15年7万5千人が見た稲田コーチのブログ 

トップページ JIMCCA最新情報 代表稲田昇 講師・IMCコーチ JIMCCA公式サイト

【IMCコーチングスクール】福岡・東京・全国各地へ

よい感情を取り戻した富士さん(仮称)

JIMCCA ジムカの受講生の皆様には、一番に心の整えを大事にしていただいています。

それは、心が整わないまま、コミュニケーションスキルやコーチングスキル等を身につけても、相手に心を見透かされてしまうからなんです。

最初のうちは、ボロを隠せても、時間の経過とともにボロが出てきます。

そのうち、

「あなたに言われたくない」

と、相手の方が意識的、無意識的に心を閉ざしてしまいます。

そうなりますと、コミュニケーションも何もあったもんじゃなくなります。

また、心の整い方が、

自分自身に起こること、環境や未来、人生そのものに大きな影響をもたらすからなんです。

これは、ジムカの体験談を読んでいただいてもお分かりいただけるかと思います。

……

富士さん(仮称)は、

心の整えの中でも難しい「怒らない。イライラしない。」に取り組み中です。

アンガーマネジメントの怒りの感情のコントロールを行う。

そんな対処療法的な表面的なアプローチではありません。

富士さんの怒りの元にアプローチしていきました。

子供の頃より、「思い通りにならない」時に、怒りが出てくるようです。

結局、ワガママなんですね(笑)

で済ませるわけにはいきません。


富士さん!

あなたには決定的に足りないものがあります!

それは、○○です!

(○○は伏せさせていただきます)


わかったようでわかっていない。

できているようでできていない。

捉え方が浅はか過ぎるんです!

とはっきり申し上げました。


ズバリの直球でしたが、

富士さんは、腑に落ちたようでした。

これまで、怒りを出しては自己嫌悪を繰り返しているうちに、

感情そのものを出さない選択をしていました。

(このようなケースは、よくあります。)


良い感情を出しにくくなった富士さん。

まずはそこから!

○○を練習し、感覚的にものにし、

どんどん良い感情を出していきましょう!

もう遠慮することはありません!


「ようやく原因がわかりました。…そしてどうしたらいいのかもわかりました。」と富士さん。

ようやく良い感情を出すきっかけが掴めたようです。


一緒に受講された塩田さん(仮称)も、

「表情がおだやかになりましたねー」

と驚いてらっしゃいました。


富士さん!

さあ!遠慮なく良い感情を出していきましょう!

あなたの中にある怒りのマグマもすーっと溶けていく感覚が掴めたと思います。

これからは、穏やかに、豊かに人生を謳歌していきましょう!


IMG_2261



「本日を機ににもう一皮剥けて 成長したいと思います。」○○さんより、受講後の感想をいただきました。



稲田コーチ!
また本日も深い気づきを
立体的に揺さぶられながら
体系的に得ることが出来ました。

それは

表面的なコミュニケーションと信頼関係を築く深層的なコミュニケーションとは何か?

また信頼関係を築く深層的なコミュニケーションの具体的な方法


相手が自分のことを喋りたくなる環境づくりと
仕事における周りとの関わり方、楽しみ方

上司として
体調が悪い部下との関わり方や
部下自身が上司に見てほしいと思っていること

忙しい時の周りとの関わり方

リーダーして、ぶれない心柱(中心的価値観)と物事をしっかり進めるための準備の重要性や進め方など

これから、どんどん職場で活躍したい方にとって、非常に喉から手が出るほど欲しいことを

これから進むべき方向の再確認と今後自分が伸ばすべきスキルが何かについて、
今回のレッスンを通じて
大きな気づきを得ました。

これからもスキル以上に
自分はどうあるべきか?

また自分のしたいこととまわりの温度感の把握。
さらにその現状をどんな表現や行動をすることでもっと周りからの協力を得ることが出来るかがようやくわかってきましたので

本日を機ににもう一皮剥けて
成長したいと思います。


………
○○さん受講後の感想(レポート)をありがとうございます!

