飲み会はある意味仕事の一貫です。正直、楽しいものばかりではありません。

みんな似たような思いをしてきている為、それぞれの経験を踏まえた素晴らしいアドバイスがたくさん出てきました。


自分の性格や特性を自覚して、ボケ担当に徹すると、みんなが喜んでくれて楽しい雰囲気になったので、それでいいんだと感じたかなこさん。


「たかこさんは、相手を喜ばせたいという、サービス精神がすごい人なんだなと感じました」と、本質を見抜いたあそうさん。


そう。とても心が純粋で綺麗で相手の事を深く思いやる事ができる、とても素敵な優しい女性なんです✨

そしてコーチが


「たかこさんは、自分は暗い人間だと言うけど、いつもよーく笑ってますよ。そんなに笑う暗い人がいますか(笑)そして聞き上手。話したがりの人には、もってこいの人なんです。

相手を喜ばせるというのは、何も自分から言葉を発するばかりではない。たかこさんが笑顔でうんうんと相手の話を聞いてあげるだけで、相手は満足して喜ぶんです。

盛り上げ上手な人を羨ましがることはなく、かなこさんみたいに、自分の持ち味を生かす事で、相手を喜ばせる事は出来るんですよ」


という言葉にハッとしたたかこさん。


「自分から何かを発しなくても、相手を喜ばせる事が出来るという考えは意外でした」


「意外ではなく、そこは気付きとしましょう。意外ではまだ自分の枠の外にある状態ですからね。そうではなく自分の中の気付きですよ」


なるほど…。


新しい価値観(例えばすごく栄養があって美味しい食べ物🍎)を自分が知った時、それを


『気付き』とし、自分の内側に取り込むのか。

『意外』とし、自分の外側に置いておくのか。


『気付き』として自分の内側に取り込めば🍎(食べちゃえば)やがてそれは吸収され、自分の血となり骨となっていくでしょう🌟


でも『意外』として自分の外側に置いたままにしておくと…もちろん自分のものにはならないので、栄養も取れない。下手するとそんな素晴らしい食べ物があった事も忘れてしまうかもしれません。


みなさん、美味しいリンゴを見つけた時には、新鮮な内に食べてしまいましょうね🍎💕



…は❗️そんなこんなであっという間に3時間過ぎている‼️もう行かなくては‼️😱


レッスンを終えて、会場設営係は、一足先に忘年会会場へ急いで向かいました。





チンチンチーン。

(今度こそ後編に続く)



IMG_3354


12月8日JIMCCA忘年会にご協力頂いた皆様へ…幹事さんが皆様に宛てた心温まるメッセージより。

幹事の 岩永さんより。

今回サプライズにご協力いただいた皆様に

お礼のメッセージを9日送りました。

内容は下記に記します( ◠‿◠ )


12月8日JIMCCA忘年会にご協力頂いた皆様へ


こんばんは。

JIMCCA忘年会幹事の岩永です。


先日は師走のお忙しい時期にも関わらず、沢山の方にお越し頂いたこと。


慣れない幹事の進行でも温かい目で見ていただいたこと


さらに(既にコーチングのレッスンを

複数受講された方を対象に)

