イナバチャンネル

質の良い空間 肩のこらない空気感をデザインしています。

設計作品集

ユザワヤ帝国

のところ蒲田詣でが続いていました。というのも確認申請の提出先が大田区だったので蒲田といえばユザワヤ、ユザワヤといえば、手芸のメッカであります。いったい何号館まであるのか不思議になります。この一体をワタシは密かにユザワヤ帝国とよんでいます。

マンション1

ユザワヤ、といってもこの男脳イナバ(男脳女子だけどオナベ系じゃないよ。)が手芸にはまるわけもないのでユザワヤを取り上げたには他に理由があります。

実はこの蒲田駅周辺に増殖するユザワヤ帝国のど真ん中に自分が昔の事務所で設計したマンションが建っているのであります。

 

 

 

 

 

 

 

その名もルー○ル蒲田弐番館。なんでコテコテのB級歓楽街蒲田なのにフランスのルー○ル宮を冠した名前なのか理解に苦しみますが、とにかく高級感で売っていたシリーズマンションだったのでそういう名前でした。たしかにワンルームの中ではハイグレードな部類です。

で、大田区役所に日参していたのでそのついでに寄ってみました。かれこれもう5年以上経ちますがきれいです。駅近なのでレンタブル比は常に高水準のようです。(※レンタブル比:賃貸ビルの満室率。7割以上が良とされる。この単語は一級建築士試験にはよくでる。)

ワンルームというとひたすら建築法規のギリギリのラインをねらって、いかに戸数を稼ぐか、ということにあけくれるので、美しいものを追求することはまずできません。しかしこの物件の場合、比較的土地の形がきれいだったこと、商業地域で高さはフリーであったこと、そして中廊下型といって中高層マンションではきらわれるプランのほうが戸数が稼げたことが影響して、非常にシンプルなカタチに納まりました。(11階以上のマンションで中廊下型にすると住宅用スプリンクラーの設置が義務づけられるのでメンテ上、コスト上きらわれる。)

戸数を稼がなくてはならない、という条件の中で北側の住戸は工夫して横型のプランにしたのでちょっと面白い部屋になりました。北側は埋まりにくいのに北の住戸のほうが人気があったと聞いて、ちょっと自信を深めた記憶があります。

手芸の材料を買いにいくついでがあったらみてやってくださいまし。イナバの力作でございます。

マンション2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステンドグラス見参

ステンドグラス2ステンドグラス1いにできあがりました。ステンドグラス。イエローやオレンジの淡い色合いを基調にしていますので、ちょっと見えづらいかも知れませんが、イナバオリジナルのステンドグラスであります。背景にぼんやり見えるのはフランスの古城。写真を大きくして張り込み、背面から光をあてています。





どうでしょう。私としても初めてのことなので何とも言いようがない。良いような気もするし、なんともシロウトくさいような気も…。
ステンド枠周囲に花を彫り込んだ枠を回していますが、これもデザインしました。おなじようにポピーをモチーフにしています。本来ここにも光が入るのですが、ステンドグラスと一緒になると明るすぎるので電気は消しています。(枠に電気が入るとこのような感じ.これはこれで結構きれい。

はるばるフランスから日本に来られたオーナーシェフがこの地で根を張り、フランスの文化の上に素敵なお店を育て上げた…そんなイメージで作り上げられた絵柄です。ポピーというと洋モノの花なのですが、流れる線の感じはお習字の墨のラインに似た日本的な表現をしています。…というと小難しく聞こえますが、要はポピーの茎のイメージをステンドに合わせてアレンジしてみました。

ステンドグラス3反省はいろいろあるんだけれども…。
これだけ短期間のうちに作ったわけだから良しとしようかな。むむむむむ。

S邸リフォーム工事(左側がビフォー、右がアフター)

 S邸旧S邸外観

 

 

 

もとは工業化住宅だったものをお施主さんが7年前に購入され、その時点で大規模に増築。しかし意匠的にもちぐはぐな点があったり、構造的にも無理をかけてしまっていたりと気になる点について相談をうけたことからスタS邸旧2S邸車庫ートしたリフォーム。

 

 

 

 

屋根は今回の工事ですべて新しく葺き替え。外壁は吹付けタイルから防水紙を張り替えてモルタル下地の上漆喰こてぬりです。 日本古来の白さがオレンジ色の屋根にマッチしています。S邸旧吹抜S邸吹抜

 

 

 

駐車場も庇を伸ばし、建物の顔として表情をくわえました。構造的な補強も行っています。 2階の窓は全てとってやり替え、吹抜けの小さな窓にはステンドグラスが入っています。 廊下、玄関ホールはすべて漆喰コテ塗にし、手摺や壁のかど面も丸く面取りして厚みのある風合いにしました。階段手摺には特注でロートアイアンの手摺をデザインし、華やかな印象を加えました。S邸旧階段 S邸階段

 

 

 

 

漆喰は呼吸するため湿気を調湿する働きがあり健康素材として見直されています。リビングはテラコッタ調タイルを斜めに張ったので空間に広がりが生まれました。その他夫婦の寝室、子供部屋の防音化など住まいの機能もめいっぱいグレードアップさせました。少ない予算で新築の満足がえられたとお施主様には満足していただいています。

S邸リビング

S邸階段2

Profile
イナバチャンネル
自分の感性をいかして設計活動をしています。
一級建築士です。

inaba.ch#mac.com
(#→@)
  • ライブドアブログ