○○さんの気づきや体験したことが、他の方々のお役に立つと思います。

これからも、体験談をお寄せください。

……

『深い気づきを
立体的に揺さぶられながら
体系的に得ることが出来ました。』

素敵な捉え方ですねー
視点を前後左右、過去と未来、様々な角度で見ることで、見えるものが違ってきます!
人は、バイアスをかける傾向にあります。
(変化を望まない)

この傾向を習慣化しないためにも、
立体的、体系的に気づき、深い気づきに結びつけることで、考え方の幅が広がります。

柔軟性や客観性、洞察力や先見性を養うことにも繋がります。


○○さんが、
今後会社を背負っていくリーダーになられることを期待し、導いていければ最高です。


○○さんに大いに期待しています!

IMG_2277

大げさではなく世界最先端「チームビルディング&リーダー育成」グループレッスンで汐田さん(仮称)の発表事例。


汐田さん(仮称)から職場の二極化、意識が高く仕事ができる人と、意識が低く仕事ができない(やらない)人が混在する現状に悩み、ご相談いただいたのは、2カ月前のこと。

このまま放置するとどうなると思いますか?

「よくない状況になると…」

意識が高く仕事ができる人に益々仕事が集まり、
一方、仕事ができない(やらない)人は益々仕事ができなくなり、スキルアップが望めず、
居心地が悪くなって退職するか、または仕事ができる人への負担が増え、激務となり退職するか、
できる人が休みを取った時に職場が回らなくなるか、できる人が退職したとたんに会社が回らなくなるか、いずれにしても、今のうちにテコ入れしないとたいへんなことになるのは間違いないようです。


汐田さんが取り組んだのは、

●できる人複数をリーダーに任命し、部下の育成も業務に入れこんだこと。

●リーダーへの1on1コーチングを実施し、育成&フォローを実施したこと。

●複数リーダーと、
仕事ができない人とブラザー制度(シスター制度)を導入したこと。

●チーム全体にファミリー制度を導入したこと。

●三ヶ年成長計画(新人から三年まで、そしてリーダーとしてやること)を立てたこと。

●汐田さん自身が、マネジャー意識の向上とやることが明確になったこと。

●I式コーチングのメソッドを、随所に取り入れたこと。

その他


詳細は、膨大な量になるので割愛いたしますが、

一月余りで、

できない人が、「次何をやりましょうか?」
と自主性が出てきた。

できる人が、リーダーとしての自覚が出てきた。

ブラザー制度、1on1コーチング、三ヶ年計画の落とし込みにより、


チームビルディングの基礎が出来つつあること。

さらに、ジムカが目指す、

継続的チームビルディングが芽生えつつあること。

職場の心理的安全性は、あたり前のこと。

ジムカが提唱する緩やかなジョブ型の働き方に、
ファミリー制度(ブラザー、シスター制度)
精度の高い1on1コーチングができるリーダーの育成。
継続的チームビルディング。


これにより、

働きやすい職場、
社員の自主性とコミュニケーションが機能した効果と結果がもたらされます。
業績が向上。
離職率の低下。
目標達成率の向上。
業務改善のスピードアップ。
新たな提案増。
企業の活性化。
その他

がもたらされます。


先日もご紹介しましたが、ある上場企業で実施。
その成果が、3カ月間離職率ゼロを実施。
メンタル不調者ゼロ。
評判を聞きつけて良い人材が集まり始めています。

徐々に広がることで、

人と企業、そして社会が良くなることが最終目標です。


ジムカが提唱し、結果を生んでいる手法を、

受講生の皆様に身につけていただき、

ともに、

人と企業、社会をよくしていければ最高です。


汐田さん

良く頑張られましたね!

素晴らしいリーダーに成長されました!

発表を聞いて感激しました。


汐田さんのベースにある愛とユーモア、そして表現力が人を動かす力となっています。

身につけた、コーチング力が上乗せされ、

良い職場の基礎を作られましたね。

これから、継続的チームビルディングを成し、

最高のチームを作りましょう!

