イダセイコの徒然イダ日誌

どこでも裸足ギター1本弾き語りスト“イダセイコ”ののほほんな日々

2019年03月

IMG_1775

なんとステキな。
ぜんぶ、忠英さんモデルの楽器です。
とってもいい音がします。
忠英さんの音がします。

スタッフの人も、
見に来てくださった方も、
私も、触れたら欲しくなってしまうギター。

ほ、ほしい。泣

IMG_1781

島村楽器の皆さんにもご協力いただき、
たくさんの方に足を運んでいただいて、
本当にありがとうございました^_^

私も今日はゆっくり、
忠英さんのギターの音に酔いしれました。

目を閉じて、
一音一音に身を委ねると、
夢が溢れます、
行ったことのない場所へ、
行ったことのない時代へ、
私を連れて行ってくれます。

なんと豊かな時間だったかと。

音楽はやっぱり、必要で、
音楽はやっぱりキラキラしていて、
音楽、いいなぁーと
素直に言えてしまう、音の世界。

この場所にて体感できること、
本当に幸せに思いました。

明日からの3日は、
私も歌います。
新曲もやろうかなー?と思ってます。
皆さん、
お忙しいことと思いますが、
是非是非会いに来てやってください。
お待ちしてます。

IMG_1780

リハーサル、
ギターの音を細かく作っている後ろ姿です。



今日はBeBeさんにお誘いいただき、
千葉みなとリハビリテーション病院さんで、
歌わせていただきました。

IMG_1743
(以下、べべさんと書きます。お許しを)

べべさんの選曲で
カバー曲とべべさんのアレンジしてくれた「さくら」を
やりました。

IMG_1739

白いピアノ。
こりゃ、小坂明子の「あなた」の世界。
弾くのはべべさんですけど。笑笑

病院中の皆さんが見に来て下さいました。
一緒に歌ってくれたり、手拍子したり、
音楽は年齢も性別も、
きっと子供や孫の演奏を見ているくらいの
気持ちで大きな心で見守ってくれていたのかな?と思うのですが、
頷いてくれること1つずつに、
笑顔や合唱のひとつひとつに、
すごく嬉しくなりました。

IMG_1738

もし次があるならもっともっと喜んでもらえるライブを作りたいなぁと、
べべさんと話をして帰りました。

「ふるさと」は
最後に皆さんの声が会場中に響いて
感動的でした。

音楽の力を感じる時間でした。
いい曲は時間も、自他も超えるんだなぁと。


(いい曲、書きたい!心の声)

IMG_1737

この病院は皆さんがリハビリをして、
3ヶ月後には家に帰ったり、
次の病院に移ったりする場所で、

「歩けるようになるから」
「手が使えるようになったんだから」と
皆さん、各々に一生懸命リハビリを
頑張っていらっしゃいました。

それに寄り添うスタッフの皆さんも
それぞれのシーンで患者さんと一生懸命に
向き合ってらっしゃいました。

当たり前のことが当たり前で無くなったとき、
人はその当たり前の尊さを知ります。

当たり前にできたことは、
実は本当はとっても難しいことだったことを体感せざるを得なくなります。

私は歌うことで、
このことを体感させられることが、今まで何度かありました。
それでも、今日もこうして歌えているので、
万事オッケーな訳ですが、

日頃から食べるものには気をつけないと!
なんて柄にもないことを思いました。
私の周りの皆さんも、どうか体には気をつけてくださいね。お願いです。

そして、今日同じ時間を過ごしてくださった皆さんが快方に向かわれることを心より
お祈りいたします^_^
またどこかでの再会を誓いつつ。










黙祷。
忘れられない出来事。
目を背けてしまいそうなほどの残酷な現実が、
本当の本当の現実としておこった日。

どんな言葉も、
どれも適切ではない気がして、
私はただただ、黙りこくることしかできない。

8年経った今も。
どうな言葉も見つけられない。

亡くなった方のご冥福をお祈りし、
今も心をいためていらっしゃる方たちの、
心にいつか穏やかな風がそよぐことを、
ただただ、
心からお祈りいたします。

みなさんにもそうであるように、
私にとってもとてもとても感慨深く
忘れられない命の栞となる日です。

IMG_1717
谷内六郎さんの絵です。

北の地にもあたたかな春がもうそこまで。





IMG_1688
なんだか今日は?も?は特に?
ストンと落ちない日だった

人に言われて、
自分が迷走していることに気がついた

何年も
何千、何万?どの桁かは数えてないけども、
果てしなく歌ってきているのに、
いつかの若い時と同じ気持ちになったりする

歌の中で
自分を探してる

歌いながら
どうしたらいいのか、迷ってる

思春期みたいな気持ちを今更

IMG_1684

今日も皆さんの胸に甘えて
本千葉ジャム、ステーキな時間。

雨の中、皆さんありがとうございました。

来月から1ヶ月一曲新曲披露、
復活したいと宣言してしまいました!
お楽しみに。
IMG_1687




IMG_1661

最後にあったのはいつだったろう

ちょっと寒くなった風の冷たい昼下がり
その人は突然現れた
なんのお知らせもなく、ふらりと

忘れもしない、稲毛マリンピアの野外ライブ

仕事の合間に寄ってくれた

音楽の話をした

思い返すとその人の顔は
いつも
子供みたいな無邪気な笑顔
くしゃしくしゃに笑顔で
どこまでも優しかった

言わなくてもわかるくらい
音楽が好きな人だった

この写真を撮った時
すごい光の海がやってきた

会いに来てくれたの?

もっともっときっと歌いたかったろう
あなたの分まで

大切に歌います。

↑このページのトップヘ