稲田コーチへのメッセージを頂きましたこと。重ねまして本当にありがとうございます。


おかげさまで、最高の会になりました。


初期のメンバーの方からここ最近のメンバーの方々と、初めてお会いする方もいらっしゃったと思いますが、

皆様が楽しい会話をされていました。


また参加の方から楽しかった、最高でしたと感想を頂きました。


改めて、忘年会を開催出来て良かったと思いました。


さらに、稲田コーチへのサプライズは

皆様の温かいご協力により、無事に成功しました。


これまでの11年間、生徒皆様それぞれが幸せになるように、常に全力で向き合って下さる稲田コーチ。


ですが、11年間ご一緒させて頂き、

稲田コーチは決して私達の前では弱音や悪口は言いませんが、

人知れず流したものや数々の試練が沢山あることも肌で凄く感じていました。


しかしながら、稲田コーチは

その苦しさを大きな愛で包み込み、

ご自身の信念を逆に進化され続けて来ました。


誰かを救うためならと、人生初のマラソンも無事に完走されたり、

広島や熊本災害のボランティアに参加や寄付されたり、 

熱い思いを語る人はいれど、すぐ行動に移せる方はなかなかいません。


そんな思いを形にする稲田コーチに、

私達も皆さんの思いを形にして渡すという行動を行いたい。


今回のサプライズはそんな思いからでした。


楽しい忘年会、サプライズ成功

全ては参加された方、さらに生憎参加できなかったですが、欠席でもメッセージを送って下さった皆様のご協力のおかげです。


一人一人ご挨拶させて頂くべきで、

大変申し訳ございませんが、

この度はメールにて感謝の意をお伝えさせて頂きました。

本当にありがとうございました。


また、来年も皆様と笑顔でお話が出来る機会を作っていきたいと思いますので、どうか今後とも宜しくお願い致します。


最後に、今回のサプライズを

今年3月からの私の構想について、

沢山のアドバイスやサポートを

もう1人の幹事のともこさんが

全力で行なって頂きました。


さらにともこさんは自らバインダー購入、作成、焼き増し、デコレート、そして今回盛り上がったゲーム企画、司会まで全て行なって下さいました。


今回さらに素敵な会になったのは

ともこさんの全面サポートのおかげです。

本当にありがとうございます。

そして、本当にお疲れ様でした。


12月9日 岩永


………

幹事の岩永さん、ともこさん。あらためて幹事を引き受け、実行していただきありがとうございました。


幹事さんは、とても大切な裏方業務です。

会の成否につながります。

準備段階から当日の司会進行、受付、会費の徴収、雑務、目に見えないところでの苦労がたくさんあったかと思います。


ありがとうございました。


おかげ様で皆様の楽しそうな笑顔が見えました。


IMG_3324





JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会の様子よりヾ柑ともこさんの忘年会裏話(前編)

JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会の様子よりヾ柑ともこさんの忘年会裏話(前編)


  先日行われた11周年記念&忘年会&サプライズ企画。たくさんの方々が協力・参加され、とても楽しく素敵な会となりました。


幹事をした私にも沢山の労いの言葉が!

大変だったでしょう、お疲れ様…と。確かに準備はたくさんあって大変でしたが、実はとても楽しかったんです。


…楽しい未来に繋がっている毎日だったから、そりゃ楽しいし幸せに決まってますよね(笑)(Σ('◉⌓◉’)これってまさにコーチング!?)


忘年会までの3週間。検索名人の異名を持つ私のスマホでは、


「忘年会  盛り上がるゲーム」「先生  サプライズ」「座席札  おしゃれ」「貰って嬉しい景品」「出来る幹事はこうする!」etc…


という楽しげなワードがずらり。


コーチだけでなく皆んなにもちょっとした仕掛けを施して、楽しく過ごしてもらうには…と、頭とスマホをフル活用していました。


それは、眠っている脳の何パーセントか目覚めたんじゃない?というくらい(笑)


座席札は折り紙で作ろうかな。飛行機?舟?パクパク?

でも愛を大切にするJIMCCAなので、やっぱりここはハートでしょう!


12月なので、全体的にクリスマス仕様がいいんじゃない?赤と緑のクリスマスっぽい紙を買って、折り紙サイズにカットして、ハートの折り方をスマホで検索して…ふむふむ。なるほど。

一つ折ってみて…おぉ!可愛い💕また一つ折って…一つ折っ…


時間かかるわ!!!


気がつけば、途中から一枚ずつ折らずに、同じ工程を20枚の紙に連続で施していくという作業を無心で行っていました。

そこに座席番号を記入。

お揃いの紙で、途中の席替えの為の三角くじも作成しました。


机の上にずら〜っと全部並べて、満足。


そうだ!座席札か三角くじに当たりを3つ位仕込んで、ゲームの景品とは別にミニ景品を渡すようにしたらどうかしら。でもどういう風にしたらいいかな…


と、悩んでいる事をコーチに相談したところ


「三角くじに仕込んだら、酔っ払った〇〇さんなんか、どっかいったー!ってなくしちゃうよ(笑)座席札にして、その時近くにあるのを適当に取ってもらったらいいんじゃない」


おぉ!さすがです!