IMG_2057

「弱気の克服コーチング!」「相談できる場所があってありがたいです」と○○さんより。

「弱気が時々顔を出すんです。どうやったら弱気を無くすことができるのでしょうか!?」

そんな悩みを抱えていらっしゃいました○○さん。

たくさんいろんなお話をさせていただきました。

まず「弱気」はだれもが持っています。

○○さんはどんな時に弱気がでますか?

『朝!なんですよ…朝…」

朝出るのですねー

○○さん!
それは、覚悟が必要な時期にきたと思います。

長年心に潜んでいた「弱気」。

これは、これから○○さんが、行っていく、

社会に必要なこと。

それを実現するためには、

反対勢力と立ち向かう場面が来るでしょう。

その時に、「弱気」が最大の敵になります!

今、弱気を克服する最大のチャンスが来ました!


昔の戦国武将の話をしました。

当時の武士は、いつ夜襲に遭い、命を失うかわからない時代。

朝、起きていることが、生きていることを実感できること。
朝生きていることが奇跡。
朝生きていることで自然に感謝が生まれたようです。

○○さん!武士のような覚悟を持ちませんか!?

そして、弱気を断ち切るトレーニングをしましょう。

将来のビジョンを持ち、役目を認識し、

弱気の克服です!

具体的には…

(※○○さんに合ったやり方ですので、ここでは割愛いたします)

……

その他、私の弱気克服法などをお話し、

○○さんに合った弱気克服法をお話しました。

これが、○○さんの腑に落ちたようで、


「わかりました!やります!」と

一気に顔に覇気が戻ってきました。


「先生!こうして相談できるところがあり、ありがたいです。」

この言葉がとても印象に残りました。

なかなか相談できるところ、

相談できる相手がいないようです。

また、相談しても的確なに返事が返ってくることもないようです。


「相談できるところ」

としての自覚や責任を持って、悩みを抱えた人と企業に向き合っていきたい…と改めて思いました。


IMG_2067








「私は自分も含めて人や人に関わることに投資します。それが祖父の教えでもあります。」

「私は自分も含めて人や人に関わることに投資します。それが祖父の教えでもあります。」

青年のお祖父さんは、経営者として第一線で活躍されていた方。昭和の経営者としてその哲学は筋金入りだ。

お孫さんの青年がジムカで学ぶことを、バックアップしてくれた存在だ。

ある日、

青年とお祖父さんの会話の中で、

お祖父さん:「お金があったら何に投資する!?」

と孫(青年)に尋ねたところ、

青年:『僕は自分も含めて人や人に関わることに投資します。』

と答えたと言う。

お祖父さんは、うんうんとうなづいたという。

そして、

孫の成長を実感したお祖父さんは、

「そこ(ジムカ)でどんどん学びなさい。私が○○(青年の名)に投資するから!」

そんな話をされたようです。

お祖父さんは、

人、人の成長に惜しみなく投資する方。

人への投資が何をもたらすのかわかっている方。

頼もしい限りです。

青年の成長には目まぐるしいものがあります。

リーダー、経営者視点での発想力がついています。

成長しましたねー

お祖父さんが感じるぐらい。


諸外国に比べ、人材育成への投資額が少ない日本。

きちんと育成すれば、

ちゃんと会社に利益をもたらせてくれます。

要は、

やり方と、内容の問題。

きちんと育成すれば、

人への投資効果が間違いなく出ます。


人の力の凄さをあらためて認識してもらいたいものです。


IMG_2049







「変に自信を持つと、油汚れを落とす必要が出てくる」I さんの感想より抜粋。

Iさん心のこもった感想をありがとうございました。Iさんの感受性の豊かさから繰りなすおもしろい表現が印象に残りました。
少し解説を入れさせていただきたいと思います。

