2018年07月15日

ということで、今回は靴のハナシ。

4〜5年前に買ったリーボックのスニーカーを気に入って
頻度高く履いていたのですが、
ある雨の日から歩いていると「ハイドロプレーン現象」
が起きるようになりました。

最初は何か葉っぱでも踏んだかと思ったのですが、
それ以来、マンホールなど水はけが悪いところなどで
足が取られるようになり、確認したらこんな感じ。

001002


とくにカカト部分についてはスリック状態。
そりゃグリップしないわけです。

とはいえ、ソール以外はしっかりしているし、気に入っているしで
とりあえず雨が降ったり降りそうといった日は使用を避ける
といった運用で使い続けていましたが、昨今の異常気象で
不意にまだらに雨が降ったりというケースもあって、
使いにくさを感じていました。

ただ、んじゃ捨てて新しいのを、というのも、それはそれでおっくうで
試しにセンター北にある「靴専科」というお店に持ち込んでみました。

カカト部分の貼り替えで2500円(+税)という見積もりで
あずけて1週間で仕上がりました。

というのがこちら。


003004
























色味も違和感なく、思いのほかしっかり再生されていると
個人的には仕上がりに満足しております。
ここ数年、タイヤ業界でエコノミー&エコロジーで流行っている
「リトレッド」を靴底に施したような気分です。


005












片側で後方側にちょいと不自然さはありますが、
まぁご愛敬の範疇かと。

最終的には実際に履いてみて、耐久性も確認しなきゃですが
とりあえず、見た目的にはやってよかったと思ってますです。



(10:04)

2018年05月27日

5月は自動車税の時期。ということで、コンビニで納税してきました。

ということで、2016年、2017年と変わることなく、税額は
FCが4万5400円、ビートが1万2900円の合計5万8300円。

0001


10年落ちで買って、自分で20年乗ってるクルマが
まだ公道走っていいいいってんですから、文句はないです。

制度自体は全体的にアタマオカシイとは思ってますが。

とりあえず、2台とも元気に走ってます。



(17:02)

2018年05月20日

久しぶりのクルマネタ。
タイトルどおり、FCをLEDヘッドライトにしました。

001





……コレ、どれぐらい一般に知られているのか不明ですが、
なんでもLEDという最近の風潮のなか、クルマのヘッドライトでも
普通のH4バルブのところに、LED灯体を入れてLEDヘッドライトにする
という製品がここ数年で出まわるようになってきました。

もうちょいと前は、「ヘッドライトを明るく!」というニーズには
「中華HID」が回答だったかと思いますが、
LEDでは、今回使ったIPFをはじめ、
レイブリックやPIAAなどの国内メーカー
ベロフやフィリップスなどの海外メーカーなど、
大手メーカー各社で製品が出ているようです。

さて、わがFCで装着したのは↓こちら。

002

IPFの「141HLB」という製品を選びました。

003


これは「セパレートモデル」という、LED灯体の後方から
ドライバーユニットを切り離してケーブル接続。
灯体をコンパクト化して、リトラクタブルヘッドライト車のような
ライト後方のスペースに制限のある車両に対応する、という製品です。

メーカー希望小売価格は3万円となっていますが、
Amazonで1万7000円弱で購入しました。

いわゆる高効率バルブとは比較にならない高さですが
それでも、“ちゃんとした”HID化製品よりもお手ごろです。

さて、取り付けですが、ハッキリ言って普通のバルブ交換と
あまり大差ない作業内容です。

今回はセパレートモデルで、ドライバーユニットの固定手順があり
この位置決めだけちょっと「作業感」がありましたが
ドライバーユニットには付属のタイラップを通すための
スリットとガイドの凹みがあって、かなり感心しました。

あと、FCの場合は、ですが、これだけで済みました。
車両によっては装着してハイビームに切り替えても
メーター内などの表示が連動しないケースもあるようで
純正で専用回路(2400円)も用意されています。
FCではなくてもちゃんとハイビームのランプが点灯しました。

