こんにちは〜今日は寒いですね(><)

実は長研ブログ初登場、今度の春から新4年目のやぎです。
大変遅くなってしまいましたが、
昨年12月28日(水)に行われました第70回全国学生長唄連盟演奏会について、ご報告致します〜

この演奏会は、学生長唄連盟に加盟している中学・高校、大学の長唄研究会が集結する、
とてもビッグな演奏会です。
今年は、白鴎高校・附属中学校、三輪田学園、東京大学、青山学院大学、早稲田大学、
日本大学芸術学部、国立音楽大学、國學院大學、慶應義塾大学、東京女子大学、
そして私たち国際基督教大学が参加しました!
また、他大学の同じ学年毎に集まって演奏する「学年曲」も大きな見どころです〜

最初の一年生合同曲「末広がり」は、ICU、そしていつも一緒にお稽古をしている東大の1年生も参加しました!
私は後見(:何か舞台上でハプニングがあったときにサッと出動する人)だったので、
演奏を同じ舞台上で、でも真後ろから聴いていましたが、
長唄始めて1年も経たないのに、堂々としたみなさんの成長を感じられてハッピーでしたし、
今後の活躍が楽しみだなと思いました。わくわく

二年曲「越後獅子」でも、ICU勢の活躍をロビーで聴いていました(受付の係をしていて見れなかった、残念...)。
タテ三味で替手を務めていたにゃのの成長を耳で感じていました〜

さて、私たちICU長研は学校曲として「鏡獅子(下の巻)」を演奏しました!
12月10日の定期演奏会でも演奏した、昨年1年間向き合ってきた曲でした。
個人的にはベストなパフォーマンスが出来た!とは言い切れない演奏となってしまいましたが、
改めて舞台の上は別世界で、その時だけはパフォーマーに変身するんだなと思いました。

私個人としては、中学時代の部活で三味線を始めて、
学校の文化祭や老人ホーム、国立劇場、はたまたホームパーティーでも弾く機会がありましたが、
パフォーマンス中は、何が起こっても何事もなかったかのように振舞おうとしてきました笑
だって、それを見てくれているお客さんを曲の世界ではなく、現実世界に引き戻してしまうかもしれないですし笑

どんなことが起こっても、その時のより良い演奏をするためには、
もっと日々の技術的な練習を重ねて、どんなことにも耐えられるように強いメンタルを目指さなくては〜、と思いました。

そして、ICU三年生としては、鏡獅子の直後に学年曲「鷺娘」の控室に移動しなくてはならなかったので、
ここで獅子から鷺へと気持ちを切り替える必要がありました。
(ちなみに前回の記事でえこが書いてくれましたが、今年のICU曲は「外記猿」です!
この頃動物づいているヤギです...)
三年曲も、次は鷺か、とりゃーっ、と勢いで弾いてしまってあんまり記憶がないのですが(ごめんなさい)、
なんとか弾き切ることが出来てほっとしたのは覚えています。

私事ですが、今年はついに現役最後の年となってしまいました!信じられん
中1で部活に入るとき、音楽するなら吹奏楽か三味線か、という究極の選択で三味線を選び、
高校時代では細々と続け、
自分の大学には長唄研究会がなかったにも関わらず、ご縁があって東大・ICU長研に入り、
今も三味線を続けられていることは感謝だなと思います。
東大・ICU長研で、東大生でもICU生でもない他大学からの人は、私以外にも所属していますが、
こうしたカオスな空間を支え、ご指導してくださっている先生方、
そしてカオスでも何でも受け入れてくれる長研の方々に感謝です。
一人で弾くよりも仲間と弾ける喜びがあるのは、学生長唄の強みだと思います。長唄はチームプレーやで

長研は新入部員をいつでも募集しているので、また春から新たな仲間が入ってくれるのを心待ちにしています♪

4月23日(日)には希扇会という大きな演奏会があり、長研も出演するので、
是非皆さまお時間ありましたらお越しくださいm(_ _)m
きっと時期が近くなったら、またお知らせの記事を誰かが書いてくれると思います〜

それでは今回はこの辺で!寒いので風邪やインフルには気を付けましょう〜

時しも頃は・・・

時しも頃は・・・


如月になってしまいました!
  ※元ネタのタネ明かしは文末で!