………

『僕らは稲田コーチにいいところを引き出してもらい、支えてもらいコンディションが良くなるとその瞬間瞬間に、
変に自信をもってしまいがちです。』

→変に自信とは、

調子に乗ってる
勘違い思い違い
自惚れ、増長、高慢、傲慢の入り口
エゴ、自我
などの短所(弱点)が、伴って出てしまうということです。

自信を無くしている状態は、

すなわち弱くなっている状態です。

弱くなっている状態は、

エゴや自我も同時に弱めます。

これは、一時的に目立たなくしている状態で、エゴや自我、短所や弱点が無くなっているわけではありません。
ですから何かの拍子にいつまた出てくるかわからない状態です。

ですので、自信が出てきた状態(良い状態)で、

「謙虚さ」「感謝」を身につけていないと、

エゴや自我、短所や弱点などの悪い面を制御できなくなるのです。

それがIさんの
『自分を苦しくする思考が無意識のうちにあり、
自分の行動を妨げる状況にある』
となります。



『そのような時は、
まだまだ自分の底に溜まった油汚れを落とす必要があります。』

→先のエゴや自我、短所や弱点など、心の悪い癖を油汚れと例えておられます。


『油汚れは優しいものだけでは落ちません。たまに強く擦ることも場合によっては強い洗剤が必要になるかもしれません。』

→油汚れは強烈な心の奥底の悪い癖ですので、
簡単に落とすことができません。

時には荒療治が必要な時もあり、
Iさんもコーチから酷く叱られることもありました(笑)


『稲田コーチはその心に溜まった油汚れも見える中で』

→ご本人も気づかない油汚れに気づきます。
また、その油汚れが現実に悪い影響をもたらすことも知っています。


『その人を救おうとその人の綺麗な部分もっている可能性を引き出そうと本気になって接してくださいます。
普通は臭いものに蓋をしろなんでしょうが、コーチにはそれが見えていても、命をかけてその人が良くなるように
毎日向き合ってくださいます。』


→油汚れに向き合うとは、

人の醜い部分に向き合うことです。

人が醜い部分に向き合う時は、正直なところ、実際に吐いてしまうこともあります。

それだけ、おぞましいものです。

そこに向き合う時には、そこを野放しにしておくと、後にとんでもないこと(ネガティブな現実)になりますので、必死に向き合うのです。
吐きながらでも、向き合うのです。

そんな様子は普段人に見せませんが、Iさんはわかっていたようですね。
その姿を『命をかけてその人が良くなるように
向き合ってくださいます。』と表現していただいたようです。


IMG_2021

「授業の後、自分自身のこれまで辿った道のりや稲田コーチ寄り添って頂いたことについて、 色々振り返りました。」Iさんより。


「授業の後、自分自身のこれまで辿った道のりや稲田コーチ寄り添って頂いたことについて、 色々振り返りました。」Iさんより感想をいただきました。


———————
稲田コーチ
昨日も貴重なお時間を頂き、

社会貢献について等熱くお話しして頂きまして
本当にありがとうございます!
授業の後、稲田コーチの深い愛や自分自身についてのこれまでやこれからなど色々考える良い機会になりました。

またさらにグレードアップできたと思います。
感想を下記の通り、書かせていただきました。

————————————-
稲田コーチ、昨日は貴重なお時間を頂き、出来る社会貢献についてや本気で愛情を傾けることについてなど色々勉強させて頂きましてありがとうございました!
授業の後、自分自身のこれまで辿った道や稲田コーチが寄り添って頂いたことについて、

色々振り返りました。

いい意味で自分はまだまだ伸び代があることに改めて気づいたことと
20代、30代とコーチに色々いいところを引き出して頂きながらも、長所と一緒に抱えていたマイナスの要素がどう自分自身を邪魔してきたかについて。

さらにそのマイナスが出る度合いが昔と今ではどのようになっているかなどを具体的に振り返りました。

僕はコーチと出会う前は特に学生時代にいじめられていたことの反動と病気がちで勉強についていけず、がっかりさせた親を振り向かせてたいという気持ちもあり、何か大きいことをして見返したいということや考えていました。
また自分に注目してほしい部分がそれ故に人の反応に敏感で、自分を押し殺す臆病な自分がいました。

そして、口ではカッコいいことばかり言って自己満足し、その時思っていたことは
「頑張ればいつかなんとかなる」と考えていました。

でもそれは、とんでもない間違いでした。

実際はかっこいいことをする人に酔っているだけで、
実際置かれた環境や自分自身と向き合おうとしなかったこと、
また向き合うとは何かを知らない状態でした。
そんな自分自身を見失っている状況下でしたので、
次から次に苦しいことが起こるという悪循環になっていましま。