交換後の感想ですが、感動的な明るさ&白さでした。

FCは昭和の車両だけあって、ヘッドライトは暗く
これまでは高効率バルブを使っていましたが、
完全に星明かりだけみたいになる奥多摩あたりに行くと
夜間走行はハイビームでも不安な感じでした。

まだ駐車場で点灯テストをしただけですが、明るい上に
色味が白系にニュートラルで、路面や周辺の物体が
「ソレがなんなのか」判別しやすそうだと感じました。

可動式のリトラなので、動いて車両が上下動したり
左右Gがかかったりしたあとでケーブルが可動部に
噛み込まれたりしないかわずかに不安なところもありますが
いちおう、いろいろ考慮した位置にドライバーユニットを
固定したつもりではあります。

夜間走行で実際に体感するのが今から楽しみです。




(00:00)

2018年01月22日

 最近は、すっかり年末年始も放置安定なこちらのブログ
今さらながら、2018あけおめです。

さて、表題の件、昨年の3月に導入のご紹介を書いた
ゴリラ「CN-G1000VD」ですが、遅ればせながら
地図の無料更新を実施してみました。


01


上は、VU前の画面表示。
ちなみに、今回はこんな写真ばっかです。
(あとは続きで)

続きを読む

(00:30)

2017年10月23日


01



はい、まぁタイトルでネタばれですが、久々の箱写真。


(あとは追記で)


続きを読む

(00:00)

2017年05月07日

ということで、自動車税と軽自動車税の季節です。

2017年は昨年と同じで、FCが4万5400円
ビートが1万2900円の合計5万8300円。

なんかあまり書くことがないッス。

01_2017zei


ま、今年も2台の税金を納めてますよ、ってことで。



(22:10)

2017年04月30日


前回の投稿でご紹介したカーナビの「CN-G1000VD」を
愛車に導入して概ね2カ月。

ま、忙しいので大してクルマ自体乗れていないのですが
コレを使ってて、気に入っている機能が↓こちら。

01


この機種以外にもありそうですが、「次に来る交差点」と
「右左折が必要な交差点」の情報を右上に表示してくれるところ。

この写真でも写っているように「400m先の交差点には
右折レーンがあるから中央か左を行ってね」の表示と
「6.5km先の交差点右折レーンで曲がってね」が出てます。

まだ自分の目で確かめてはいないのですが
都内にはまれに「右折レーン2車線」「左折専用レーン」
とか。初見殺しの道路環境が存在するので、
そこらへんが事前に分かりそうなこの機能は
なかなか優秀だと感じます。

先読みができれば余裕のあるタイミングを使って
事前にレーンチェンジしておけますし、
小心者に優しい機能ですね。

とりあえず、気になったところのご報告まで。



 

(17:24)

2017年03月12日


 というタイトルどおり、FCにパナソニック製PNDの
ゴリラ CN-G1000VDを導入しました。

01


(あとは追記で)


続きを読む

(00:00)

2017年02月26日

さて、本日は所管の緑税務署まで
今年度の確定申告で来ました。

image



ま、とはいえ今では書類の作成自体は
自宅のパソコンで完了させて
プリントを出すだけですが。

image



なお、今日は期間中2回だけ行われる
日曜の提出受付日。

実はたまたま前日に思い立っただけですが

なんだかラッキーな感じです。



(15:47)

2017年01月29日

さて、すっかり11月、12月とスルーして、気がついたら2017年
さすがに新年の挨拶は自重するとして、お久しぶりです。

この冬は寒さがディレイしてる感じで、ここにきて
ぐっと寒さを感じるようになってきました。

んで、そんな寒い冬に怖いのがFCのバッテリー。
先日、気がついたらあがっていました。

数年前に、ソーラー充電器をFCに導入して以来、
(って、これはブログに書いてなかった。失敗した〜)
バッテリーあがりとはかなり無縁だったんで不審に思い
さて、前回バッテリー交換したのはいつでしたっけね〜
と、自分のブログを検索したら、なんと2012年3月という日付け
4年を超えて、5年の方が近くなってるってんですから
そりゃダメでしょ。

ということで、新しいバッテリーをネット通販で購入しました。

01


(あとは追記で)

 続きを読む

(18:48)