医薬品

2009年12月27日

アイトロール【狭心症治療用ISMN製剤】

一般名:一硝酸イソソルビド

アイトロール錠10mgアイトロール錠10mg

識別コード:121


アイトロール錠20mg


アイトロール錠20mg

識別コード:122



【作用】
心臓をとりまく冠状動脈を拡げて血流量を増やし、心臓に酸素や栄養を補給するとともに、全身の血管の抵抗を減らして心臓の負担を軽くします。狭心症の発作の予防や治療に用いられます。急に起こった発作をすぐにしずめるために使用する薬ではありません。

【副作用】
頭痛、頭重感、めまい、動悸、発疹、そう痒感などが報告されています。

【使用上の注意】
成人は1回に主成分として20mgを1日2回服用しますが、年齢、症状により適宜増減されます。効果が不十分な場合は1回に40mgを1日2回服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。




水戸介護福祉学院の受講生・卒業生へ】

病院や医療・介護の現場で日常よく使われる代表的な医療用医薬品(処方薬)について、商品名・薬剤分類・一般名・識別コード、画像を記載します。

新人の看護師ケアマネージャー介護福祉士ヘルパーの参考になればと思います。

右上サイト内検索が便利です。(携帯は、下の記事検索で)

商品名・薬剤分類・一般名・識別コードのどれか一つを入力し検索すれば医療用医薬品(処方薬)の作用・副作用等がわかります。

スキルアップ講座(看護師実践)の受講生で、ブランクがある看護師や復職・再就職希望の看護師の方もご利用下さい。



idiacorpidiacorp at 23:43│コメント(0)トラックバック(0)