そんな苦しい時代に稲田コーチに出会いました。

当時はお金もなく、ましてや20代後半でフリーターしかやったことがない自分だったこと
ましては人の目ばかり気にして
口ではいいことばかり言う私に

本音と建前でいい顔して(馬鹿にする人も多かったですが笑)去る大人が多い中
そんな私を救って頂きました。

コーチと出会いまず初めにしていただいたことは、
私が元々どんな心や愛があって、どんな可能性があるのかを
引き出して頂きました。
そして、ある程度コンディションが良くなると、
自分がまず今置かれている環境を受け入れ、そこから一歩一歩今ある環境の中から歩いていくことの大切さを
深い愛情で教えて頂きました。

しかしいざ、深刻な自分と向き合い歩き始めると、
色々な現実に苦しんで自分がわからなくなったり、
他の人と比べて傷ついたり、
しまいには自分なんて弱いしと言い訳を作り
その度に稲田コーチにいつも支えて頂きました。

するとまだ未来が見えない部分はありましたが、コーチを信じて一緒に歩ませていただいた結果コーチと出会いわずか数ヶ月で最下位だった販売成績が常にトップ成績になりました。

さらに35歳で、自分はここの企業の社員になれないだろうと稲田コーチと出会う前に思っていたような大企業の社員になれました。

社員になった時に稲田コーチも
私も涙で喜んだことを思い出しますと、
今でも胸が熱くなります。

「この会社に恩をかえす」そう決めて、正社員として走り出そうとしたのですが、
ただステージがあがると同時に自分が会社全体で貢献するスキルが初めはなく、苦しみました。

そこでも自分と人とを比べて
自分は出来ないと昔から持っているマイナスが顔を出してきました。

どれだけ迷惑をかけてきたかという話ですが、
それでもコーチはずっと耐え、まず私に深い愛情で、常に本気で支えて頂きました。

すると、稲田コーチと出会った当初、
派遣の販売員でその会社の本社で働き活躍するなんて自分は無理だろうとマイナス部分が支配されている間は思っていましたが、

今やその会社の本社で勤務し、
それも中心メンバーに抜擢されました。

自分がフリーターの頃に思っていた
「社員も派遣の方も同じと考え、
みんなが幸せになるよう一緒に進んでいくこと」を考えながら
日々業務に取り組むことがおかげさまで出来るところまできました。

稲田コーチと出会い10数年になりますが、
そして、稲田コーチと他のビジネススクールの方との違いは、

その人の良さを引き出すだけでなく、現実社会でもさらに自分らしさを引き出して頑張っていくために本気になって
深い愛情で寄り添って頂けることです。

僕らは稲田コーチにいいところを引き出してもらい、支えてもらいコンディションが良くなるとその瞬間瞬間に
変に自身をもってしまいがちです。
でも、自分を苦しくする思考が
無意識のうちにあり、
自分の行動を妨げる状況にあるうちは、
まだまだ自分の底に溜まった油汚れを落とす必要があります。

油汚れは優しいものだけでは落ちません。たまに強く擦ることも場合によっては強い洗剤が必要になるかもしれません。

まだガスコンロならなんとか対物ですし、綺麗に出来るのかもしれません。

稲田コーチはその心に溜まった油汚れも見える中で
その人を救おうとその人の綺麗な部分もっている可能性を引き出そうと本気になって接してくださいます。

普通は臭いものに蓋をしろなんでしょうが、コーチにはそれが見えていても、命をかけてその人が良くなるように
毎日向き合ってくださいます。

また人が良くなるように
毎日ご自身のコンディションを
整え、どんな方がいらっしゃっても、常に変わらず接するコーチの見えないところの努力も触れさせていただいたこともあります。

そのようなコーチの深い愛情と人知れぬ覚悟を持って接していただいたおかげで10数年経って
ようやく幼少期から2、30代に溜め込んだものを
随分洗い流せてきたことに
昨夜改めて振り返って気付きました。