みなさま、こんにちは。3年目がじわじわ終わりに近づいているエコです。
さて、年も明けましたので(今更!)今年の学校曲のお話をしようかと思います。



今年のICUの学校曲は

外記猿(げきざる)」

となりました!

コミカルな猿回しを題材とした明るい曲です。
三味線の調子(チューニング)を瞬殺で変えなきゃいけないってのが学生にはチャレンジングな曲でもあります。


譜本の解説にも書いてありますが、「げきざる」と普段呼ばれているこの曲、
本当は「外記節 ”猿”」なんだそうです。

昨日東大長研のブログ記事を書いてくれた1年のバージニアが
「劇場版 ”猿”」とボケをかましてましたが、残念ながら、違います。(笑)


また、この曲には「上調子」と呼ばれるパートが付けられています。
三味線方の中で一人だけ高音で弾くんです。
専用の「カセ」という道具で音を高くして、1オクターブ高いメロディーを弾いたり、本手(メイン)と音の追いかけっこのような形で合いの手を入れたりするパートです。

この上調子、私が担当する予定なので勉強せねば!


何はともあれ、このめでたく明るい曲に見合うように
ICU長研も、1年間明るく楽しく元気よく活動できるといいですね。





今週末2月4日にはICUで一般入試が行われました。

ICUに入ったら「2021年卒業学年」、つまり未来の21(ニーイチ)世代。
ひとりでも多くの21に長研に興味を持ってもらえたらこの上ない喜びです!

未来の21にサクラ咲きますように🌸




最後に最近のICUキャンパスの様子。
DSC_1707
小さくて見づらいですが、バス停近くの竹やぶでお昼寝中のICU猫です(ΦωΦ)
いつもここにいるようで、落ち葉には猫がジャストフィットする大きさのくぼみができています。

冬真っ盛りでキャンパスの風景も寒々しい今日この頃ですが、
こんなほっこりするシーンに出会えることもあるんですね。


それではここらで今回の記事は終わりにしようかと思います。

学連の振り返り記事がないですね!なんてことだ!
近いうちに誰か書きましょうね。というわけでComing Soon!




*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

※ネタのタネ明かしコーナー※

「〽時しも頃は如月の十日の夜」という、長唄『勧進帳』の冒頭部分のフレーズです。
義経と弁慶の主従を描いた長唄作品はいくつかあるんですが(もはや鉄板ネタ)、
この『勧進帳』はその中でも絶大な人気を誇る作品です。
詳しくは、東大長研のちはやさんがこちらの記事で紹介しています。

曲自体は学生長唄でも演奏され、
直近だと2015年に三年曲として、2013年に東大曲として上演されました。

もちろんこの「如月の十日」は旧暦での日付ですが、
私エコは毎年2月10日が近づくと
このフレーズが頭に浮かぶのでした。


〜おわり〜

お久しぶりです

実は地味に生きていて、働いたりもしていました、19で部長のみやたです。

1210日江戸東京博物館にて開催されました、「国際基督教大学・東京大学定期演奏会」についてICU長研の部員それぞれの感想をまとめておきたいと思います。

定演に向けてご指導いただいた先生方、お囃子の方々、ご来場いただいたお客様、定期演奏会を支えてくださったすべての方々に感謝申し上げます。

 

☆一年生

20つるた

緊張しいの為本番をほとんど覚えておりません()が、あのような立派な舞台で演奏させていただいたことは、とても貴重な経験になったなぁと感じています。先輩方のレベルの高い発表も聞かせていただいて、長唄の世界をより知れたかなと思います。次の学連では、記憶が残るレベルのいい緊張感で挑めたらなと思っています(笑)

 

20ちひろ

全くの素人から、末広がりが形になるまで育ててくださった先生方、先輩方、本当にありがとうございます。

初めての定演で緊張しましたが、無事に終わってよかったです。お囃子さんが入るとこんなに変わるのか!と始終驚きっぱなしでした。先輩方の演奏も聴けて、とても迫力があり感動しましたし、いい経験になりました。

学連も楽しみながら頑張ります!