というわけで、ハートの座席札の中に星のシール(黄金バランスを意識)を貼る事にしました。


…何番に貼る?

そうだ。11周年記念なんで、1と11と21に入れよう。

コーチ、岩ちゃん、この番号は引かないで下さいね。


こうして座席札の準備やゲームの内容を考えながら、同時進行でコーチへのサプライズプレゼントの準備もしていました。

もう1人の幹事の岩永さんが、みんなにメッセージと写真の依頼。送られてきたものを私に転送してもらいました。


11年生の岩永さんだからこそ、みんなからの信頼もありこうして連絡も取れるんですね。そして不参加の方にも呼びかけたところ、たくさん送って下さいました。

このみんなの気持ちをちゃんと形にして届けないとね!


と決意した私は、忘年会までの3週間の間、毎晩近所のコンビニでプリントアウトをする怪しい女と化したのでした。。。


1週間前になると、ゲームの景品を買いにパルコへ行きました。(なぜならパルコカードを使うと5%オフだから)

食べ物がいいのか、物がいいのか。年齢、男女問わず喜ばれるものを…と、地下から上まで行ったり来たり行ったり来たりで、悩みすぎで思考が停止してしまった私は、なんとパルコカードを使い忘れるという大失態!


ちなみに、思考停止状態で購入したゲームの景品は、ラーメン食べ比べセットとちょっとお洒落な柿ピーとねこまんま風ふりかけ。

ミニ景品は、何だかお洒落なおとなのふりかけ。


…ふりかけ、ふりかけって、ちょっと色気がないなぁ。

クリスマスラッピングで誤魔化してしまおぅ!うん。ちょっと可愛くなったかな。


そんなこんなで、3週間前から取り掛かっていたにも関わらず、ギリギリの前日の夜中まで作業となりました。


そしてようやく…


メッセージ出来た❣️


後は当日参加のみなさんから、受け取ったメッセージを貼り付けるだけです。


明日はみんな楽しんでもらえるかな?

コーチへのサプライズは上手くいくかな?

喜んでもらえるかな?

こんなに用意したけど、シラケちゃったらどうしよう?


そうなったら、飲むしかない。


なんて土壇場で急に心配になりながら、眠りについた前日の夜でした。

(後編に続く)


IMG_3341


JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会の様子より

JIMCCA 創設11周年記念2018忘年会が12月8日土曜日に開催されました。


ご参加の皆様、メッセージをお寄せいただいた皆様ありがとうございました。

また、幹事の岩ちゃん、ともこさんには企画から進行、場の盛り上げ、ポツンと誰か1人にならないようにと気配り、プレゼントの準備、手作りのテーブルナンバー表の作成、そして私へのサプライズプレゼントまで。


1人1人からメッセージを受け取って、写真と一緒にバインダーに綴りプレゼントしてくだいました。


お一人お一人のメッセージが、心に響き感動しました。


麻生ちゃんのメッセージは、


なんと、


「熱」


一文字かいっ!(笑)


一文字というサプライズ!


熱でもあるんかいっ!(笑)


冗談ですが、


普段レッスン後にたくさんの気づきや感想のメールをくれていて、今一番麻生ちゃんに必要なことを書いてくれたんだと思います。


自分のことかいっ!

(笑)


ここは、コーチに対して何か書くとこなんですが!(笑)


いえいえ、麻生ちゃんの頑張ってます!安心してください!の気持ちと受け留めました。



ご参加は、11年生から1年目の方々まで

男性女性、20代から70代までの皆様にお集まりいただき、感慨深いものがありました。


大盛況でしたね〜

皆様本当に楽しそうでしたね〜

あまりの雰囲気の良さに、店員さんもじゃんけんゲームに加わってましたね〜(笑)