これまでの私のマイナスは
周りから受けたことを
自分が老廃物のように溜め込んだものをある今は程度綺麗に出来、さらにその老廃物を溜め込んだ要因も見えてきました。
(この要因は自分1人で考えてもきっとわからないと思います)

そこで気づいたことは、
私はようやくコーチから学んだことを活かしながらここからが
人生の本番のスタートラインに立てたような気がします。

ここから走るうちに
ごくたまに人と比べるときが出ても、これからはブレーキを踏むことはないでしょうし、
踏みそうになる前にはコーチに相談しながら、
しっかり視界を保っていきたいと思います。

単発的に人を良くすることも立派ですが、その人にずっと継続して寄り添う方がいらっしゃることは、今の時代、職場、さらに学校にいるのかな?
と考えたとき、
私は絶対いないと思います。

私はこれからも本気で向き合う稲田コーチに感謝し、

そして稲田コーチから本気で受けた愛を今、そしてこれから出会う方に返していけるように
もっともっと成長していきたいと思います。

稲田コーチ
いつもありがとうございます!

……
Iさん素敵な感想をありがとうございます。

よくもここまで来たものだと、感慨深いものがあります。

さあ!これからですね!

Iさんの活躍をアシストしていきます!

IMG_1931


「恋愛のコーチング」時々恋愛についてのご相談があります。

ライフコーチングやビジネスコーチングのイメージが強いJIMCCA 福岡コーチングアカデミーですが、以外と「恋愛」についてのご相談も多いのです。

恋愛成就率、結婚成就率も高いんです。

以前もブログでお書きしましたが、

「福岡婚活アカデミー」に改名しようかと思うぐらい…

冗談ですが(笑)

改名は考えておりません(笑)

巷のマッチングサイトとは違い、ただ現在地点の相性(相性とスペック)だけ見るのではなく、

「育てて成就させる」

その目的は、末永く幸せ

にあります。

20年以上に渡り、人の幸せと不幸についても研究しております。

どうしたら人が幸せになるのか(現状がよくなるのか)

幸せな人の特徴は、

不幸と思える人の特徴は、(なぜ現状がこのように悪いのか)

そんなことを突き詰めて完成したのが、

ジムカの「黄金バランス理論」です。

頭(考え方・捉え方)
心(感情・性格)
行動(習慣・表現力)

のバランスで構成されています。

深い理論をその方に合ったわかりやすい表現で説明するようにしています。

この黄金バランスが整いますと、

わかりやすく言いますと、

もてます!

異性に限らず、人間的な魅力が増しますので、同性からもいい意味でモテます!

もてるところに、傾聴力や共感力などのコーチングコミュニケーション力がプラスされますと、

魅力が増し、

恋愛成就、結婚成就へと結びついていきます。

過去の全てのケースで確認できました。

……

パーソナルコーチング(個別のご相談)
では、初めての方のご相談のケースが多々あります。

恋愛、パートナーについてそれはそれは様々なケースのご相談があります。

パワハラ

モラハラ

その他書けないことも多々あります。

どのケースも、最初は相手にそんなことは無かったと言われます。

恋愛スタート当初は、

相手は、好意を前面に出しますし、好かれよう好かれようとあの手この手で尽くしてきます。

当然欠点や悪いところは隠します。

だいたいこの猫かぶりは、半年〜8カ月、長くて一年は持続します。

恋は盲目と言いますが、感情(気持ち)が優先するため、欠点、悪い点、現実をついつい見逃してしまいます。

これが後になっての災難となるわけです。

これまでも、ものすごく「愛してる愛してる」と言っていた人が、時間の経過とともに別人のように、束縛をしてくる。独占欲、執着心、猜疑心がすごく出てくる。
それがいつしか、モラハラへと発展し、さらにパワハラ(暴力、言葉の暴力)へと発展したケースのご相談を何例も受けました。