 

20えりな

初めての定期演奏会、とても貴重な経験となりました。

末広がりではタテ三味線を務めさせて頂き、先生方、先輩方のご指導、そして同期の支えにより無事に終えることができたと思います。部隊の緊張感、チームワークの力を改めて感じました。

また先輩方の素敵な演奏を聴くことができ、長唄への興味が深まりました。

次の学連でも新しいことをたくさん吸収し、楽しみながら頑張ります!

 

20さわこ

何から何まで初めての定演、まずは終わってホッとしています。お囃子に合わせて長唄を唄うのはいつも以上に新鮮でした。次の学連は三味線として、しっかり演奏できるように頑張ります☆★ひとまずここまでご指導&たくさんケアしていただいた先生方、先輩方、そして他の一年生のみんなに感謝を伝えたいです!

 

☆二年生

19にゃーの

鏡獅子で初めてタテを務めたんですが、両脇から先輩方の強力なサポートを受けながらのびのび唄えて楽しかったです。それと、上級生でただ一人末広がり(一年曲)にのせてもらって、後輩の成長ぶりをシャワーのように浴びせられたのでこれも楽しかったです。

要は楽しかった笑。来年は一曲三味線で乗りたいなぁ

 

19みやた

定期演奏会に至るまでにいろいろなことがあったので、今無事に終わってとにかくほっとしています。最後まで見捨てないでいてくれたえこさん、ありがとう

今年は一年生がたくさん入部してくれて、長研に活気が生まれました☆うれしい限り。

定演では鏡獅子の三味線を弾きました。学連に向けてもっと自信をもって弾けるように、練習したいです。長唄ってチームプレイ、ということを本当に心から実感しました。みんなで演奏するから楽しいね。学連も頑張ります。

 

☆三年生

18よっき

まず部長(みやた&えこ)お疲れ様でした。素晴らしい演奏会を作ってくれてありがとう!

末ひろがりが整っていて感動しました。声はよく出ていたし三味線はしっかりお囃子と合っていました。よくやった一年生&にゃの!

一方鏡獅子は先生を含むみんなにたくさん迷惑かけてしまいました。お囃子がわからずとても情けない事態でした。定演は何とか成功したけど学連はちゃんと音源聴いて納得した状態で臨みます。

 

18やぎ

定演を支えてくれた部長たちを始め、皆さまに感謝します〜

当日誰も風邪をひかずに、全員で演奏できて良かったです!

一人で弾くのと長研の仲間と弾くのとでは、音の響きも深いものになるし、心強くなるので、こうして無事演奏会を終えられて感謝だなと思います。

学連も寒さに負けずに頑張りましょう〜

 

18えこ

今年も働きました、3年目のえこです。

部員を増やして東大の力を借りずともICU曲を作り上げる!というのは私の1年生のころからの野望だったので、今回それが実現して感無量です。

しかも鏡獅子は部に勢いがある時でないとできないと思います。唄の音域も女声が映えるし、今年鏡獅子ができて本当によかったです。来年は何にしましょう。

 

18ひでしま

いつまでたってもリハビリ状態のひでしまですが、先生方や部員に気にかけてもらい、なんとか今年も演奏会にのることができてうれしかったです。来年はもう少しコミットできるように頑張ります。

 

OGさん

16あいこ

後輩の成長に感動させられっぱなしの定演でした。本当によくここまでみんな頑張ってくれたと思います。私が入部してから毎年、ICUは人数不足で東大の力を借りてきたので、ICU長研だけで一曲演奏できた今回の定演を私は一生忘れません。ほんと課金してモラトリアム延長してよかった〜。

個人的に少し心残りなのはICU曲メンバーで写真を撮り損ねたことです、、、学連の時は撮ろうね!

 

次回、私たちも参加いたします『学生長唄連盟定期演奏会』は

1228日㈬ @日本橋公会堂四階ホール

1130分開場  12時開演  入場無料☆ です!

お時間ございます方はぜひいらしてくださいね。

部員一同、お待ちしております。

 

みやたでした〜

このページのトップヘ

見出し画像
×