店長さんも、皆さんのコメントなどで、どのような集まりなのかたいへん興味を持っておられたようです。


参加された皆様の輝きが違いましたからね〜


皆様、長い年月をかけて熟成されたワインのように琥珀色に輝き、そこに新しい方が新しい樽に注がれていく様に映りました。


飲み会が大の苦手…

自分の存在が、周りを暗くしてしまうのじゃないか、何を話せばよいのかわからない…

そんな不安を抱え臨んだ たかこさん。


とても楽しそうでしたね。


幹事さんも気にかけていましたが、


あっ 大丈夫だ…と感じたようです。



じゃんけんゲームで決勝まで勝ち進んだ、岩ちゃん(幹事)と かなちゃん。


幹事の立場の空気を読んだ岩ちゃん


かなちゃんに、


「おれ、グー出すから…」


声 でか過ぎ!

(笑)


真剣にじゃんけんして負けたら いいし、

もし勝ったら、


私は幹事なので、かなちゃんにプレゼントします…とすれば かっこよかったのに!(笑)


おれ、グー出すから…


じゃんけん…


そこでチョキ出さんかいっ!(笑)


冗談ですが(笑)


決勝まで残ってしまった…そんなバツが悪そうにし、人に配慮できるのが岩ちゃんのいいところですね〜


じゃんけんゲームで勝利し、(負けたら勝ちバージョン)さらに、テーブルナンバーに隠された当たりまで二重取りの強運を見せた、トドロキさん。


なんという強運力!


ほんと持ってますね〜



最年少参加で大学生のソウイチローくん。


物怖じせず、どんどん人に話しかけ、どんどん話を聞き、どんどん吸収してましたね〜


吸収する大学ですから(笑)

失礼しましたm(_ _)m(笑)


その若さで、アイシキ を学び、アイシキ を学び実践している方々から得られるものが大きく、

ソウイチローくんの今後に大いに役立つことでしょう!


期待してますよ〜



……

その時のエピソードは尽きませんが、幹事さんが感じた様子を書いてもらいたいと思います。


ご参加いただいた皆様、メッセージを下さった皆様ありがとうございました。


また、今回残念ながら参加が叶わなかった皆様、遠方の全国各地の皆様、またの機会に是非ご参加ください。


IMG_3330



IMG_3333

IMG_3325


IMG_3328
IMG_3321
IMG_3334



「検索」の仕方に問題が。ネガティヴ思考に陥りやすい罠。

2018急上昇した「検索ワード」が発表され、「検索」されたものが話題になっています。

ひょっこりはん

おおさかなおみ

など、その時話題になったものをすぐに検索して調べる

このような「調べもの」がごく身近に便利にできるようになりました。

便利な世の中になりましたね〜

………

一方、個別のコーチングやカウンセリング、スクール、研修等を通して、

ネガティヴループ からなかなか抜け出せない方の特徴の中に、

「すぐに検索する」

というものがあります。

その時の状態や症状にあてはまるワードを入力して検索するわけです。

その際、

人間関係 職場 やめたい

などを入力して検索しますと、

だいたい転職サイトが出てくるわけですが(笑)

何か意図的な誘導の気配がしてきます。

……

その時の状況、状態がネガティヴであれば、どうしてもネガティヴなワードを打ち込みがちです。

ネガティヴな状態(気持ち)を増幅させてしまうこと、

思い込みを強めてしまうこと

不安を増大させてしまうこと

さらに不安が増大しますと、いてもたってもいられなくなり、

解決法

を検索し始めるわけです。

それがますます不安を呼び込むことに。

こうしてネガティヴループが形成され、

自己嫌悪

自己否定

自信喪失

自暴自棄

などを引き起こすことが多々あります。

……

ネガティヴな状況にある時は、

まずは、気分転換をはかる。

自然に触れる

気の合う仲間と過ごす

美味しいものを食べに行く

なども良いと思います。

また、信頼のおける身近な「人間」に聞いてみる(話してみる。相談してみる。客観的な見方をする)

など、

心配しなくていいこと

悩まなくていいこと

早く気持ちを切り替えた方がいいこと

は、「検索」して深みに入らないようにし、

早くその状態から脱却することが大切です。

もちろんその時の状況によりますが、大きくは、

早く浅く解決していくことと、

時間をかけて解決していく(進めていく)