こうなっては、命を守ることが優先されますので、気持ちの持ち方がどうのこうの言ってられません。

現状的な対応になっていきます。

……
このような経験値、場数を多く踏みますと、何が大事か!が見えてきます。

自身が黄金バランスを整えて、相手に自分と同じ要素が備わっているかを見極めていきます。

バランスが整った人は、

仕事も家庭(プライベート)も両方大事にします。

仕事の経済力が家庭の幸せにも直結してきます。
もちろん経済力だけではありません。
仕事ができる人は人間的に素晴らしく、人望も厚く、社内でも評価が高い傾向にあります。
一方、家庭(プライベート)も大切にします。
忙しい人ほど、工夫し、質を重視します。
(ジムカでは、質の高い効果的な様々な方法をレクチャーしています)

このバランスから、考えますと、

ものすごく「愛してる愛してる」と言われた時に、違和感を持たないかどうかが最初のポイントになります。

仕事はどんな考えでどう取り組んでるのかな。
未来のビジョンがあり、前向きに捉えているのかな。職場の人間関係はどうかな。友人は多いのか。

このあたりもポイントになります。

モラハラ系は、言葉や性格が悪く、協調性がなく、人望がなく孤立しがちです。
自分で蒔いた種ですが、このストレスが、モラハラ、パワハラに転嫁することもあります。

他人から相手にされない性格が、独占欲、執着心、猜疑心などを生みがちです。

……
また、別の角度から見ますと、結婚や縁あるパートナーと過ごすことは、

人生修行

とも言えます。

幸せを感じることもそうですが、

価値観、性格、習慣が全く違う他人が一緒に過ごすのですから、当然ストレスを感じるわけです。

理想は、

互いを理解し、互いを尊重(愛し)、互いを高めあうことで、価値観、性格、習慣の違いを乗り越えていけますし、互いが大きく成長します。

こうなることが理想ですが、なかなかそうはいかないようです(笑)

互いに(一方に)エゴがあり、互いに(一方に)自分勝手、互いに(あるいは一方が)成長意欲がない場合、時間の経過とともに、心の距離が広がっていきます。
やがてそれは破綻(破局)を迎えることに。

自分を変えよう、自分成長させよう…相手に敬意をもとう…

相手が自分を変えよう、自分を成長させよう、相手に敬意を持とうとしているか…

そんなところも大切なポイントになります。


……
私は冒頭お書きしましたように、

様々な幸せ、様々な不幸にダイレクトに向き合ってきましたので、

多くの方々に、今の瞬間に留まらず、末永く幸せになっていただきたいと願い、そのお役に立っていきたいと思います。

互いを理解し、互いを尊重(愛し)、互いを高めあうことで、価値観、性格、習慣の違いを乗り越えていけますし、互いが大きく成長します。

こんな理想に近づくようお手伝いをしていきたいと思います。


IMG_1929





『あなたのこと、あなた自身のことをもっと大事にしなさい。人を大切にするなら、「人」の中に自分を入れてあげなさい』

「『あなたのこと、あなた自身のことをもっと大事にしなさい。人を大切にするなら、人の中に自分を入れてあげなさい』…先生のお言葉が今でも私の中に生きていますし、子供にも、自分を大切にしなさい…と言えるようになりました。」
○○さんの言葉より。

久しぶりですねー
何年ぶりになりますかねー

「4-5年ぶりですかねー」

○○さんの久しぶりのご訪問。

時が経つのが早いですねー

……

○○さんは、とても優しく愛情豊かな人です。

ところが、優し過ぎて、自己犠牲がとても強い方でした。

人のためなら自分はどうなっても構わない。

考え方の習慣としてそれがあり、

実際に、行動に現れていました。

いつも我慢…

いつも辛抱…

無理矢理の笑顔…

その様子が不憫で不憫で仕方がありませんでした。

あまりに不憫でしたので、

私も涙が出てきたんです。

「先生!どうして涙されたのですか?」


○○さん
あなたはいつも他人のため、他人のためと動かれています。その心、その気持ちはとても尊いものです。誰にも真似できるものではありません。

しかし、家族目線で見ますと、

○○さんの姿を見ていられないのです。

どうして自分をそこまで傷つけるのか!と。

○○さんは、

自己犠牲の自分の姿があたり前のようになっていますし、むしろそれが良いことと思ってましたが、

そうではないのです!

