はじめまして!一年目、20のえりなです。

履修登録も終わり、いよいよ本格的に冬学期が始まりますね。

さて、遅くなってしまいましたが、今日は秋合宿についてご報告させていただきたいと思います。

オリンピックセンターでの三日間、先生方、先輩方に直接指導していただける貴重な時間でした。秋合宿は定期演奏会前の最後の合宿ということもあり、夏合宿で行ったようなマンツーマンレッスンに加え、本番と同じ並びでの練習も行いました。実際に並んで演奏すると、個人で練習しているときと全く異なり、緊張感やタイミングなどの難しさを改めて感じました。

最終日には、定期演奏会に向けて、お囃子の望月太喜之丞先生との下浚いとOBOGさんの曲練習が行われました。初めてお囃子さんと合わせ、タイミングなどを確認するだけでなく、沢山のアドバイスも頂きました。

OBOGさんの演奏はとてもハイクオリティで凄く格好良かったです。思わず聴き惚れてしまいました。

夏合宿では自分の音を出すということに精一杯でしたが、秋合宿から少しずつ周りの音を聴き、一つの作品を作り上げることを意識できたと思います。

充実した三日間で学んだことを生かし、より良い演奏をできるよう本番も頑張ります!


それでは、江戸東京博物館でお会いしましょう!

11月演奏会振り返り

みなさまこんにちは(`・ω・´) 3年目のエコです。
気が付けばICUの長いようで短かった秋休みが終わりそうになっていますね・・・。

チャペル前のクリスマスツリーもイルミネーション点灯を開始したようです



さて今日は今月参加した2つのステージの振り返り記事としたいと思います。


◆三味線まつり


11月13日、埼玉県川口市のリリアホールにて
「三味線まつり」に東大長研と一緒に出演させていただきました。

東大長研の先輩のご縁で毎年お世話になっている、小唄を中心とした演奏会です。

ちなみに去年の三味線まつりの感想を当時1年生だった今の部長がこの記事で書いてくれてます。


今回東大&ICU長研は長唄『越後獅子』を演奏しました。
しかし、三味線まつりはこれで終わりとはなりません…!

この会は小唄長唄の類だけではなく、懐メロ歌謡曲、ブラスバンド付きでのポピュラー曲などなど、
三味線でなんでも弾いちゃう会なのです…!

今年の歌謡曲ラインナップは越路吹雪、山口百恵、シャネルズ、いきものがかり、きゃりーぱみゅぱみゅetc...
多岐にわたりまくってます。

中には東大長研メンバーが和服にサングラスという出で立ちで唄って歌って踊るシーンも!
唄あり歌あり三味線あり、長唄を忘れそうになるくらい(あれれ?)の楽しさでした。
いや、越後獅子の濱唄1パイ目を半分唄わせてもらったこととかちゃんと覚えてますよ。ちゃんと。


◆駒場祭日本舞踊公演

お次は東大駒場祭でのステージの報告です。
駒場祭最終日である11月27日、東大日本舞踊研究会の公演があり
9つの演目のうち、
『供奴』
『越後獅子』
『雨の五郎』
の3曲を長唄研究会と国立音大チリカラ座のメンバーと一緒に地方(じかた)で演奏させていただきました。

(要は生演奏での伴奏ってことですね。バレエに対するオーケストラな感じです)

日舞といえば衣装のきらびやかさ!!

私たちの演奏会では和服は着ても振袖のようなあでやかなものは着ないので、目がびっくりしてました。(笑)
集合写真のきらびやかなところが日舞さんで、色濃いめな所がだいたいお囃子&長唄ズです。
駒場祭日舞edited



この公演にはICUからも3人参加しました。
同期である3年よっきが黒留袖でビシッとキメていたのが印象的でした…。

私エコは『五郎』のタテ三味線でした。
長唄の世界では『五郎時致』あるいは『時致』のタイトルで親しまれていますが、
踊り界では『雨の五郎』なんですよね。

私は以前日本舞踊をやっていたので、長唄を始めてから
「五郎といえば”雨の”じゃないの!?トキムネって何!?」とカルチャーショックを受けたこともありました(笑)。
(冒頭に「〽曽我の五郎時致」と唄う箇所があるんですが、そこはまだ踊りが入らないので師匠が音源を早送りしてた、というオチ)


10月のICU祭での日舞コラボについてもそうですが、
普段の自分たちだけの演奏会からちょっと飛び出して違う世界とドッキングしてみるとすごく面白いんですよね。

曲の詞章(歌詞)と踊りの振り付けが結構リンクしていることに気づけたり、
いつもとは違うノリの作り方をあれこれ考えてみたり。

OBさんとも一緒に演奏できて、長研各メンバーにとっても充実した時間だったのではと思います。



さて「他業界」との交流を楽しんだところで、定期演奏会が近づいてまいりました。
今年のICU長研・東大長研共催定期演奏会は

12月10日(土)
於 江戸東京博物館1階ホール
12時半開場・13時開演

入場無料/予約不要/入退室自由 です!


詳細は別記事で書く予定です。
ご来場お待ちしております。



以上、11月の振り返りと12月の宣伝でした!


あれから早1週間(というかそれ以上たってしまった)…
ICU生は半日で準備して2日で祭りをやってのけて半日片付け時間が確保さ
れたらすぐに現実世界(授業)に戻されるという過密スケジュールをこなしたわけですが、未だに祭抜けが出来ている気がしない、20のつるたです笑

本日は、先日ICUで日本舞踊研究会と合同で行われた公演についてご紹介させて頂こうと思います。
ICU祭2日目の10月23日、
長唄研究会と日本舞踊研究会合同の公演を行いました。

それぞれが祭りの準備や、ほかの部活の練習などで忙しい中、時間を合わせていただき、練習し、アドバイスをもらい、本番を迎えました。当日開場してみると、予想以上のお客様にびっくり。この時点から多少緊張しだし、その緊急が治まらず本番でも少し間違えてしまったのですが、先輩たちに挟んでもらっていたおかげで、完全パニックを防ぎつつ歌生きることが出来ました。

心地よい三味線の音色や流れるような日本舞踊も印象深かったですが、参加者全員が着物だったというのも、公演をより和やかなものにしていたのかなと感じました (着物最高ですね!!!!!!!!!(←溢れるウキウキ感))

時に唄いつつ、時に聴きつつ、時に脇からのぞき見しつつ、どっぷりと和な雰囲気に包まれた1時間でした。

自分の課題はまだまだありますが、年末に向けてとても良い経験ができたと感じています。
三味線、唄のアドバイスから、着物の選定までなにからなにまで本当にありがとうございました!年末に向けても、よろしくお願いします!

このページのトップヘ

見出し画像
×