の2つに分けることが

ネガティヴループに陥らない基本的な方法になります。

もし、検索するとしますと、

あえて、ポジティブワードを入れて検索することをお勧めします。

「〇〇の問題」「解決」「成功」

など、検索したことで、

「希望が出てきた」など少しでもポジティブな気持ちになっていけばベストです。

………

インターネット

スマホ

など便利になればなるほどその代償となるようなものが現れます。

「検索」もその一つだと思います。

検索は、

あくまで、情報収集であり、参考であり、善意、悪意、正しい、虚偽、誘導などあらゆるものが溢れている中での取捨選択が必要になります。

検索の罠に引っかからないようにし、

検索により、

知識を得る

解決のヒントを得る

希望が持てるようになる

など、ポジティブな状況になるようにしていきたいものですね。

FullSizeRender






【今までも愛情をたくさんもらっていたんでしょうが、私がそこをちゃんと認識していなかったように思いました。】

馬上さん(仮称)より素敵な言葉のメールをいただきました。

お誕生日に、お母さんから素敵な花束や好きな動物をあしらったケーキをプレゼントされたそうです。

この粋な計らいに、

親の愛情を感じたようです。

嬉しそうな喜びのメールをいただきました。

……

親の愛情…

なかなか自覚しにくいものです。

あたり前すぎて

小さい頃から日常的にそうだったから

それが普通

こんな風に思いがちです。

親の愛情は、

目に見えるもの

見えないもの

記憶にあるもの

記憶にないもの

があります。

結果的に「親から愛情を注がれていた。」

こう心に落とし込むだけで、心の愛情タンクが潤ってきます。

親から愛情を受けていない

そう決めこみますと、心の愛情タンクがからっからに乾き、

心の余裕

心の豊かさ

人への優しさ、思いやり、配慮が難しくなります。

また、他人への強い嫉妬心

他人との比較による自己否定

他人への攻撃性

など不安定な要素が随所に出てくることがあります。

……
親から愛情を受けていない

と嘆く前に、

本当にそうだったの!?

見てないところ

記憶にないところ

があるんじゃないの?

そう考えてみることが大事です。

……
親から愛情を受けていたと感じた馬上さん。

あなたは愛されている

この上なく愛されている

誰よりも。


愛されていることを心にしっかり落とし込み、

しっかり自覚し、認識し、心を潤し、馬上さんの本来の長所を自然に出していきましょう!

FullSizeRender





【スクール】二人のお爺さんの話

アカデミー生の皆様は、受講期間中になぜか身の回りで起こる(見聞きする)ことで、気づく(気づかされる)機会が多くあります。

「自分に必要なことが日常の身の回りで起こる」ことが多々ありますので、私がレッスン時に
「近況」をお伺いし、解説する機会が増えるにつれ、

日常で起こることに、少し敏感になり、
気づきやすくなってるというのがあると思います。

……
長島さん(仮称)は、職場からある二人のお爺さんの姿が改めて目に留まったようです。

歳も二人とも80ぐらい。

独り身も共通。

服装もきちんと整えており、裕福な雰囲気がある。

Aお爺さんの周りには、いつも人が集まり、笑顔が絶えない。
お誕生日を皆さんから祝ってもらえるような、
人からとても大切にされる人のよう。

Bお爺さんの周りには、人が寄り付かないばかりか、周りが避けているという。
そのためか、自分から人を追い求めるように、じっと見つめたり、声をかけたり、何かきっかけをつかもうとするが、その行動がかえって人が遠ざかる結果に。