あなたの姿を見たあなたのお母さんは、きっと泣いていることでしょう。

なぜ娘が…

娘だけがこんな思いをしてるの…

と。

家族のように思う私でさえ、涙が出てきたのですから!

……

このやりとりの中で、

○○さんは、気づきました。

自分を大切にしよう!と。

今までは自分を大切にしてなかった。

してるつもりだった…と。

自分を大切にする姿が周りが喜ぶことになり、自分も喜ぶことになる。

自分が喜ぶことで、周りを喜ばすことができる。

自分も良し 相手も良し

相手良し 自分良し

このバランス感覚が身についた○○さんは、

今、自然な笑顔で、今の仕事を天職と思い励んでおられます。

自己犠牲は長続きしませんが、

自分も良し 相手も良し

相手良し 自分良し

このバランス感覚は、そのもたらす効果により長続きします。

○○さんは、今そのことをしっかり味わってるようです。

ジムカで学んだことが、長い年月をかけ、ジワジワと心に浸透していくんですねー

IMG_1928

【経営者コーチング】「次に何をしたらいいのか迷っています。」

人生は迷いの連続、そして選択の連続です。

最終的には自分で決心し、結論を出していかれるのですが、

考えを整理したり、選択肢を増やしたり、客観的に見たりするために、

経営者の皆様がコーチングを受ける機会が増えています。

これは、すごく良い傾向です。

経営者は、常に判断を委ねられる立場にあり、同時に全ての責任を背負う立場でもあります。

それが故に、独善的に成らざるを得ない傾向にあります。考えが偏ったり、凝り固まってしまうこともあります。

最終的な判断をするのは、経営者ですが、

「より良い判断」「今考えられる最善の判断」

を行うためには、コーチというスキルを持ち客観的な立場から、最善を導くためのアシストをする人間と話すことは極めて有効です。

コーチは、ちまたのコンサルタントの先生のように、価値観や知識を押し付けるようなことは致しません。

経営者が、最善な方法を決断しやすいようサポートすることが役目になります。

てすから安心して「コーチ」を有効に使っていただいております。

……

現状の事業で成功を収めている○○社長。

「コーチ!相談があります!」

何ですか?

「これから何をやっていくかなのですが…迷ってまして…」

今成功を収めていても、パワーのある経営者は飽くなきチャレンジが続くようです。

パワーのある経営者の方には最大のパワーを発揮してもらいたいですねー

そのことが、社員・スタッフとお客様をハッピーにしていくことになります。

今の事業が成功しているのに次の事業を考えるのは、今のビジネスモデルの周期が短くなっていることを感じてらっしゃるようです。

この感覚は極めて重要です。

三年後、五年後にはどうなっているのかわからないのが、今の状況です。

そこに挑むためには、

常に最善の状況で(メンタル面も含めて)次々と挑んでいくしかないのです。

……

社長!
社長は今飲食業で成功を収めてますが、

本来、ITの知識や技術、さらに語学が堪能!

これを生かしていきませんか!?

世界を視野に入れた事業です!

…日本発の世界に向けたIT事業の成功例を話しながら、社長ならではのプランをご提案。

「いや、これは考えてもみませんでした!ありがとうございます!」


次に、

ジムカに来られている社長さんで、世界進出を目論む、そのお手伝いをしている方がいらっますが、○○△△□□の商材の世界展開はいかがですか!?

とお話ししたところ、

「それは素晴らしい!それをまずオーストリアに持っていきたい!」

と目がキラキラされました。

ジムカに来られる経営者の方は、利他のことを考える信頼信用できる方々ばかりですので、

その縁を繋ぐことは、私もワクワクします!

……
ご相談を受けた○○社長も、

今の事業の更なる展開

ITを駆使した新たな展開

そして新事業での世界進出

この3点に絞れたようです!


「考えがまとまりました!やります!」
と力強いお返事が。


○○社長!
あなたの才能がいかんなく発揮された時、
多くの方々にポジティブな影響をもたらせます!
さあ!やりましょう!

IMG_1877



I式コーチングのJIMCCA

banner_fm2015

稲田昇プロフィール

稲田 昇(いなだ の...

月別アーカイブ