その姿を見て、

長島さんは、このお二人の違いはいったいどこにあるのだろう…

何が違うのだろう…

人生の終焉に差しかかろうとするお二人の違いについて、深く考えることに。

Aお爺さんは、笑顔があり、人にプレゼントをしたり、周りにお金を使っている様子。
精神的にとても安定しているように見えるよう。

Bお爺さんは、お金があるのにお金を使わない
ケチケチしている。時にクレーマーのように執拗に文句を言うことがある。
精神的に不安定に映る。

長島さんは、
二人の特徴を話すうちに、その違いが少しづつ整理されていきました。


そして長島さんに必要な要素と照らし合わせますと、

「心の豊かさ」の違いが見えてきました。

『心が豊かでないとこうも違いがでるのですね〜

心を豊かにする生き方をしないとダメですね〜』

そんな言葉が長島さんから聞けました。

長島さんは、現実主義、合理的な面が表面に多く現れ、頭で考え、資格を取り、損得の考えが優先していました。

しかし、長島さんは、元々心ある人。

これまでの環境が長島さんの本来の姿からかけ離れ、現実主義、合理主義へと偏らせていったようです。

今回の二人のお爺さんの姿を見て、

人生観が変わったようです。

大切なものは何かと考えるようになったようです。

……

こうして、長島さんは心を取り戻すことに。

見ていて、とても穏やかさが増したようです。


今の自分が未来の自分

今の過ごし方を考えていきたいものですね。


IMG_3175

「乗り越えられない試練はこない」ってほんと?

「乗り越えられない試練はこない」ってほんと?


様々な悩みや困難、悲しみや苦しみに直面した時に、よく耳にする言葉


家族や友人、知人などが親身になって伝えてくれるその言葉を聞いて、ずいぶんと心が軽くなった人も多いと思います。


試練を受けている当事者の方の気持ちになりますと、


心が少しでも楽になりたい


この現状から一分一秒でも早く逃れたい


このような気持ちの真っ只中にあって、


「乗り越えられない壁はないよ」

と言われることで、

「試練」の捉え方が小さくなった(感じた)時、心が少し楽になることがあります。


こんな時には心に染みる最高の言葉になりますね。

………


しかしながら、乗り越えられない壁により、自◯してしまう人も後を絶ちません。


長く苦しんいる方


次から次へ繰り返し繰り返しといろんなことで苦しんでいる方


本当に悲しいことです。 


まさしく「乗り越えられない壁」に人生を阻まれた(阻まれている)と言えます。

………

レッスン時に、「乗り越えられない試練はこない」ってほんとなのでしょうか?」


そんなご質問をいただきました。


答えとしましては、


「全て状況による 」


と言うことになります。


今の状況により、乗り越えられるもの


乗り越えられないもの


があります。


乗り越えられる試練とは、


本来の生き方に沿って生きること


意識を高め


考え方をポジティブに、


心を調え(性格を調える。性格をよくする)


心指す(志)方向に生きていく


自然体であり、前向きに謙虚に利他のためと生きていく


このような本来の生き方を送っているときには、


試練の種類が、


自分をさらに磨くため、器を大きくするため、成長するための種類であることが多く見られます。


一方、乗り越えられない試練とは、


意識が低く

(自己中心的な考え方や意識)


考え方がネガティヴ


性格のバランスの悪さや偏り


他人との比較、他人からの評価や批評を受け、自己評価を下げてしまう


このような状況時には、


これてもかこれでもかと、繰り返し繰り返しいろんな苦しみ、悲しみ、困難が起こることが多々あります。


苦しみ、悲しみ、困難には様々な意味や理由があると思います。


一概には言えませんが、


目の前の試練を、まずは乗り越えられる試練に変え、乗り越えていただきたいと思います。


また、そのような皆様のサポートやヘルプが出来たらと常々思っております。


IMG_3276










アカデミー生さんの職場訪問「ここから新たなスタートへ!」

今回、熊本県熊本市にある「とんかつ専門」のカツレツ亭さんを訪問。
創業昭和50年の老舗。

肉、粉、脂  にこだわりぬいて出てきた黒豚ヒレカツ定食。


外はサクサク

柔らか肉厚たっぷりの肉が上質な油で揚げてあるせいか、箸でスカッと割れる

ゴマをたっぷり擦り、

オリジナルの洋風ソースに混ぜてとんかつにかける

美味い!

実に美味い!

…食レポになってきましたが(笑)

キャベツはシャキシャキ、甘さとしなやかさがある。

これは和風ソースに辛子を混ぜてかけて食べる。

とんかつ屋さんならではの食べ方。

美味いなぁ

つきだし…前菜…というか、テーブルに食べ放題でセットしてあった 高菜と大根の漬物がまた美味い!

さらにご飯が美味い!

すごいとんかつ屋さんがあるものだと感心しきり。

ここに、ある大きな役目を持って勤めはじめた男がいる。

我がJIMCCA ジムカが誇る、ジムカで学び、
能力と才能を開花させ、数々の不可能を可能にしてきた男。

過去に、

接客コンテスト一位

売り上げ一位

売り場コンテストも堂々一位

「一番請負人」

と呼ばれるまでに。

この男の動向に目が離せない

ここからまた新たな野望に向けてのスタートが切られることに。

野望の内容はあかせませんが、
(会社のゆめとロマンのようなものです)

私もアシストするにあたり、実際に現場を見ておこうということで、今回の訪問になりました。

店や会社、現場を見るとかなり掴めます。

実態をできるだけ掴まないことには、研修やアカデミーのレッスンに生かせません。

メニュー
陳列
表現
店の雰囲気や衛生面、
店の方の接客
など総合的に見て、

よいところ
直すところ
工夫するところ
などをしっかり下調べを終えました。

さあ!これからやりがいがありますよ!

なんたって味がピカイチ!

工夫次第で楽しみが増えます。

過去にもゼロから全国規模に引き上げるお手伝いをしたことがありますので、その時のワクワク感が蘇ります。



IMG_3213

【スクール】現役大学生に行った「蓮(はす)」の話。

私は老若男女問わず、愛や人間性を育み、夢や勇気と希望、現実的に生きるすべ(方法やスキル)をお与えできるように心がけています。


ある現役大学生が、自分に、自分の将来に必要なこととして、JIMCCA ジムカと私をお選びいただきました。


大学生にして、将来開業すること、さらに開業後の発展、広く地域社会へ貢献できる人材(リーダー)になることを目標設定し、そこに至るための人間力の形成、コミュニケーション力の養成、さらには現実社会を生き抜くためのノウハウを、この時期から養成しています。


現実社会は、夢や希望、喜びや楽しみに溢れている一方、苦しみ悲しみ困難挫折、不合理不条理にも溢れていると言えます。


大学生の〇〇くんは、約半年で、人間力やコミュニケーション力がアップ、学内外の先輩後輩同期を問わず、意識の高い人との人脈が広がっているようです。


〇〇くんはこの調子でいけば、10年20年30年後の育てた人脈が、〇〇くんの大きな力になっていくことでしょう。

それがわかる日がきっと来ます。


…………

大学生の〇〇くんに教えたことの一例で、不合理不条理矛盾した世の中で、堂々と自分らしさを発揮しながら生き抜く考え方の一つとして「蓮」の話をしました。


その話を一緒に聞いていた麗美さん(仮称)がさらに詳しく調べてメールしてくださいました。


以下蓮の話…

…………


「蓮は泥より出でて泥に染まらず」


泥から生え、泥に染まらず気高く咲く花、

まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿は、

俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられています。


蓮の花は、泥水の中からしか立ち上がってきません。


真水であったらなら、蓮は立ち上がって来ない。


泥がどうしても必要なのです。



泥とは、人生になぞらえれば、つらいこと・悲しいこと・大変なこと。


蓮の花とは、まさに人生の中で花を咲かせること。


つらく悲しい思いがなければ、人間は気づく(悟る)ことができません。



泥水が濃ければ濃いほど(水が汚ければ汚いほど)、蓮の花は大輪の花を咲かせるということです。


汚れた泥に絶対に染まらない。


立ち上がってきた蓮の花というのは、花すべてがものすごくきれいに咲いています。


泥を全く花の上に持っていません。


色にも染まっていません。


泥にも全く染まらない。


泥の影響を受けずに、ただひたすら崇高に咲いています。


………






I式コーチングのJIMCCA

banner_fm2015

稲田昇プロフィール

稲田 昇(いなだ の...

月別アーカイブ